ダンスウィズミー

ダンスウィズミーの画像・ジャケット写真
ダンスウィズミー / 三吉彩花
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)

2

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「ダンスウィズミー」 の解説・あらすじ・ストーリー

解説・あらすじ・ストーリーは、ただいま準備中です。

「ダンスウィズミー」 の作品情報

製作年: 2019年

「ダンスウィズミー」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

ダンスウィズミーの詳細

  • HOT NEW!
収録時間: 字幕: 音声:
103分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
1000753429 2019年11月20日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
567枚 97人 108人

【Blu-ray】ダンスウィズミー(ブルーレイ)の詳細

  • HOT NEW!
収録時間: 字幕: 音声:
103分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
1000753428 2019年11月20日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
142枚 35人 51人

関連作品

ユーザーレビュー:2件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 2件 / 全2件

世界各地の先行上映で観客賞。 わかりやすく愉しいミュージカル。

投稿日:2019/11/04 レビュアー:ロキュータス

映画の出来は率直に言って「まずまず」です。
(,ネタばれあり )
ちょっと中だるみかなという展開もありますし、ぼくが不満なのは、会社の休み方、壊れた車の修理の預け方と引き取り方、三浦貴大の裏の顔の部分の描き方が、ちょっと雑かなと思いました。 社会のリアルはきちんと描かないと。

でも観て楽しかった。 僕はこの作品好きですね
期待以上ということはなかったけれど、期待には応えてくれている出来栄えでした。  

主演の三吉彩花はよくやっていると思います。 あわやパンちら気味の脚線美を含めてきれいです。「 Happy Valley 」のシーンはきれいで華があり、ぼくは好きです。

矢口作品はいつも若手の演者の未熟さを感じてどこか素人くさい。
たしかにどこか大手プロダクションか、テレビ局と提携した方が、もっと芸達者な俳優を使って歌や踊りのクオリティは上がったでしょう。 
でも、パ―タ―など業界の事情でされたキャスティングがしばしば映画を凡庸なものにしてしまう。

クロウト受けよりわかりやすさに徹し、オーディションで主役を選び、手作りで面白い作品を作ってやるという、自主映画出身からプロになった矢口監督の矜持を感じるのです。

今ミュージカル映画を作るのは難しいでしょうね。
目指すとすれば、たぶん『 ブルース・ブラザース 』のような人気スターとプロのミュージシャンが本人そのままとかぶる役の映画でしょうが、『 ブルース・ブラザース2000 』はうまくいっていない。
『 ラ・ラ・ランド 』は前にも書きましたが、頭で作ったメタ・ミュージカルみたいで、僕は熱を感じずノレませんでした。

本作は日本公開に先立ち、トロント、モントリオール、上海、ニューヨークなどの映画祭やイベントで先行上映され、観客賞を受けるなど好評でした。 
海外での上映やリメイクの申し出があるそうですが、まんざら盛っているのではなく、そうした普遍的なわかりやすさの作品です。

たぶん外国でのリメイクするほうが音楽やダンスのクオリティは上がると思いますが、日本の普通の子がミュージカルをやっちゃうという、「なんちゃって感」が愛おしい。  
『 ラ・ラ・ランド 』よりも愉しめました。

オープニングから、日本のミュージカルのパイオニア宝田明への敬意を見せているのが嬉しく、
「タイムマシンにお願い」で終わる本作。
ぼくは親しみやすく、作り手、演者の熱気ののある本作が好きです。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

レストランのナンバーがとにかくすごいよ

投稿日:2019/10/26 レビュアー:恋次郎

のっけから宝田明さんが総立ち女王山下久美子の曲を歌って踊るんですよ。なのに東宝のTM ではなくワーナーなんて時代は確実に変わったなぁ。
矢口監督の師匠筋が「舞妓はレディ」でミュージカル撮ってましたから予告編でモブシーンを見た時は「ララランド」のパロディを今度はやるのかと思ってしまった。違いました。
ミュージカルはなぜ、突然に歌いだし踊るのか?に対する矢口流の解答で女同士のロードムービーでした。
白眉はレストランのシーンでカメラワーク含め最高。主人公の恍惚の表情が忘れられないです。
あとはチャイが歌うウェディングベルがチャラ男にとってホラーナンバーでした。笑うより怖かった。
結末もお楽しみですぞ。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 2件 / 全2件

ダンスウィズミー