十二人の死にたい子どもたち

十二人の死にたい子どもたちの画像・ジャケット写真

十二人の死にたい子どもたち / 杉咲花
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。

全体の平均評価点:(5点満点)

32

全体の平均評価点:

予告編を観る

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

ジャンル :

「十二人の死にたい子どもたち」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

解説・ストーリー

人気作家・冲方丁の同名ベストセラーを「トリック」「SPEC」の堤幸彦監督が杉咲花、新田真剣佑、北村匠海、高杉真宙、黒島結菜、橋本環奈ら人気若手俳優陣の豪華共演で映画化したミステリー・サスペンス。安楽死を求めて廃病院に集まった10代の男女12人が、目の前に横たわる13人目の死体を発見して、謎と疑心暗鬼で混乱していくさまとその顛末を描き出す。それぞれに事情を抱え、廃病院の一室に集まった12人の未成年たち。彼らの目的は集団安楽死をすること。ところが12人だけのはずのその部屋には、すでに死体となった13人目がいた。彼は何者で、なぜここにいるのか。そして一体誰が殺したのか。互いに議論を重ねる中で、次第にそれぞれの死にたい理由が明らかになっていくとともに、疑心暗鬼を募らせていく12人だったが…。 JAN:9999206408559

「十二人の死にたい子どもたち」 の作品情報

作品情報

製作年: 2018年
製作国: 日本

「十二人の死にたい子どもたち」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

キャスト・スタッフ

関連作品

関連作品

ピカ☆☆ンチ LIFE IS HARD だから HAPPY

ピカ☆★☆ンチ LIFE IS HARD たぶん HAPPY

アシガール

ドラマWスペシャル 倉本聰 「學」

ユーザーレビュー:32件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全32件

死にたい子どもたち・・問題提起も危険な匂いも皆無

投稿日:2019/08/02 レビュアー:カマンベール

春休み公開時に小・中学生が大挙して足を運んだことが、ヒットの要因です。
R指定はありません。
子どもたちだけで観れる、安心安全な映画。
グロテスクな場面もありませんし、暴力シーンもない。
ディスカッションばかりの2時間。正直退屈で刺激のない映画でした。

原作な「天地明察」などの沖方丁。
廃病院に安楽死を目的に集まった12人の子どもたち。
(俳優の大半が成人した大人なのも、ちょっと違和感感じる点ですね)
地下室にベッドが12台ランダムに並べてあって、その一つに死体らしき若者が、すでに寝ていたのです。
12人の自殺の決意は、全員の合意が一致することがリンダーのサトシ(高杉真宙)の付けた条件です。
今自殺を決行したら、13番目を殺すことになるのではないか?
そこから死体の犯人探し、
そしてその過程で12人の少年少女の死にたい理由が徐々に明かされて行きます。
理由が、平凡ですね。なんの驚きもない。
よくある話です。死にたいなら「一人で死ねば・・・」なんて言いたくなりました。
原作者の沖方さんは「自殺サイト」から発想を得たとのこと。
監督は「人魚の眠る家」「天空の蜂」「イニシエーション・ラブ」などの名匠堤幸彦。
子どもをターゲットにしたので、大人には物足りないし、
ディスカッションばかりで、いささか退屈でした。

このレビューは気に入りましたか? 7人の会員が気に入ったと投稿しています

十二人の死にたい子どもたち ネタバレ

投稿日:2020/02/03 レビュアー:片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 高校生に見えない高校生たちが自殺しようと集まるけど、なかなか決められない話。

 若手俳優さんたちが集まってみんなで推理や議論を繰り広げるというのは、その役者さんのファンにとっては楽しい時間の映画だと思いました。

 ただ正直、ファンでもなんでもない者から見ると。高校生にとても見えない人たちがうじうじ悩むというだけでずっと話が続くのと推理というか超能力に近いものではじめましての人の行動を推理して、その推理の説明とその再現シーンが繰り返されるだけで、何の面白さを感じることができなかったです。

