イカリエ−XB1の画像・ジャケット写真

イカリエ−XB1 / ズデニェク・シュチェパーネク
  • 画質は本編映像とは異なります。

全体の平均評価点: (5点満点)

5

イカリエ−XB1 /インドゥジヒ・ポラーク

全体の平均評価点: 

予告編を観る

DVD

旧作

お届け率:100%

ジャンル :

新規ご登録はこちら

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

「イカリエ−XB1」 の解説・あらすじ・ストーリー

解説・ストーリー

スタニスワフ・レムの『マゼラン星雲』を基に、「スター・トレック」や「2001年宇宙の旅」に先立つ1963年に社会主義のチェコスロバキアで製作され、後のSF映画にも影響を与えたと言われる、映画史的にも重要なSF作品。2018年5月、<デジタル・リマスター版>にて本邦初劇場公開が実現。2163年。宇宙船イカリエ-XBが世界初の生命探査の旅へと出た。地球への帰還までおよそ15年、高速で移動する乗組員にとっても2年間という長旅。その内部では様々な年齢の男女40人が共同生活を送っており、人間関係のもつれも次第に表面化していく。そんなある日、正体不明の宇宙船に遭遇する乗組員たちだったが…。 JAN:4988003854225

「イカリエ−XB1」 の作品情報

作品情報

製作年:

1963年

製作国:

チェコスロバキア

原題:

IKARIE XB 1/VOYAGE TO THE END OF THE UNI

「イカリエ−XB1」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

TSUTAYAだから可能な圧倒的作品数!!

TSUTAYAだから可能な圧倒的作品数!!

洋画・邦画

35,500
タイトル以上

国内ドラマも一部含まれております

国内・海外ドラマ

5,400
タイトル以上

アニメ

9,200
タイトル以上

R-18

210,000
タイトル以上

CD

250,000
タイトル以上

※2022年2月 現在のタイトル数

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

ユーザーレビュー:5件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全5件

シンプル・素朴・原点

投稿日:2019/02/25 レビュアー:なんの因果

このレビューは気に入りましたか? 8人の会員が気に入ったと投稿しています

「2001年宇宙の旅」にインスピレーションを与えた映画

投稿日:2019/02/20 レビュアー:アクアマリン

このレビューは気に入りましたか? 6人の会員が気に入ったと投稿しています

未来が輝かしかった頃 ネタバレ

投稿日:2019/05/06 レビュアー:さっちゃん

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 本作はスタニスワフ・レムの「マゼラン星雲」を映画化したという情報もあり、2018年に劇場上映された際の予告編では原案となっていたり、まぁ、彼の小説が元になっているのは間違いないようです。
 そもそも、「マゼラン星雲」自体が現在では容易に手に入らない作品ですから、改めて原作と映画を比較しようというつもりはありませんが、映画自体は人類の進歩ということを前提にしたもので(旧共産圏では暗い未来を描く映画を製作できたとも思えませんが。)時代は製作年からちょうど200年後の2163年となっています。
 22世紀の地球が国家というものが消滅しているか、少なくとも国家間の争いとは無縁な世界であろうことは、上の「解説・あらすじ・ストーリー」にある漂流中の宇宙船のエピソードからも伺えます。イカリエの乗組員の一人が核兵器が20世紀の遺物と表現する台詞が出てきますし、アウシュビッツやヒロシマを産んだ考え方であると野蛮な時代だと嫌悪を表します。
 それに対して、別の乗組員が20世紀に生まれた有名な音楽家の名を挙げて、歴史はつながっているということを指摘します。この部分が本作の理性的な面を表現しているように思います。乗り込んでいるのが科学者ばかりだからかもしれませんが、非常事態に際しても乗組員は常に冷静な対応をとろうとします。
 といっても、彼らの人間造詣が浅薄ということではなく、それぞれが弱さや悩みも持つ人間として描かれているのも好感が持てます。例えば、副船長が遠ざかりつつある地球にいる妻とテレビ電話で別れを告げる場面では、地球帰還時に13年の差が二人に生じることからくる夫の心変わりを案ずる妻の言葉があり(いわゆる”ウラシマ効果”ですね。)、年配の数学者が野菜ジュースか何かをビタミン不足になるからと飲むように言われているのに後ろ手で犬に飲ませていたりと。
 そうそう、書いていて思い出したのですが船内に犬を走り回らせているのも、この頃の映画としては異色です。食料も50年代から60年代に想像されていた宇宙食的なものですが質も量もたっぷりあるようで贅沢な宇宙船だなという感想を持ちました。
 また、後先になりますが、イカリエの目的はアルファ・ケンタウリまで知的生命体の探索に行くことなのです。この星は地球から最も近い恒星系として昔のSFでは良く目的地になっていました。アルファ・ケンタウリに到着したイカリエの乗組員が生物存在の可能性がある惑星を眼下に見るラストも気が利いています。あそこで変な異星人でも出されたらがっかりしたでしょう。
 ドラマについては、実際にご覧いただけば、ここまで書いてきたことをご理解いただけると思います。そのほかの見所ですが、60年代初頭の特撮について、あれこれ言うだけ野暮だと思います(でも、本作の特殊撮影は結構よくできていると思いますが。)。ただ、宇宙船のデザインや船内の内装、宇宙服や乗組員の船内の衣装など美術的にはリアリズムとデザイン性がうまく融合した良いセンスが感じられます。また、冒頭の場面や漂流船の調査に入った乗組員が死体だらけの不気味な船内を歩く場面などは表現主義に通じるものを感じました。
 惹句にあるようにキューブリックの『2001年宇宙の旅』に影響を与えたかどうかは推測の域を出ませんが、英米SFとは違った方向からのアプローチであることは確かで、今、観直すと逆に新鮮だったりします。SFファンなら一度ご覧になることをお薦めします。

