No.22 RANKING

生きてるだけで、愛。

生きてるだけで、愛。の画像・ジャケット写真
生きてるだけで、愛。 / 趣里
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)

4

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「生きてるだけで、愛。」 の解説・あらすじ・ストーリー

本谷有希子原作、現代の若者の心情をリアルに綴ったラブストーリー。過眠症で引きこもり気味の寧子は、ゴシップ雑誌の編集部に勤める恋人・津奈木と同棲生活を送っている。感情を上手くコントロールできない寧子は、津奈木に当たり散らす毎日で…。※一般告知解禁日:3月15日

「生きてるだけで、愛。」 の作品情報

製作年: 2018年
製作国: 日本

「生きてるだけで、愛。」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

監督: 関根光才
出演: 趣里趣里菅田将暉田中哲司西田尚美

生きてるだけで、愛。の詳細

  • 新作
収録時間: 字幕: 音声:
109分 日(バリアフリー) 日:ドルビーデジタル5.1ch
レイティング: 記番: レンタル開始日:
80DRJ30409 2019年05月10日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
630枚 52人 59人

【Blu-ray】生きてるだけで、愛。(ブルーレイ)の詳細

  • 新作
収録時間: 字幕: 音声:
109分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
80XRJ20112 2019年05月10日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
189枚 18人 15人

関連作品

ユーザーレビュー:4件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 4件 / 全4件

生きてるだけで、愛。ネタバレ

投稿日:2019/05/16 レビュアー:片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 メンタルになかなかの問題を抱えたヒロインと彼女と同棲する編集者の話。

 冒頭からしばらくはヒロインの無茶苦茶な行動言動が凄くて単純に苦手に感じてしまう部分がある映画でしたが、ヒロインと主人公の日常の紹介があって、物語が動くのは主人公の元カノが現れてからで、ここからぐっとスピード感が増して面白かったです。

 ヒロインのバイト先の店長さんたちは恐ろしく優しい人たちで、うつ病とかの支援活動をやっているのかな? というくらいの優しさでした。

 ヒロインが上手くいき始めそうになると、主人公がダメになっていって…。という流れがちゃんとエンタメ映画としての流れもしっかりしていてよかったです。人間の共依存というものを見られるものでした。

 ただやっぱり暗いしヘビーな映画で見ている間から、どっと疲れる映画でした。

このレビューは気に入りましたか? はい 7人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

なかなか良かった

投稿日:2019/05/18 レビュアー:ラストシアター

みんな生きることが辛いんだよ

みんな、それぞれが心の問題を抱えて生きてんだよ

心のままに思いっきり走ったり、壊したりしたいんだ

でも、みんなは、できねえんだよ

だから、映画で見せてくれる

趣里の熱演が女優賞ものだった

菅田将暉は、存在するだけで演技が出来る凄い俳優だと思う

優しくていい映画だと思う

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

どんなに頑張っても《普通》に生きられない・・・

投稿日:2019/05/15 レビュアー:カマンベール

2018年。芥川賞作家・本谷有希子原作。

ともかく主演女優・趣里の演技が凄い、凄すぎる。

「鬱病」の寧子(趣里)は、ゴシップ雑誌の編集者の恋人・津奈木と
同棲生活も3年になる。
「鬱病」特有の、家事・炊事がままならず、過眠症で、半分くらい寝て
暮らしている。
そんな寧子に、コンビニ弁当を買ってきた津奈木は、
「カツ丼と焼きそば、どっちが良い?」と、聞いてくれる優しい恋人だ。

「行きてるだけで、疲れる!!」
自分の生を持て余し気味の寧子。
そんな時、津奈木の元恋人の安堂(仲里依紗)が現れて、
「津奈木と別れてよ。部屋を出るためには自活でしょ!!」
と、勝手にカフェバーのアルバイトを決めてしまう。

安堂と寧子のやり取りが、ユーモア溢れる。
「別れろ」と迫る安堂に見せる寧子の顔は、
時に小狡く、時に底抜けにお人好しの、田舎のオバちゃんソックリなのだ。
(趣里は実に多彩な表情で双極性障害のある娘を演じている、並みの才能ではない)
寧子がアルバイトを始めたことで、カフェバーの経営者夫婦(田中哲司と西田尚美)の底なしの優しさに触れる。
しかしその優しさがまた、寧子を変化させ、追い詰めもする。

ともかく、生き辛いと思っている全ての人に観て貰いたいです。
「働いて疲れてる人、勉強に疲れてる人、家事と育児に疲れてる人」
なのに、家を一歩踏み出すにも、勇気のいる寧子。
菅田将暉との愛のシーンは少ない。ベッドシーンはおろか、キスシーンさえないのだ。
相手を愛する空間、自分を愛する空間。
それだけあれば、生きてる価値はある。
あなたが生きてるだけで、愛・・・なのだから。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

考える

投稿日:2019/05/14 レビュアー:キンタロウ

鬱とか、引きこもりとか
思う人は大なり小なり居ると思ってるのだけど
無い人もいるのかな?

他人と関わらないと生きていけない
関わることで生きていけない?

自分もやってしまいそうな事
感情をコントロールするとは?

考えながら観ました。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 4件 / 全4件

生きてるだけで、愛。