焼肉ドラゴン

焼肉ドラゴンの画像・ジャケット写真
焼肉ドラゴン / 真木よう子
全体の平均評価点:
(5点満点)

1

  • DVD

定額リスト 事前登録OK!

レンタル開始日:2018年12月07日

事前登録いただいた作品は、レンタル開始日以降、「発送確定ルール」に基づき発送がスタートします。

ジャンル:

「焼肉ドラゴン」 の解説・あらすじ・ストーリー

『月はどっちに出ている』の脚本家・鄭義信が初監督を務め、自身の舞台を映画化した感動ドラマ。万国博覧会が催された1970年。関西の地方都市で小さな焼肉店を営む亭主・龍吉と家族たちが、時代の波に翻弄されながらも強く生き抜いていく。

「焼肉ドラゴン」 の作品情報

製作年: 2018年
製作国: 日本

「焼肉ドラゴン」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

焼肉ドラゴンの詳細

  • 近日リリース
収録時間: 字幕: 音声:
126分 日:ドルビーデジタル5.1ch/ドルビーデジタルステレオ
レイティング: 記番: レンタル開始日:
DABR5461 2018年12月07日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
122人 197人

関連作品

ユーザーレビュー:1件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 1件 / 全1件

焼肉ドラゴンネタバレ

投稿日:2018/10/27 レビュアー:片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 泥臭い三丁目の夕日な話。

 戦後に焼肉屋を営んでいる両親とその子どもたちの話で、高度経済成長期に置いてかれた人たちの良い話だとは思いますが、娘さんたちとその恋人たちのエピソードがメインで描かれる割には描かれていない部分が大事だと思える部分が多くて、イマイチ乗り切れない映画でした。

 次女と婚約した男が、長女のことが好きで今も想っているという流れも、どうして次女と婚約するところまでいったのかがこの映画だけではわからず、最初から次女と喧嘩している状態で始まるので、長女とくっつこうが次女とくっつこうがどうでもよかったです。長女のことを好きになる韓国人男性も良い人なのに扱いが可哀そうでした。それでいてお酒を飲みあうシーンもやたらと長いこと映されているのもどういう意味なんだろうとただただ退屈なだけのシーンがあったりしました。次女もいきなりお店にやってきた男性と恋に落ちたりしてどういう気持ちなのかが全くわからなかったです。三女も不倫のすえの略奪愛ですが、相手とその奥さんとの関係が雑に描かれるだけなのでこれも面白みに欠けていたと思いました。

 日本人俳優より両親を演じている韓国人俳優さんの圧倒的存在感がさすがで、日本語で昔話を長台詞で演じるシーンとかはこの映画の見せ場で惹きつけられる名演技だったと思いました。舞台となる家の美術なんかも素晴らしかったです。

 1年間の朝ドラとかで家族と仲間たちを描けば、もっと面白くなりそうな素材で、ずーっと大声で喧嘩していてパワーが凄くてよく疲れないなと感心する人たちの話でした。

このレビューは気に入りましたか? はい 7人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 1件 / 全1件

焼肉ドラゴン

月額課金で借りる

都度課金で借りる