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

昭和の香りが漂うSFでした・・・ ネタバレ

投稿日:2019/06/04 レビュアー:静かなる海

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

お気に入りのレビュアーさんのご紹介で知りました。
面白かったです。
ありがとうございます。

パッケージがカッコ良かったので、最近作られたものと思っていました。
製作年が1963年だったんですね(笑

力作でした。

CGとか無い時代ですので、これだけの作品を作った工夫と努力には驚きです。

またチェコスロバキアの映画もあまり見たことが無かったので、こんな秀作があったんだなと見終わって実感しています。

昭和の初期に描かれていたSFの世界観を感じることができる作品です。

作成された時代を考えてもかなり先端的な作品だったと思います。

作品についての感想ですが、なんでオジサンやオバサンが多いのなんて思いながら見ていました(笑
設定やストーリーの組み立てが雑なのが惜しい気もします。
今作ったらどうなるのか?
ある意味、興味があります。

わがままを言えば日本語吹き替え版を用意して欲しい。

結構、好きでした。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

★チェック

投稿日:2021/10/18 レビュアー:★チェック

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全5件

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:5件

シンプル・素朴・原点

投稿日

2019/02/25

レビュアー

なんの因果

「2001年宇宙の旅」にインスピレーションを与えた映画

投稿日

2019/02/20

レビュアー

アクアマリン

未来が輝かしかった頃

投稿日

2019/05/06

レビュアー

さっちゃん

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 本作はスタニスワフ・レムの「マゼラン星雲」を映画化したという情報もあり、2018年に劇場上映された際の予告編では原案となっていたり、まぁ、彼の小説が元になっているのは間違いないようです。
 そもそも、「マゼラン星雲」自体が現在では容易に手に入らない作品ですから、改めて原作と映画を比較しようというつもりはありませんが、映画自体は人類の進歩ということを前提にしたもので(旧共産圏では暗い未来を描く映画を製作できたとも思えませんが。)時代は製作年からちょうど200年後の2163年となっています。
 22世紀の地球が国家というものが消滅しているか、少なくとも国家間の争いとは無縁な世界であろうことは、上の「解説・あらすじ・ストーリー」にある漂流中の宇宙船のエピソードからも伺えます。イカリエの乗組員の一人が核兵器が20世紀の遺物と表現する台詞が出てきますし、アウシュビッツやヒロシマを産んだ考え方であると野蛮な時代だと嫌悪を表します。
 それに対して、別の乗組員が20世紀に生まれた有名な音楽家の名を挙げて、歴史はつながっているということを指摘します。この部分が本作の理性的な面を表現しているように思います。乗り込んでいるのが科学者ばかりだからかもしれませんが、非常事態に際しても乗組員は常に冷静な対応をとろうとします。
 といっても、彼らの人間造詣が浅薄ということではなく、それぞれが弱さや悩みも持つ人間として描かれているのも好感が持てます。例えば、副船長が遠ざかりつつある地球にいる妻とテレビ電話で別れを告げる場面では、地球帰還時に13年の差が二人に生じることからくる夫の心変わりを案ずる妻の言葉があり(いわゆる”ウラシマ効果”ですね。)、年配の数学者が野菜ジュースか何かをビタミン不足になるからと飲むように言われているのに後ろ手で犬に飲ませていたりと。
 そうそう、書いていて思い出したのですが船内に犬を走り回らせているのも、この頃の映画としては異色です。食料も50年代から60年代に想像されていた宇宙食的なものですが質も量もたっぷりあるようで贅沢な宇宙船だなという感想を持ちました。
 また、後先になりますが、イカリエの目的はアルファ・ケンタウリまで知的生命体の探索に行くことなのです。この星は地球から最も近い恒星系として昔のSFでは良く目的地になっていました。アルファ・ケンタウリに到着したイカリエの乗組員が生物存在の可能性がある惑星を眼下に見るラストも気が利いています。あそこで変な異星人でも出されたらがっかりしたでしょう。
 ドラマについては、実際にご覧いただけば、ここまで書いてきたことをご理解いただけると思います。そのほかの見所ですが、60年代初頭の特撮について、あれこれ言うだけ野暮だと思います(でも、本作の特殊撮影は結構よくできていると思いますが。)。ただ、宇宙船のデザインや船内の内装、宇宙服や乗組員の船内の衣装など美術的にはリアリズムとデザイン性がうまく融合した良いセンスが感じられます。また、冒頭の場面や漂流船の調査に入った乗組員が死体だらけの不気味な船内を歩く場面などは表現主義に通じるものを感じました。
 惹句にあるようにキューブリックの『2001年宇宙の旅』に影響を与えたかどうかは推測の域を出ませんが、英米SFとは違った方向からのアプローチであることは確かで、今、観直すと逆に新鮮だったりします。SFファンなら一度ご覧になることをお薦めします。

