No.3 RANKING

クリード 炎の宿敵

クリード 炎の宿敵の画像・ジャケット写真
クリード 炎の宿敵 / マイケル・B・ジョーダン
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)

7

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
  • シリーズ
ジャンル:

「クリード 炎の宿敵」 の解説・あらすじ・ストーリー

シルベスター・スタローン、マイケル・B・ジョーダンの共演による『クリード チャンプを継ぐ男』の続編。ロッキーの親友だったアポロの息子・アドニスと、アポロを死に追いやったドラゴの息子・ヴィクター。時代を超えた息子同士の宿命の対決を描く。※一般告知解禁日:3月1日

「クリード 炎の宿敵」 の作品情報

製作年: 2018年
製作国: アメリカ
原題: CREED II

「クリード 炎の宿敵」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

クリード 炎の宿敵の詳細

  • 新作
収録時間: 字幕: 音声:
130分 日・英・吹 英:ドルビーデジタル5.1ch、日:ドルビーデジタル5.1ch
レイティング: 記番: レンタル開始日:
1000742616 2019年05月10日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
1,314枚 557人 431人

【Blu-ray】クリード 炎の宿敵(ブルーレイ)の詳細

  • 新作
収録時間: 字幕: 音声:
130分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
1000742615 2019年05月10日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
486枚 482人 348人

関連作品

ユーザーレビュー:7件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全7件

クリード 炎の宿敵ネタバレ

投稿日:2019/03/01 レビュアー:片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 ボンボンアメリカ人と雑草魂ロシア人が戦う話。

 【ロッキー4】のまさかの続きという設定と役者さんたちの再集合が熱くて、リアルタイムとかでシリーズを追っている人とかは余計に物語に没入できる布陣だと思いました。話自体も【ロッキー4】を踏襲しているものなのでそういった面で面白かったです。

 ただこの内容で130分はチト長くて全体的に退屈に感じました。主人公が冒頭でチャンピオンになって、父親を殺したボクサーの息子から挑戦を受けますが。ロッキーはなぜか「奴は野獣だ」と挑戦を避けるように言って主人公とコンビを解消するというのがよくわからず。チャンピオンならどんな挑戦でも受けなくてどうすると思ってしまいました。ただ単純に師弟関係を解消して主人公がピンチになるという流れにしたいのなら、もっと他にやり方があったと思いました。そして主人公が一度落ちてからが落ち込む流れがめちゃ長くて、ずっと泣いて落ち込むだけで鈍重に感じてしまいました。

 前作から主人公は金銭的には恵まれていて、ロッキーのトレーニングのメモだかを写メで撮影する無礼者でしたが、今作も無礼な態度は相変わらずなのが苦手な主人公でした。ロッキーもロッキーで息子に電話するかしないかのくだりとかただ長いだけだし、疑似親子としての葛藤やボクサーとしての葛藤より主人公がプロポーズするかしないか出産であたふたとか夜泣きが大変とかいうシーンが結構長いこと描かれて、どういう気持ちで見ればいいのかわからなかったです。

 シリーズ恒例のトレーニングシーンもアップルのコマーシャルかな? みたいな映像でお洒落でカッコいいですが、それが面白いかどうかは微妙なモンタージュでした。

 主人公チームよりロシア親子のほうが早朝に親子でランニングして働いて国から見捨てられて、母親からも見捨てられて、それでも頑張るという感情移入できるキャラクターで彼らの最後に涙してしまう映画でした。

 そして新生児を置いてロシアまで家族でやってきちゃうなんて、さすがベビーシッターが充実しているのかなアメリカ? とかプライベートジェットで来たのかな? とか思ってしまって試合の方に集中できないクライマックスでした。奥さんが歌って一緒に入場というのも失笑する入場の映画で典型的な失敗の2作目だと思いました。

このレビューは気に入りましたか? はい 9人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

宿敵因縁の対決・・《アポロの息子VSドラゴの息子》

投稿日:2019/03/02 レビュアー:カマンベール

2018年(アメリカ)

