No.15 RANKING

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ

ゴジラ キング・オブ・モンスターズの画像・ジャケット写真
ゴジラ キング・オブ・モンスターズ / カイル・チャンドラー
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)

36

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」 の解説・あらすじ・ストーリー

『GODZILLA ゴジラ』『キングコング:髑髏島の巨神』に続く、「モンスター・ヴァース」シリーズ第3弾。前作から5年後を舞台に、復活したゴジラ、モスラ、ラドン、キングギドラが壮絶な死闘を繰り広げる。前作に続き、渡辺謙が芹沢博士役で出演。

「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」 の作品情報

製作年: 2019年
製作国: アメリカ
原題: GODZILLA: KING OF THE MONSTERS

「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

ゴジラ キング・オブ・モンスターズの詳細

  • 新作
収録時間: 字幕: 音声:
132分 日・吹・日(バリアフリー) 英:ドルビーデジタル5.1ch、日:ドルビーデジタル5.1ch、日(バリアフリー音声ガイド):ドルビーデジタルステレオ
レイティング: 記番: レンタル開始日:
TDV29312R 2019年12月18日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
1,026枚 88人 125人

【Blu-ray】ゴジラ キング・オブ・モンスターズ(ブルーレイ)の詳細

  • 新作
収録時間: 字幕: 音声:
132分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
TBR29311R 2019年12月18日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
440枚 98人 85人

関連作品

ユーザーレビュー:36件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全36件

怪獣オタク以外の者には、恐ろしくツマラナイ映画

投稿日:2019/10/28 レビュアー:カマンベール

2014年の『GODZILLA』の2作目。
前作に引き続き渡辺謙が芹沢猪四郎博士役で出演している。
ラストの日本版『CODZILLA』のテーマ曲が流れる所しか感動ポイントはなかったです。

ドラマの部分が薄すぎる。

前作から5年後の世界を舞台に、モスラ、ラドン、キングギドラなどが次々と復活する
「神話時代」の怪獣たちとゴジラが世界の覇権をかけた戦いを繰り広げる。
それを阻止しようとするのは「モナーク」という機関。「モナーク」は未確認生物特務機関という名称。
主役は「モナーク」に働くマーク(カイル・チャンドラー)とエマ(ベラ・ファーミガ)の
壊れかけの夫婦。
夫婦のの息子が殺され、その上その姉(娘)が拉致されたのを助けるのが、一番のストーリーの核になります(つまり平凡極まりない話しです)
狂信的でイカレたベラ・ファーミガの存在が、地球の危機に拍車をかける。
その間、怪獣たちのドカーン、ガガーン、ズバーンは核爆発より凄い・・・というより
3Dが凄いだけ。
どうしてこうも3Dって単調で面白くないんだろう?
同じことの繰り返しで拷問の2時間12分でした。

芹沢猪四郎博士が犠牲的精神を発揮するシーンは、日本的と言えば日本的でしたね。
来年公開のゴジラ3作目には小栗旬が出演してるそうです。
なんとか持ち直して面白い作品になってる事を祈ります。

このレビューは気に入りましたか? はい 13人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ゴジラ キング・オブ・モンスターズネタバレ

投稿日:2019/10/27 レビュアー:片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 ゴジラ映画の怪獣たちがハリウッドの大資本で再登場するという豪華さはさすがの迫力のある映画でした。

 ただいかんせん130分延々と暗闇のシーンが多くて見栄えが変わらないので退屈に感じる部分が多かったです。ゴジラVSギドラの南極の最初の対決とクライマックスのボストンでの戦いの違いとかあまり感じられなかったです。暗闇で殴り合いがあって、ピンチになってもうだめだー! からの横からどーん! の繰り返しも何回同じようなものを見せられるんだろうというものでした。

 モナークなる怪獣を調べている秘密結社も作劇的に仕方ないかもしれないですが、全部が後手後手の対応でただ目の前でおこったことを解説する役回りなので、一体何をしている人たちなんだろう? という主人公たちでした。物語の力点は怪獣と人類という部分よりも自分の娘を救うということのほうが重点に置かれていて、ドッカンドッカン爆破の最中に行方不明の娘を救うというストーリーも白けてしまうものでした。娘さんを救うためにギドラにやられた名もなき軍人さんたちが可哀そうでした。そしてサリー・ホーキンスさんの無駄遣いとかなぜあなたがというクライマックスのいきなりのサクリファイス精神を発揮する人物だったりとゲンナリポイントが多かったです。

