ファントム・スレッドの画像・ジャケット写真

ファントム・スレッド / ダニエル・デイ=ルイス

全体の平均評価点: (5点満点)

22

ファントム・スレッド /ポール・トーマス・アンダーソン

全体の平均評価点: 

予告編を検索

DVD

Blu-ray

旧作

お届け率:100%

ジャンル :

新規ご登録はこちら

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

「ファントム・スレッド」 の解説・あらすじ・ストーリー

解説・ストーリー

「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」のポール・トーマス・アンダーソン監督が再びダニエル・デイ=ルイスを主演に迎えて贈る愛憎ドラマ。オートクチュールの世界を舞台に、完璧主義の仕立て屋と、彼にミューズとして見初められた若い娘が辿る予測不能の愛憎劇をスリリングに描く。共演はヴィッキー・クリープス、レスリー・マンヴィル。1950年代、ロンドン。レイノルズ・ウッドコックは妥協のない職人仕事で英国の高級婦人ファッション界の中心に君臨する天才的仕立て屋。ある日、レイノルズは若いウェイトレスのアルマに出会い、彼女を新しいミューズとして迎え入れる。彼女のモデルとしての“完璧な身体”に多くのインスピレーションをもらい、創作意欲をかき立てられるレイノルズだったが…。 JAN:4988102714789

「ファントム・スレッド」 の作品情報

作品情報

製作年:

2017年

製作国:

アメリカ

原題:

PHANTOM THREAD

「ファントム・スレッド」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

TSUTAYAだから可能な圧倒的作品数!!

TSUTAYAだから可能な圧倒的作品数!!

洋画・邦画

35,500
タイトル以上

国内ドラマも一部含まれております

国内・海外ドラマ

5,400
タイトル以上

アニメ

9,200
タイトル以上

R-18

223,000
タイトル以上

CD

250,000
タイトル以上

※2022年2月 現在のタイトル数

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

関連作品

関連作品

マイ・ビューティフル・ランドレッド

ボクサー

仮面の真実

パレス・ダウン

リコリス・ピザ

ユーザーレビュー:22件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全22件

ダニエル・デイ=ルイスが俳優引退・・最後の主演作

投稿日:2018/10/28 レビュアー:カマンベール

このレビューは気に入りましたか? 17人の会員が気に入ったと投稿しています

男と女は「かくも理解不能な境地」に喜んで旅立つ ネタバレ

投稿日:2018/11/09 レビュアー:なんの因果

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

(安心して下さい!あのネタはバラしていません!)
1950年代ロンドン。天才的な仕立て屋として、社交界の脚光を浴びるレイノルズ
(ダニエル・デイ=ルイス)←今作にて引退を発表。
エレガントなピアノの旋律が、危ういロマンスの行方を予感させる。
ゴージャスなオートクチュールの世界を早く見たいもんだとワクワクモードだったのでございます!
しかし、ポール・トーマス・アンダーソン。こんな展開とはお釈迦様でも気がつくメェ・まして凡人の我なれば。
(以下は個人の感想です。間違ってるかもとか、独断だ偏見だとか予防線を張るつもりはありません。悪しからず。)

これは男と女の「かけひき」「主導権争い」を描きたいのでしょうか?
レイノルズは一介の小市民と違い、天才的仕立て職人。ベルギーの王女だって顧客。
多少、気難しかろうが、世間のお遊びに連れて行ってくれなかろうが問題ないじゃないですか。
レストランのウェイトレスだった田舎娘アルマ(ヴィッキー・クリープス)。
多分レイノルズは「あのガタイだとドレスが映えるなー」とか思ったのよ。
それとも、プライドの高い客の相手ばかりで疲れた脳波にアルマの笑顔が天使に見えたのかもしれない。
ともあれ自宅兼アトリエに招かれたアルマだが、すべてを管理支配してる姉ちゃんにも、
職人たちにも相手にされず、お客にだって無視されて不満が募る。
それでもショーのモデルとなって次第に垢抜けてゆくアルマ。
レイノルズにサプライズしたいのよと、姉ちゃん様に打ち明けるも
「およしなさい!」とピシャリ。それでも強行するアルマ。(この辺、幼稚でわがまま)
案の定、喜ぶどころかやはり激怒され、ゲキチンするアルマだった。
(俺の日常のルーティンを乱すなと、常々言ってるじゃないの・・)
「私の存在をもっと認めてよ!」心の中で叫んだアルマは驚くべき行動に出る。
──一体、何を考えているのでしょうねー。一転してサスペンスタッチになって観客は息を飲む。

