のみとり侍

のみとり侍の画像・ジャケット写真

のみとり侍 / 阿部寛
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。

全体の平均評価点:(5点満点)

28

全体の平均評価点:

予告編を観る

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

ジャンル :

「のみとり侍」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

解説・ストーリー

小松重男の同名短編を「後妻業の女」の鶴橋康夫監督が、主演に阿部寛を迎えて映画化した艶笑人情時代劇。藩主の逆鱗にふれ、“蚤とり”という奇妙な仕事を命じられた生真面目なエリート侍がたどる数奇な運命をユーモラスに綴る。共演は寺島しのぶ、豊川悦司、斎藤工。十代将軍・徳川家治の治世。長岡藩の真面目すぎるエリート藩士・小林寛之進は、ふとしたことから藩主の怒りを買い、江戸の貧乏長屋に左遷され、“蚤とり”というよく分からない商売をすることに。しかし猫の蚤とりは表向きで、実態は女性に愛を届ける“添寝業”だった。そんな寛之進の前に初めての客として現われた女・おみねは、なんと亡き妻・千鶴に瓜二つ。しかしいきなり“下手くそ!”と身もふたもない罵声を浴びてしまう。失意の寛之進は恐妻家の伊達男・清兵衛に教えを乞うのだったが…。 JAN:4988104118318

「のみとり侍」 の作品情報

作品情報

製作年: 2018年
製作国: 日本

「のみとり侍」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

キャスト・スタッフ

関連作品

関連作品

藁の楯 わらのたて

一億の猫

復活の朝

最後の馬券師

ユーザーレビュー:28件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全28件

慣れぬ業界でエロエロ苦労する勤勉でマジメな侍 ネタバレ

投稿日:2018/11/08 レビュアー:なんの因果

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

江戸時代。長岡藩士の寛之進(阿部寛)は、主君の怒りを買い、左遷されて「のみとり屋」になる。
のみとり屋とは、のみを取りますよと表向きの声掛けだが、寂しい女性に愛の奉仕をする添い寝業。
慣れない仕事に戸惑う寛之進は、初めての客おみね(寺島しのぶ)に、
「この下手くそ!」と言われてしまう。ガーーーーーーン。。。
そりゃ、寛之進、侍として武術剣術に励み、学問に精進してきたマジメな男。
まさかのヘタッピ認定ですかー。(カルチャーショックですのぉ。)
だが、タマタマ知り合った小間物問屋のムコ殿、清兵衛(豊川悦司)に、
「拙者に色々教えてはくださらぬか!」と愛のハウツーの指南役を頼む。
経験豊富なトヨエツ先生と勤勉熱心な生徒だもんで、のみとり侍は女性を喜ばせる技を次々と習得。
やりがいを感じ、たちまち上達する寛之進であった。
──ここまで、さすがR15+の、際どい場面ながらユーモラスな場面が続くのであります。
ふんどしエピソードとかトヨエツの股間の「うどん粉」の話、どじょうの場面とかetc。
さて、阿部寛の住む貧乏長屋、隣りに住むのが斉藤工。今回は子供たちに無償で学問を
教える優しい役。優しそうでステキな斉藤工ですが、R15のこの映画にまさかのエロ封印の工ちゃんです。
(勿体ない〜!フェイント扱いなの??)(別の作品になっちゃうから?)
ぶっちゃけ、善良な先生って役だけなら斉藤工の無駄遣いじゃない?
トヨエツの奥さんの前田敦子もなかなか可愛かったと思いますね。着物の、捌き方がきれいでした。

後半、物語は田沼意次政権の失脚により、(田沼はのみとりを暗黙で許可してたのだが)
のみとり屋関係者は拘束され「のこぎり引きの刑」の処分を待つ身となりました。
そこへ登場したのが、寛之進の主君、長岡藩。実は長岡藩には──。
やや唐突な回収のような感じもありましたがね。楽しい作品でした。
ところで、こんな男娼とか言う、ジェンダーが引っ繰り返るようなお話は本当にあったのでしょうか?
さすがに町中で「いらんかねー?」と金魚売りのような事はないと思いますが。江戸中期、魚や風鈴はもちろん、
ザルやボーフラまで行商されてたと聞きます。
で、タイムスリップして江戸まで行って、アベちゃん買うのにいくら必要なのかしら?ワクワク♪

