ライオン・キング

ライオン・キングの画像・ジャケット写真

ライオン・キング
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。

全体の平均評価点:(5点満点)

26

全体の平均評価点:

予告編を観る

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

ジャンル :

「ライオン・キング」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

解説・ストーリー

ディズニーの名作アニメ「ライオン・キング」を「アイアンマン」「ジャングル・ブック」のジョン・ファヴロー監督が、最新の映像技術を駆使して実写化したエンタテインメント大作。雄大なアフリカの大自然を舞台に、偉大な王ムファサの息子として生まれながら、謀略によって国を追われた子ライオン、シンバの冒険と成長を壮大なスケールで描き出す。命あふれるサバンナの王国プライドランド。偉大なライオンの王ムファサに息子シンバが誕生する。父のような勇敢な王になりたいと夢みるシンバだったがある日、王の座を狙う叔父スカーの謀略によって父を失い、自らも王国から追放されてしまう。やがて行き倒れていたところを陽気なイボイノシシのプンバァとミーアキャットのティモンに助けられ、彼らと一緒に緑豊かなジャングルで自由気ままな生活を送っていくシンバだったが…。 JAN:4959241776686

「ライオン・キング」 の作品情報

作品情報

製作年: 2019年
原題: THE LION KING

「ライオン・キング」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

キャスト・スタッフ

関連作品

関連作品

ジャングル・ブック

ウィンブルドン

スパイアニマル・Gフォース

泥棒は幸せのはじまり

ユーザーレビュー:26件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全26件

ああアメリカさんの言いそうな事だわなー

投稿日:2019/10/27 レビュアー:ポッシュ(休眠中)

シンバちゃん目当てで映画館に観に行きました。モッフモフの前半部は大満足!!^^

叔父との確執がちょっとハムレット風だったり、
王子が都を追われて流浪の旅へ〜っていう貴種流離譚(きしゅりゅうりたん)のような
“いかにも王道な物語”は理屈抜きに気持ち良かったですね。

ただ。
ライオンは百獣の王って誰が決めたんだろ?(笑)
王様ライオンのムファサは息子シンバに王の心構えなどを語って、
大和田伸也の渋い声だから、そりゃ説得力120%だったけども・・・。
強いから頂点に立って君臨する、その代わり皆を守るのだよっていうのが
ああアメリカさんの言いそうな事だわなーと思えてしまったのでした。

途中の、王としての責任感に目覚めるっていうターニングポイントにしても、
幼馴染の女子に怒られちゃったから・・・ぐらいのアオハルぶりに腰砕け。

ま、ディズニーは万人に愛されるためにこのユルさが必定なんでしょう。

このレビューは気に入りましたか? 9人の会員が気に入ったと投稿しています

ライオン・キング ネタバレ

投稿日:2019/12/07 レビュアー:片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 アニメ版ライオンキングをCGアニメ版にした話。

 めちゃリアルな現実の映像をデジタル映像で作るという試みが凄くて、本当に本物の動物たちがその場にいる感が感じられる映像が凄かったです。

 ただリアルになった分、普通に喋る動物というのを見てアニマルプラネットとかナショナルジオグラフィックの映像に声が当たってる感じに取れてしまって終始慣れずに違和感だけが残る映画でした。アニメ版ではミュージカルシーンは楽しかったりファンタジー色が強まりますが、こちらではミュージカルシーンも変に感じるという。クライマックスのライオン軍団VSハイエナ軍団も迫力があるというよりは凄惨に感じてしまいました。カタキ役のおじさんスカーの退場シーンとかなかなかの辛さでした。

 話自体もアニメ版とほとんど変わらないため、単純明快で一定の楽しさのあるストーリーだと思いますが、それすらもアニメ版を見てしまっていると面白さが半減してしまいました。

 とはいえ現代最高峰の映像を見られるだけでも満足な1本で、やっぱりオリジナルの音楽の力とかは凄くて音楽で感動はできる映画でした。

このレビューは気に入りましたか? 8人の会員が気に入ったと投稿しています

圧巻のCG

投稿日:2019/12/09 レビュアー:oyoyo

ディズニー・アニメの名作「ライオン・キング」を、
「ジャングル・ブック」のジョン・ファブロー監督が、フルCGで新たに映画化。
見所はなんといってもCG映像!
動物の細かな表情、耳の動きや足の動かし方や毛なども再現されていて感動した。
実写と見紛うCG作品は珍しくない世の中になったが、
そんなCGを見慣れた眼にも凄さが分かる圧巻の2時間でした。

アニメ版未視聴での鑑賞ですが、アニメ版に忠実な再現だそうですね。

サバンナの王であるライオン・ムファサの子として生まれたシンバ。
王位を狙う叔父のスカーによって父の命が奪われ、シンバはサバンナを追われてしまう。

赤ちゃんシンバ、超かわいい!
目の前に居たらライオンの子というのを忘れて抱き上げてしまいそうなくらいカワイイ。

日本語吹替えもGood。

85点 

このレビューは気に入りましたか? 6人の会員が気に入ったと投稿しています

ハクナマタタ・・・悩まずに生きる→何でも解決できるさ!!