 虐待やいじめ、ネグレクトとかもあったと思いますが。死にたい理由がそれぞれあって、それが日本の社会問題とかを描いているのだとは思いますが、彼らがそれを長々と自分の過去を語るのが演技力の問題なのか演出の問題なのか素人目にはわかりませんが、何の動機の説明にもなっていないと思いました。

 子どもたちが勝手に悩んで推理して解決していくだけにしか見えずに、頭から血を流して普通に室内に入ってきて、その後普通にしているという姿とかコメディにしか見えなかったです。

 ちょっと役者さんの力を頼りにしなくてはいけない室内での会話劇でモチーフの失敗なのではないかという映画でした。

このレビューは気に入りましたか? 6人の会員が気に入ったと投稿しています

十二人とくれば 思い出すのは

投稿日:2020/01/29 レビュアー:kazupon

監督:堤幸彦
原作:冲方丁(うぶかた とう)『十二人の死にたい子どもたち』
 
「十二人」とくれば、やはり映画『十二人の怒れる男(1957年・米・シドニー・ルメット監督)』を思い出します。
三谷幸喜監督で『12人の優しい日本人』というのもありました。
どちらも法廷物で、一室に集まった陪審員たちが「有罪」「無罪」の評決を下すため話し合います。
全会一致が原則なので、一人でも反対意見があると再度話し合いが持たれるのです。
本作の基本設定も似たようなもので、内容は裁判ではなく、
「死にたい子どもたち」の目的は“安楽死”で、
“安楽死”実行には、全員一致がルールでした。

あるサイトの管理人の少年・サトシの呼びかけで、同じ目的を持った子どもたちが、それぞれの死にたい理由を胸に集まって来ます。
場所は、ある廃病院地下の多目的室。
主催者のサトシを含めて12人が集まったところで話し合いが持たれる予定でした。
しかし、予定外のことが起きてしまいます。
何故か、その部屋に集まったのは13人。
しかも最初に来たと思われる少年は、参加者のために用意されたベッドで既に眠りについていたのです。
全員一致のルールに則り決を採りますが、ケンイチが反対したため、話し合いを続けることになります。(正体不明の死体の謎を残したままでは死ねないという気持ち、分かります。)
推理が得意なシンジロウを中心に謎解きが始まります。
一人一人が自分が来た時のことを話すうちに、物語冒頭で流れたシーンの意味も分かって来ます。
そして、嘘をついている子がいることが判明すると共に、それぞれの死にたい理由も明らかになっていくのですが、正直「へ?」と思う理由の子もいたりして。。。
大人や、無関係な他人の目には「そんなことで死んでたら、命がいくつあっても足りないよ。」と思う様な理由もあるのですが、
当人にとっては、それが耐え難い悩み(理由)なのでしょう。
彼らの年代の頃を思い出しながら、私自身のクダラナイ悩みも思い出しましたが、正直なところ、今でもそれは胸の奥の方で消えずに残っているんです。
12人の子どもたちが、話し合いと採決を繰り返す中でどのような結論に達して行くのか?
どうぞ見届けてあげて下さい。

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

期待外れ

投稿日:2019/07/26 レビュアー:うーじーず

映画館で観なくて良かったと思った。
途中から面白くないとは感じたが、最後のオチで何かあるんじゃないかと思ってそのまま鑑賞したけど、
結局何もなくただただつまらなかった。
ミステリー好き、ホラー好きの人は借りない方が良いと思う。
ただ1つ褒めれるのは、演者さん達の演技は素晴らしかったです。

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

飽きさせない会話劇と若手俳優陣の演技が見もの

投稿日:2019/08/18 レビュアー:飛べない魔女

わー、評価点、めちゃめちゃ低い!
そんなにダメだったかな?
私は結構楽しめました。
世間の酷評ほど悪くはなかったです。

それぞれの様々な理由で死にたいと思っている12人のティーンエイジが
ネットで招集された廃病院に続々到着。
彼らの目的は集団安楽死。
ところが、そこにはいるはずのない13人目がすでにベッドで眠りについていた。
この13人目はいったい誰なのか?
何故ここで死んでいるのか?
死を決意する前に、とりあえずゼロ番とされた13人目の死の原因を
推理していく12人。
そうしていくうちに、それぞれの死にたい理由や環境が明かされていく。
そしてゼロ番の死の真相が明らかになったとき
彼らは今の悩みから自分自身を見つめ直していくことになるのだ。

