TAXi ダイヤモンド・ミッション

TAXi ダイヤモンド・ミッションの画像・ジャケット写真

TAXi ダイヤモンド・ミッション / フランク・ガスタンビドゥ

全体の平均評価点:(5点満点)

14

全体の平均評価点:

DVD

Blu-ray

シリーズ

ジャンル :

「TAXi ダイヤモンド・ミッション」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

シリーズ

解説・ストーリー

リュック・ベッソンが製作・脚本を手掛ける大ヒット・カー・アクション「TAXi」シリーズの第5弾。新たに主演を務めるのは本国フランスでは監督としても活躍し本作でも監督を兼任するフランク・ガスタンビドゥとフランスの人気コメディアン、マリク・ベンタラ。パリ警察からマルセイユ警察に左遷されたスピード狂の問題児マロ。そこではフェラーリなどの高級車で宝石を盗むイタリアン・マフィアが我が物顔でのさばっていた。地元のオンボロ・パトカーではとうてい太刀打ちできず、マロは時速300km超えの伝説のタクシー“プジョー407”を手に入れ対抗することに。そして、ダニエルの甥で、少々間抜けながら街を熟知するタクシードライバー、エディを相棒に、イタリアの強盗団に立ち向かっていくマロだったが…。 JAN:9999206342978

「TAXi ダイヤモンド・ミッション」 の作品情報

作品情報

製作年: 2018年
製作国: フランス
原題: TAXI 5

「TAXi ダイヤモンド・ミッション」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

レイジング・ドッグス

迷宮の女

ピープル

よげん

ユーザーレビュー:14件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全14件

駄作

投稿日:2019/06/14 レビュアー:こころ

ダニエルとエミリアンが名前のみの登場なら過去のTAXIとは別物にすべき。そもそもダニエルの車ってだけでタクシー関係ないし。とにかく今までの作品の中では1番つまらない。

このレビューは気に入りましたか? 6人の会員が気に入ったと投稿しています

お下品、バンザーイ!!ヒネリのない笑いが最高!!

投稿日:2019/06/07 レビュアー:カマンベール

リュック・ベッソン・脚本。
監督のフランク・ガスタンビドゥは主演で暴走警官マロを演じています。

ゲロネタ満載に犬糞発射の大サービス。
どちらもかけられるのは真っ平御免だけど、見るぶんには、
思わず吹き出しちゃいます。

スーパーなカーテクニックの持ち主警官のマロは、パリから
左遷になりマルセイユ警察へ。
そこへイタリア人のダイヤモンド窃盗団が世界一のダイヤモンドを狙っている・・との情報。

強盗団のフェラーリやランボルギーニの高級車に対抗出来る車と言えば、前作で活躍した改造TAXI「プジョー406」

持ち主からそのTAXIを譲り受けた甥のエディを相棒に、
マルセイユの市街から海岸線を300キロ超えのスピードで、
爆走カーチェイスです。

「ワイルドスピード」と比べちゃダメよ!!」
製作費も違うし、大スターは出てないんだから・・。

見ただけで可笑しいデブの婦人警官とか、
小人の警官(スミマセン、差別語でした)
変態顔の警官・・・と、お間抜けでヤル気も実力もない仲間たち。

でもフェラーリ、ランボルギーニ、プジョー406が疾走するのは快感です。

「ダイヤモンド・ミッション」の合間にも、ちゃっかりロマンスを忘れない所は、フランス映画ですね。

スーパー警官マロのフランク・ガスタンビドゥ、セクシーハゲで、
なかなかタイプでした。

気持ちよく笑って楽しめましたよ。

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

TAXI 5

投稿日:2019/06/06 レビュアー:Goose

良かった点・・久しぶりのマルセイユの旧市街と海は相変わらず絶景。
ダメな点・・たぶん前作から車が進化していない。展開がいつもと全く同じ。同僚がポンコツしかいない。ひとりくらい前作の女刑事に当るメンバーが欲しい。小学生みたいなゲロ&うんこネタは要らない。また諸事情により出禁となってしまったダニエルに代わる主人公は、ヴィン・ディーゼルを薄めた様な顔つきだけどパッとしない。イタリア野郎のランボルギーニ・アヴェンタドールやフエラーリ458に追いつけず馬力が~なんて情けない事言って更にがっかり。ダニエルだったらドーピングに頼らずテクニックで勝つはず。
さて敵の強盗団はメルセデス500Eのドイツ野郎、 ランエボXのアジア野郎、今回のイタリア野郎ときたら、次回はアストンマーティンを駆るイギリス野郎というところでしょうか。

