素敵なダイナマイトスキャンダル

素敵なダイナマイトスキャンダルの画像・ジャケット写真
素敵なダイナマイトスキャンダル / 柄本佑
全体の平均評価点:
(5点満点)

2

  • DVD
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「素敵なダイナマイトスキャンダル」 の解説・あらすじ・ストーリー

「ニューセルフ」「写真時代」を生んだ伝説的編集者・末井昭の自伝を映画化した青春コメディ。岡山の田舎町で少年時代を過ごした末井。肺結核を患い、医者に見放された彼の母親は隣の若い男と抱き合い、ダイナマイトに火をつけ、爆死してしまう。※R15+

「素敵なダイナマイトスキャンダル」 の作品情報

製作年: 2018年
製作国: 日本

「素敵なダイナマイトスキャンダル」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

監督: 冨永昌敬
出演: 柄本佑前田敦子三浦透子峯田和伸

素敵なダイナマイトスキャンダルの詳細

  • 準新作
収録時間: 字幕: 音声:
138分 日:ドルビーデジタル5.1ch/ドルビーデジタルステレオ
レイティング: 記番: レンタル開始日:
R-15 BCDR3627 2018年11月09日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
249枚 3人 5人

関連作品

ユーザーレビュー:2件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 2件 / 全2件

伝説の「エロ雑誌」編集長

投稿日:2018/12/09 レビュアー:カマンベール

昭和末期(1977~1988)頃に、伝説のエロ雑誌『ウィークエンド・スーパー』「写真時代』を編集した《末井昭》の半生を描いている。

エロ写真グラビアと一緒に、糸井重里、南伸坊、岡崎京子、横尾忠則・・・などのその時代の先頭を切る豪華な執筆陣。
エロと硬派な論文が混ぜこぜになっていたのか?

写真家の荒木経惟(通称アラーキー)が、カメラマンの筆頭なんだから、いかに過激なのかは、伺える。

卑猥で猥雑、混沌としているのに、主人公の末井は、どこか茫洋とした
空気感を漂わせユーモラス。

だいたい題名の「素敵なダイナマイトスキャンダル」の意味は、
末井のお母さんが、末井7歳の時に、《ダイナマイト自殺》したという
驚くべき生い立ちから、来ているのだ。
母親役の尾野真千子が実にいい。
実に美しく、逞しく鮮烈!
この死に方、トラウマにならない訳がない。

母親の死に方をジョークにして笑っているのか?泣いているのか?

『写真時代』はあまりに過激な性描写から、遂には警察に目を付けられ、「発禁・廃刊」の道を辿る。
出て来る男たちのメガネが汚く曇っているのが、実に可笑しい。
警察官の松重豊の軽妙な存在感が秀逸。

昭和末期の空気感を、存分に楽しみました。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

もし陛下に何かあった場合

投稿日:2018/12/27 レビュアー:裸足のラヴァース 2.0

奇矯 変てこで エゴな作家主義のシネアストと ずっと見られていた
冨永を 処女作から それこそずっと擁護して来た者としては 商業作品
として立派な今作を 「寝ても覚めても」と並んで邦画ナンバー1に
躊躇なく推します

写真時代 1984年 地方都市なのか 60年代の様に猥雑 時は直ぐに1967年
工場時代へと遡行する そしてその前には 戦後10年のダイナマイト心中
母の爆発だあ! 明らかに歴史意識の導入 同じくソフィアコッポラの
ヴィガイルドのように暗い暗いルックを採用している 若手の名手月永
雄太の撮影 照明は田巻源太 山本タカアキの音響が いささか過剰に
冨永の要請に応えている

いくらかありきたりな戦後史を辿る物語を 暗く強烈なルックと一見
普通に見えてしまう語り方で描くのが いささかも商業主義に実は妥協
していないそれが 冨永の実験性であり それはnetflixでのアルフォンス
キュアロンのROMAにおけるイタリアンネオリアリズムの実験と相通
じる物があるはずだ

政治闘争からエロに行くのも 同じくデザイン編集からエロへ行く者も
いや いたねえこの時代の青春を生きた者としては スタッフよりよく
わかるよ さて内容に関しては その上映時間が長い事も実験の内なので
あえて言及するのは面倒でやんないよ それで変な演出は随所にあって
何故 男達は 包帯 絆創膏だらけなのだろうかw 愛人の女の子が抜群に
良いのだが この喫茶店の逢瀬は どう演出しているのだろうか ある意味
この映画の白眉のとこね 柄本君は佐野史郎だしい カラフォニアドリミン
ポカリスエットは 当時あったのかよ

一見普通の映画に見えながら 昭和回想録映画の冨永的脱構築は我慢
仕切れずに 後半の30分は まさに逸脱 爆発の程で 冨永の面目躍如
さて 冨永を馬鹿にしてた諸君も 今作で彼の才能豊かである事ははっきり
したのじゃないかな いや やっぱわからんてえ 駄目だ君は!

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 2件 / 全2件

素敵なダイナマイトスキャンダル

月額課金で借りる

都度課金で借りる