No.107 RANKING

今日も嫌がらせ弁当

今日も嫌がらせ弁当の画像・ジャケット写真
今日も嫌がらせ弁当 / 篠原涼子
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)

17

  • DVD
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「今日も嫌がらせ弁当」 の解説・あらすじ・ストーリー

解説・あらすじ・ストーリーは、ただいま準備中です。

「今日も嫌がらせ弁当」 の作品情報

製作年: 2018年
製作国: 日本

「今日も嫌がらせ弁当」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

今日も嫌がらせ弁当の詳細

  • 準新作
収録時間: 字幕: 音声:
106分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PCBP74036 2019年12月18日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
346枚 30人 47人

関連作品

ユーザーレビュー:17件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全17件

母の愛情を示すキャラ弁作り

投稿日:2019/12/18 レビュアー:くまげらの森

八丈島で暮らすシングルマザーのかおり(篠原涼子)は、反抗期で口もきかない高校生の双葉(芳根京子)と二人暮らし。
二言目には「ウザイ」「ウザイ」という娘。
ある日、「キャラものなんてウザイよね」と友達と話してるのを耳にした母は、
「よ〜し、その態度を改めるまでキャラ弁で嫌がらせしてやる!」と決意。

「嫌がらせ」とはいっても、その料理テクを生かした微細な豪華で面白い弁当は
たちまちクラスの人気に。お昼には双葉の周囲に人が集まり、息を呑んでフタを開けるのを見守る。
そして・・・おぉぉぉぉお!!今日はゲッツ、今日はエレキテル、今日は小島よしおと
爆笑と感動のキャラもの展開なのだった。
双葉はイヤ〜な顔しながら完食。
「残すと負けたみたいだから。」なんと、めんこくない。笑。

本当は誰よりも愛してる。朝早く起きて毎日毎日、手作りの弁当。娘に伝わらないはずがない。
母は、父を早く亡くしてから仕事を掛け持ちして働いてきた。仕事に「妥協」しない生き方は、弁当にも妥協しない。
自然豊かな八丈島で、母の弁当は娘へのメッセージになってゆく。
弁当を見るのも楽しく、双葉の卒業式の時の感謝の手紙、
誰でも(あそこまでは出来ない)と考えてしまうだろうが、3年間やりきった母と娘が手にしたものは大きかったと思う。

このレビューは気に入りましたか? はい 16人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

めげないお母さんと反抗期の娘との微笑ましいバトル

投稿日:2020/02/27 レビュアー:hinakksk

 レンタルリストのトップに入れてから待つこと2か月余り、やっと視聴できました。

 素直じゃない反抗期の娘や息子たちに悩まされているお母さんにとっては、とても身につまされる話。けれど、愛情ある母と娘の本気のバトルを、軽くコミカルに描いていて、いたって爽やか。お弁当でつながる親子の気持ちというのもよく分かる。

 工夫が凝らされたアイデア満載のキャラ弁当はどれも見事で、とても美味しそう。もう芸術作品の域。労力を注ぎ込んだ力作をブログにしてしまうというのも、いかにも今風。娘に密かに語りかけ愛情を伝えるだけでなく、公表して評価やコメントがもらえたら、息抜きにもなるし、さらに充実感を感じられることだろう。

 舞台となった八丈島の、自然豊かでのどかな環境や、温かな人間関係が、ストーリーを優しく包み込んでいる。八丈島だからこそ、3年間も続けられたのではないだろうか。やるからには、何事も徹底してやり抜くことが大切。同時に、結果がどうであれ、努力して「無駄なことは何もない」と、改めて教えられた。

 都会で、子育てに悪戦苦闘しているシングルマザーやシングルファーザーの人々が、キャラ弁当に象徴されるような、既成概念に縛られることがないように、とも思う。あたりまえだが、どう愛情を表現するかは、親子によっても、家庭によっても違うのだから、無理のないやり方を見つければいいのではないか、という気がする。手間ひまかけた手作りは素晴らしいのだけれど、それがすべてというわけでもない。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

お弁当でのコミュニケーション

投稿日:2020/02/02 レビュアー:oyoyo

シングルマザーの母親と反抗期の娘がキャラ弁当を通じて交流する様子をつづる

反抗期の娘、双葉への逆襲にと、母、かおりは双葉の嫌がる「キャラ弁」を作り続けているのだが、
やがてそのお弁当は、会話のない娘への大切なメッセージへと変わっていく。

なかなか良作でした。
実話ベースという事で大きなイベント等の盛り上がりには欠けるが、
退屈せずに最後まで集中して鑑賞できました。

タイトルから想像出来る内容の映画なので思ってる通りに話は進んでいくが、
「この映画を観よう」という人が見たい内容を描いているので、
これでいいと思う。
変に捻って視聴者の求めない脚本を見せられるよりは、よっぽどいい。

ウチの娘はまだ5歳。
そのうち反抗期が訪れるのかと思うと心配だ。

80点

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

最強で最高の母親ここにあり!

投稿日:2020/02/09 レビュアー:飛べない魔女

反抗期の娘に高校生になった日から3年間
嫌がらせのキャラ弁を作りづづけたkaoriさんのエッセイ
『今日も嫌がらせ弁当』の映画化です。

凄いお母さんだよ、カオリさん。
シングルマザーで仕事を掛け持ちしながら二人の娘を育ててる。
毎朝5時前に起きては、反抗期で口も利かない次女・双葉のために手の込んだキャラ弁を作る。
それも娘が嫌がりそうなネタ満載で!
同級生たちも今日はどんな弁当か、みんなワクワクしながら双葉が蓋を開けるのを
毎日楽しみにするようになる。
手の込んだ弁当は母の娘に対する嫌味と愛情がたっぷり込められてることを
双葉もことあるごとに『ウザイ!』と言いながらも
本当は感じていたのに違いない。
その証拠に、完食しなきゃ負けたことになる!と毎日弁当は絶対完食。

母と娘の絆が弁当で繋がれます。
一生懸命すぎるくらい頑張るカオリさんには同じ母親として頭が下がります。
娘への深い愛情がなければここまでは出来ません。
たとえ子供がちょっと道を外れそうになっても
こんな最高で最強の母ちゃんがいたら
絶対子供はまた戻ってくる!
そんな気がしました。

サブストーリーのシングルファーザーの件は
ちょっと蛇足的な感じもしましたが
まあこれはこれで頑張る人たちへのエールですかね。

とても面白かったです。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

最高でした

投稿日:2019/12/26 レビュアー:ほみー

最近、インスタでも話題になっている、キャラクター弁当(嫌がらせ弁当)を作る母と、反抗期の娘の愛の物語です。
笑える、泣ける、幸せな気持ちになる!!とにかくオススメです。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全17件

今日も嫌がらせ弁当

月額課金で借りる

都度課金で借りる