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

…最低脚本

投稿日:2019/06/10 レビュアー:TERA

過去のtaxiと比べると、一番最低!

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

つまらない、、

投稿日:2019/08/16 レビュアー:ともすけ

まったく新しい要素もないし
見どころもない
1作目と2作目だけあればいい

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全14件

TAXi ダイヤモンド・ミッション

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:14件

駄作

投稿日

2019/06/14

レビュアー

こころ

ダニエルとエミリアンが名前のみの登場なら過去のTAXIとは別物にすべき。そもそもダニエルの車ってだけでタクシー関係ないし。とにかく今までの作品の中では1番つまらない。

お下品、バンザーイ!!ヒネリのない笑いが最高!!

投稿日

2019/06/07

レビュアー

カマンベール

リュック・ベッソン・脚本。
監督のフランク・ガスタンビドゥは主演で暴走警官マロを演じています。

ゲロネタ満載に犬糞発射の大サービス。
どちらもかけられるのは真っ平御免だけど、見るぶんには、
思わず吹き出しちゃいます。

スーパーなカーテクニックの持ち主警官のマロは、パリから
左遷になりマルセイユ警察へ。
そこへイタリア人のダイヤモンド窃盗団が世界一のダイヤモンドを狙っている・・との情報。

強盗団のフェラーリやランボルギーニの高級車に対抗出来る車と言えば、前作で活躍した改造TAXI「プジョー406」

持ち主からそのTAXIを譲り受けた甥のエディを相棒に、
マルセイユの市街から海岸線を300キロ超えのスピードで、
爆走カーチェイスです。

「ワイルドスピード」と比べちゃダメよ!!」
製作費も違うし、大スターは出てないんだから・・。

見ただけで可笑しいデブの婦人警官とか、
小人の警官(スミマセン、差別語でした)
変態顔の警官・・・と、お間抜けでヤル気も実力もない仲間たち。

でもフェラーリ、ランボルギーニ、プジョー406が疾走するのは快感です。

「ダイヤモンド・ミッション」の合間にも、ちゃっかりロマンスを忘れない所は、フランス映画ですね。

スーパー警官マロのフランク・ガスタンビドゥ、セクシーハゲで、
なかなかタイプでした。

気持ちよく笑って楽しめましたよ。

TAXI 5

投稿日

2019/06/06

レビュアー

Goose

良かった点・・久しぶりのマルセイユの旧市街と海は相変わらず絶景。
ダメな点・・たぶん前作から車が進化していない。展開がいつもと全く同じ。同僚がポンコツしかいない。ひとりくらい前作の女刑事に当るメンバーが欲しい。小学生みたいなゲロ&うんこネタは要らない。また諸事情により出禁となってしまったダニエルに代わる主人公は、ヴィン・ディーゼルを薄めた様な顔つきだけどパッとしない。イタリア野郎のランボルギーニ・アヴェンタドールやフエラーリ458に追いつけず馬力が~なんて情けない事言って更にがっかり。ダニエルだったらドーピングに頼らずテクニックで勝つはず。
さて敵の強盗団はメルセデス500Eのドイツ野郎、 ランエボXのアジア野郎、今回のイタリア野郎ときたら、次回はアストンマーティンを駆るイギリス野郎というところでしょうか。

…最低脚本

投稿日

2019/06/10

レビュアー

TERA

過去のtaxiと比べると、一番最低!

つまらない、、

投稿日

2019/08/16

レビュアー

ともすけ

まったく新しい要素もないし
見どころもない
1作目と2作目だけあればいい

1〜 5件 / 全14件

同シリーズ作品を借りる