これは愛なのか?我執なのか?─歪んで歪んでどこへ着地する?
姉にトコトン管理されている一方、誰の侵略も許さない性格のレイノルズ。
彼の精神には、自分じゃない誰かが座る「支配者の席」があったのだろう。
その空席に躊躇なく着席したアルマ。彼はそれを「良し」と認めたようだ。
この倒錯した愛を官能と呼ぶならば、谷崎の「痴人の愛」の読後感と同じものを私は感じた。
二人とも歪んでいる、としか思えないのだが。
素晴らしい音楽は、ジョニー・グリーンウッド。衣装デザインはマーク・ブリジス。本作で
アカデミー賞衣装デザイン賞を受賞しています。

このレビューは気に入りましたか? 11人の会員が気に入ったと投稿しています

こういう「愛」のかたちもあり?

投稿日:2018/11/26 レビュアー:アクアマリン

このレビューは気に入りましたか? 7人の会員が気に入ったと投稿しています

最初のレビューへの追記

投稿日:2018/12/14 レビュアー:hinakksk

このレビューは気に入りましたか? 6人の会員が気に入ったと投稿しています

続)男と女の理解不能な境地 ネタバレ

投稿日:2018/12/13 レビュアー:なんの因果

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

(11月9日の投稿に続いて2回目の投稿になります。)
「ファントム」と「スレッド」の意味について今も探っている状態ですが、
この作品の持つ消化不良の感じ、一面しか理解できなかったんじゃないかという
おぼつかなさがアタマに残る厄介なシロモノではあります。
初めに言っておきたいのですが、「一歩間違えると死ぬかもしれない」行為は
「愛」とは呼ばないと思う。
医者の訪問で、レイノルズの体の心配より、自分の仕出かした罪を暴露されるのが恐くてオタオタするアロマ。
クソですね。(お下品ですがピッタリな言葉かと。)
相手が弱ることで自分が手にする力とはなんだろう。(愛じゃなくて優位性、支配力、サド的趣味)
元より、母親の愛、姉の愛が大きすぎて、どの女性たちとも、決して美しいドレスを仕立てる以上の愛を育めなかったレイノルズ。
逆にアルマは家柄も貧しく、体にコンプレックスもある中で自分を認めてくれたレイノルズを恋するのだが、レイノルズの方はそれほどでもないため傷ついてゆくという構図がある。
まだ若く幼稚で攻撃的なアルマが気持ちのままに取った行動が、母親の幻想に縛られているレイノルズに意外にも心地よい居場所を提供することになった。
マザコンの仕立て屋がアブノーマルな世界を成就するという話しになる。
華やかなファッションの世界、格式も歴史もある舞台を使って、描くのはソレかい!
という腹立たしさがある。探せばどこにでも転がっている話しじゃないか。

役者が一年もかけて裁縫の針つかいを習い、優秀な監督さんやカメラマンを起用した作品が、閉鎖的な変態映画だったのか、何か見落としているんじゃないかという不安と残念感がある作品となった。
だがダニエル・デイ・ルイスの演技は素晴らしく、アルマを選択した採用は見事だ。
音楽も背景も素晴らしい。
さて、「ファントム」について、幻、幻影、空虚で実体がない、という直訳で「母親の幻」
と考えていいと思いますが、裸足のラヴァースさんの解釈も面白いのでご紹介します。

>主人公は服の中身ではなく、服にしか興味のないデザイナー。 つまりファントムとは服の中身が空洞の請いである。
>アルマがしかし最もファントムな存在で、彼女が存在感を示した時〜(略)

発想が素晴らしい「裸足のラヴァース」さんの見解でした。
ラヴァースさんは「耽美の中の閉鎖趣味」とも表現され、あ、私の言いたかった事はソレだ、と大変勉強になりました。
(ありがとうございます。)
また、後日あたったインタビュー資料で、監督は「レベッカ」を念頭において本作を製作した、という一文がありました。
私は「レベッカ」を見ていないのですが、早くに同じ雰囲気を看破されたhinakkskさんのレビューもさすがで、素晴らしいと思いました。
で、「スレッド」です。舞台が仕立屋さんなので「糸」にはいろんな意味がありそうです。
母親がレイノルズを縛る幻の糸、アルマが包み込む母親に似せた糸、呪われないようにドレスに縫い付けた糸、からみあう運命の糸、そう考えてゆくうち、私は「蜘蛛の糸」ではないかと思いました。

谷崎潤一郎の「刺青」。背中に蜘蛛の入れ墨を彫った女は、「その蜘蛛の糸で何人もの男をとらえ、男という男はみなお前の肥料(こやし)になるのだ」。
「痴人の愛」に次いで「刺青」。やはり耽美派、、谷崎にたどり着いたのだった!

