No.13 RANKING

IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。

IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。の画像・ジャケット写真
IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。 / ジェームズ・マカヴォイ
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)

20

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
  • シリーズ
ジャンル:

「IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。」 の解説・あらすじ・ストーリー

スティーヴン・キングの傑作小説をアンディ・ムスキエティ監督が映画化した「IT/イット」シリーズ完結編。ルーザーズ・クラブがペニーワイズを撃退してから27年後。再び連続児童失踪事件が発生し、ルーザーズの面々は町に戻ることを決意する。※R15+※一般告知解禁日:2019年12月27日

「IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。」 の作品情報

製作年: 2019年
製作国: アメリカ
原題: IT: CHAPTER TWO

「IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

IT/イット THE END “それ"が見えたら、終わり。の詳細

  • 新作
収録時間: 字幕: 音声:
169分 日・英・吹 英:ドルビーデジタル5.1ch、日:ドルビーデジタル5.1ch
レイティング: 記番: レンタル開始日:
R-15 1000758491 2020年02月26日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
866枚 104人 109人

【Blu-ray】IT/イット THE END “それ"が見えたら、終わり。(ブルーレイ)の詳細

  • 新作
収録時間: 字幕: 音声:
169分 日本語, 英語 英語, 日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
R-15 1000758490 2020年02月26日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
340枚 72人 109人

関連作品

ユーザーレビュー:20件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全20件

IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。ネタバレ

投稿日:2020/01/10 レビュアー:片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 大人になって再びクラウンに襲われるってんで退治方法を探す話。

 起こることは惨劇だけど、主人公たちは一応は怖がりますが基本はユーモアで返していくのと。アタックしてくる幽霊の数々は1作目よりもさすがアメリカで大きくなって襲ってくるという物で明らかにコメディ色を強くしていて怖がらせるより笑わせにきているのが楽しかったです。モンスターアクション映画としていろいろ襲ってきて、そのたびにニコニコしてしまうクリーチャーの数々でした。

 たださすがに2時間50分は長すぎで、主人公たちが再会してクラウンをやっつけるために思い出の品を集めるという流れで、1人が思い出の場所に行く→子ども時代の回想→襲われる。を主人公たち全員分描かれるので、それでいてお化けのアタックも単調なので正直物凄く退屈でした。

 それに現実なのか夢なのかわからない世界ですが、前作でもヒロインは実の父親を殺害していたと思いますが、今作もメインのキャラクターが殺人を犯していたと思いますが、特にお咎めなく。それでいて結構笑いに変えていて警察とかいないのかな? と思っていると大人になったいじめっ子は普通に殺人容疑で捕まっていたりしてどういう基準なのかとか気になって入り込めなかったです。しかもそのいじめっ子の相棒もお化けでバディ化して一緒に行動し始めますが、お化けの相棒も途中で消えてしまって一体何だったんだろう? というキャラクターでした。

 襲ってくるクラウンも「なんで蜘蛛?」というトランスフォームをしていてそれが怖くなくて、クライマックスの下水道のアタックもこれまた単調で長く感じるクライマックスでした。ここで主人公たちを集めた黒人さんが嘘をついてピンチになる理由とかも「どうして?」となってしまったり。ペニー・ワイズが子どもたちを襲撃しますが、なぜその子どもたちを襲うのかと原作読んでいないとわからないのかな? と思ってしまいました。3時間近くあって疑問点がいっぱいあるのはいかがなものかと思ってしまう作品で、グザヴィエ・ドランが出ているのに1番驚く映画でした。

このレビューは気に入りましたか? はい 8人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

これはホラーというよりはコメディのジャンルに入れたい(笑)ネタバレ

投稿日:2020/01/11 レビュアー:飛べない魔女

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

2017年にTVシリーズをリメイクした『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』の完結編です。
169分とかなりの長丁場です。

あの事件から30年後。
大人になったルーザーズクラブのマイクは唯一デリーの街にいた。
27年周期で現れる”それ”の兆候を信じた彼は
デリーの街を出たかつて共に戦ったクラブの面々
ビル、ベン、リッチー、ベバリー、スタンリー、エディに電話をする。
30年前の約束を果たすために。