投稿日:2019/10/27 レビュアー:カマンベール

『ジャングル・ブック』実写版のジョン・ファブロー監督作品。

アフリカのサバンナを背景に、ライオンの王子シンバの成長と冒険を描いた実写版です。
実写なので、動物の表情を読むのはアニメに負けます。
ですから、声優さんの力量がすごく重要です。

時間の関係で日本語吹き替えで観ました。
一番驚いたのは《シンバの子役》の熊谷俊樹君の声量と歌のうまさ。
成人してからの賀来賢人を凌いでましたね(笑)

曲はお馴染みの名曲がゾロゾロ。
楽しい掛け合いの「ハクナマタタ」
ディモンとプンバァ(佐藤次郎)とシンバ(熊谷君)の歌がメチャ楽しい。

シンバの生い立ち。
ライオン王国の王・ムファサの子に生まれたシンバは、王位を狙うムファサの弟・スカーの策略で父王・ムファサを殺されて、サバンナを追われれてしまいます。
そこで出会うのがイボイノシシのプンバァとミーアキャットのディモン。
「ハクナマタタ」
悩まずに生きる・・なんでも解決してくれる・・・と楽しく暮らしていましたが、
スカーの横暴で元いた王国は荒れ果てている事を聞いたシンバは、立ち上がるのです。

ここからは、スカーとの対決が待っています。
スカーの入れ知恵で、シンバは父王・ムファサを自分が殺したと信じ込んでいたのです。

そして歌われる「サークル・オブ・ライフ」
ラストを飾るナラとシンバのデュエット「愛を感じて」
壮大な戦いの後の名曲は胸を打ちます。
正直言って「アニメ版」で、エルトン・ジョンが歌う「愛を感じて」の方が数倍の歌の力がこもってましたね。

映像も美しく日本人声優さんも頑張ってたんだけれど、ものすごく感動したか?と聞かれたら、「圧倒的な感動はなかった!!物足りなかった!!普通だった!!」と、
答えます(ごめんなさい)

このレビューは気に入りましたか? 6人の会員が気に入ったと投稿しています

映像の美しさを堪能

投稿日:2019/10/26 レビュアー:飛べない魔女

さすがに夏休みとあってお子様が多かった。
普段は公開翌日でも20人くらいしか入らない田舎の映画館ですが
この時は100人ぐらいはゆうに入っていたでしょう(笑)

正直なところ、期待していたほどは面白くなかったです。
というのは、オリジナルアニメを
フルCG(ディスニーは超実写と言っている)変えただけで
真新しいものは何もなかった。
実写版としてのオリジナリティを多少肉付けしても良かったのでは?と感じました。
なのでライオンキングのストリーを知るものにとっては
ワクワク感や新たな感動は起こらない。
モフモフ感はありましたが(^-^;
映像は超実写というだけあって
本物の動物と遜色のない素晴らしい出来ばえであったことは認めます。
冒頭のアフリカの動物たちだけは
本当にアフリカで撮影したものだとか。
映像はさすがの美しさでした。

楽しかったのはプンバァとティモンの掛け合い。
日本語吹き替えの佐藤二朗さんと亜生さんが上手でした。
歌は、皆上手でした。

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全26件

ライオン・キング

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:26件

ああアメリカさんの言いそうな事だわなー

投稿日

2019/10/27

レビュアー

ポッシュ(休眠中)

シンバちゃん目当てで映画館に観に行きました。モッフモフの前半部は大満足!!^^

叔父との確執がちょっとハムレット風だったり、
王子が都を追われて流浪の旅へ〜っていう貴種流離譚(きしゅりゅうりたん)のような
“いかにも王道な物語”は理屈抜きに気持ち良かったですね。

ただ。
ライオンは百獣の王って誰が決めたんだろ?(笑)
王様ライオンのムファサは息子シンバに王の心構えなどを語って、
大和田伸也の渋い声だから、そりゃ説得力120%だったけども・・・。
強いから頂点に立って君臨する、その代わり皆を守るのだよっていうのが
ああアメリカさんの言いそうな事だわなーと思えてしまったのでした。

途中の、王としての責任感に目覚めるっていうターニングポイントにしても、
幼馴染の女子に怒られちゃったから・・・ぐらいのアオハルぶりに腰砕け。

ま、ディズニーは万人に愛されるためにこのユルさが必定なんでしょう。

ライオン・キング

投稿日

2019/12/07

レビュアー

片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 アニメ版ライオンキングをCGアニメ版にした話。

 めちゃリアルな現実の映像をデジタル映像で作るという試みが凄くて、本当に本物の動物たちがその場にいる感が感じられる映像が凄かったです。

 ただリアルになった分、普通に喋る動物というのを見てアニマルプラネットとかナショナルジオグラフィックの映像に声が当たってる感じに取れてしまって終始慣れずに違和感だけが残る映画でした。アニメ版ではミュージカルシーンは楽しかったりファンタジー色が強まりますが、こちらではミュージカルシーンも変に感じるという。クライマックスのライオン軍団VSハイエナ軍団も迫力があるというよりは凄惨に感じてしまいました。カタキ役のおじさんスカーの退場シーンとかなかなかの辛さでした。