このレビューは気に入りましたか? 12人の会員が気に入ったと投稿しています

「のみとり」のアイディアを生かす、《最高の完成度》

投稿日:2018/12/24 レビュアー:カマンベール

『後妻業の女』でヒットを飛ばした鶴橋康夫監督・脚本作品。

原作・小松重男の3つの短編を鶴橋監督が、自在に再構築して、
その完成度の高さに驚きました。

長岡藩の藩士・小林寛之進(阿部寛)は藩主(松重豊)の機嫌を損ね、
打ち首の代わりに「のみとり」になる様、命じられます。
この「のみとり」が女性相手の「売春」の事なのです。

真面目で馬鹿正直なイメージの阿部寛が「のみとり侍?」
これだけでも仰天なのに、一番客のおみね(寺島しのぶ)に性技で、
「下手くそ!!」と、罵られ、遊び人の商人・清兵衛(豊川悦司)に、
女を喜ばせるテクニックを、伝授(実は覗き見)してもらう事に。

このあたり、R15ではありますが、イヤらしさは微塵も感じませぬ。
豊川悦司の色っぽさ、演技と、しなやかな筋肉を羨望の眼差しで、見ておりました。
「のみとり」の仕事が江戸時代に実際にあったと聞きますから、驚きです。
役者たちが、水を得た魚のようです。
「のみとり」を商う夫婦(風間杜夫と大竹しのぶ)
田沼意次役の桂文枝師匠、松重豊も好演でした。

この映画はもしかしたら、若い観客さんには、案外受けないのかも知れません。

「人情味あふれる江戸庶民」そして「正義感溢れる正直者の寛之進」
お上の方針に右往左往する、小藩の武士たち。
それらを暖かく見守り、大笑いして、落とし所に落とす。
これぞ老人監督(78歳)の手練れの技です。
(リズムがいい、中弛み一切なしです)
『後妻業の女』も面白かったけれど、志の高さでは、この映画の方が
好きですね。

このレビューは気に入りましたか? 10人の会員が気に入ったと投稿しています

エッチな阿部寛は見たくないという私の勝手な感想( 一一)

投稿日:2019/04/05 レビュアー:飛べない魔女

エロいです。
エッチです。
大胆です。
女優さんの脱ぎっぷりといい
男優さんのエロさといい
エッチ満載の江戸絵巻です(;^_^A
家族ではとても見れません。
赤面してしまいます。
お子様も勿論あかんです。(R15+です)

真面目で実直なお侍さんが
知らなかったとはいえ『のみ取り』という職業に回され
女の扱いもその性格通り実直だったため
”へたくそ!”と言われ、傷ついて
その道のプロフェッショナルとも言える商人の指導をうけ
女人たちを喜ばせるテクを身に着けていく様は
面白かったとは思いますよ。
思うのですが、どうにもこうにも
阿部ちゃんがね、あんな風にエロおやじになる役どころは
私は見たくないんです!
いつも爽やかな風が服着て歩いているような阿部寛でいて欲しいのです!
彼には宇宙ロケットの部品作ることに情熱を注ぐ熱血社長か
殺人事件を地道に暴いていく刑事でいて欲しいのです。
すみません、私のまことに勝手な見解です。

なお、寺島しのぶさんは40歳半ばでもまだ脱げる!凄い!
だから彼女、ひっぱりだこなん?

余談:
昔昔、そのまた昔、私は阿部ちゃんとエレベーターに閉じ込められた夢をみた。
その設定が、二人ともスパイで敵に追い詰められて閉じ込められて、最後だからお互いの気持ちを告白しあって。。というような自己中心的な夢でした(笑)
だからその夢を見て以来、なんだか他人とは思えなくて(笑)←アホ(;^_^A

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

なんと啼く

投稿日:2020/01/08 レビュアー:ビンス

なんとなくシリアスで
なんとなくコメディで
なんとなくお色気で
なんとなくいい話で
なんとなく泣かせたいのかしら
こんなボヤっとした物語で
さて、我が心よ
なんと啼く・・・・・
何を感じて
なんと啼く・・・・・

