ノーサイド・ゲームの画像・ジャケット写真

ノーサイド・ゲーム / 大泉洋

全体の平均評価点:(5点満点)

1

全体の平均評価点:

予告編を検索

DVD

旧作

ジャンル :

「ノーサイド・ゲーム」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

旧作

解説・ストーリー

解説・あらすじ・ストーリーは、ただいま準備中です。

「ノーサイド・ゲーム」 の作品情報

作品情報

製作年:

2019年

製作国:

日本

「ノーサイド・ゲーム」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

キャスト・スタッフ

出演:

大泉洋

関連作品

関連作品

ブレイブ ストーリー

ぶどうのなみだ

赤鼻のセンセイ

グッモーエビアン!

ユーザーレビュー:1件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 1件 / 全1件

私は私のためには戦わない

投稿日:2019/11/28 レビュアー:ビンス

子供の頃に
ルールもわからずに
だけどそれなりに夢中になって
神戸製鋼vsどこどこ
みたいなラグビーの試合を観ていた者に
人生で一番「ラグビーに熱くなる期間」が訪れました。
日本中が熱狂したラグビー・ワールドカップ
自国開催で初のベスト8
にわかファンではありますが
その熱狂の渦に仲間入りさせてもらい
頑張れ日本!と
そのプレーに胸を熱くしました。
ノック・オン!帝京ボール!
中川家の礼二のそのギャグの意味もわからず
ただ笑っていた者が
その意味を理解しました。
そして、ジャッカル!ジャッカル!と
度々出てくるその用語の意味が
動物の名前ではないとちゃんと理解したのは
このドラマを観たからでした。
ストーリーは所謂スポ根ものであり
王道路線です。
が、それがわかってたからって何か問題あるかい!と
毎回のようにウルウルしたドラマです。
日曜劇場池井戸原作パターンでありながら
うれしい裏切りの展開もあったりして
楽しく観させていただき
ワールドカップへの気持ちの昂ぶりも極まりました。
モジャ泉の奮闘
自分のためだけに必死だったモジャ泉が
その考えを改める過程のグっとくることよ!
ラグビーという競技のすばらしさ
ノーサイドという言葉の意味
何故彼らは肉体を酷使し
自らを犠牲にしてボールをつなぐのか
素晴らしきラグビーイヤーでした。
にわかでもこんなんだから
長年のファンはもう物凄いことになったでしょうね。
そして、お松のドSっぷりがステキでした。

ただ、浜畑を演じた元ラグビー選手
廣瀬俊朗さんは
気負いが過ぎたのか
ひとり浮いているような印象
初の演技ということもあり
全くフィットしませんでした。
ひとり、リズムを崩していました。
後日、「ワイドナショー」に出演している姿を観て
とても好感度の高い人間だなと感じました。
頑張れ

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 1件 / 全1件

ノーサイド・ゲーム

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:1件

私は私のためには戦わない

投稿日

2019/11/28

レビュアー

ビンス

子供の頃に
ルールもわからずに
だけどそれなりに夢中になって
神戸製鋼vsどこどこ
みたいなラグビーの試合を観ていた者に
人生で一番「ラグビーに熱くなる期間」が訪れました。
日本中が熱狂したラグビー・ワールドカップ
自国開催で初のベスト8
にわかファンではありますが
その熱狂の渦に仲間入りさせてもらい
頑張れ日本!と
そのプレーに胸を熱くしました。
ノック・オン!帝京ボール!
中川家の礼二のそのギャグの意味もわからず
ただ笑っていた者が
その意味を理解しました。
そして、ジャッカル!ジャッカル!と
度々出てくるその用語の意味が
動物の名前ではないとちゃんと理解したのは
このドラマを観たからでした。
ストーリーは所謂スポ根ものであり
王道路線です。
が、それがわかってたからって何か問題あるかい!と
毎回のようにウルウルしたドラマです。
日曜劇場池井戸原作パターンでありながら
うれしい裏切りの展開もあったりして
楽しく観させていただき
ワールドカップへの気持ちの昂ぶりも極まりました。
モジャ泉の奮闘
自分のためだけに必死だったモジャ泉が
その考えを改める過程のグっとくることよ!
ラグビーという競技のすばらしさ
ノーサイドという言葉の意味
何故彼らは肉体を酷使し
自らを犠牲にしてボールをつなぐのか
素晴らしきラグビーイヤーでした。
にわかでもこんなんだから
長年のファンはもう物凄いことになったでしょうね。
そして、お松のドSっぷりがステキでした。

ただ、浜畑を演じた元ラグビー選手
廣瀬俊朗さんは
気負いが過ぎたのか
ひとり浮いているような印象
初の演技ということもあり
全くフィットしませんでした。
ひとり、リズムを崩していました。
後日、「ワイドナショー」に出演している姿を観て
とても好感度の高い人間だなと感じました。
頑張れ

1〜 1件 / 全1件