TVシリーズのラストのあまりの陳腐さに苦笑しかなかったので
映画の方は果たしてどう描かれているのか?
ペニー・ワイズの正体を明かす最後をワクワクとしながら見守っていました。
が、ん?なんか中途半端。
後ろの席に座っていたカップルも、『結局ペニーワイズって何だったの?』と呟いていました。
そうなんですよね。
映画の方ではなんとも曖昧な描き方ではっきりナニモノなのかを明言していません。
太古から存在する悪魔?ってことでいいのかな?
人の恐怖心が大好物で、恐怖にかられた子供を食らうことでどんどん成長する悪魔?
あのカニのような正体はTVシリーズと同じでしたが、
CG技術の進化した今ですから、その姿はより鮮明に、且つより滑稽になっていました。
そして今までの力は何だったの?と疑いたくなるほどにあっさりとやられちゃったのも
えっ?!ほんとに?ってなりました。

そして、ところどころ、大笑いシーン満載。
ばぁさんの全裸シーンとか、気味悪いのを通り越して、大笑いでした。
リッチーとエディのコミカルな会話は超楽しかったです。
ホラーというよりは、いじめられっ子だったかつての子供たちの友情の物語。
まあ、何度かビクッとなるシーンもありましたが
決して怖くはないので、お子様でも大丈夫。
あ、でもR15+作品でしたね(;^_^A)
グロいシーンがあるからでしょう。
かつてのいじめっ子の末路も悲惨。

ペニー・ワイズを演じるのは前回に続きあの美しきイケメンさん、ビル・スカルスガルド。
『この、白塗り野郎!!』と罵倒されるお顔ではないのに、素顔が見れなくて本当に残念(笑)
なにせ169分もある本作ですが、私はそれほど長さは感じませんでした。
実はそれだけ楽しんでたってことになるのかな?(笑)

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

27年前の記憶とトラウマに《ケリをつけよう!!》

投稿日:2020/02/29 レビュアー:カマンベール

(前編から2年、やっと完結編を観ることが出来ました。)

ルーザーズ・クラブ(負け犬クラブ)の7人が、黒人の郷土史家マイクの呼びかけで、
再結集します(あれ、ひとり足りない?6人です)

死に物狂いで退治したはずの、ペニー・ワイズ“それ”が、現れたのです。
7人の故郷メイン州のデリーで行方不明事件が多発。
・・・“それ”が再び登場したら、必ず集まる約束でした。

デリーに集まった6人。
弟ジョージーを“それ”に殺されたビルは、ハリウッドで活躍する脚本家(ジェームズ・マカヴォイ)に。
紅一点のベバリーは主婦で、またしても夫のDVに悩ませれている(ジェシカ・チャスティン)
一番外見が変わったのは、太っちょのベン。イケメンの社長になり成功者に(ジェイ・ライアン)
心配性のエディは経営コンサルタント。
リッチーはコメディアンです。
たったひとり故郷デリーに残ったマイクは、IT“それ”に打ち勝つためには、それぞれの思い出の品を探して《それを燃やすのだ》と提案します。

そしてビルは町の古いリサイクル店で、昔の自転車を発見。
(そこの店主はなんとスティーヴン・キングなのです。どうぞしっかりとガン見してくださいね)
ベバリーは父親と住んでいたアパートへ向かいます。
このあたりから、27年前の愛らしいソバカスのベバリーや太っちょのビル、喘息持ちのエディたちの回想シーンが次々とあります。

思い出の川べり、子供たちの死体が吊るされていた用水路、肝試しで飛び込んだ絶壁。
なぜか懐かしさでいっぱいになりました。
ベバリーの辛かった子供時代。
消しても消しても決して消えないジョージーの死・・・から逃れられないビル。
過去はまるで《地獄めぐり》です。

そしてまたしてもパワーアップしたペニー・ワイズ。
後編では、あらゆる魔物に変身して、音響の凶々しさもあり、ドッキリ、ビックリの連続。
演じるビル・スカルスガルドの怪演が前編の“それ”以上に凄い。
両目を左右に反らす特技も仰天です。

恐ろしすぎて封印して来た《過去のトラウマ》
決着をつけることができるのでしょうか?

IT/THE END“それ”が見えたら終わり
完結篇です。
私には解けない謎もいくつかあって、摩訶不思議な感想を持ちました。
前編、後編を続けて観ました。やはり見応え十分。好きな映画です。

《結末が気にいらん!!》
そんな声が聞こえて来ませんか?

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

次々に登場するクリーチャーが面白い。怖くないのが難点かな…

投稿日:2020/03/13 レビュアー:コタロウ(!)