このレビューは気に入りましたか? 6人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全22件

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:22件

ダニエル・デイ=ルイスが俳優引退・・最後の主演作

投稿日

2018/10/28

レビュアー

カマンベール

男と女は「かくも理解不能な境地」に喜んで旅立つ

投稿日

2018/11/09

レビュアー

なんの因果

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

(安心して下さい!あのネタはバラしていません!)
1950年代ロンドン。天才的な仕立て屋として、社交界の脚光を浴びるレイノルズ
(ダニエル・デイ=ルイス)←今作にて引退を発表。
エレガントなピアノの旋律が、危ういロマンスの行方を予感させる。
ゴージャスなオートクチュールの世界を早く見たいもんだとワクワクモードだったのでございます!
しかし、ポール・トーマス・アンダーソン。こんな展開とはお釈迦様でも気がつくメェ・まして凡人の我なれば。
(以下は個人の感想です。間違ってるかもとか、独断だ偏見だとか予防線を張るつもりはありません。悪しからず。)

これは男と女の「かけひき」「主導権争い」を描きたいのでしょうか?
レイノルズは一介の小市民と違い、天才的仕立て職人。ベルギーの王女だって顧客。
多少、気難しかろうが、世間のお遊びに連れて行ってくれなかろうが問題ないじゃないですか。
レストランのウェイトレスだった田舎娘アルマ(ヴィッキー・クリープス)。
多分レイノルズは「あのガタイだとドレスが映えるなー」とか思ったのよ。
それとも、プライドの高い客の相手ばかりで疲れた脳波にアルマの笑顔が天使に見えたのかもしれない。
ともあれ自宅兼アトリエに招かれたアルマだが、すべてを管理支配してる姉ちゃんにも、
職人たちにも相手にされず、お客にだって無視されて不満が募る。
それでもショーのモデルとなって次第に垢抜けてゆくアルマ。
レイノルズにサプライズしたいのよと、姉ちゃん様に打ち明けるも
「およしなさい!」とピシャリ。それでも強行するアルマ。(この辺、幼稚でわがまま)
案の定、喜ぶどころかやはり激怒され、ゲキチンするアルマだった。
(俺の日常のルーティンを乱すなと、常々言ってるじゃないの・・)
「私の存在をもっと認めてよ!」心の中で叫んだアルマは驚くべき行動に出る。
──一体、何を考えているのでしょうねー。一転してサスペンスタッチになって観客は息を飲む。

これは愛なのか?我執なのか?─歪んで歪んでどこへ着地する?
姉にトコトン管理されている一方、誰の侵略も許さない性格のレイノルズ。
彼の精神には、自分じゃない誰かが座る「支配者の席」があったのだろう。
その空席に躊躇なく着席したアルマ。彼はそれを「良し」と認めたようだ。
この倒錯した愛を官能と呼ぶならば、谷崎の「痴人の愛」の読後感と同じものを私は感じた。
二人とも歪んでいる、としか思えないのだが。
素晴らしい音楽は、ジョニー・グリーンウッド。衣装デザインはマーク・ブリジス。本作で
アカデミー賞衣装デザイン賞を受賞しています。

こういう「愛」のかたちもあり?

投稿日

2018/11/26

レビュアー

アクアマリン

最初のレビューへの追記

投稿日

2018/12/14

レビュアー

hinakksk

続)男と女の理解不能な境地

投稿日

2018/12/13

レビュアー

なんの因果

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

(11月9日の投稿に続いて2回目の投稿になります。)
「ファントム」と「スレッド」の意味について今も探っている状態ですが、
この作品の持つ消化不良の感じ、一面しか理解できなかったんじゃないかという
おぼつかなさがアタマに残る厄介なシロモノではあります。
初めに言っておきたいのですが、「一歩間違えると死ぬかもしれない」行為は
「愛」とは呼ばないと思う。
医者の訪問で、レイノルズの体の心配より、自分の仕出かした罪を暴露されるのが恐くてオタオタするアロマ。
クソですね。(お下品ですがピッタリな言葉かと。)
相手が弱ることで自分が手にする力とはなんだろう。(愛じゃなくて優位性、支配力、サド的趣味)
元より、母親の愛、姉の愛が大きすぎて、どの女性たちとも、決して美しいドレスを仕立てる以上の愛を育めなかったレイノルズ。
逆にアルマは家柄も貧しく、体にコンプレックスもある中で自分を認めてくれたレイノルズを恋するのだが、レイノルズの方はそれほどでもないため傷ついてゆくという構図がある。
まだ若く幼稚で攻撃的なアルマが気持ちのままに取った行動が、母親の幻想に縛られているレイノルズに意外にも心地よい居場所を提供することになった。
マザコンの仕立て屋がアブノーマルな世界を成就するという話しになる。
華やかなファッションの世界、格式も歴史もある舞台を使って、描くのはソレかい!
という腹立たしさがある。探せばどこにでも転がっている話しじゃないか。

役者が一年もかけて裁縫の針つかいを習い、優秀な監督さんやカメラマンを起用した作品が、閉鎖的な変態映画だったのか、何か見落としているんじゃないかという不安と残念感がある作品となった。
だがダニエル・デイ・ルイスの演技は素晴らしく、アルマを選択した採用は見事だ。
音楽も背景も素晴らしい。
さて、「ファントム」について、幻、幻影、空虚で実体がない、という直訳で「母親の幻」
と考えていいと思いますが、裸足のラヴァースさんの解釈も面白いのでご紹介します。

>主人公は服の中身ではなく、服にしか興味のないデザイナー。 つまりファントムとは服の中身が空洞の請いである。
>アルマがしかし最もファントムな存在で、彼女が存在感を示した時〜(略)

発想が素晴らしい「裸足のラヴァース」さんの見解でした。
ラヴァースさんは「耽美の中の閉鎖趣味」とも表現され、あ、私の言いたかった事はソレだ、と大変勉強になりました。
(ありがとうございます。)
また、後日あたったインタビュー資料で、監督は「レベッカ」を念頭において本作を製作した、という一文がありました。
私は「レベッカ」を見ていないのですが、早くに同じ雰囲気を看破されたhinakkskさんのレビューもさすがで、素晴らしいと思いました。
で、「スレッド」です。舞台が仕立屋さんなので「糸」にはいろんな意味がありそうです。
母親がレイノルズを縛る幻の糸、アルマが包み込む母親に似せた糸、呪われないようにドレスに縫い付けた糸、からみあう運命の糸、そう考えてゆくうち、私は「蜘蛛の糸」ではないかと思いました。

谷崎潤一郎の「刺青」。背中に蜘蛛の入れ墨を彫った女は、「その蜘蛛の糸で何人もの男をとらえ、男という男はみなお前の肥料(こやし)になるのだ」。
「痴人の愛」に次いで「刺青」。やはり耽美派、、谷崎にたどり着いたのだった!

1〜 5件 / 全22件

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

ご利用の流れ

ご利用の流れ

@ 会員登録

申し込みフォームへ記入

申し込みフォームへ記入したら登録完了!

A 作品をレンタル

作品をレンタル

借りたい作品をリストアップするだけ!
発送可能な商品を自宅にお届けします。

B ポストに返却

ポストに返却

商品をポストに投函すればOK!

よくあるご質問

よくあるご質問

もちろん無料お試し期間中に退会することも可能です。 また、その場合は料金は一切かかりません。

無料お試し中も、都度レンタルは、有料でご利用いただくことができます。
また、無料お試し中に解約され、何らかの理由でレンタル商品を期日までにご返却いただけなかった場合に、追加料金が発生する場合がございます。

定額プランは1つの封筒に2枚入り、お届けいたします。
届いた往復封筒でポストへご投函いただき、当社配送センターにてご返却を確認できましたら次の封筒を発送致します。繰り返しでご登録のプラン枚数までご利用いただけます。

各プランはこちら

各プランはこちら

  • 宅配レンタル 定額8プラン
    月額2,052円税込
    • 「新作・準新作」が定額で月8枚レンタルできる!※1借り放題付き※2
    新規登録する
  • 宅配レンタル 定額4プラン
    月額1,026円税込
    • DVD/CDが定額で月4枚レンタルできる!※1
    新規登録する
  • 都度課金 プラン
    無料会員 月額0円税込 ※都度レンタル時の費用は発生します
    • 月額無料で単品レンタルを楽しみたい方におすすめ!
    新規登録する

※1 無料お試し期間中の「新作」レンタルは対象外です。

※2 借り放題はDVD「旧作」、CD「新作・準新作・旧作」が対象です。

ファントム・スレッド