若手俳優陣がみな演技上手。
それぞれの死にたい理由は大なり小なりで
え?そんなことで死んじゃうの?とも思うけど
10代は迷える世代。
大人から見れば小さくてバカバカしいことでも
死にたくなることもあるのでしょう。
ほぼほぼワンシチュエーションの会話劇なので
つまらないと感じる人は感じるのでしょう。
私はその会話劇とそれぞれの個性に引き込まれて楽しめました。

5番のシンジロウ役の子は新田真剣佑くんに似てる子だなぁ、と思っていたら
本物だった!(笑)


このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全32件

十二人の死にたい子どもたち

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:32件

死にたい子どもたち・・問題提起も危険な匂いも皆無

投稿日

2019/08/02

レビュアー

カマンベール

春休み公開時に小・中学生が大挙して足を運んだことが、ヒットの要因です。
R指定はありません。
子どもたちだけで観れる、安心安全な映画。
グロテスクな場面もありませんし、暴力シーンもない。
ディスカッションばかりの2時間。正直退屈で刺激のない映画でした。

原作な「天地明察」などの沖方丁。
廃病院に安楽死を目的に集まった12人の子どもたち。
(俳優の大半が成人した大人なのも、ちょっと違和感感じる点ですね)
地下室にベッドが12台ランダムに並べてあって、その一つに死体らしき若者が、すでに寝ていたのです。
12人の自殺の決意は、全員の合意が一致することがリンダーのサトシ(高杉真宙)の付けた条件です。
今自殺を決行したら、13番目を殺すことになるのではないか?
そこから死体の犯人探し、
そしてその過程で12人の少年少女の死にたい理由が徐々に明かされて行きます。
理由が、平凡ですね。なんの驚きもない。
よくある話です。死にたいなら「一人で死ねば・・・」なんて言いたくなりました。
原作者の沖方さんは「自殺サイト」から発想を得たとのこと。
監督は「人魚の眠る家」「天空の蜂」「イニシエーション・ラブ」などの名匠堤幸彦。
子どもをターゲットにしたので、大人には物足りないし、
ディスカッションばかりで、いささか退屈でした。

十二人の死にたい子どもたち

投稿日

2020/02/03

レビュアー

片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 高校生に見えない高校生たちが自殺しようと集まるけど、なかなか決められない話。

 若手俳優さんたちが集まってみんなで推理や議論を繰り広げるというのは、その役者さんのファンにとっては楽しい時間の映画だと思いました。

 ただ正直、ファンでもなんでもない者から見ると。高校生にとても見えない人たちがうじうじ悩むというだけでずっと話が続くのと推理というか超能力に近いものではじめましての人の行動を推理して、その推理の説明とその再現シーンが繰り返されるだけで、何の面白さを感じることができなかったです。

 虐待やいじめ、ネグレクトとかもあったと思いますが。死にたい理由がそれぞれあって、それが日本の社会問題とかを描いているのだとは思いますが、彼らがそれを長々と自分の過去を語るのが演技力の問題なのか演出の問題なのか素人目にはわかりませんが、何の動機の説明にもなっていないと思いました。

 子どもたちが勝手に悩んで推理して解決していくだけにしか見えずに、頭から血を流して普通に室内に入ってきて、その後普通にしているという姿とかコメディにしか見えなかったです。

