No.80 RANKING

アンセイン 〜狂気の真実〜

アンセイン 〜狂気の真実〜の画像・ジャケット写真
アンセイン 〜狂気の真実〜 / クレア・フォイ
全体の平均評価点:
(5点満点)

8

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「アンセイン 〜狂気の真実〜」 の解説・あらすじ・ストーリー

「オーシャンズ」シリーズのスティーブン・ソダーバーグ監督によるサイコサスペンス。ストーカーのデヴィッドに付きまとわれ、引っ越したソーヤー。ある日、精神的に追い詰められた彼女はカウンセリング施設に行くが、強制的に入院させられてしまい…。※一般告知解禁日:9月26日

「アンセイン 〜狂気の真実〜」 の作品情報

製作年: 2018年
製作国: アメリカ
原題: UNSANE

「アンセイン 〜狂気の真実〜」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

アンセイン 〜狂気の真実〜の詳細

  • 新作
収録時間: 字幕: 音声:
98分 日・英 英:ドルビーデジタル5.1ch、日:ドルビーデジタル5.1ch
レイティング: 記番: レンタル開始日:
FXBR86862 2018年11月07日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
516枚 30人 38人

【Blu-ray】アンセイン 〜狂気の真実〜(ブルーレイ)の詳細

  • 新作
収録時間: 字幕: 音声:
98分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
FXXR86862 2018年11月07日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
89枚 15人 25人

関連作品

ユーザーレビュー:8件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全8件

狂気か?妄想か?

投稿日:2018/10/17 レビュアー:カマンベール

2018年(アメリカ)スティーヴン・ソダーバーグ監督作品。

引退を撤回して『ローガン・ラッキー』というコメディ映画を、
撮ったと思ったら、たった150万ドルの予算で、全編iPhoneで撮影した
インディーズ系みたいな映画を撮りました。

サイコ・ホラーです。
精神病院に不当に監禁され、さらにとストーカーに追い詰められる女性の話しです。

主人公のソーヤ(クレア・フォイ)は、キャリア・ウーマンですが、
ストーカーから逃げて引っ越して来た女性です。

またもやストカーの影を感じたソーヤーは、これはもしかして自分の妄想なのではあるまいか?
そう疑ったソーヤーは精神科にカウンセラーを受けに行きます。
すると突然の拘禁に・・・。
驚いたソーヤーが抵抗すればするほど、監禁日数は増えて行きます。
暴れたため危険とみなされ、両手、両足を拘束される。
そして現れるストーカー男のディヴィッド。

ディヴィッドに仕組まれて鎮静剤を過剰投与され、暴力化するソーヤーのシーンは怖かった。
精神異常者は簡単に作成出来ちゃうんですね。

ソーヤーも必死に抵抗するくじけない女です。
しぶといところが良かったです。

マット・デイモンが刑事役で特別出演しています。
iPhoneで撮影したと思えない映像。
iPhone恐るべしですね。

このレビューは気に入りましたか? はい 8人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

この先どうなる?どうなる?で引っ張られるネタバレ

投稿日:2018/11/26 レビュアー:ポッシュ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

面白いです。
言いたい事はラヴァースさんがほとんど書かれているのですが、自分も少しだけ感想を。

アイフォンの画面はなんとなく落ち着かないですね。狭いところから見てる感じ?
広角レンズのショットが多くて画面がゆがむから妙な圧迫感がある。
で、これが主人公の“不安”や“恐怖”に呼応しているという訳ですね。

ストーカーに怯えるヒロインが、メンタルヘルス的に不安になって精神病院に相談に行ったら
強制入院させられてしまった、という恐怖譚。
突然の狂人扱いにパニくって余計に事態を悪化させる主人公。
院内にストーカー男が現れちゃうし、強引なやり口の病院も怪しいしで、前門の虎後門の狼みたいな状態。
さぁ、この危機からどう脱するか?って話・・・って事で良いとは思うのですが・・・。
と、歯切れが悪いのは、話の方向性がずーっとフラフラしてて見極めにくかったから。
ヒロインの精神が崩壊していく心理劇なのか、ストーカーのサイコぶりを描くホラーなのか、
はたまた病院の陰謀が暴かれる社会派スリラーに転じるのか・・・。

観終わっても、なんだか全部がゴチャゴチャしてたなーという徒労感が・・・(苦笑)。
でも、そんな訳の分からなさも含めて、この先どうなる?どうなる?で最後まで興味を引っ張られました。
ヒロインの性格の悪さも面白かった。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

枕の下の秘密

投稿日:2018/11/25 レビュアー:裸足のラヴァース 2.0

ローガンラッキーの意外な評判の良さで 久にソダーバーグ サイコな
めまいな模様がと思うと 指紋マークの会社ね 全篇アイフォンで撮られて
いるとの今時作品 僕は映画の古典的ルックの形式美を持った作品を
断固として愛しますが この種の実験は演出と内容に見合えば肯定します
映画の進化は止められないしね アイフォン画質の一時代だけのあっけ
ない記録が 映画の記憶として残るのも悪くないのよね

なんか 最初からよくわかんねえ話なんだけど ソダーバーグの演出は
何かいつも居心地が悪いよね つうか収まりの悪い演出なんだよね
ストーカーが主人公の妄想と思いきや ありゃ本当にいると しかも詐欺
で入院させられた精神病院に紛れ込んで来たと どこに話の落とし所が
あんのかよくわからん 妙な癖があって早送りには一応ならない
しかしアイフォンのルックには飽きてくるね

ストーカーと病院の法処理問題の煩わしさ この二つのプロットが主人公
の精神を蝕んでいく まとい付く恐怖には このルックと演出はまあまあ
合ってはいるかな そしてラストは明らかに 黒沢清のキュアーまんまで
星は甘くなるね

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

何を描きたいのか脚本をしっかりつくりあげて欲しい

投稿日:2018/12/04 レビュアー:KA

映画の進行がぶつ切りで、内容自体も何回も投薬の場面があったり、ソーヤとネイトやソーヤとジョージ・ショーの変化のない長たらしいシーンの連続。ソーヤが拘禁されるシ−ンかただただ、緊張感のないだらっとしたシーンの繰り返し。「全編iPhoneで撮影した」なんて試みは、何を描きたいのか脚本をしっかりつくりあげてから考えて欲しい。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

見ていて気分の良い映画ではない

投稿日:2018/11/14 レビュアー:だいこんさん

カウンセリングに行っただけなのにあれよあれよという間に入院させられて、しかもなぜかストーカーがいるという地獄。
気分が滅入る入院生活。見てられない。
エンディングもなかなか衝撃。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全8件

アンセイン 〜狂気の真実〜