No.20 RANKING

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム

スパイダーマン:ファー・フロム・ホームの画像・ジャケット写真
スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム / トム・ホランド
全体の平均評価点:
(5点満点)

23

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
  • シリーズ
ジャンル:

「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」 の解説・あらすじ・ストーリー

トム・ホランド主演で贈る人気ヒーローアクションシリーズ第2弾。夏休み、ピーターはMJ、ネッドと共にヨーロッパ旅行へ出掛ける。MJに気持ちを打ち明け、最高の夏休みにしたいと願うピーターだったが、彼の前に元S.H.I.E.L.D.長官のニックが現れる。

「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」 の作品情報

製作年: 2019年
製作国: アメリカ
原題: SPIDER−MAN: FAR FROM HOME

「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

スパイダーマン:ファー・フロム・ホームの詳細

  • 新作
収録時間: 字幕: 音声:
129分 日・日(バリアフリー)・英 英:ドルビーデジタル5.1ch、日:ドルビーデジタル5.1ch
レイティング: 記番: レンタル開始日:
RDD81557 2019年12月04日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
1,645枚 111人 115人

【Blu-ray】スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム(ブルーレイ)の詳細

  • 新作
収録時間: 字幕: 音声:
129分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
BRR81557 2019年12月04日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
825枚 64人 67人

関連作品

ユーザーレビュー:23件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全23件

『アベンジャーズエンドゲーム』を未見の方はご注意を!

投稿日:2019/10/02 レビュアー:飛べない魔女

アベンジャーズエンドゲームのネタバレを含む内容になっています。
未見の方は、あちらを先に見ることをお勧めいたします。

非常に面白かったです。
『ホームカミング』を見たときは、
昔のオリジナル作品などと比べると非常に軽いノリで、
ピーターはちょいとおちゃらけすぎじゃね?なんて思ったものです。
でも、もうこの段階では
アベンジャーズシリーズの中で
新生スパイダーマンには何度もお目にかかっているだけに
お馴染みキャラとなり
凄く愛着もあるので(笑)、手放しで楽しめました。

ピーターとMJの恋の行方も取り入れながら
ミステリオという新キャラを登場させ
舞台をヨーロッパに移し
エンドゲームで世界を取り戻した人類に
再び危機が訪れようとする数日を描いていきます。
ヒーローであることよりも
自分の恋を成就させたいと思うのは高校生ですから仕方ないでしょう。
その辺りのピーターの心の葛藤も見ものです。
ゼンデイア演じるツンデレなMJにもだんだん馴染んできました。
親友のネッドの存在感も相変わらず楽しいです。
笑いえるシーンも満載。
そして懐かしいあの人を思ってちょっぴりジーンとなること請け合いです。

冒頭に書いたように、アベンジャーズエンドゲームの後の世界なので
エンドゲームを未見の人はあちらを先に見ることをお勧めいたします。(←しつこいよ〜(;^_^A)
エンドゲームの完全ネタバレ作品となってますから。

このレビューは気に入りましたか? はい 13人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

スパイダーマン:ファー・フロム・ホームネタバレ

投稿日:2019/09/28 レビュアー:片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 もはや【アイアンマン4】的な続きに大人たちがヒーロー活動を嫌がる子どもを強制労働させる話。

 映画のジャンルはコメディなので、スパイダーマン活動を隠しながらヨーロッパ旅行をするのが笑えてよかったです。主人公はハラハラドキドキだけど、先生や友達たちはのんきにすごすというギャップの面白さでした。

 ただ主人公はヒーロー活動より休日をみんなと楽しみたいのに、無理やり主人公をヒーロー活動へ参加させる司令官を見ていて、脱退した信者を連れ戻す新興宗教団体やブラック企業の社長のようなキャラクターと化していて見ていて気分の悪い展開が多かったです。一見、話自体はコメディなので笑えて見やすいんですがやってることはやりたくないことを無理やりさせるというムカムカさせる展開でした。そもそもなぜスパイダーマンがやらないといけないのかという設定が「他のみんなが忙しいから」という理由なのも適当すぎてテンションが下がる設定でした。

 カタキ役も正体が分かるにつれて「チームラボ」の凄いバージョンの人たちで小者感いっぱいだし。【スパイダーマン】の続きというより【アイアンマン】の続きになっていて一体何を見せられているのだろう? と戸惑うカタキ役の設定でした。

