あなたの番ですの画像・ジャケット写真

あなたの番です / 田中圭

全体の平均評価点:(5点満点)

9

全体の平均評価点:

予告編を検索

DVD

旧作

ジャンル :

「あなたの番です」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

旧作

解説・ストーリー

原田知世と田中圭がW主演を務めたノンストップミステリー第6巻。指名手配中のイクバルたちが翔太を襲い、警察に捕まると悟ったシンイーは不法滞在中の恋人・クオンを逃がす。一方、マンションでは臨時の住民会が開かれ…。第13話から第15話を収録。

「あなたの番です」 の作品情報

作品情報

製作年:

2019年

製作国:

日本

「あなたの番です」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

キャスト・スタッフ

関連作品

関連作品

honey

ナイト・ドクター

言霊荘

怪獣倶楽部〜空想特撮青春記〜

ユーザーレビュー:9件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全9件

オランウータン・ターイム!

投稿日:2019/09/17 レビュアー:kazupon

原田知世と田中圭のW主演。
手塚菜奈(原田知世)と手塚翔太(田中圭)は、年の差婚の新婚さんだ。
二人が住むマンションの住民会に菜奈が出席し、ひょんなことから「交換殺人ゲーム」に巻き込まれて行く。
「毎週、死にます」というキャッチコピーの通り本当に、一人、また一人と死んでいく。
そして、「あなたの番です」という紙が送り付けられ・・・
菜奈と翔太は「オランウータン・タイム」という言葉を合言葉に推理を始める。
そして、核心に近づくと「ブルだね!」と言う。
ブルと言うのは、ダーツの中心のことらしい。
だから、その推理は当たってる(的中)ということなんだろう。
オランウータン・タイムの意味は分からない。(知っている方。是非教えて下さい)
猟奇的とも言える殺人ばかりで、毎週、衝撃だった。
301号室の住人・尾野幹葉を演じる奈緒さんの怪演は凄かった!(要注目)

第1章は、1−10話
第2章(反撃編)は、11−20話(最終話)
最終話まで、交換殺人の真の黒幕は分からない。

このレビューは気に入りましたか? 9人の会員が気に入ったと投稿しています

それにつけても命の軽さよ

投稿日:2021/11/09 レビュアー:くまげらの森

新婚カップル(原田知世、田中圭)が新居に購入したマンション。
ある日の住民会で、死んでほしいと思う人の名前を書く『交換殺人ゲーム』が行われた。
ほんの、ガス抜きの冗談みたいなゲーム、のつもりだった・・。

しかし、名前を書かれた人が次々殺され始める。
殺したい人を殺したい当人が殺すのではなく、その名前が書かれた紙を受け取った人が殺す、
というルールによって、犯人と動機を特定出来なくしているのだ。
(そこだけなら、「第三の女」「見知らぬ乗客」他ミステリーとして珍しくはないのだが)

毎回(各話)オリジナリティとインパクトに満ちたおぞましい殺され方!!
(私など片○○子さんの死に顔が頭から離れず、夜中トイレに行けなかった)
マンション中が慄然(りつぜん)となる。
それぞれが悩むご近所トラブル、わけわからんヘンな隣人、ストーカー、介護嫁姑、
と三面記事のようなネタでありながら、いつ現実にあってもおかしくない、
昨今の問題だというリアル感がハンパない面白さ。さすが秋元康(企画原案)だ。

原田と田中夫婦はミステリー好きで、このナゾを解こうとするが、なんと10話で原田が殺されてしまう!
それってアリ?と(セオリー無視した展開)に、田中圭の絶望と悲しみが我々に乗り移る。
いさぎよく初心に戻ったところが前半のピーク、
ピークのまま「2章・反撃編」に続くのだ、いや、上手いね。最高のバトンタッチだ。
(あ、田中は引き続きがんばります。「知世ちゃん、会いたいよ〜」と涙しながら)

で、バトンを受けたのが横浜流星だ。工学院生という頭も体もキレキレというキャラで盛り上げる。
田中圭、横浜流星、最強のコンビ、しかして、いらん知識も得るがナゾは深まるばかり。
山高ければ谷深し、真実が見えてきた時のカタルシスはハンパない。
至るところに仕掛けが仕込まれた、残酷なゲーム。
次は誰が死ぬのか、どうやって殺されるのか、不謹慎ながら残虐なほど面白いというエンタメの真髄をついた作品でありました。

さて劇場版『あなたの番です』が(2021年12月10日公開)となります。
同日の『金曜ロードショー』で、劇場版の前日譚を描いたスペシャルドラマが放送されるので
お見逃しなく!

