No.93 RANKING

ジョニー・イングリッシュ アナログの逆襲

ジョニー・イングリッシュ アナログの逆襲の画像・ジャケット写真
ジョニー・イングリッシュ アナログの逆襲 / ローワン・アトキンソン
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)

17

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • シリーズ
ジャンル:

「ジョニー・イングリッシュ アナログの逆襲」 の解説・あらすじ・ストーリー

解説・あらすじ・ストーリーは、ただいま準備中です。

「ジョニー・イングリッシュ アナログの逆襲」 の作品情報

製作年: 2018年
製作国: アメリカ
原題: JOHNNY ENGLISH STRIKES AGAIN

「ジョニー・イングリッシュ アナログの逆襲」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

ジョニー・イングリッシュ アナログの逆襲の詳細

  • 新作
収録時間: 字幕: 音声:
89分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
GNBR4639 2019年04月10日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
783枚 39人 54人

【Blu-ray】ジョニー・イングリッシュ アナログの逆襲(ブルーレイ)の詳細

  • 新作
収録時間: 字幕: 音声:
89分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
GNXR1329 2019年04月10日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
217枚 28人 36人

関連作品

ユーザーレビュー:17件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全17件

アナログ万歳!!

投稿日:2019/04/25 レビュアー:kazupon

ローワン・アトキンソン。
セリフを発しなくとも、その奇妙な動きや、よく動く表情筋を使った顔芸?で、子供から大人まで大いに笑わせてくれます。
今回は、サイバー攻撃によって情報が洩れ、MI7のエージェントたちの正体がさらされてしまいます。
そこで招集されたのが、引退した元エージェントたち。
ジョニー・イングリッシュも今では田舎の小学校で社会科の教師をしています。
彼の受け持ったクラスでは、特別授業(ホンマかいな。笑)もあるらしく、それは授業というよりも忍者の訓練のように見えました。
多分、彼の経歴を活かして密かに未来のエージェントを養成しているのかも知れません。
さて、MI7に招集されたイングリッシュは、事態の解決(ハッカーを見つける)を命じられます。
そこでスパイ御用達の装備を支給されるのですが、何しろ彼はアナログ人間。
最新式の装備は拒否し、時代遅れのスパイ道具と燃費の悪い旧型の“アストンマーチン”を選びます。
相棒のボフ(ベン・ミラー)との連携もお見事!
このシリーズは、「007」へのオマージュたっぷりですから、ボンドガールならぬ敵の美女スパイとしてオルガ・キュリレンコがキャスティングされています。
そうそう、イギリス首相役はエマ・トンプソン。(貫禄でした。)
最新のテクノロジー相手にイングリッシュが、どのように「アナログの逆襲」を仕掛けるのか!?
それは観てのお楽しみです。
私は、旧式スパイグッズのパワードスーツと磁気ブーツのくだりがツボでした。
イングリッシュの「VR 勝手にシミュレーション」も笑えます。
**     **     **     **
劇中使用のアストンマーチンは、ローワン・アトキンソンの私物だそうです。
オルガ・キュリレンコは、意外にもコメディエンヌとしての才能を開花。
彼女自身、コメディに挑戦したいと思っていたそうです。
制作秘話などの情報は、特典映像でどうぞ。

このレビューは気に入りましたか? はい 11人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

最先端テロ犯に、アナログなオッサン立ち向かう!ネタバレ

投稿日:2019/04/11 レビュアー:なんの因果

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

「ジョニー・イングリッシュ気休めの報酬」からもう7年も経ったのか、60を過ぎたローワン・アトキンソンのシリーズ新作を見られるとは、こりゃまた嬉しい!
本作のローワンは年をとったせいか今までのヘンなキモさが抜けて、見た目が優しくなった。
(うん、いいぞ!)と、思いきや、やはりエロ・・・まぁ、待て。順に行こう。

