ヴェノム

ヴェノムの画像・ジャケット写真
ヴェノム / トム・ハーディ
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)

2

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可

定額リスト 事前登録OK!

レンタル開始日:2019年03月06日

事前登録いただいた作品は、レンタル開始日以降、「発送確定ルール」に基づき発送がスタートします。

ジャンル:

「ヴェノム」 の解説・あらすじ・ストーリー

マーベルシリーズのヴィランとして人気のヴェノムを主人公にしたダークヒーロー・アクション。人体実験の疑いのあるライフ財団を探る記者・エディ。そんな中、彼は自身をヴェノムと名乗る、意思を持った地球外生命体に寄生され、体を蝕まれていく。※PG12※一般告知解禁日:1月11日

「ヴェノム」 の作品情報

製作年: 2018年
製作国: アメリカ
原題: VENOM

「ヴェノム」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

ヴェノムの詳細

  • 近日リリース
収録時間: 字幕: 音声:
112分 日・日(バリアフリー)・英 英:ドルビーデジタル5.1ch、日:ドルビーデジタル5.1ch
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PG-12 RDD81443 2019年03月06日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
2,487人 1,385人

【Blu-ray】ヴェノム(ブルーレイ)の詳細

  • 近日リリース
収録時間: 字幕: 音声:
112分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PG-12 BRR81443 2019年03月06日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
1,071人 746人

関連作品

ユーザーレビュー:2件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 2件 / 全2件

ヴェノムネタバレ

投稿日:2019/01/11 レビュアー:片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 マーベルコミック原作の【ヒドゥン】とか【寄生獣】みたいな話。

 上映時間は短いのに主人公がヒーローに変身するまでの序盤が結構長くて退屈でした。それでいて主人公が善人なのかなんなのかとキャラクターの立ち位置の説明がわかりにくいので、魅力に欠ける主人公なのも面白さが欠けている主人公でした。カタキ役の悪い企業の社長もこれまた魅力がまるでないので、魅力がない者同士の戦いというのもこれまた痛かったです。クライマックスの夜に似たような黒いCGキャラクターがもみ合っているだけでこれまた退屈なアクションシーンが続きました。

 主人公がスライムみたいなのに寄生されるってわかっているのに、企業の陰謀とかを調べて仕事がクビになったり、ヒロインと良い感じになったりダメになったり、ホームレスと軽い会話をしたりと。もっと早く展開してほしかったです。

 主人公に寄生するヴェノムも他の人間では寄生が上手くいかないのに、なぜ主人公だけオッケーなのかとかもよくわからないと思ったら、主人公以外にも寄生できたりしてどういう条件でヴェノムは動き回れるのかとか説明がないのも飲み込みづらい映画でした。カタキ役が寄生されるシーンも、いきなりカタキ役が誰もいないラボに誰かを探しているかのようにやってきたりするのも理解不能のシーンでした。

 数多く作られているマーベル映画の中でどうして今この映画を作る必要があるのかを考えてしまう映画でした。

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

僕のおうちはどこ

投稿日:2019/01/16 レビュアー:裸足のラヴァース 2.0

ヘタレタデとかサスピリアが 今年に回ったので 当然去年のホラー幻想
のトップはヴェノムだわにゃ ルーベンフライシャーはやっぱ出来るわ

冒頭 宇宙船だか何だかが 左上方から飛来して来る構図に安定感あり
斜めで安定も変だが フリスコの坂道には意識的だから 演出の力だ
スモーキーな画面も昔の B級感があってグッドだ

捻ったブラックユーモアで 正義と倫理に関する鈍感さを前面にプッシュ
主人公の一本気の正義感はバカっぽいが バディの殺戮には寛容w
リバース つまり両面性あり それは侵略の解釈に表れ 地球人の側が侵略
してんのか ヴェノムの側が利用してるのか反転するテーマだ
つまりどっちもどっちのトランプ対プーチン対 な現状認識 勿論 アベは
蚊帳の外にいる蚊だ インフィニティウォーの大風呂敷浪花節よりずっと
非情で良し 一方で 帰郷の宿無しのてーまの 如何にもなアメリカ映画
伝統の旨味

もう一つは勿論 分離と融合のテーマ 出演者の多国籍ぶりを見れば
ハリウッド映画の試みと変化の意味の現在がわかるだろうか そして
乗り移る 移動するは「ヒドゥン」へのオマージュ 犬は もち物体Xわん
いいからかんなトムのキャラは新境地で良いね 彼 真面目すぎやもん
ヴェノムの声が映画から些か分離してるような印象を受けるかな

語りは経済効率的 乞食のおばちゃんの失踪 リークする女性 研究所での
ヴェノムとの合体等 これは監視カメラを ない事として成立していて
こうゆ わかってる演出はうまいのよ 続編あり仕様で物語をじっくり
語る権利も得ているね 続もまたルーベンの演出に任せてよ

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 2件 / 全2件

ヴェノム