No.7 RANKING

人魚の眠る家

人魚の眠る家の画像・ジャケット写真
人魚の眠る家 / 篠原涼子
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)

5

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「人魚の眠る家」 の解説・あらすじ・ストーリー

東野圭吾のミステリー小説を堤幸彦監督、篠原涼子、西島秀俊主演で映画化。離婚寸前の夫婦・薫子と和昌の下に、娘がプールで溺れて意識不明になったという悲報が届く。脳死状態になった娘を前にふたりは究極の選択を迫られ、ある決断を下す。

「人魚の眠る家」 の作品情報

製作年: 2018年
製作国: 日本

「人魚の眠る家」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

人魚の眠る家の詳細

  • HOT NEW!
収録時間: 字幕: 音声:
120分 日(バリアフリー) 日:ドルビーデジタル5.1ch/ドルビーデジタルステレオ、日(バリアフリー):ドルビーデジタルステレオ
レイティング: 記番: レンタル開始日:
DASH9032 2019年05月22日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
795枚 1,064人 1,009人

【Blu-ray】人魚の眠る家(ブルーレイ)の詳細

  • HOT NEW!
収録時間: 字幕: 音声:
120分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
SHBR9529 2019年05月22日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
340枚 418人 381人

関連作品

ユーザーレビュー:5件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全5件

問いかける「脳死」と「心臓死」ネタバレ

投稿日:2019/05/22 レビュアー:なんの因果

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

東野圭吾の小説を堤幸彦監督が映画化。
脳死と心臓死、臓器提供など死をめぐる家族と医療の判断をドラマ形式で問いかける。

薫子(篠原涼子)が学校の用事で留守にしていた時、祖母たちに連れられて6歳の娘・瑞穂はプールに遊びにゆく。
そこで瑞穂は事故にあい、意識不明の状態となってしまう。
医師から回復の見込みがないと言われ、臓器提供の意思がありますかと問われる。
(注・ここでなぜ医師が確認するのかというと、日本では脳死と心臓死という2つの死があるのだそうだ。臓器提供なら脳死判定が行われ、脳死と判定されて「死」が宣告され臓器提供が可能となる。そうでない場合は、脳死判定という事をしないで心臓死をもって「死」となる。日本独自の「非常にわかりにくいルール」だ。)
(多くの国では脳死が確認されればたとえ心臓が動いていても治療は打ち切られる。)
(日本の場合は、諸外国に比べて慎重だ。1968年の和田心臓移植事件の失敗とその疑惑が否定的な土壌を作った。
1997年竹内班による竹内基準が発表され2010年改正臓器移植法が施行。なお脳死論争は続き、国民の理解が得られていないという状況と言える。)
さて、薫子と夫(西島秀俊)は臓器提供か否かで悩むが、薫子は公園に行った時の、瑞穂の言葉を思い出す。
四つ葉のクローバーを見つけた瑞穂は、
「この葉っぱは誰かのために残しとくね。会ったこともない誰かが幸せになれますように!」
心の優しい子!夫婦は臓器提供を決意します。
ところが、まさに移植コーディネーターがやってきた時、瑞穂の手が動き、
「この子は生きている!」と夫婦は結論を翻意する。
こうして、瑞穂は眠ったまま命を長らえる。
幸い、社長である夫の会社は、最新テクノロジーの研究をしており、横隔膜ペースメーカーを導入して電気刺激で自発呼吸ができるようになる。続けて、会社の研究員星野(坂口健太郎)の尽力により電気信号を使って手足を動かし、やがては表情筋まで操作できるようになる。星野は研究にのめり込む。(その事が後日、社長による社員の私物化だと反感を買う。)

薫子は未来に希望を感じて、瑞穂を車椅子に乗せて散歩したり、弟生人の入学式にまで
瑞穂を連れてゆくが、それらは生人や親戚たちに深いキズを与える事になった。
回復の見込みもないままに電気刺激で動いているからと言って生きていると言えるのだろうか。
母親だけが、その愛ゆえに倫理的な判断の眼を失っているのであった。
そして、事態がエスカレートする日がくる。
それまで篠原が演ずる薫子は頭も良く冷静な人間に描かれているので、包丁を持って
振り翳すシーンは、同じ人間かと思うほど狂気に満ちていました。自分(薫子)と同じように考えろと言う事はもはや醜いエゴでしかありませんし、理論のために我が娘に刃を向けようと思うでしょうか・・「殺す事が出来たなら娘は生きていた。逆に殺せなかったら、娘は死んでいた。」(生きているのか死んでいるのか誰が判断できると言うのだろう・・)
結果的には社長夫人で潤沢な資金と人材を与えられた薫子だからこそ、2年に渡って生存させる事が出来、事故への責任を感じている祖母の大きな協力があったから介護も可能だった。誰にも打ち明けられず苦しんでいた若葉ちゃんの気持ちもとてもつらい。
無心に回復を願う母親という軸に、死の定義、臓器提供の問題、テクノロジーの役割について、テーマを巡らせている。
希望のある終わり方は良いと思った。

