女霊館

女霊館の画像・ジャケット写真

女霊館 / ボヤナ・ノヴァコヴィッチ
  • 画質は本編映像とは異なります。

全体の平均評価点:(5点満点)

4

全体の平均評価点:

予告編を観る

DVD

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

ジャンル :

「女霊館」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

解説・ストーリー

見た目も年齢も違う女の悪霊が次々と暴れ出すホラー。新居に引っ越して来た大学教授のアダムと妊娠中の妻・リサ。引っ越し祝いに妹からアンティークの小箱をもらうが、箱を開けると中身は空っぽ。だが、その日からこの家で不気味なことが起き始める。

「女霊館」 の作品情報

作品情報

製作年: 2018年
製作国: アメリカ
原題: MALICIOUS

「女霊館」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

ノー・エスケープ

ラスト・デイズ

デビル

心のままに

ユーザーレビュー:4件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 4件 / 全4件

嫌な話…引っ越し祝いに呪いの箱をもらった夫婦の悲劇…

投稿日:2019/04/27 レビュアー:コタロウ(!)

大学教授・アダムと臨月の妻・リサは、大学から提供された邸宅に移り住んだ。
テーブルには、リサの妹・ベッキーから引っ越し祝いに贈られた「繁栄の箱」と言う
古びた小箱が置かれていた。

ある日、リサは何気なく箱を開けて中を見るが、そこには何も入っていなかった。
しかし、これを皮切りにリサとアダムを不幸と恐怖が襲う。
流産し、妊娠はもう不可能だと医師に告げられ、悪霊に悩まされるようになり…

子どもを心待ちにしていた幸せな夫婦に辛い仕打ちが続き、やるせない…
暗い満足を覚えないこともないラストだが、気持ちの良い話ではないです。

悪霊は、幼い少女、思春期の少女、若い女性、老女など、様々な年頃の霊。
なぜか、中年女性の霊は出ない。
いずれにせよ怖くないわけだが…
心霊調査シーンもあるけれど、やはり怖くない…
暖炉の上の「母子を描いた絵」が次第に変化していくのは、気持ち悪くて好き。

リサの妹・ベッキー…
ベッキーは、スピリチュアルなものに目がない女性で、瞑想やお香などが大好き。
繁栄の箱も、由来がわからないまま手に入れたもの。
滞在していたリサ宅で悪霊に遭遇し、挨拶もなく逃げ出すベッキー。
「全てを信じる人は、何も信じない人より恐ろしい」という作中の言葉が心に残る。

数学の教授で現実的なアダムは、ベッキーのことを嫌っていた。
彼女の自由な振る舞いも気に入らないようだ。
しかし、アダムはベッキーの性的な幻影を見ており、気になる存在でもあるらしい。
本作は、「繁栄の箱」にまつわる呪いの物語であると同時に、
アダムとベッキーの確執の物語でもあるように感じた。(嘘です)

どうでもいいけど、大学教授・アダム、教授夫人・リサ、二人とも墨入ってます。
リサのタトゥーは可愛らしいけど、アダムのタトゥーは海兵のようだった。

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

ホラー? ネタバレ

投稿日:2020/02/05 レビュアー:塩胡椒

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

怖くない。
呪いの箱(妊婦限定)だとさ。
シングルマザーだとどうなるんだろか。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

怖さは伝わります。

投稿日:2019/09/12 レビュアー:トミー

不気味な雰囲気はバッチリ。
赤ちゃんの顔ヤバい怖いかった。
子供達が異様な雰囲気を醸し出しているが、途中意味不明な内容もちょっとあったり解決策が残念だったりと、結末以外は面白かった。
少し物足りなさを感じました。ホラーとしては驚けた場面もあり出てくる老人にはビックリしてしまった。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

1+1=2?

投稿日:2019/05/07 レビュアー:なゆ(21)デンゲリ

 奇妙な箱を開けると中身は空だった。

 いや、そこから出てきた女の霊が襲い掛かってくる。

 不気味な存在。最悪な解決手段。それも完全にどうする事もできない。

 この救いようのなさと最後のシーンは悲惨。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 4件 / 全4件

女霊館

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:4件

嫌な話…引っ越し祝いに呪いの箱をもらった夫婦の悲劇…

投稿日

2019/04/27

レビュアー

コタロウ(!)

大学教授・アダムと臨月の妻・リサは、大学から提供された邸宅に移り住んだ。
テーブルには、リサの妹・ベッキーから引っ越し祝いに贈られた「繁栄の箱」と言う
古びた小箱が置かれていた。

ある日、リサは何気なく箱を開けて中を見るが、そこには何も入っていなかった。
しかし、これを皮切りにリサとアダムを不幸と恐怖が襲う。
流産し、妊娠はもう不可能だと医師に告げられ、悪霊に悩まされるようになり…

子どもを心待ちにしていた幸せな夫婦に辛い仕打ちが続き、やるせない…
暗い満足を覚えないこともないラストだが、気持ちの良い話ではないです。

悪霊は、幼い少女、思春期の少女、若い女性、老女など、様々な年頃の霊。
なぜか、中年女性の霊は出ない。
いずれにせよ怖くないわけだが…
心霊調査シーンもあるけれど、やはり怖くない…
暖炉の上の「母子を描いた絵」が次第に変化していくのは、気持ち悪くて好き。

リサの妹・ベッキー…
ベッキーは、スピリチュアルなものに目がない女性で、瞑想やお香などが大好き。
繁栄の箱も、由来がわからないまま手に入れたもの。
滞在していたリサ宅で悪霊に遭遇し、挨拶もなく逃げ出すベッキー。
「全てを信じる人は、何も信じない人より恐ろしい」という作中の言葉が心に残る。

数学の教授で現実的なアダムは、ベッキーのことを嫌っていた。
彼女の自由な振る舞いも気に入らないようだ。
しかし、アダムはベッキーの性的な幻影を見ており、気になる存在でもあるらしい。
本作は、「繁栄の箱」にまつわる呪いの物語であると同時に、
アダムとベッキーの確執の物語でもあるように感じた。(嘘です)

どうでもいいけど、大学教授・アダム、教授夫人・リサ、二人とも墨入ってます。
リサのタトゥーは可愛らしいけど、アダムのタトゥーは海兵のようだった。

ホラー?

投稿日

2020/02/05

レビュアー

塩胡椒

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

怖くない。
呪いの箱(妊婦限定)だとさ。
シングルマザーだとどうなるんだろか。

怖さは伝わります。

投稿日

2019/09/12

レビュアー

トミー

不気味な雰囲気はバッチリ。
赤ちゃんの顔ヤバい怖いかった。
子供達が異様な雰囲気を醸し出しているが、途中意味不明な内容もちょっとあったり解決策が残念だったりと、結末以外は面白かった。
少し物足りなさを感じました。ホラーとしては驚けた場面もあり出てくる老人にはビックリしてしまった。

1+1=2?

投稿日

2019/05/07

レビュアー

なゆ(21)デンゲリ

 奇妙な箱を開けると中身は空だった。

 いや、そこから出てきた女の霊が襲い掛かってくる。

 不気味な存在。最悪な解決手段。それも完全にどうする事もできない。

 この救いようのなさと最後のシーンは悲惨。

1〜 4件 / 全4件