 前作ではナイトシーンが多くて見にくかったアクションシーンは昼間になっていて見やすいのはアクションシーンは楽しく見ることができました。

このレビューは気に入りましたか? はい 8人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ピーター(スパイダーマン)の《夏休みヨーロッパ旅行》

投稿日:2019/11/30 レビュアー:カマンベール

2019年(アメリカ)

『アベンジャーズ/エードゲーム』の完全ネタバレ映画です。
続きですから、観てないと、ショック起こしちゃいます。

『エンドゲーム』の後の世界。
アメリカ・ミッドタウンの高校生ピーターたちは夏休みに先生引率で、
ヨーロッパ旅行に行くことになります。

ヴェネツィア→プラハ→ベルリン→そして最後はロンドン。
水没するヴェネツィアでは水の怪物が現れて大騒動。
山越えしてプラハに入るとカーニバルが、
そしてベルリンからユーロスターでロンドン入り・・・とまるで観光映画ですよ。
景色はとても綺麗です。
トム・ホランドのスパイダーマンは、ティーン丸出しの16歳(一体いつになったら、大人になるのかしら?トム・ホランドは23歳なのにやたら幼い)
スパイダーマンの任務もそこそこMJとの恋の駆け引きに心は一杯です。

「S・H・I・E・L・D」の長官ニック・フューリー(サミエル・L・ジャクソン)が現れ、新しいスーパーヒーローのミステリオ(ジェイク・ギレンホール)を紹介します。
ミステリオが何者かが、お楽しみの一つ。
ホログラムやら、ドローン攻撃。
はたまたピーターのかける眼鏡にご注目。
人工知能イーディスを搭載する眼鏡ですよ。
(ピーターくん、簡単に人に貸しちゃダメじゃないの!!)
ヴェネツィア、プラハ、ベルリン、イギリスと行く先々でモンスターが出現して破壊活動。
『スパイダーマン・ファーフロムホーム・・・ホームを遠く離れて』
ピーターとクラスメートは無事アメリカに帰れるのでしょうか?

そしてラストには驚きの告知がされます。
だからアメコミは次々と観ないと訳分からなくなりますね(笑)

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

面白がってばかりはいられない

投稿日:2020/01/17 レビュアー:hinakksk

 今回の舞台はヨーロッパ。夏休みにクラスメートたちと科学研究ツアーに。行く先々で、強大な怪物エレメンタルズがスペクタクルに暴れ回り、美しい観光地が無惨にも次々と破壊されていく。

 スパイダーマンはまだまだ修行中。前作からあまり成長したようには見えないピーター。自分の恋のことしか頭になく、使命感なんて二の次。飛行機の座席変更のことでは親友に依存し、更には自分勝手にクラスメートを危険にさらす。等身大のヒーローはいいんだけど、全然潔くない。まだ未成年という甘え。ストークから託された大切な眼鏡を蔑ろにする。そしてその甘さが大きな危機を招いてしまう。

 ベックの手法や主張は結局禁じ手で、鏡を見るように、CG映画の自家撞着ということにならないだろうか。人は信じることを求めている。信じやすい奴を欺くのは簡単(!?)、面白がってばかりはいられない。

 いずれにしても、青春編はやっと卒業かな? しかし、袋小路のような自家撞着をどうやって解決するつもりだろう。次作への布石は衝撃的。エンディングクレジットの最後の最後までご覧になることをお忘れなく。

 

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

衝撃のラスト

投稿日:2020/01/09 レビュアー:oyoyo

「スパイダーマン ホームカミング」の続編。
「アベンジャーズ エンドゲーム」後の世界を舞台に、スパイダーマンこと高校生の
ピーター・パーカーの新たな戦いと成長を描く。

MJとの恋をとるか、ヒーローとしての任務か。
「エンドゲーム」の後だからスケールダウンしてるんじゃないかと心配してたが
ご近所ヒーローのスパイダーマンに、丁度良いスケールの大きさ。
テンポよく進むストーリーは楽しめました。

VFXは凄い。
高さや遠近感のある映像はエンドゲームに負けてない。
いや、空中戦のスピード感、爽快感はエンドゲームより上だ。

ネタバレになるので詳しくは書けないが、ヴィラン(敵)も魅力的。
ヴィラン自体はピーターの能力に遠く及ばないが、
最強のアイテムを駆使してピーターを苦しめる。
しかし、ラストは反則。
衝撃の結末だ。
続きが気になってしようがない。

85点 

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全23件

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム