No.4 RANKING

スカイスクレイパー

スカイスクレイパーの画像・ジャケット写真
スカイスクレイパー / ドゥエイン・ジョンソン
全体の平均評価点:
(5点満点)

14

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
ジャンル:

「スカイスクレイパー」 の解説・あらすじ・ストーリー

「ワイルド・スピード」シリーズのドウェイン・ジョンソン主演によるアクション。義足になった元FBI人質救出部隊のリーダー・ウィルが暮らす世界最大のビルで、大規模な火災が発生。炎が迫る中、なぜかウィルが容疑者として指名手配されてしまう。※一般告知解禁日:11月20日

「スカイスクレイパー」 の作品情報

製作年: 2018年
製作国: アメリカ
原題: SKYSCRAPER

「スカイスクレイパー」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

スカイスクレイパーの詳細

  • 新作
収録時間: 字幕: 音声:
102分 日・英 英:ドルビーデジタル5.1ch、日:ドルビーデジタル5.1ch
レイティング: 記番: レンタル開始日:
GNBR4640 2019年02月06日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
1,315枚 935人 895人

【Blu-ray】スカイスクレイパー(ブルーレイ)の詳細

  • 新作
収録時間: 字幕: 音声:
102分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
GNXR1326 2019年02月06日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
447枚 747人 667人

関連作品

ユーザーレビュー:14件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全14件

ロック様の《ダイハード》で《タワーリング・インフェルノ》な映画

投稿日:2018/11/30 レビュアー:カマンベール

最高に面白かったです。
出来立てホヤホヤの高さ1000メートル超えの超高層ビルが、
火災に巻き込まれる・・・タワーリング・インフェルノの状況に、

素手に道具といえば、ガムテープひとつで、武器無し、服はワイシャツ一枚みたいな《ダイハード》な展開ですよ。

おまけにドウェイン・ジョンソンは過去の事件で左脚が義足なんですよ。
ところが跳びます。
摩天楼(スカイスクレイパーですね)をビルから10メートルも跳び移ります。
もうハラハラです。恐怖でゾクゾクしました。

この映画が、ちょっとウザいのは、中国が舞台で中国資本と中国人が多数・・・そういう映画なんですね
舞台は香港。
香港に建設された史上最大のビル「ザ・パール」の本格開業目前です。
ザ・パールは200階以上、高さ1000メートル超えなんです。
そのビルの安全管理責任者のウィル(ドウェイン・ジョンソン)は、
妻(ネーブ・キャンベル・・お久し振り!)と娘を伴って最上階近くに引っ越してきます。
オーナーの中国人を狙う秘密テロ組織もザ・パールに侵入している。
ウィルの家族も恐ろしい命の危険にさらされるのです。

ともかく高層階のアクションに、高層階の火災炎上!!
と、仕掛けが派手派手!!
ロック様の有り得ないほど人間離れしたアクションを堪能出来ます。
手に汗握ること請け合いですよ。

このレビューは気に入りましたか? はい 12人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

スカイスクレイパーネタバレ

投稿日:2019/02/07 レビュアー:片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 ロック様が家族を救うために高層ビル火災とテロリストとかいろんな障害を突破する半歳。

 【ダイハード】+【タワーリングインフェルノ】に【ミッションインポッシブル】や中国資本の目配せかクライマックスには【燃えよドラゴン】とてんこ盛りの内容でデジタル処理の映像の中をロック様が大暴れという方向性が楽しい映画で無茶苦茶な内容ですが、見ている間は退屈せずに見ることのできるエンタメ映画だったと思いました。

 絶対に突破されないシステムの高層ビルだけどタブレット1つで簡単に乗っ取られたり、取り残された主人公の家族がテロリストより強かったり、カッコよく登場する女性テロリストがビルにはいなくて外野で動いているだけであんまり関係なかったり、そもそもビルのオーナーとかテロリストの動機とか後半に軽く説明されるだけで、正直どうでもよかったりしますが。それよりもドウェイン・ジョンソンが大暴れするのを愛でる映画でした。

 ただ、CGCGした映像は迫力ある一方、リアリティが感じられなくて、主人公が高いところから落っこちそうになったりしても絵の中で騒いでるだけでハラハラドキドキしなかったり、クライマックスの鏡のシーンとかもどういう状況かよくわからなかったり伝わらない部分もある映画で期待以上のジャンル映画ではなかったのも残念でした。

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ロック様、飛びます!

投稿日:2019/02/12 レビュアー:飛べない魔女

家族を救うために命がけで
ロック様、飛びます!飛びます!
ロック様だから決して諦めない。
どんな状況にも瞬時に打開策を展開して
ロック様、飛びます!飛びます!
そんな状況はテレビでライブ中継されて
観衆は拍手喝采!
警察官も思わずガッツポーズ!

