王様の事件手帖

王様の事件手帖の画像・ジャケット写真
王様の事件手帖 / イ・ソンギュン
全体の平均評価点:
(5点満点)

3

  • DVD
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「王様の事件手帖」 の解説・あらすじ・ストーリー

『修羅の華』のイ・ソンギュンと『操作された都市』のアン・ジェホン共演によるコミカルなミステリー時代劇。聡明だが変わり者の王・イェジョンの補佐官となった天才的な記憶力を持つ新人史官・イソ。ふたりは町で起きた怪奇事件の捜査に乗り出す。

「王様の事件手帖」 の作品情報

製作年: 2017年
製作国: 韓国
原題: THE KING’S CASE NOTE

「王様の事件手帖」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

王様の事件手帖の詳細

  • 準新作
収録時間: 字幕: 音声:
114分 韓:ドルビーデジタル5.1ch
レイティング: 記番: レンタル開始日:
TWDR3132 2019年02月06日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
59枚 1人 7人

関連作品

ユーザーレビュー:3件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 3件 / 全3件

この王様の声、好きだなあ

投稿日:2019/02/13 レビュアー:kazupon

まずは、この物語の迷コンビをご紹介。
王様・イェジョン(イ・ソンギュン)は、科学的知識を持ち、推理が得意だ。
事件が起きると王様自ら解決しないと気がすまないらしい。
新人の史官イソ(アン・ジェホン)は、驚異的な記憶力を王様に気に入られ、常に王様から五歩の距離にいるように命じられる。
韓国語で五歩は「オボ」と発音するらしく、王様はイソをオボと呼ぶ。
首都・漢陽で市が立った日、一人の男がフラフラと広場に歩いて来たかと思うと、突然、彼の頭部が火に包まれた。
それはまるで人体の自然発火のように見えた。
王様は早速、死因究明のために遺体を解剖する。
焼けた皮膚を削ぎ取って口に含み、吐き出したりもする。
その頃、漢陽では、あちこちに案山子が立てられたり、「川に巨大魚が現れた」などの怪異な噂が広まる。
王様は、それらの事の発端が一人の“女占い師”が来た時期と重なることに気づき、すべての噂と事件は繋がっていると推理する。
謀反と陰謀の匂いがプンプンしている。
それにしてもこの王様は頭脳的かつ行動的であり、武術にも優れているなど、まるでシャーロック・ホームズのようだ。
片や、王様を補佐するオボは、ワトソン君ほどの活躍はしない。
しかし、王様に対する忠義心は立派なもので、命を狙われ意識不明の王様を担いで逃げる姿は、まさしく信頼できる相棒である。
観終わってから気づいたのだけど、オープニングのクレジットで流れるアニメーション的な映像が、物語の概要を表しているみたい。
ジャケットに映る二人は、如何にもコミカルな表情だが、王様はそれなりに格好良かった。

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

マンガのようなお話だと思ったら原作がマンガでした

投稿日:2019/03/16 レビュアー:サランヘ

実在の李氏朝鮮王朝第7代国王の睿宗(イェジョン)は、18歳で即位し在位期間は僅かに一年少々、19歳で夭逝しています。
したがって本作は衣装こそ時代劇ですが、完全なフィクションで、リアリティよりもエンタメを重視した作品となっています。
映画は、推理好きの聡明な王様イェジョン(イ・ソンギュンssi)と、天才的な記憶力を持つマヌケな新入史官ユン・イソ(アン・ジェホンssi) が、漢陽(ハニャン)の街を揺るがす奇怪な噂の実体を暴くため科学捜査に乗り出すというコミカル捜査活劇となっています。
現実味に欠ける点や、ファンタジックな部分も多々あり突っ込みどころ満載ですが、コメディだと割り切ればそれなりに楽しめます。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

かっこいい王様と、ぽっちゃり史官の迷コンビ

投稿日:2019/03/08 レビュアー:アクアマリン

王様(イソンギュン)と新人史官(アンジェホン)がコンビを組んで、国を揺るがす怪事件に挑みます。新人史官は着任早々「おまえはぽっちゃりしているから、物書き史官に向かない」と言われてしまいます。けれども、ずば抜けた記憶力と王様に対する熱すぎる忠義心をかわれて、推理好きの王様の助手に抜擢されます。新人史官は本名は「ユンイソ」といいます。けれども王様は「五歩以上、余のそばから離れるな」と言って、「オボ(五歩)」と呼びます。そのうちに「三歩以上、余のそばから離れるな」と言って、「サムボ(三歩)」と呼ぶようになります。王様は尊大で「サムボ」をスパルタ式におちょくりまくります。けれども王様はルックスはかっこいいし、声は美声だし、敵と戦えばめっぽう強いし、何をしても許せてしまいます。「サムボ」もふだんはボンヤリしていますが、いざとなると命をかけて王様を守ります。怪事件と陰謀が一件落着したあとも、王様は「サムボ」をいたく気に入ってしまい、二人の迷コンビは永遠に続きそうです(「サムボ」はとてもいやがっていますが)。とてもおもしろい作品だったので、続編も作ってほしいです。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 3件 / 全3件

王様の事件手帖

月額課金で借りる

都度課金で借りる