 主人公の奥さんのポジションも観客としてはどういう気持ちで見ればいいのかわからなくて、クライマックスでの突然の行動とかもついていけなかったです。それに怪獣を操作できる装置とかも怪獣がそんな簡単に操れるのもスーパー装置が映画の中ではリアリティが感じられなかったです。

 そしてハリウッド大作としてのゴジラより日本人の伊福部昭御大の音楽やエンドクレジットでの中島春雄さんの姿に1番感動してしまうという映画でした。

このレビューは気に入りましたか? はい 11人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

超獣エキサイトメント

投稿日:2019/12/19 レビュアー:ビンス

興奮
ただただ興奮
それだけでいいし
それだけがいい
モンスタームービーに求めるもの
それは単純明快に
デカくて
ごっつくて
恐ろしい
それがあればあるほど文句も少なくなるというものです。
今回はゴジラに
モスラに
ラドンに
キングギドラ
この4体だけでも物凄く
2対2に分かれての超獣タッグマッチの様相だったのですが
さらに巨大なモンスターが多数登場
惜しむらくはそれらのモンスターがチョイとしか出番がないこと
もうバンバン出しちゃって
モンスターの地獄絵図的なド迫力超絶望なシーンが観たかった
という欲が出てしまいます。
メインの4体もゴジラとキングギドラは出番多めでしたが
モスラとラドンにももう少し出番が欲しかったです。
それでもメガなド迫力バトルは見応えあり
特にレイジングゴジラモードと言ってもいい
怒れるゴジラ時は問答無用の強さを見せてくれました。
キングギドラもラスボス感があってとてもいい
で、こういう作品で必ずついてくるのが「夜に戦う」ということ
暗い画面で戦ったって何やってるかわかんねーよ、と
フラストレーションがたまることが多いのですが
今回は「見える暗さ」の中でのバトルだったので
それほどイライラしませんでした。
一番いいのは邦画のヒーローもののように
昼間に戦ってほしいですけどね。
昼間にモンスター
映えると思うんだけどなぁ。
ということで
ボクはコレだけでいいんです
余計な人間パートはもっともっと少なくていい
何も考えず
ただただ驚いてワクワキしてドキドキして
すげ〜〜って思いたいだけです。

その人間パート
主人公家族の物語
というかベラ・ファーミガ演じる博士に
1ミリも共感できないので
この家族の悲喜こもごもには
心がスーンとしたままで
おいおいこれで感動させるつもりかよと
呆れる始末でした。
勘違いも甚だしい思考
特別だと勘違いしてる人間ほど愚かな者はない

なんか興行的には思ってたより下回ったようですが
続編も決定しており一安心
次は小栗の旬くんが出演するとか
単純明快なやーつお願いします。

映画の中のシーンが
時代とともに変わってきているんだなぁと感じました。
3Dや4Dのためにあるシーンなんじゃないかなぁと感じるシーンが多々あり
たまに観にくいと思うのは
そういうことなんじゃないかなぁと
観るシーンなのではなく
体感するシーン
そう思いました。

このレビューは気に入りましたか? はい 8人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

エンドロールでかすかな満足。それ以外は●

投稿日:2020/01/06 レビュアー:ちゅく

三回見ました。エンドロールに到って、「モスラ」「ゴジラ」のテーマが鳴る。やっと映画を見た気がしました。
米国の安直な特殊技術と。中国の巨大資金が結びつくと、映画はこんなにつまらないものになるのか。
映画館で見たかったし、DVDも昨日買おうとしていたのですが、どっちも見送って正解でした。

この映画は、まず人間ドラマの部分が実に薄っぺらです。
怪獣が発生したのは、地球環境の悪化だって? 現今の環境問題にもっとも非協力的な米国と中国が金づるを結んで、誰に責任をなすりつけるんだか、言ってみなさい。だいたい「モナーク」とは何か。前作から何の説明もしていない。ロバート・フォスター、チャン・ツィイーが役として全く生きていないし、前作でもお願いしたが、渡辺謙さん、何とか教えられなかったものか……。