このレビューは気に入りましたか? 8人の会員が気に入ったと投稿しています

家族みんなで夢中で観た

投稿日:2019/09/16 レビュアー:oyoyo

毎週の放映が楽しみで、
家族みんなで夢中になって観ました。
(娘はよく分かってなかったが、主題歌がお気に入り)

登場人物が皆、個性的で、人数多いのに覚えやすい。
「○号室の人」という表現はなかなか覚えられなかったが、
2クールめの終盤辺りになると覚えてた。

ただ、みんな個性的すぎて嫌な感じの人も多く、
最初の頃は気分を害する登場人物もあった。
(性格悪い人、苦手なもんで)

そんな性格に問題がある人が次々と死んでいって
物語は進む。

season2の「あなたの番です 復讐編」の最終回まで
楽しめました。

毎話観た翌日は、夫婦で推理。
「誰が犯人?」「なぜ遺体が笑ってる?」などなど
考察するのも楽しみでした。

娘のお気に入り、主題歌の
「STAND-ALONE / Aimer」
はDISCUSさんでレンタルしてないので
Amazonでダウンロードしました。

このドラマはハマります!
season1はビックリする終わり方。
ハマった人は、引き続きseason2を観て損はしないでしょう。
season2も面白い。

95点!

このレビューは気に入りましたか? 6人の会員が気に入ったと投稿しています

何でもできるのが愛、でも殺人はダメでしょ!

投稿日:2022/04/22 レビュアー:飛べない魔女

面白いのは韓流ドラマだけじゃない!
日本のドラマだってこんなに面白く作れるのだよ、ってところを見せてもらいました。
前々から面白いという評判を聞いていて、気になっているドラマの一つでしたが
やはり大当たり!
日本のドラマでは珍しい全20話。
すごく面白くて、1話目からパワー全開、見始めたら一気見でもう止まらない!
寝不足になること請け合いです。

登場人物が多くて把握できるか不安でしたが
親切に毎回部屋番号と名前をテロップしてくれるのでそこは問題なかったです。
このマンションの住人は、皆一様に一癖も二癖もある人たちで
誰もが怪しく、誰もが犯人に見えます。
毎話ごとにえええ?となる驚き満載。
10話の衝撃はえええ?を通り越して卒倒しそうになりましたよ!
真犯人は最後まで判りませんでした。

田中圭演じる翔太の菜奈ちゃん愛がちょっとウザいところもあるけれど(笑)
あんな風におおらかに愛情表現をされたら
女性も本望でしょうね。

遅ればせながら、『オラウータンタ〜イム』と『ブルだと思う』がマイブームになりそう(笑)
オラウータンタイムとはなんじゃらほい?と思ったら
夫婦がミステリー小説好きで、『モルグ街の殺人』の真犯人がオラウータンだったことにより(ほんとに?(笑))
夫婦の隠語として『オラウータンタイム=推理をする』ということになったと推察されるそうですよ。
ブルとはダーツボードの中心に位置する部分ということなので、その推理は当たりだね!ってことですね。

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

西野七瀬のギャップ感が見所です。

投稿日:2021/06/03 レビュアー:nob77

交換殺人をテーマにしたTVドラマ。
結構話題になったので、黒幕が分かってしまった上で観たが、それでも結構面白かった。
ただ、被害者と関係がなければ疑われることがない、ってだけで殺人をするなんてちょっと飛躍しすぎで現実味が薄いかな。
また、登場人物像が如何にもって感じで描かれているので、ちょっと興醒め。
特に、田中圭はウザすぎて、観ていて少々イラっとする。
後半(反撃編) はなおさらで少々怖い。
まあ、こんなキャラ設定だからしかたないか。
もちろん、本人の演技の問題ではなく、演出の問題だな。
それ以外にも、サイコとしか言えない人が何人も住んでるマンション、ないだろと思うが、限られた空間で起きるミステリーとしてはありだな。
反撃編になると、みんなの非常識度が高まって面白いというよりは奇異な感じがした。
とにかく、西野七瀬のギャップ感が見所です。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全9件

あなたの番です

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:9件

オランウータン・ターイム!