前作『グリード・チャンプを継ぐ男』にアポロの息子アドニスがボクサーとして登場した以上、この映画の設定が『ロッキー4炎の友情』を踏襲するのは、ファンの誰もが望む所です。

『炎の友情』でアドニスの父親アポロは、ロシアの殺人兵器ボクサー、
イワン・ドラゴ(ドルフ・ラングレン)に殴り殺されたのですから・・・。

前作でロッキー指導の元、ヘビー級世界チャンピオンに上り詰めたアドニス・グリードは、ロシアで滅法強いロシア・チャンピオンのドラゴの息子ヴィクターの挑戦を受けることになります。

ドルフ・ラングレンが元気な姿を見せただけでも気持ちが高まります。
しかも息子はドラゴに輪をかけた猛獣の無法者。

アドニスがこの宿敵と闘うのは、お約束のお約束。
また同じヘビー級とは思えない程の、息子ヴィクターの身体のデカさ。
これは手こずるぞ!!
案の定、最初の対戦は力の差が歴然。

しかし、しかし試合の結果は意外なものでした。
ロッキー映画の真髄は、叩きのめされる→起き上がる→また叩きのめされる→決してリングに崩れ落ちない・・・
起き上がる事・・そして闘う事・・そして決して諦めない事です。

アドニスの難聴の妻の出産。
子供にに母親の難聴は遺伝するのか?とか、
アドニスの心は揺れ動きます。

お定まりの特訓、トレーニングシーンは砂漠でまるで近未来のような戦場風。
そしてなんと言っても、大音響のBGMが最高でした。
映画館の音響がお腹に響きました。
選曲も良くて、もちろんロッキーのテーマも掛かり、トランス状態。

人間の本能・・闘争心の原点は『ロッキー・シリーズ』
そしてそれを受け継ぐのは『クリード炎の宿敵』
最高に熱かったです。
シルベスター・スタローンも元気な姿を見せ、脚本にも参加しています。

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ちょっと期待値ハードル上げすぎちゃったかな?

投稿日:2019/03/06 レビュアー:飛べない魔女

クリート1はかなり感動したので、2を楽しみにしていた。
なので、ちょっとハードル上げすぎちゃったかな?(;^_^A

アポロの息子ドニーはロッキーの指導の下
着々と世界チャンピョンの道を登り詰めていた。
恋人のビアンカとも結婚し、幸せな日々を送るドニー。
ロッキーも病気を克服し、元気な様子。
そんな彼に、かつて父親を倒し死においやったイワゴ・ドラゴの息子ヴィクターが世界チャンピョンベルトを奪うために挑んでくる。

ストーリー的には、スポ魂ものお約束のセオリー通りなので
面白味にはちょっと欠ける気がした。
それでもあのテーマ曲がかかったときには涙が。。。
やっぱりロッキーファンとしては
あの曲がかかっちゃったら泣かずにはいられないよねぇ。

最後はドラゴ親子もちょっと気の毒になってしまったので
次回は今度はドニーとヴィクターが親友になってるとかいうのはどうでしょうかねぇ?

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

「ロッキー」観れるだけで幸せ

投稿日:2019/05/12 レビュアー:ラストシアター

ストーリーは、定番の「負けて猛練習して勝って家族の愛」

このストーリーの「ロッキー」が観れたら幸せなんだ

毎年、続編をやってほしい

^_−☆

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

単純で分かりやすいww

投稿日:2019/05/12 レビュアー:QWERTY

ロッキーシリーズの映画に何を期待するかというと
こういう昔ながらの単純な面白さ。
毎回同じような話だけどやっぱ見ちゃうよねww

映画を観た後
明日からオレも体鍛えるぞー!!
て言って3日坊主で終わるのも毎度毎度の恒例行事だww

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全7件

クリード 炎の宿敵