昭和の香りが漂うSFでした・・・

投稿日

2019/06/04

レビュアー

静かなる海

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

お気に入りのレビュアーさんのご紹介で知りました。
面白かったです。
ありがとうございます。

パッケージがカッコ良かったので、最近作られたものと思っていました。
製作年が1963年だったんですね(笑

力作でした。

CGとか無い時代ですので、これだけの作品を作った工夫と努力には驚きです。

またチェコスロバキアの映画もあまり見たことが無かったので、こんな秀作があったんだなと見終わって実感しています。

昭和の初期に描かれていたSFの世界観を感じることができる作品です。

作成された時代を考えてもかなり先端的な作品だったと思います。

作品についての感想ですが、なんでオジサンやオバサンが多いのなんて思いながら見ていました(笑
設定やストーリーの組み立てが雑なのが惜しい気もします。
今作ったらどうなるのか?
ある意味、興味があります。

わがままを言えば日本語吹き替え版を用意して欲しい。

結構、好きでした。

★チェック

投稿日

2021/10/18

レビュアー

★チェック

1〜 5件 / 全5件

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

ご利用の流れ

ご利用の流れ

@ 会員登録

申し込みフォームへ記入

申し込みフォームへ記入したら登録完了!

A 作品をレンタル

作品をレンタル

借りたい作品をリストアップするだけ!
発送可能な商品を自宅にお届けします。

B ポストに返却

ポストに返却

商品をポストに投函すればOK!

よくあるご質問

よくあるご質問

もちろん無料お試し期間中に退会することも可能です。 また、その場合は料金は一切かかりません。

無料お試し中も、都度レンタルは、有料でご利用いただくことができます。
また、無料お試し中に解約され、何らかの理由でレンタル商品を期日までにご返却いただけなかった場合に、追加料金が発生する場合がございます。

定額プランは1つの封筒に2枚入り、お届けいたします。
届いた往復封筒でポストへご投函いただき、当社配送センターにてご返却を確認できましたら次の封筒を発送致します。繰り返しでご登録のプラン枚数までご利用いただけます。

各プランはこちら

各プランはこちら

  • 宅配レンタル 定額8プラン
    月額2,052円税込
    • 「新作・準新作」が定額で月8枚レンタルできる!※1借り放題付き※2
    新規登録する
  • 宅配レンタル 定額4プラン
    月額1,026円税込
    • DVD/CDが定額で月4枚レンタルできる!※1
    新規登録する
  • 都度課金 プラン
    無料会員 月額0円税込 ※都度レンタル時の費用は発生します
    • 月額無料で単品レンタルを楽しみたい方におすすめ!
    新規登録する

※1 無料お試し期間中の「新作」レンタルは対象外です。

※2 借り放題はDVD「旧作」、CD「新作・準新作・旧作」が対象です。

イカリエ−XB1