投稿日

2019/09/17

レビュアー

kazupon

原田知世と田中圭のW主演。
手塚菜奈(原田知世)と手塚翔太(田中圭)は、年の差婚の新婚さんだ。
二人が住むマンションの住民会に菜奈が出席し、ひょんなことから「交換殺人ゲーム」に巻き込まれて行く。
「毎週、死にます」というキャッチコピーの通り本当に、一人、また一人と死んでいく。
そして、「あなたの番です」という紙が送り付けられ・・・
菜奈と翔太は「オランウータン・タイム」という言葉を合言葉に推理を始める。
そして、核心に近づくと「ブルだね!」と言う。
ブルと言うのは、ダーツの中心のことらしい。
だから、その推理は当たってる(的中)ということなんだろう。
オランウータン・タイムの意味は分からない。(知っている方。是非教えて下さい)
猟奇的とも言える殺人ばかりで、毎週、衝撃だった。
301号室の住人・尾野幹葉を演じる奈緒さんの怪演は凄かった!(要注目)

第1章は、1−10話
第2章(反撃編)は、11−20話(最終話)
最終話まで、交換殺人の真の黒幕は分からない。

それにつけても命の軽さよ

投稿日

2021/11/09

レビュアー

くまげらの森

新婚カップル(原田知世、田中圭)が新居に購入したマンション。
ある日の住民会で、死んでほしいと思う人の名前を書く『交換殺人ゲーム』が行われた。
ほんの、ガス抜きの冗談みたいなゲーム、のつもりだった・・。

しかし、名前を書かれた人が次々殺され始める。
殺したい人を殺したい当人が殺すのではなく、その名前が書かれた紙を受け取った人が殺す、
というルールによって、犯人と動機を特定出来なくしているのだ。
(そこだけなら、「第三の女」「見知らぬ乗客」他ミステリーとして珍しくはないのだが)

毎回(各話)オリジナリティとインパクトに満ちたおぞましい殺され方!!
(私など片○○子さんの死に顔が頭から離れず、夜中トイレに行けなかった)
マンション中が慄然(りつぜん)となる。
それぞれが悩むご近所トラブル、わけわからんヘンな隣人、ストーカー、介護嫁姑、
と三面記事のようなネタでありながら、いつ現実にあってもおかしくない、
昨今の問題だというリアル感がハンパない面白さ。さすが秋元康(企画原案)だ。

原田と田中夫婦はミステリー好きで、このナゾを解こうとするが、なんと10話で原田が殺されてしまう!
それってアリ?と(セオリー無視した展開)に、田中圭の絶望と悲しみが我々に乗り移る。
いさぎよく初心に戻ったところが前半のピーク、
ピークのまま「2章・反撃編」に続くのだ、いや、上手いね。最高のバトンタッチだ。
(あ、田中は引き続きがんばります。「知世ちゃん、会いたいよ〜」と涙しながら)

で、バトンを受けたのが横浜流星だ。工学院生という頭も体もキレキレというキャラで盛り上げる。
田中圭、横浜流星、最強のコンビ、しかして、いらん知識も得るがナゾは深まるばかり。
山高ければ谷深し、真実が見えてきた時のカタルシスはハンパない。
至るところに仕掛けが仕込まれた、残酷なゲーム。
次は誰が死ぬのか、どうやって殺されるのか、不謹慎ながら残虐なほど面白いというエンタメの真髄をついた作品でありました。

さて劇場版『あなたの番です』が(2021年12月10日公開)となります。
同日の『金曜ロードショー』で、劇場版の前日譚を描いたスペシャルドラマが放送されるので
お見逃しなく!

