No.46 RANKING

パピヨン

パピヨンの画像・ジャケット写真
パピヨン / チャーリー・ハナム
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)

3

  • DVD
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「パピヨン」 の解説・あらすじ・ストーリー

脱獄映画の金字塔をチャーリー・ハナムとラミ・マレックの共演で45年ぶりに再び映画化。無実の罪で終身刑を言い渡され、フランス領ギアナの悪魔島に送られたパピヨン。この絶望と死が支配する場所で、パピヨンは紙幣偽造の天才・ドガと出会い…。※一般告知解禁日:あり

「パピヨン」 の作品情報

製作年: 2017年
製作国: アメリカ
原題: Papillon

「パピヨン」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

パピヨンの詳細

  • HOT NEW!
収録時間: 字幕: 音声:
133分 日・吹 英・西:ドルビーデジタル5.1ch、日:ドルビーデジタルステレオ
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PCBP74034 2019年12月04日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
235枚 46人 53人

関連作品

ユーザーレビュー:3件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 3件 / 全3件

パピヨンネタバレ

投稿日:2019/10/27 レビュアー:片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 泥棒稼業していたらハメられて壮絶な囚人ライフを送る話。

 オリジナル版は勉強不足で未見でスティーブ・マックイーンのドアップのジャケットのイメージしかない中、配給がトランスフォーマーってことで見に行きました。

 主人公は【パシフィック・リム】とかのチャーリー・ハナム。ドラマの【MR.ロボット】【ザ・パシフィック】のラミ・マレックが出てるのも見に行きたいポイントの1つでした。

 冒頭は主人公が泥棒稼業をして恋人とイチャイチャしているところからはじまり、悪人稼業のボスに騙されて殺人の罪を着せられて、そのまんままさかの終身刑…。そこから悪魔島なる地獄のような囚人ライフが始まります。

 脱獄ものの王道を行く展開で、ひたすら人権無視のドイヒーな扱いに消耗していく主人公たちと追体験でどっと疲れる130分でした。

 台詞が少ない演出で、中盤で独居房での生活では、ひたすら時間経過を静かに淡々と映し出していくのとかは印象的でしたが、個人的にはチト退屈に時間を感じてしまう演出でした。

 ひたすらどうやって脱出するのか? そのプランと準備、決行。追いかけっこ。成功か失敗か? というのを延々と繰り返して、主人公の不屈の精神とチャーリ・ハナムさんのガリガリっぷりに感心する映画でした。

 自由って本当に大切だなと勉強になる作品でした。

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

抑圧と支配の孤島、自由への渇望

投稿日:2019/12/01 レビュアー:五能線くまげらの森

(2017年製作・アメリカ)マイケル・ノアー監督
1973年のスティーヴ・マックイーン主演、伝説の脱獄映画あの、「パピヨン」のリメイク。
結論から言えば、1973年版の感動を上書きできる出来の作品ではない。
しかしながら、チャーリー・ハナムとラミ・マレックの熱演により、見やすく
魅力的で十分に面白さが伝わる作品だと思う。
リメイクとして、オリジナルよりややスケールが小ぶりという、気遣いある位置取りがむしろ好感を持つ。

胸に蝶の入れ墨をいれた「パピヨン」と呼ばれる男(チャーリー・ハナム)は、無実の罪で、フランス領ギアナの流刑地に送られる。周囲を海で囲まれたこの島は脱出不可能な場所として知られ、囚人たちは、過酷な労働、暴力、非人間的な扱いで死ぬ者も多数いた。
なんと、囚人全員の前で泣き叫ぶ囚人を引きずってきて、ギロチンにかけるという残酷・・。
そんな中、パピヨンは、偽造国債の罪のルイ・ドガ(ラミ・マレック)と、利害が一致して行動を共にするようになる。
何度脱獄をしようとても失敗し、その度に過酷な状況になるパピヨン。
気が遠くなるほど長い年月を耐え、ついに最後の島、悪魔島に送られたパピヨン。
白髪になったパピヨンの視線の先にはドガがいた。
そして、潮流の流れを見極めたパピヨンは、断崖絶壁から自由を求めて海に飛び込む。

海に飛び込んで、(死んだかもしれない・・)と考えさせるオリジナルと違って、
本作はりっぱにベネズエラで生き抜き、フランスに本の出版をもちかける場面で終わります。
パピィの執念が実ったですね!(賛否はありそう・・)

見終わって、チャーリーのパピィはハンサムすぎたな、という印象だったのですが、
(マックイーンのあの瀕死の演技、老いて歯もない演技と比べれば)
(それゆえ、そんななっても逃亡する気骨と勇気に感動するわけですが)

ルイ・ドガの方はなんだか可愛くて(笑)、演技もうまかったなーと印象深い。
それで、他の出演作を調べたら、彼はあの「ボヘミアン・ラヴソディ」の人だったのですね!!
そうだったんですかー。聞けば、ボヘミアンより前に撮影したようです。
ステキな俳優さんですよね♪私は「ミスター・ロボット」シリーズを今頃見始めました。(笑)

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ラミ・マレックが

投稿日:2019/12/09 レビュアー:モモイチゴ

いい味出していたが、マックィーンのパピヨンの方が詩的でよかった。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 3件 / 全3件

パピヨン

月額課金で借りる

都度課金で借りる