阿部ちゃんはいつものように
笑わせようとしてないのに笑われる
そんな得意なキャラを演じてるし
そうありたかったのでしょうが
このジャケット以上のインパクトは残せていません。
ラブシーンも似合ってないかな
寺島さんには
なんとなくどころか
全く色気を感じないので
こういう役だとちょっとツラい
脱げる大物女優だからの起用なのだろうか
トヨエツは
なんとなく・・・おまけしすぎた
ちゃんと、スベってる(笑)
しかし、それを物ともしないような不動感があるのも事実。
チャラチャラ感出しつつなのに
これは匠のなせる技なのか

知識としては
蚤とりという職業が
ネコの蚤を取るという仕事以外に
こういう役目もあるのだなということに驚きました。

セリフが聞き取りづらい部分があり
事の顛末がきちんとわかりにくい部分もありましたが
なんとなくなんだから、まあいいか

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

下品

投稿日:2018/12/07 レビュアー:あんちゃん

ひどかった…
豊悦だけが見所だった。
某有名女優は、似合わないのに濡れ場をするので
痛々しく不快になる。なぜ起用されるのか分からない。

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全28件

のみとり侍

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:28件

慣れぬ業界でエロエロ苦労する勤勉でマジメな侍

投稿日

2018/11/08

レビュアー

なんの因果

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

江戸時代。長岡藩士の寛之進(阿部寛)は、主君の怒りを買い、左遷されて「のみとり屋」になる。
のみとり屋とは、のみを取りますよと表向きの声掛けだが、寂しい女性に愛の奉仕をする添い寝業。
慣れない仕事に戸惑う寛之進は、初めての客おみね(寺島しのぶ)に、
「この下手くそ!」と言われてしまう。ガーーーーーーン。。。
そりゃ、寛之進、侍として武術剣術に励み、学問に精進してきたマジメな男。
まさかのヘタッピ認定ですかー。(カルチャーショックですのぉ。)
だが、タマタマ知り合った小間物問屋のムコ殿、清兵衛(豊川悦司)に、
「拙者に色々教えてはくださらぬか!」と愛のハウツーの指南役を頼む。
経験豊富なトヨエツ先生と勤勉熱心な生徒だもんで、のみとり侍は女性を喜ばせる技を次々と習得。
やりがいを感じ、たちまち上達する寛之進であった。
──ここまで、さすがR15+の、際どい場面ながらユーモラスな場面が続くのであります。
ふんどしエピソードとかトヨエツの股間の「うどん粉」の話、どじょうの場面とかetc。
さて、阿部寛の住む貧乏長屋、隣りに住むのが斉藤工。今回は子供たちに無償で学問を
教える優しい役。優しそうでステキな斉藤工ですが、R15のこの映画にまさかのエロ封印の工ちゃんです。
(勿体ない〜!フェイント扱いなの??)(別の作品になっちゃうから?)
ぶっちゃけ、善良な先生って役だけなら斉藤工の無駄遣いじゃない?
トヨエツの奥さんの前田敦子もなかなか可愛かったと思いますね。着物の、捌き方がきれいでした。

後半、物語は田沼意次政権の失脚により、(田沼はのみとりを暗黙で許可してたのだが)
のみとり屋関係者は拘束され「のこぎり引きの刑」の処分を待つ身となりました。
そこへ登場したのが、寛之進の主君、長岡藩。実は長岡藩には──。
やや唐突な回収のような感じもありましたがね。楽しい作品でした。
ところで、こんな男娼とか言う、ジェンダーが引っ繰り返るようなお話は本当にあったのでしょうか?
さすがに町中で「いらんかねー?」と金魚売りのような事はないと思いますが。江戸中期、魚や風鈴はもちろん、
ザルやボーフラまで行商されてたと聞きます。
で、タイムスリップして江戸まで行って、アベちゃん買うのにいくら必要なのかしら?ワクワク♪

「のみとり」のアイディアを生かす、《最高の完成度》

投稿日

2018/12/24

レビュアー

カマンベール

『後妻業の女』でヒットを飛ばした鶴橋康夫監督・脚本作品。

原作・小松重男の3つの短編を鶴橋監督が、自在に再構築して、
その完成度の高さに驚きました。

長岡藩の藩士・小林寛之進(阿部寛)は藩主(松重豊)の機嫌を損ね、
打ち首の代わりに「のみとり」になる様、命じられます。
この「のみとり」が女性相手の「売春」の事なのです。