そもそも怪獣が可哀想です。僕はピカの1960年代からの日本の東宝の特撮映画ファンで、3回目の「ゴジラ」(1954年の初作)をリバイバル映画館上映で2回見ています。昔は、怖くて、おねしょをしていました。(自慢には、ならんが……)
この「キング」なき映画は、特撮・怪獣ファンとしても、ゴジラ、キングギドラ、モスラ、ラドンを冒涜したとしか思えない。つまらなさは、フルCGで作っているからでしょう。アニメのようで、どうでも動かせるが、逆説的に言えば、怪獣が人間的ではない。昔の日本の特撮、本多猪四朗:本編監督、円谷英二:特技監督の時代は、手作業で怪獣が壊す都市を作り、ゴジラやキングギドラには人間が着ぐるみで入って、燃えるシーンで命がけで演技していたのです。一発勝負です。その緊迫感が本多猪四朗・円谷英二の傑作には、はっきり出ています。モスラやラドンも、着ぐるみのシーンと天井に潜んだおっさんたちが模型を糸で動かす「操演」で成立していたのです。ギドラは胴体部分に人が入り、首の根っこから目で位置関係を確かめ、三つの首は「操演」でした。

人間ドラマが自家撞着かつ浅薄、怪獣ドラマは皆無、この映画になんの取り柄もありません。
次作でキングコングが出てくるようだが、全く期待はしない。

米中の世界観はぶつかり合っているが、ともに、自分が世界を支配できれば満足ということで一致し、そこでぶつかり合っている。両国は覇権争いをし、地球を守ろうという意識はない。
連合軍の米国から二度、1945年、広島で8月6日。長崎で8月9日に、原子爆弾の無差別攻撃を受けた日本。
2011年に、東日本震災の津波による福島第二原発によるメルトダウンを生じ、今も(半永久的に)人が住めない場所がある日本。この国であるから「ゴジラ」(1954)が生まれ、「シン・ゴジラ」(2016)で氷結されたのだ。「シン・ゴジラ」は、怪獣映画としての魅力と、人間ドラマ、危機管理劇としての魅力が拮抗していた。それは、震災を受けた日本人が忘れてはならないことを、しっかり映画にした総監督の庵野秀明、監督・特技)
樋口真嗣、資本の最終を受け持った東宝会社とその製作の三人、佐藤善宏、澁澤匡哉、和田倉和利を今も讃えねばならぬ。映画を2回、3回、劇場で見た観客や、DVDを買ったり借りたりした僕らも参加していただろう。日本の60年以上の「ゴジラ」史と、この「キング・オブ・モンスターズ」は、相当距離、剥離・乖離している。
痛み、悼み、悲しみ、哀しみを分かち合うことがないと、共感の一歩は進まない。
拒否するのではない。喜び、歓び、慶び、悦びを共有して、次に痛みに遷るのだ。

このレビューは気に入りましたか? はい 7人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

アメリカが作るとどうしてこうもつまらなくなるのか?ネタバレ

投稿日:2019/12/27 レビュアー:飛べない魔女

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

きっと怪獣好きの男子とかにはたまんないのでしょう。
でも怪獣に思い入れのない私には
巨大怪獣たちが戦っているだけの絵ずらでは
特に楽しくもなくワクワクもドキドキもせず
ただただ退屈な時間を過ごすのみ。
ましてや画面が暗くて実際何がどうなってるのか判りづらい。
ファミリーの話を組み入れてはいるものの
気が狂ったとしか思えないママさんの行動には唖然。
シーンでもさっきまであそこにいたはずの人が
もうここにいるなんていう漫画的な展開も許せない部分でした。

謙さん演じる博士は神風特攻隊宜しく凛々しかったけど
それだけのもの。
なんだかんだ怪獣たちに大暴れさせた後に地球の環境は
各地でいい兆候が表れ始めたといかいうエンドロールの件は
結局はあのママさんの思い描いた通り?ってことですよね。
あの変な装置はどうも古臭い感じでうさん臭かったけど(笑)

マディソン役のミリー・ボビー・ブラウンちゃんは2020年公開予定の『ゴジラVSコング』にも
出演してますね。
彼女はネットフリックスドラマ『ストレンジャー・シングス』で
メインキャストである超能力少女のエルことイレブンを演じていたので
あのドラマにハマった私には、マディソンが手を伸ばすたびに
超能力使ってなんかするんじゃないかと勘違いしがちでした(笑)
あと、悪役は『ゲーム・ボブ・スローンズ』でも
超嫌な奴だったタイウィン・ラニスター役の俳優さんでした!
エンドロール後にアランが漁師からギドラの首を買い取っていたので
これが次回作への伏線になっているのかと思ったけど
この俳優さんの名前(チャールズ・ダンス)は次回作にはありませんね。

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全36件

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