 ちょっと役者さんの力を頼りにしなくてはいけない室内での会話劇でモチーフの失敗なのではないかという映画でした。

十二人とくれば 思い出すのは

投稿日

2020/01/29

レビュアー

kazupon

監督:堤幸彦
原作:冲方丁(うぶかた とう)『十二人の死にたい子どもたち』
 
「十二人」とくれば、やはり映画『十二人の怒れる男(1957年・米・シドニー・ルメット監督)』を思い出します。
三谷幸喜監督で『12人の優しい日本人』というのもありました。
どちらも法廷物で、一室に集まった陪審員たちが「有罪」「無罪」の評決を下すため話し合います。
全会一致が原則なので、一人でも反対意見があると再度話し合いが持たれるのです。
本作の基本設定も似たようなもので、内容は裁判ではなく、
「死にたい子どもたち」の目的は“安楽死”で、
“安楽死”実行には、全員一致がルールでした。

あるサイトの管理人の少年・サトシの呼びかけで、同じ目的を持った子どもたちが、それぞれの死にたい理由を胸に集まって来ます。
場所は、ある廃病院地下の多目的室。
主催者のサトシを含めて12人が集まったところで話し合いが持たれる予定でした。
しかし、予定外のことが起きてしまいます。
何故か、その部屋に集まったのは13人。
しかも最初に来たと思われる少年は、参加者のために用意されたベッドで既に眠りについていたのです。
全員一致のルールに則り決を採りますが、ケンイチが反対したため、話し合いを続けることになります。(正体不明の死体の謎を残したままでは死ねないという気持ち、分かります。)
推理が得意なシンジロウを中心に謎解きが始まります。
一人一人が自分が来た時のことを話すうちに、物語冒頭で流れたシーンの意味も分かって来ます。
そして、嘘をついている子がいることが判明すると共に、それぞれの死にたい理由も明らかになっていくのですが、正直「へ?」と思う理由の子もいたりして。。。
大人や、無関係な他人の目には「そんなことで死んでたら、命がいくつあっても足りないよ。」と思う様な理由もあるのですが、
当人にとっては、それが耐え難い悩み(理由)なのでしょう。
彼らの年代の頃を思い出しながら、私自身のクダラナイ悩みも思い出しましたが、正直なところ、今でもそれは胸の奥の方で消えずに残っているんです。
12人の子どもたちが、話し合いと採決を繰り返す中でどのような結論に達して行くのか?
どうぞ見届けてあげて下さい。

期待外れ

投稿日

2019/07/26

レビュアー

うーじーず

映画館で観なくて良かったと思った。
途中から面白くないとは感じたが、最後のオチで何かあるんじゃないかと思ってそのまま鑑賞したけど、
結局何もなくただただつまらなかった。
ミステリー好き、ホラー好きの人は借りない方が良いと思う。
ただ1つ褒めれるのは、演者さん達の演技は素晴らしかったです。

飽きさせない会話劇と若手俳優陣の演技が見もの

投稿日

2019/08/18

レビュアー

飛べない魔女

わー、評価点、めちゃめちゃ低い!
そんなにダメだったかな?
私は結構楽しめました。
世間の酷評ほど悪くはなかったです。

それぞれの様々な理由で死にたいと思っている12人のティーンエイジが
ネットで招集された廃病院に続々到着。
彼らの目的は集団安楽死。
ところが、そこにはいるはずのない13人目がすでにベッドで眠りについていた。
この13人目はいったい誰なのか?
何故ここで死んでいるのか?
死を決意する前に、とりあえずゼロ番とされた13人目の死の原因を
推理していく12人。
そうしていくうちに、それぞれの死にたい理由や環境が明かされていく。
そしてゼロ番の死の真相が明らかになったとき
彼らは今の悩みから自分自身を見つめ直していくことになるのだ。

若手俳優陣がみな演技上手。
それぞれの死にたい理由は大なり小なりで
え?そんなことで死んじゃうの?とも思うけど
10代は迷える世代。
大人から見れば小さくてバカバカしいことでも
死にたくなることもあるのでしょう。
ほぼほぼワンシチュエーションの会話劇なので
つまらないと感じる人は感じるのでしょう。
私はその会話劇とそれぞれの個性に引き込まれて楽しめました。

5番のシンジロウ役の子は新田真剣佑くんに似てる子だなぁ、と思っていたら
本物だった!(笑)


1〜 5件 / 全32件