このレビューは気に入りましたか? はい 7人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

重い現実を突きつける社会派映画。

投稿日:2019/04/09 レビュアー:ひゅう助

脳死状態は死んでいるのか。心臓だけ動いて、意識が無ければ、人は死んでいるのか。

心臓が動いていれば生きているのではないか。

もし我が子が脳死と診られたら、親はどうすることが正解なのか。

答えは出ない。しかし当人たちは答えをどうあっても出さなければならない。苦渋の選択。

あらすじ

ある日突然娘が脳死状態になってしまった。親は延命措置を行い、科学技術により脊髄に電気を走らせることで身体を動かすことで、体力の低下をふさいでいた。

そんな毎日を送るが、父親はこんな人形状態の娘でいいのか苦悩し、母親は娘を連れて毎日散歩するという奇行に出る・・・。

東野圭吾らしく、社会派の重苦しいテーマの映画である。

阿倍寛が演じる新参者シリーズはまだ軽さが多少あるが、本作は全く無い。終始重苦しいストーリーである。

仮定の話として、もし私に子供がいて・・・、という想像を働かせようとしたが、答えの出ない仮定をしても、と思い諦めた。

難しい問題である。

あ、たぶん感動できる映画です。隣の彼女が泣いていたので。

HP100の私には全くノーダメージでしたが。

☆4つ!

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

おおむね原作通り

投稿日:2019/04/10 レビュアー:かつ

珍しく原作を読んでから映画館に足を運んだ作品です。

「脳死」についてとても考えさせられました。
自分の身に降りかかったらどうするか?本当に重いテーマですが、見応えは充分にありました。

キャストについては、和昌に西島秀俊はイメージ通りでした。
薫子の篠原涼子も大体合ってましたが、欲を言うと私の中ではもうちょっと地味です。
母としての軸は決してぶれる事がなく、しっかりとした芯があり、でもどこか影がある感じ。
私が本を読んで感じたイメージは木村多江と篠原涼子をたして2で割ったら丁度いいかもしれない。
一番違和感があったのは松坂慶子の薫子の母役。もっと瘦せてて憔悴しきったイメージだった(松坂さんごめんなさい)。

細部わたって映像化するのは難しいかもしれないけど、話の内容については原作に忠実に描かれていると思います。
全体を通しては普段は考えもしない脳死について真正面から向き合う事が出来た貴重な作品です。
観て損はないと思います。


このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

考えさせられる映画ネタバレ

投稿日:2019/04/10 レビュアー:じゃじゃまる

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する


東野圭吾原作 堤幸彦監督、主演篠原涼子,西島秀俊 「人魚の眠る家」を見ました

あまり期待しないで、ミステリーだと思って見に行ったんですが、すっごく重いテーマでした

ネタバレ的に書きます。
播磨和昌と妻薫子は2人の子供をもうけたが、夫の浮気で現在別居
その時に末娘瑞穂がプールの事故で脳死になってしまう。。

1時は脳死を受け入れ、臓器移植を承諾するが、指がピクリと動いたことで、延命治療を選択する

テクノロジーを使って、機械の力で腕を動かしたり,足を動かしたりするが。。。


これねー”人の死”の定義なんです。
脳死はどんなに延命治療をしても、感情などがよみがえってくるわけではない。
でもあきらめきれない。
医学では臓器移植を受け入れた段階で脳死判定を行い、”死”と認め、移植する。
受け入れない場合は延命治療、そのまま自然に、、、らしいんですな。

でも人間の感情はそういうわけにはいかない

一縷の希望をもって延命治療をするのですが、和昌は、ずっと寝たきりの娘が自分の意志と反して腕をあげたり、笑った表情を作る機械での操作にだんだん疑問を感じていくんですね
そのうちに、心臓移植を待つ親子と知り合ったりするんです。

これは、単に涙頂戴じゃなくって、なんていうかなー、人の死の、それぞれの受け入れ方なんですよね。

薫子にとってあの機械操作での期間は、受け入れるための必要な時間だったんだと思います

移植を待つ夫婦が「募金が集まっても、絶対に、移植を待つことはしない。それは人の死を待つことになる」
「知り合いの娘が脳死状態なのに、機械で生きてて、、」というと「それも一つの命ですよ」

こういうシーンにはなぜか泣いてしまいました。
ラスト、医師である田中哲司(不倫騒動から始めて映画で拝見したかも)の言葉には、号泣しました。

命はつながっていく、脳死判定で移植に同意した人たちへの、唯一のよりどころの言葉です。

これは、正解はないです。人がどう受けとるか、ただ、そういう映画です。

私は主人の事があったので、余計に、泣いたのかもしれません。

重いけど、でも納得のいく映画だったと思います。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

7点満点中

投稿日:2019/05/23 レビュアー:ビリケン

4点

まあまあでした。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全5件

人魚の眠る家