家族みんなで夢中で観た

投稿日

2019/09/16

レビュアー

oyoyo

毎週の放映が楽しみで、
家族みんなで夢中になって観ました。
(娘はよく分かってなかったが、主題歌がお気に入り)

登場人物が皆、個性的で、人数多いのに覚えやすい。
「○号室の人」という表現はなかなか覚えられなかったが、
2クールめの終盤辺りになると覚えてた。

ただ、みんな個性的すぎて嫌な感じの人も多く、
最初の頃は気分を害する登場人物もあった。
(性格悪い人、苦手なもんで)

そんな性格に問題がある人が次々と死んでいって
物語は進む。

season2の「あなたの番です 復讐編」の最終回まで
楽しめました。

毎話観た翌日は、夫婦で推理。
「誰が犯人?」「なぜ遺体が笑ってる?」などなど
考察するのも楽しみでした。

娘のお気に入り、主題歌の
「STAND-ALONE / Aimer」
はDISCUSさんでレンタルしてないので
Amazonでダウンロードしました。

このドラマはハマります!
season1はビックリする終わり方。
ハマった人は、引き続きseason2を観て損はしないでしょう。
season2も面白い。

95点!

何でもできるのが愛、でも殺人はダメでしょ!

投稿日

2022/04/22

レビュアー

飛べない魔女

面白いのは韓流ドラマだけじゃない!
日本のドラマだってこんなに面白く作れるのだよ、ってところを見せてもらいました。
前々から面白いという評判を聞いていて、気になっているドラマの一つでしたが
やはり大当たり!
日本のドラマでは珍しい全20話。
すごく面白くて、1話目からパワー全開、見始めたら一気見でもう止まらない!
寝不足になること請け合いです。

登場人物が多くて把握できるか不安でしたが
親切に毎回部屋番号と名前をテロップしてくれるのでそこは問題なかったです。
このマンションの住人は、皆一様に一癖も二癖もある人たちで
誰もが怪しく、誰もが犯人に見えます。
毎話ごとにえええ?となる驚き満載。
10話の衝撃はえええ?を通り越して卒倒しそうになりましたよ!
真犯人は最後まで判りませんでした。

田中圭演じる翔太の菜奈ちゃん愛がちょっとウザいところもあるけれど(笑)
あんな風におおらかに愛情表現をされたら
女性も本望でしょうね。

遅ればせながら、『オラウータンタ〜イム』と『ブルだと思う』がマイブームになりそう(笑)
オラウータンタイムとはなんじゃらほい?と思ったら
夫婦がミステリー小説好きで、『モルグ街の殺人』の真犯人がオラウータンだったことにより(ほんとに?(笑))
夫婦の隠語として『オラウータンタイム=推理をする』ということになったと推察されるそうですよ。
ブルとはダーツボードの中心に位置する部分ということなので、その推理は当たりだね!ってことですね。

西野七瀬のギャップ感が見所です。

投稿日

2021/06/03

レビュアー

nob77

交換殺人をテーマにしたTVドラマ。
結構話題になったので、黒幕が分かってしまった上で観たが、それでも結構面白かった。
ただ、被害者と関係がなければ疑われることがない、ってだけで殺人をするなんてちょっと飛躍しすぎで現実味が薄いかな。
また、登場人物像が如何にもって感じで描かれているので、ちょっと興醒め。
特に、田中圭はウザすぎて、観ていて少々イラっとする。
後半(反撃編) はなおさらで少々怖い。
まあ、こんなキャラ設定だからしかたないか。
もちろん、本人の演技の問題ではなく、演出の問題だな。
それ以外にも、サイコとしか言えない人が何人も住んでるマンション、ないだろと思うが、限られた空間で起きるミステリーとしてはありだな。
反撃編になると、みんなの非常識度が高まって面白いというよりは奇異な感じがした。
とにかく、西野七瀬のギャップ感が見所です。

1〜 5件 / 全9件