真面目で馬鹿正直なイメージの阿部寛が「のみとり侍?」
これだけでも仰天なのに、一番客のおみね(寺島しのぶ)に性技で、
「下手くそ!!」と、罵られ、遊び人の商人・清兵衛(豊川悦司)に、
女を喜ばせるテクニックを、伝授(実は覗き見)してもらう事に。

このあたり、R15ではありますが、イヤらしさは微塵も感じませぬ。
豊川悦司の色っぽさ、演技と、しなやかな筋肉を羨望の眼差しで、見ておりました。
「のみとり」の仕事が江戸時代に実際にあったと聞きますから、驚きです。
役者たちが、水を得た魚のようです。
「のみとり」を商う夫婦(風間杜夫と大竹しのぶ)
田沼意次役の桂文枝師匠、松重豊も好演でした。

この映画はもしかしたら、若い観客さんには、案外受けないのかも知れません。

「人情味あふれる江戸庶民」そして「正義感溢れる正直者の寛之進」
お上の方針に右往左往する、小藩の武士たち。
それらを暖かく見守り、大笑いして、落とし所に落とす。
これぞ老人監督(78歳)の手練れの技です。
(リズムがいい、中弛み一切なしです)
『後妻業の女』も面白かったけれど、志の高さでは、この映画の方が
好きですね。

エッチな阿部寛は見たくないという私の勝手な感想( 一一)

投稿日

2019/04/05

レビュアー

飛べない魔女

エロいです。
エッチです。
大胆です。
女優さんの脱ぎっぷりといい
男優さんのエロさといい
エッチ満載の江戸絵巻です(;^_^A
家族ではとても見れません。
赤面してしまいます。
お子様も勿論あかんです。(R15+です)

真面目で実直なお侍さんが
知らなかったとはいえ『のみ取り』という職業に回され
女の扱いもその性格通り実直だったため
”へたくそ!”と言われ、傷ついて
その道のプロフェッショナルとも言える商人の指導をうけ
女人たちを喜ばせるテクを身に着けていく様は
面白かったとは思いますよ。
思うのですが、どうにもこうにも
阿部ちゃんがね、あんな風にエロおやじになる役どころは
私は見たくないんです!
いつも爽やかな風が服着て歩いているような阿部寛でいて欲しいのです!
彼には宇宙ロケットの部品作ることに情熱を注ぐ熱血社長か
殺人事件を地道に暴いていく刑事でいて欲しいのです。
すみません、私のまことに勝手な見解です。

なお、寺島しのぶさんは40歳半ばでもまだ脱げる!凄い!
だから彼女、ひっぱりだこなん?

余談:
昔昔、そのまた昔、私は阿部ちゃんとエレベーターに閉じ込められた夢をみた。
その設定が、二人ともスパイで敵に追い詰められて閉じ込められて、最後だからお互いの気持ちを告白しあって。。というような自己中心的な夢でした(笑)
だからその夢を見て以来、なんだか他人とは思えなくて(笑)←アホ(;^_^A

なんと啼く

投稿日

2020/01/08

レビュアー

ビンス

なんとなくシリアスで
なんとなくコメディで
なんとなくお色気で
なんとなくいい話で
なんとなく泣かせたいのかしら
こんなボヤっとした物語で
さて、我が心よ
なんと啼く・・・・・
何を感じて
なんと啼く・・・・・

阿部ちゃんはいつものように
笑わせようとしてないのに笑われる
そんな得意なキャラを演じてるし
そうありたかったのでしょうが
このジャケット以上のインパクトは残せていません。
ラブシーンも似合ってないかな
寺島さんには
なんとなくどころか
全く色気を感じないので
こういう役だとちょっとツラい
脱げる大物女優だからの起用なのだろうか
トヨエツは
なんとなく・・・おまけしすぎた
ちゃんと、スベってる(笑)
しかし、それを物ともしないような不動感があるのも事実。
チャラチャラ感出しつつなのに
これは匠のなせる技なのか

知識としては
蚤とりという職業が
ネコの蚤を取るという仕事以外に
こういう役目もあるのだなということに驚きました。

セリフが聞き取りづらい部分があり
事の顛末がきちんとわかりにくい部分もありましたが
なんとなくなんだから、まあいいか

下品

投稿日

2018/12/07

レビュアー

あんちゃん

ひどかった…
豊悦だけが見所だった。
某有名女優は、似合わないのに濡れ場をするので
痛々しく不快になる。なぜ起用されるのか分からない。

1〜 5件 / 全28件