冒頭は子供たちにスパイ教育をしている場面だ。第一線を退いたといえ、スパイガジェットの扱い方、忍法、爆弾の配線の切り方(間違って教えて爆発する)教育熱心にアタマの下がる思いだ。
さて、英国諜報部MI7は、謎のサイバー攻撃にあい、現役エージェントの情報がダダ漏れ、
どいつもこいつも使えない状態になる。首相(エマ・トンプソン)は古い名簿からスパイを召集、
果たして我らがジョニー・イングリッシュもめでたく復活と相成りましたのでございます。
本作のテーマはズバリ「アナログ」(ローテク)対「ハイテク」。
監督デヴィット・カーは、
「我々は面白い時代に生きている。スマホ、パソコン、SNSなどがどんどん発達する素晴らしい世界。だが、それらが発達すればするほど、何かを失った気持ちになる。」とコメント。
つまりは60年代の007シリーズあたりへの郷愁なんでしょうか。
大丈夫、先端ツールをまったく使いこなせないイングリッシュがいます!
カッコつけて、ニヤリとしたものの不器用、ドジ、お調子者、VRヘッドセットをつけてみれば、
(可笑しくてちょっと文章に出来ない)ここはいかにものシーン。
緑の薬(入眠剤)とピンクの薬(精力モリモリ)が同じパッケージに入ってる。やらかすだろうなと思うとやっぱりやらかす。ロシアスパイのオルガ・キュリレンコをいやらしい目で見つめると、ダンスフロアで激しくノリまくりデスコダンス。キュリレンコも、背負投げされて伸びてバタンキューとは弱すぎやしないかえ?(出演してくれただけで有り難いボンドガールのキュリレンコさん、セクシーでお綺麗ですわ)
イングリッシュの失敗してオロオロし、われ関せずととぼける演技は相変わらずです。
エビのフランベとか、船から海へ落ちたと思ったら、まだ船のヘリだったとか笑えるネタが沢山で楽しい仕上がりでした。
で、スマホを操作出来ず、そのスマホをテキにぶん投げたのがテキの頭に当たって失神したのが逆襲でしょうか?あ、その前にミサイルが発射したのをイングリッシュが偶然、コースを変えて、それが良かったようです!なんだかわからないけど絶体絶命のエマ・トンプソンを救ったようですね。エマが、「さぁ、イングリッシュに拍手を!」と注目を集めると、その時!タイミング良くズボンの拘束が外れて、ズボン、パンツもろともストンと!!
いやぁ〜、ベタなお笑いですねー。オーマイガッ!

このレビューは気に入りましたか? はい 7人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ローワン・アトキンソン主演によるスパイアクションコメディ第3弾

投稿日:2019/05/03 レビュアー:oyoyo

サイバー攻撃によってイギリスの諜報機関「MI7」の現役スパイたちの情報が漏洩してしまい、
漏洩していない、引退していたジョニー・イングリッシュが呼び出される。

「007 慰めの報酬」でボンドガールを務めたオルガ・キュリレンコが共演している。

体を張った、くだらない笑いがある。
個人的にはアトキンソンの顔芸は好きじゃなかったのですが、
今作は顔芸は控えめ。

車がアストンマーチンだったり、スパイグッズが色々あったりと、007チックなツボは押さえられている。
音楽やカメラアングルもそれっぽい。
スパイ映画が好きな人にはうけるんじゃないでしょうか。

5歳の娘はケラケラ笑ってました。

75点 

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

アナログだってこの人の手にかかったら最強兵器

投稿日:2019/05/01 レビュアー:飛べない魔女

そう、イギリスにはこの人がいた!
ジョニー・イングリッシュ!
自分ではいたって普通に真面目に行動しているつもりなのに
やることなすことズレているジョニー。
ズレているのに、持ち前の強運と真の良さで
うまいことスルりと危機を乗り越えてきたジョニー。
だから本人は優秀なエージェントだと思っているからこれまた可笑しい。
今回のジョニーは引退してたけど
諸事情で呼び戻されて部下のボフとともにイギリスの
いや世界の危機に立ち向かうのです!

面白かったです。
アナログがデジタルに勝利するその過程も
王道のギャグですが、素直に笑えます。
ローワン・アトキンの表情だけでも笑えちゃう。
やっぱりこのシリーズは面白いです!

敵として登場したオルガ・キュリレンコ演じるオフィーリアが
目を見張るほど綺麗!
実際にも6か国語が話せるというオルガの巧みな立ち回りにも要注目。
彼女は今凄く引くてあまたのようで
これから公開される映画が9本も!大忙しのオルガがコメディに挑戦というのも
嬉しいですね。

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

お・お・面白ーい!!

投稿日:2019/04/12 レビュアー:カマンベール

「ジョニー・イングリッシュ」の第三弾。

主役のアナログ・スパイのジョニーはローアン・アトキンソン。
顔を見ただけで笑える。
ペロをブルブルしたら、もう爆笑。
立ってるだけで笑えるコメディアンは、今やアトキンソンだけだ。

話は大英帝国存亡の危機!!
大規模なサイバー攻撃をかけられて、国のシステムを乗っ取られて
世界制覇を狙う「悪者」が現れる。

英国女性首相(エマ・トンプソン)は、判断ミスから、
国家存亡の危機を招いてしまう。
(この女性首相は現首相のメイ首相を皮肉ってるのかしら?
金髪・長身・美人ととても似ているし、EU離脱問題で混迷を続ける
イギリスの危機とピッタンコで重なるのだ)

ハイテク音痴のジョニー・イングリッシュ。
「007」の向こうを張っている。
元ボンドガールのオルガ・キュリレンコに、車は「ボンドカーの
アストン・マーティン」

ジョニーのVR(バーチャル・リアリティ)の勘違いには大爆笑。
鎧とアイパッドの意外すぎる使用法などなど、
カーナビもスマホも追跡されるから必要なし・・・など頷ける点も多々あり、5分に一回は笑える事間違いなし。
超おススメです。

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全17件

ジョニー・イングリッシュ アナログの逆襲