No.45 RANKING

神と共に 第一章:罪と罰

神と共に 第一章:罪と罰の画像・ジャケット写真
神と共に 第一章:罪と罰 / ハ・ジョンウ
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)

3

  • DVD
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
  • シリーズ
ジャンル:

「神と共に 第一章:罪と罰」 の解説・あらすじ・ストーリー

殉職した男と冥界の使者が過酷な地獄巡りを繰り広げるアクションファンタジー第1章。火災現場で少女を救い、壮絶な死を遂げた消防士・ジャホン。冥界に迎えられた彼は、3人の使者から7つの地獄で裁判を受け、無罪となれば生まれ変われると伝えられる。※一般告知解禁日:8月23日10:00

「神と共に 第一章:罪と罰」 の作品情報

製作年: 2018年
製作国: 韓国
原題: ●/ALONG WITH THE GODS:THE TWO WORLDS

「神と共に 第一章:罪と罰」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

神と共に 第一章:罪と罰の詳細

  • 新作
収録時間: 字幕: 音声:
140分 日・吹 韓:ドルビーデジタル5.1ch、日:ドルビーデジタル5.1ch
レイティング: 記番: レンタル開始日:
TWDR3153 2019年11月06日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
233枚 26人 28人

関連作品

ユーザーレビュー:3件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 3件 / 全3件

神と共に 第一章:罪と罰ネタバレ

投稿日:2019/09/27 レビュアー:片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 殉職した消防士が地獄めぐりをしてお母さんとか弟とか家族の関係を改めて知っていく話。

 冒頭からド派手な火災シーンから始まって主人公が霊界へ行くことになり、いろんな地獄めぐりをして残された家出して15年会っていないお母さんや弟との関係を改めて知っていくという。

 各地獄のCGでの映像と各大王様や判官と主人公の消防士を守る弁護団の3人の使者とのやりとりはコミカルで楽しかったです。それでいて各地獄で少しずつ明らかになってくるお母さんと弟の過去や現在。

 何やら弟に何かあったぞと使者のリーダーのハ・ジョンウさんが調べるミステリーと主人公たちの地獄めぐりが並行して描かれて、主人公はこう思っていたけど実はこうでした。という【素晴らし哉、人生!】的な展開で最終的にはそりゃ泣くよ的な飛び道具なクライマックスでした。

 ただ個人的に飛んだり跳ねたりするCGいっぱいのアクションは見にくいうえに単調に感じました。それに物語の構成自体も次第に事実があきらかになっていく雪だるま方式ではありますが、地獄めぐりが繋がっているだけの串団子方式に見えるので特に前半から中盤は単調に感じるのと第二章との繋がりかハ・ジョンウの時代劇みたいなフラッシュバックとかただの説明だけのシーンになってしまっているようで退屈に感じるところが多かったです。

 とはいえ、アクションにミステリーに最終的には泣かされるという韓国映画のうまさが詰まった映画で第二章のマ・ドンソクさんが楽しみな映画でした。

このレビューは気に入りましたか? はい 12人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

49日間の地獄ツァーで明かされる人生の精算書

投稿日:2019/11/08 レビュアー:五能線くまげらの森

(2018年製作・韓国)キム・ヨンファ監督
消防士ジャホン(チャ・テヒョン)は、消火作業中に人を助け、自分は命を失う。
死んだ人間は、49日をかけて弁護人と警護人を連れて、7つの裁判を受ける。
殺人、怠惰、嘘、不義、裏切り、暴力、天倫、といった裁判を通して生前の罪と対峙する亡者たち。
裁かれて無罪になれば転生への道が開け、有罪だとその地獄で永遠に苦しむ。(らしい)

人間が塔のように山積みになった殺人地獄、回転する「すりこぎ」が追ってきて、アリンコのような人間が潰され海に落ちる怠惰地獄、
CGやVFXを使って、世にも美しい風景にこの世のものと思えぬ、(あ、もうこの世じゃないしね)残虐でダイナミックな天界の「おしおきシーン」が繰り広げられる。ごめんなさいっ!ウソはつきません!って感じだわー。
でも、便りになるのが、優しい弁護人とカッコイイ警護のハ・ジョンウとチュ・ジフン。

さて、人助けの消防士ジャホンの事だから、無罪で通過も楽勝と思いきや、
やはり一人の人生、カゲもあればヒナタもある。意外な過去が明かされてゆくのだった。
ラストの天倫地獄の裁判で、彼のお母さんの姿が巨大な砂上でサンド・マザーを型づくる。
砂の瞳からこぼれる一筋の涙、このお母さんの演技が泣かせましたねー。
7大地獄ツアーも思ったより退屈しなかったし、VFXの仕上がりも良く、見応えのあるドラマでした。
第2章も楽しみです。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ダンテの神曲とは違ってました

投稿日:2019/12/10 レビュアー:恋次郎

「新感染」を上回るヒット作というので期待して見ました。地獄巡りってことで彼の国では死んだら殺人、怠惰、嘘、不義、暴力、裏切り、転輪の7つの裁判にかけられるようです。全てで無罪であれば、すぐに転生できる。どれか一つでも有罪なら地獄の責め苦にさいなまれる。
主人公は自己犠牲によって人びとを救助して死んだ貴人の霊。通常なら楽に転生できるはずが、母への慕情からすぐに転生したくない。それを三人の使者が弁護して転生させようとするのですが、弟が怨霊となり地獄も現世も大暴れ。
さて、無事に転生できるのか、こじれた家族の関係は、いったいどうなるのか。
キャラが立ってておもしろかったです。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 3件 / 全3件

神と共に 第一章:罪と罰