プーと大人になった僕

プーと大人になった僕の画像・ジャケット写真
プーと大人になった僕 / ユアン・マクレガー
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)

3

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV

定額リスト 事前登録OK!

レンタル開始日:2018年12月19日

事前登録いただいた作品は、レンタル開始日以降、「発送確定ルール」に基づき発送がスタートします。

ジャンル:

「プーと大人になった僕」 の解説・あらすじ・ストーリー

解説・あらすじ・ストーリーは、ただいま準備中です。

「プーと大人になった僕」 の作品情報

製作年: 2018年
原題: CHRISTOPHER ROBIN

「プーと大人になった僕」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

プーと大人になった僕の詳細

  • 近日リリース
収録時間: 字幕: 音声:
104分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
VWDP6773 2018年12月19日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
867人 1,050人

【Blu-ray】プーと大人になった僕(ブルーレイ)の詳細

  • 近日リリース
収録時間: 字幕: 音声:
104分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
VWBR6773 2018年12月19日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
317人 415人

関連作品

ユーザーレビュー:3件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 3件 / 全3件

プーは、もう一人の自分

投稿日:2018/11/29 レビュアー:ポッシュ

(少しネタバレあります)

なかなか楽しい作品でした。
既出レビューが本作の概要と美点を紹介していますから、私は個人的な感想を少しだけ。

“ファンタジー”は何かしら寓意をはらんでいるもの。
本作の場合、仕事一辺倒で家族の絆を失いかけていた主人公の前に現れたプーという存在は、
クリストファーの内面・・・というか「もう一人の自分」という気がした。
あの時、プーを森に送り届けようとした事は、自分自身のSOSに応えた行為だったのでは。
・・・僕を助けて。僕をケアして。あの森に帰して。あの森を返して。

懐かしい森で仲間たちと再会し、仕事を忘れて子どものように遊ぶクリストファー。
それは彼らのための行動ではあったが、自分自身を癒すために必要な体験だったのかもしれない。
プーを自分の人生に取り戻したクリストファー。
それは、「自分自身を取り戻した」という事なんだろうと思った。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

「大切なモノ」を忘れてしまった大人に、プーさんが幸せを届けに来る

投稿日:2018/11/27 レビュアー:カマンベール

「クマのプーさん」の実写化です。
でも原作童話からは、随分と脚色されて、大人向けです。
(小さいお子さんには前半分は退屈かも知れませんね)

仕事に忙殺されて家族との時間の取れないお父さん、お母さんには、
身につまされる切ないストーリーです。

前半のクリスファー・ロビンの憂鬱を、後半はファンタジーが倍速して吹き飛ばし、どんどん楽しくなりますよ。

40代になったクリスファーは老舗カバン屋で、業績不振のための
コストカッターであり、このままいくとリストラ請負人に
なりかねません。
しかし、そんなクリスファーの住むロンドンに「クマのプー」は夢のトンネルを抜けて、突然目の前に現れるのです。

プーはヌイグルミです。
「パディントン」とかみたいに実物そっくりでないし、
表情がありません。
悲しい円らなガラス玉の目玉、ギクシャクした動き。
そこがいいんです。
ピグレット(子豚)もイーヨー(ロバ)もティガー(トラ)も、
みんなヌイグルミです。
プーを「200エーカーの森」に届けに帰ったロビンは昔の仲間たちと再会します。
そこからは童話の世界、絵本の世界が再現されます。
しかし我に返ったロビンは、慌てて会社へ帰って行きます。
大切なコストカットの書類を忘れて(?)

娘のマデリン、プー、ピグレット、イーヨー、ティガーが書類を届けにロンドンの会社へ。

ファンタジーが倍速してくし、ここからはCG、VFXをバンバン使って盛り上がる展開です。
クリスファー・ロビンは昔の自分を取り戻すことが可能でしょうか?

(もう一つの映画「グッバイ・クリストファー・ロビン」がものすごく切なかったので、救われる思いでした)

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

『何もしない』をすることの大切さを忘れた大人たちへ

投稿日:2018/11/27 レビュアー:飛べない魔女

すごくすごく感動しました。
すごくすごくウルウルしちゃいました。
(映画館の予告のときからウルウル状態だったわたしですから^_^;)

大人になったクリストファー・ロビンはロンドンで愛する妻と娘と住んでいます。
旅行カバン会社のウィンズロウ社で働く彼は
あまりの多忙で週末でさえ家族と過ごす時間がない状態です。
そんな中、休日出勤の帰り道、公園のベンチでプーと再会するクリストファー。
この場面がなんとも感動的なんです。(ウルウル・・)
プーは100エーカーの森の異変をクリストファーならなんとかしてくれるだろうと
魔法の扉を抜けてロンドンにやってきてしまったのです。

大人になって忙しさのあまり
クリストファーはプーのことも100エーカーの森の仲間たちのことも
すっかり忘れていたのです。
だから森は消えてなくなっていたのでしょう。
ところが、子供の頃に描いたプーとその仲間たちの絵をみて
あの頃のことをクリストファーが思い出したことで、プーが目覚めたというわけですね。

ぬいぐるみを使って撮影したという本作。
だからプーは私たちの良く知っているあのプーさんであり
ティガー、イーヨー、ビグレットといった森の仲間たちも
実に愛らしく生き生きと実写となっていました。

子供の心を忘れてしまった大人のための極上のファンタジーです。
凄く優しい気持ちに包まれること請け合いです。
おばかさんのプーに癒されてください。
おばかさんのプーなりにウンチクのある言葉の数々にぐっときますよ。
人生で失ってしまった大切なものが見つかるかもしれません。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 3件 / 全3件

プーと大人になった僕