そこそこ楽しめました。
主人公は死なないとわかっていても
超高層ビルでのアクションシーンにはハラハラしました。
なにせロック様は丸腰だし、武器は自分のボディだけ。
それも片足は義足ときたもんだ!
またまた凄すぎるぜ!ロック様!
なおかつ、奥さんも元軍人ということで
簡単にはやられない女性でかっこよかった!

ただ、アクションシーンは大いに楽しめたものの
悪役の意図に今一つインパクトが薄いと感じました。
ここまでするほどのことだったのだろうか?
という疑問がどうしても残りました。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

「家族を救う」ことで揺るぎない

投稿日:2019/02/07 レビュアー:なんの因果

今作のドウェイン・ジョンソンは、最強のイメージと本人の強いカリスマ性から
あえて引きずり下ろして、「過去FBIで失敗した男」「左足義足でハンディのある男」として、その成長の幅を見せる。
10年前の悪夢(人質救出中に犯人に自爆され、救助できず自らは片足を失った)場面が冒頭に描かれるが
この「はいり」は「クリフハンガー」だと思う。
全体のシチュエーションは「ダイ・ハード」なのだが、ダイ・ハードより面白さが抜きん出ていないのは、9.11後に配慮してるのかも知れないが、そもそもの方向性の差だろう。

ウィル・ソイヤー(ドウェイン・ジョンソン)は、小さなセキュリティ会社を経営している。
香港に新しく建った世界で最も高い摩天楼「ザ・パール」のセキュリティ査定を任される事になった。ザ・パールの居住者第一号となったソイヤー家であったが、そこに作業員を装ったテロリストたちが現れてビルに火を放つ。
テキはソイヤーの子供を人質にとり悪事の証拠物件との交換を迫る、
一番大事なものをテキに取られたからと、動きを封じられるのではなく、一番大切なものゆえに最大級の力を出して奪還した。卑怯なやり方のテキに負けてはいないのである。

義足だから瞬発力がない、という弱点はあっても、ぶん投げてトビラを止めたり、頑丈であるし有効に使える、むしろ生身の足より素晴らしいのではないか!!
弱者が強者になりえるポイントを味わいたい。
家族のためなら、無い力を出してまで闘うソイヤー。飛ぶぞ、よじ登るぞ、また飛ぶぞ。
しかし、奥さん(ネーヴ・キャンベル)がまた、めっさ強い。。素晴らしい!!
奥さんが、地上で待機する捜査官(バイロン・マン)を説得出来たからこそ、事件は解決に至るのだ。
タヴレットを再起動させて・・・あ、そこまで言えばネタバレか。(笑)
監督は「セントラル・インテリジェンス」でもドウェインと組んだローソン・マーシャル・サーバー。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

人生は再起動する

投稿日:2019/02/19 レビュアー:裸足のラヴァース 2.0

アヴァンタイトルで人質救出は 最近あまりなかったのでは 職務遂行に
おける失敗 トラウマ ヒーローの再生はなるか アメリカ映画久々の定番
早くも火傷 あら片脚も無いのか

そして現在 中国の今を象徴するハイタワー 火と高度の映画 タワリング
インフェルノに何を付け加えるのか まさに付け加える義足とガムテープ
この滑り易き物と くっ付き易い物の小物アイテムは笑えるが 実に映画的
で目の付け所に期待が持てるね さてドウェインは香港で何してるだあ
ジェイステーサムと同じく中国映画に出てるんじゃああw

中国とアメリカのハイブリッド映画 これが21世紀の未知だった風景だな
アベは勿論 蚊帳の外の蚊 万引き家族を無視する事くらいしか出来ない
嫌中嫌韓なんかほざいてると 将来 孫達に怪訝な顔をされるぞ

まあ面白くは進行するし 102分てタイムがクレバーに思えるのだが
御贔屓ネーヴを久に見れるのも良いのだが 基本 エイム エンドに向けて
数々の難所をクリアするってプロット作りには飽き飽きだよねえ 例えば
寸断された空中回廊に木材で橋を渡してどうのの場面の呆れる凡庸さ

しかるに 細部の主題系は 火とガラス そして水を意識的に描いているの
は確かで 火はCGで いささか凡庸はともかく 無機質なガラスの表面 滑りやすく硬い表層の存在感は「ダイハード」よりも優れているのではない
だろうか そして何と香港とゆう地勢もあって ラストは「上海から来た
女」の鏡の部屋となり「燃えよドラゴン」にオマージュを捧げるのだ
それはトランプ状のガラスの羅列から来るのだが この乱反射は暗い画面
で分かりにくいのだが そこに膨大な水の放出があり ぐちゃぐちゃに
破壊され 煤だらけの真っ黒けのけの画面になってしまうのには その
演出の勇気に喫驚してしまった このラストショットで星は四つに

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全14件

スカイスクレイパー