メイン州の小さな町デリーには「ITイット」としか形容しようのない邪悪な存在がいる。
27年前、この町に住む子どもたちがイットを封印することに成功した。
それから27年後、復活したイットを倒すため、大人になった子どもたちが再び結集する!
「イット/それが見えたら終わり」の続編。

冒頭、ゲイの青年・メロン(グザヴィエ・ドラン)が、差別的な男たちに惨殺される。
イットが潜むデリーという町の恐ろしさよ…
このシーンがもっとも印象に残りました。
しかし、本作はこういった感覚的な怖さよりもクリーチャーで推してきます。

フォーチュン・クッキーからモゾモゾ出てくる眼球や胎児のような生き物たち、
完全変態した巨大なイット、全裸でヒャッハー状態の老婆、膿爛れた浮浪者、
豪快に斧を振り回すポール・バニヤン像(アメリカ民話に登場する伝説の巨人)など、
次々に登場し面白い。
怖くないのが難点かな。すまぬ…

水面を漂う風船など原作小説から抜け出してきたような場面は不気味ながらも美しく、
ムスキエティ監督の原作愛を感じました。
あまり怖くないし、崩壊するデリーの町も描かれていないが、取捨選択の結果なのでしょう。
クリーチャー、イットの仮の姿・ピエロのペニーワイズの造形に注力された作品となっていました。

大人になった子どもたちのビルとベヴァリーを演じるのは、
ジェームズ・マカヴォイやジェシカ・チャステイン。
映画監督役としてピーター・ボグダノヴィッチ、
中古店の店主としてスティーブン・キングも出演している。
なかなか贅沢なキャスティング!

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ピエロって怖いよね?ネタバレ

投稿日:2020/02/05 レビュアー:Bikke兄

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ピエロとは、細かくは書かないけど、元々は“おどけ者”“愚か者”の意味(クラウン)があり、中世では“宮廷道化師”といって、王を楽しませる存在。それは犬同様ペットと同類として見られていたとか。

それがサーカスの役柄となり、田舎者で愚者で嘲笑対象で不格好、笑われて馬鹿にされて喜ぶ反面、心では泣いていて、涙目の化粧で表されている。
白塗りの顔と衣装は死人を表しているとも…

これを考えると、ジョーカーやペニーワイズの姿がピエロで描かれた背景の理解できます。

前作『IT/イット』が個人的に2017年劇場鑑賞した中で一番面白いと思ったので、続編、しかも完結編とあって観ない訳にはいかないと、現住所の秋田県大館市から青森県弘前市まで車を走らせて鑑賞してきました。(だって大館でやってないんだもん…)

前作同様に容赦なく無残に殺られる弱者…
ああ!!その子は止めてほしいなぁ…と思っても、展開は全く容赦ありません。はい、そうですよね(--;

もうひとつ、前作同様にビックリドッキリシーン満載!!喜
前作では隣のお兄ちゃんの“ビクン!!”にウケましたが、今回も隣のお兄ちゃんのビクン振動が、シートの背もたれを通じて“ドシン!!”と数回来てウケました笑

物語は、前作から27年後。
故郷を嫌悪して、離れて、歳月が経って、今の生活に没頭して、故郷の出来事、幼馴染の事、その頃の悩み等々、遥か記憶の彼方へ追いやられているのは、何も登場人物だけではありません。分かるわぁ。
キーワードは“記憶”ですかね。

吃音、DV、同性愛、肌の色等々、ルーザーズや殺られた人物はそれぞれ社会的マイノリティで、世間から疎外を受けてきた(と感じていた)立場。

言ってみれば、ピエロは、その社会的マイノリティの全てを凝縮したような存在な訳で。
“それ”に打ち勝って前に踏み出そうぜ的な総合まとめになるのかな(^^;

“それ”が現れたら、もう一度集まろう!!と約束した27年前。

集合したはいいが“IT”との対決に難色を示すメンバーがいるのは当たり前。
大人になったメンバーが、再対決を受け入れていく過程が物語の軸。

その際に、子供時代の回想シーンを多く入れ、上手く絡めてあるので「誰が」も含めて、とても分かりやすく説明も丁寧に描かれています。
だから長尺(169分!?)だったのかな。

怖い!!驚く!!だけではなく、緊迫した場面なのにクスッと笑えるシーンもあって流石。

過去作品のオマージュも散りばめられるどころか、分かりやすくモロ再現していて『遊星からの物体X』『エイリアン』『シャイニング』なんかもうそのまんま笑
『遊星から〜』は一番好きな極悪シーンのモロ再現だったので、思わず歓喜しちゃいました笑

個人的にこの作品のMVPは、かつてのビバリーの家に住んでいた婆さんかな。やるよ彼女!!笑

冒頭、ペニーワイズ復活を盛大に祝うかの如く放たれる“赤い風船”が綺麗だった。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全20件

IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。