 話自体もアニメ版とほとんど変わらないため、単純明快で一定の楽しさのあるストーリーだと思いますが、それすらもアニメ版を見てしまっていると面白さが半減してしまいました。

 とはいえ現代最高峰の映像を見られるだけでも満足な1本で、やっぱりオリジナルの音楽の力とかは凄くて音楽で感動はできる映画でした。

圧巻のCG

投稿日

2019/12/09

レビュアー

oyoyo

ディズニー・アニメの名作「ライオン・キング」を、
「ジャングル・ブック」のジョン・ファブロー監督が、フルCGで新たに映画化。
見所はなんといってもCG映像!
動物の細かな表情、耳の動きや足の動かし方や毛なども再現されていて感動した。
実写と見紛うCG作品は珍しくない世の中になったが、
そんなCGを見慣れた眼にも凄さが分かる圧巻の2時間でした。

アニメ版未視聴での鑑賞ですが、アニメ版に忠実な再現だそうですね。

サバンナの王であるライオン・ムファサの子として生まれたシンバ。
王位を狙う叔父のスカーによって父の命が奪われ、シンバはサバンナを追われてしまう。

赤ちゃんシンバ、超かわいい!
目の前に居たらライオンの子というのを忘れて抱き上げてしまいそうなくらいカワイイ。

日本語吹替えもGood。

85点 

ハクナマタタ・・・悩まずに生きる→何でも解決できるさ!!

投稿日

2019/10/27

レビュアー

カマンベール

『ジャングル・ブック』実写版のジョン・ファブロー監督作品。

アフリカのサバンナを背景に、ライオンの王子シンバの成長と冒険を描いた実写版です。
実写なので、動物の表情を読むのはアニメに負けます。
ですから、声優さんの力量がすごく重要です。

時間の関係で日本語吹き替えで観ました。
一番驚いたのは《シンバの子役》の熊谷俊樹君の声量と歌のうまさ。
成人してからの賀来賢人を凌いでましたね(笑)

曲はお馴染みの名曲がゾロゾロ。
楽しい掛け合いの「ハクナマタタ」
ディモンとプンバァ(佐藤次郎)とシンバ(熊谷君)の歌がメチャ楽しい。

シンバの生い立ち。
ライオン王国の王・ムファサの子に生まれたシンバは、王位を狙うムファサの弟・スカーの策略で父王・ムファサを殺されて、サバンナを追われれてしまいます。
そこで出会うのがイボイノシシのプンバァとミーアキャットのディモン。
「ハクナマタタ」
悩まずに生きる・・なんでも解決してくれる・・・と楽しく暮らしていましたが、
スカーの横暴で元いた王国は荒れ果てている事を聞いたシンバは、立ち上がるのです。

ここからは、スカーとの対決が待っています。
スカーの入れ知恵で、シンバは父王・ムファサを自分が殺したと信じ込んでいたのです。

そして歌われる「サークル・オブ・ライフ」
ラストを飾るナラとシンバのデュエット「愛を感じて」
壮大な戦いの後の名曲は胸を打ちます。
正直言って「アニメ版」で、エルトン・ジョンが歌う「愛を感じて」の方が数倍の歌の力がこもってましたね。

映像も美しく日本人声優さんも頑張ってたんだけれど、ものすごく感動したか?と聞かれたら、「圧倒的な感動はなかった!!物足りなかった!!普通だった!!」と、
答えます(ごめんなさい)

映像の美しさを堪能

投稿日

2019/10/26

レビュアー

飛べない魔女

さすがに夏休みとあってお子様が多かった。
普段は公開翌日でも20人くらいしか入らない田舎の映画館ですが
この時は100人ぐらいはゆうに入っていたでしょう(笑)

正直なところ、期待していたほどは面白くなかったです。
というのは、オリジナルアニメを
フルCG(ディスニーは超実写と言っている)変えただけで
真新しいものは何もなかった。
実写版としてのオリジナリティを多少肉付けしても良かったのでは?と感じました。
なのでライオンキングのストリーを知るものにとっては
ワクワク感や新たな感動は起こらない。
モフモフ感はありましたが(^-^;
映像は超実写というだけあって
本物の動物と遜色のない素晴らしい出来ばえであったことは認めます。
冒頭のアフリカの動物たちだけは
本当にアフリカで撮影したものだとか。
映像はさすがの美しさでした。

楽しかったのはプンバァとティモンの掛け合い。
日本語吹き替えの佐藤二朗さんと亜生さんが上手でした。
歌は、皆上手でした。

1〜 5件 / 全26件