リズと青い鳥

リズと青い鳥の画像・ジャケット写真
リズと青い鳥
全体の平均評価点:
(5点満点)

7

  • DVD
  • Blu-ray
ジャンル:

「リズと青い鳥」 の解説・あらすじ・ストーリー

高校生の青春を描いた武田綾乃の小説を『聲の形』のメインスタッフが映画化。北宇治高等学校吹奏楽部でオーボエを担当する鎧塚みぞれと、フルートを担当する傘木希美。みぞれは希美と過ごす日々に幸せを感じつつも終わりが近付くことを恐れていて…。

「リズと青い鳥」 の作品情報

製作年: 2018年
製作国: 日本
原題: LIZ UND EIN BLAUERVOGEL

「リズと青い鳥」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

監督: 山田尚子

リズと青い鳥の詳細

  • 準新作
収録時間: 字幕: 音声:
90分 日:リニアPCMステレオ
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PCBE76027 2018年12月05日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
150枚 17人 8人

【Blu-ray】リズと青い鳥(ブルーレイ)の詳細

  • 準新作
収録時間: 字幕: 音声:
90分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PCXE70861 2018年12月05日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
50枚 51人 27人

関連作品

ユーザーレビュー:7件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全7件

リズと青い鳥ネタバレ

投稿日:2019/03/19 レビュアー:片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 高校生の吹奏楽部員の主人公2人が良い感じになのかなと思いきや微妙な関係になったりする話。

 これぞ日本のアニメという感じで高校生の日常を淡々と描写していました。あいまに小説の劇中劇も結構長いこと描かれたりしていて画面のタッチが変わったりするのもまた面白かったです。

 ただストーリーテリングとしては、内気で超人見知りのオーボエ吹きの女の子といつも明るく友達も多くて、フルート吹きの女の子2人が声には出さないお互いへの気持ちと変化していく関係を繊細なタッチでじっくりと描いていると言われればそうかもしれないですが、その「繊細さ」が退屈に感じる部分が多くて、延々と長く流れる音楽と主人公が図書館の本を延々と返さず注意されても謝りもしないという性格がドン引きなアニメーションでした。

 結果、この主人公たちの関係がどうなろうが知ったこっちゃないという元も子もない感想しか出てこない映画でした。

このレビューは気に入りましたか? はい 8人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

静かなテンポの作品でした。ネタバレ

投稿日:2019/02/02 レビュアー:静かなる海

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

絵柄や淡泊な色合いがとてもキレイで、バックに流れる静かな音楽が心地良い作品でしたが、モヤモヤの残る作品でもありました。

友情や青春を語るにはあまりにもストーリーの設定や登場人物たちの背景や関係の書き込みが不足していて、心情的に残念でした。

静かに流れる作品のテンポは好きでしたが、とにかく作品に感情移入ができない。
疑問に思いながら見ている間にどんどんストーリーが流れてしまい、あのエンディングがさらに残念さに輪をかけてしまいます。

作中の童話?リズと青い鳥と希とみぞれ関連性がもっと描かれていると良かったです。

残念な作品でした。


このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

クソおもろない

投稿日:2018/12/23 レビュアー:リーフ64

ユーフォニアム本編のような熱い感じを期待して観るとガッカリします。
まるで毛色が違う作品で静かに美術館で絵画鑑賞でもしているような感覚です。

登場人物の感情が、ほとんど感じられずストレスが溜まりました。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

dis joint → joint

投稿日:2018/10/01 レビュアー:なゆ(21)デンゲリ

 北宇治高校吹奏楽部の鎧塚みぞれと、傘木希美をメインに据えた作品。


『響け!ユーフォニアム』のスピンオフというか、本編というか、単独作品というか……難しいけど、とにかく本編を知らなくても独立しているので大丈夫。もちろん知っていれば関係性が最初からわかっている分、作品世界に入っていきやすいかも。


 TVシリーズからは学年が上がってます。なので、1年生たちという新キャラがたくさん登場します。
 久美子たちは完全に脇役。メインは3年生ととある1年生。


 基本的には静かで、みぞれの決断力のなさというか、流されているだけの感じにイライラさせられました。でも、この雰囲気がよさなのです。

 希美との距離感というか、それぞれの迷いが重いです。


 時折差し込まれる童話が、切なさがありいいのですが……いかんせん声が。なんだか棒読み感が……。



 青春っていう青臭さ。進路に悩む感じ。
 その空気感はいいですね。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

これはないネタバレ

投稿日:2018/12/27 レビュアー:モンスーン

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

映像の美しさ、演出のセンス、空気感…あらゆる面でハイクオリティなのは分かるよ、伝わるよ、うん、凄いね。

…でも絶望的につまらない。

なんと言ってもみぞれの性格の悪さにドン引き。
借りた本を無断で延滞して謝らないって何?
再度借りる時に改めて謝るきっかけがあったのにまた無言。
あげくの果てには希が出て来て、細かいこと言うなよ的な図書委員が悪いみたいな扱い。
あの演出はナイわ。

思うにこれは素材が悪い。
素材がダメならどんな一流シェフを用意しても美味しい料理は作れないってこったな。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全7件

リズと青い鳥

月額課金で借りる

都度課金で借りる