No.44 RANKING

スノー・ロワイヤル

スノー・ロワイヤルの画像・ジャケット写真
スノー・ロワイヤル / リーアム・ニーソン
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)

3

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「スノー・ロワイヤル」 の解説・あらすじ・ストーリー

ハンス・ペテル・モランド監督が『ファイティング・ダディ 怒りの除雪車』をリーアム・ニーソン主演でセルフリメイクしたサスペンスアクション。息子を麻薬組織に殺された除雪作業員のネルズ・コックスマンは、除雪車で次々と敵を始末していく。※PG12

「スノー・ロワイヤル」 の作品情報

製作年: 2019年
製作国: アメリカ
原題: COLD PURSUIT

「スノー・ロワイヤル」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

スノー・ロワイヤルの詳細

  • HOT NEW!
収録時間: 字幕: 音声:
119分 英:ドルビーデジタル5.1ch、日:ドルビーデジタルステレオ
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PG-12 DABR5613 2019年10月18日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
720枚 125人 164人

【Blu-ray】スノー・ロワイヤル(ブルーレイ)の詳細

  • HOT NEW!
収録時間: 字幕: 音声:
119分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PG-12 DAXR5613 2019年10月18日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
308枚 68人 98人

関連作品

ユーザーレビュー:3件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 3件 / 全3件

一癖も二癖もある復讐劇・・・麻薬王の抗争に変換する、ムムッ!!

投稿日:2019/10/20 レビュアー:カマンベール

リーアム・ニーソンのヒーロー・アクション映画・・と期待して観ると、肩透かしを喰らわせられます。
ブラックで、皮肉でユーモラス。盛り上がると言うより、ニンマリ笑って楽しむ感じ・・風変わりで面白いです。

元々はノルウェー映画『ファイティング・ダディ怒りの除雪車』のリメイク。
監督は同じ、ハンス・ペテル・モランド。
(彼は『特捜部Q Pからのメッセージ』をヒットさせて注目されたとか・・・)

前置きはさておき。
除雪車の作業を長年真面目に勤めて、キーホーという田舎町の模範市民賞で表彰されるほど真面目なネルズ・コックマンがリーアム・ニーソンの役です。
なんと息子が、麻薬絡みで殺されてしまう。
クールに復讐を企てたネルズは、ひとり、またひとり、そして3人目と、素手や銃そして仕事用の除雪車で殺して行く。

この復讐殺人を、麻薬王のバイキング(白人)は、敵対組織の麻薬王(エスキモー系の原住民)の仕業だと誤解した事から、殺人が殺人を呼び報復合戦に発展するのだ。

コロラド州デンバー近くのリゾートスキー場キーホーが舞台になります。
(実際にはカナダの2000メートル級の山岳地帯でロケしたので、山がやたらと気高く美しい。
圧雪を跳ね飛ばすリーアムの巨大除雪車とロケーションは最高です。

そこに麻薬王と間抜けな手下のギャングたち。
ひとり死ぬごとに、真っ黒い背景に死人の名前とニックネームそして宗教が書き記されます。
この演出はなかなか気が利いてますが、盛り上がりを削いでいる感もありますね。
(そこを楽しまないと、この映画は面白くないんだけれど、笑)
リーアムがめちゃくちゃに強いわけでもない。
息子を殺された悲憤が寡黙な男を復讐に駆り立て、その波紋がキーホーの町全体に
大きなウネリとなって押し寄せる。

死体が転がる毎にクスクス笑いながら、殺人のバリエーションを楽しむのも一興ですね。
(元々のノルウェー作品を観たくなりました)

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

まあまあ面白かった

投稿日:2019/10/20 レビュアー:QWERTY

96時間シリーズみたいに気分爽快に敵を倒していくわけではないが
それなりに面白かった。
悪者が死んだ後の演出とか結構悪ふざけ感があって
シリアスな話なのにどこかコメディ調な感じ。

ちなみに
あらすじに「除雪車で次々と敵を始末していく」と書いてあるけど
そんなシーンあったっけ?

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

北欧発ブラックユーモアの快作

投稿日:2019/10/13 レビュアー:恋次郎

北欧でヒットしたブラックユーモアあふれるクライムアクションをハリウッドリメイク。おじいちゃん監督自らが脚本変更しながらリメイクしたものです。
息子が殺された除雪作業員がリーアムニーソンで、表彰されるほど真面目。犯人探しもコツコツ殺します。遺体の処理は推理小説で読んだ通りに。
やがてマフィアの組織が相手とわかり人づてにプロの殺し屋を雇うのですが。
やがてマフィアと対立する組織も巻き込んでクライマックスは殺しあいの大盤振る舞いです。
さすがに北欧発なのでマフィアがLGBT だったりのブラックユーモアが随所に出てきます。
リーアムニーソンはなめてたら殺人マシーンではなかったので、ちょっと新鮮でした。
さて、無事に生き残れるのでしょうか?

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 3件 / 全3件

スノー・ロワイヤル