The Beguiled ビガイルド 欲望のめざめ

The Beguiled ビガイルド 欲望のめざめの画像・ジャケット写真
The Beguiled ビガイルド 欲望のめざめ / ニコール・キッドマン
全体の平均評価点:
(5点満点)

13

  • DVD
ジャンル:

「The Beguiled ビガイルド 欲望のめざめ」 の解説・あらすじ・ストーリー

ニコール・キッドマン、キルスティン・ダンストら豪華キャスト陣共演によるスリラー。南北戦争が暗い影を落としていた1864年。女子寄宿学園に通うエイミーは、傷を負った北軍兵士・マクバニーを発見し、手当てをするため学園へ連れ帰ることに…。

「The Beguiled ビガイルド 欲望のめざめ」 の作品情報

製作年: 2017年
製作国: アメリカ
原題: THE BEGUILED

「The Beguiled ビガイルド 欲望のめざめ」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

The Beguiled ビガイルド 欲望のめざめの詳細

  • まだまだ話題作
収録時間: 字幕: 音声:
93分 英:ドルビーデジタル5.1ch、日:ドルビーデジタルステレオ
レイティング: 記番: レンタル開始日:
TCED4200 2018年11月09日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
23枚 6人 2人

関連作品

ユーザーレビュー:13件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全13件

カンヌはソフィア贔屓

投稿日:2018/11/20 レビュアー:アクアマリン

見比べてみたくて「白い肌の異常な夜」もレンタルしました。クリントイーストウッドが原作小説を気に入って盟友ドンシーゲル監督に企画を持ち込んだとのこと。マクバニー伍長と学園の女性たちの関係や学園の女性どうしの関係が生々しく描かれています。とてもドロドロしています。「ビガイルド」はドロドロした醜いものを極力そぎ落として、ストーリーも映像も美しくつくられています。同じ原作をもとにしても雰囲気はだいぶ違うなあと思いました。わたしは「白い肌の異常な夜」のほうが好きです。

このレビューは気に入りましたか? はい 7人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

微妙な映画・・・

投稿日:2018/11/16 レビュアー:カマンベール

ソフィア・コッポラ監督が、1971年の「白い肌の異常な夜」を
リメイクした作品。

この映画って、誰(男性?女性?)が喜ぶ映画なのか、首を傾げてしまいました。

まず題名が悪い。
副題の「欲望の目覚め」・・なんか安っぽいアダルト映画みたいです。
でもそういうポルノっぽい映画ではない。
「ビガイルド」という聞き慣れない語感の悪い英語題名。
騙す人・・とか、気を紛らわせる人とか・・魅了する人を意味するらしい。
分かりにくい!!それは北軍の兵士マクバニー(コリン・ファレル)を指しているのか?

画面も暗い。内容も暗い。

綺麗な女優たち(ニコール・キッドマン、キルスティン・ダンスト、
エル・ファニング)も、狂っていく・・・とポスターにあるほどの
インパクトはない。

ソフィア・コッポラ監督自身が、オリジナルのドン・シーゲル監督作のクリント・イーストウッドに、子供の頃「萌え」したんじゃないか?
なんて思ってしまいました。

正直言って、期待した程、面白くなかったです。

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

女の園に潜む《エロス+嫉妬+残酷》

投稿日:2018/09/30 レビュアー:カマンベール

2017年。ソフィア・コップラ監督最新作。

美しくて残酷な映画です。
けれど、それほどの傑作とは思いません。

1971年。ドン・シーゲル監督。主演、クリント・イーストウッドの、
『白い肌の異常な夜』のリメイク作品です。

南北戦争末期のバージニア州の森にある男子禁制の女子寄宿学園。
敬虔な園長マーサ(ニコール・キッドマン)と教師のエドウィナ(キリステイン・ダンスト)と5人の生徒が暮らしていた。

森でエイミーが大怪我した北軍の兵士マクバニー(コリン・ファレル)を
発見して学園に連れて帰ります。

男性に免疫のない乙女たちそして教師も園長も、マクバニーに好意を
持つのです。

美しい女性7人に興味津々で迫られて満更でないマクバニー。
彼の八方美人ぶりが、女達の競争心や嫉妬、優劣の差を
痛く刺激してしまうのです。
映画は凄く残酷な進展をして行きます。
女達の心を弄ぶ結果となるマクバニーの行動。
それはやがて、女の園にあるまじきホラーな展開に・・・。

女性7人の白いレース飾りの衣装が美しい。
お祈りに讃美歌に器楽合奏。
2度の会食のシーン。
1度目は歓迎の夕食会。
そして2度目は・・・恐ろしいマクバニーへの仕返し。

ニコール・キッドマンの美しさは、若い女優達を凌ぐほどです。
エル・ファニングの無意識に男に媚びる魅力、抜群です。

惜しいのは北軍の兵士マクバニーを演じるコリン・ファレルが、
OLD(年寄り)でフェロモンが乏しいこと。
女達が彼に狂って行く説得力に乏しいです。

その点オリジナルのクリント・イーストウッドの煌めくほどの美しさ。
狡猾さフェロモンの足元にも及びません(私の好みなので・・・)

ソフィア・コッポラ監督ほどの人が、この題材を映画化した気持ちが分かりません。
もっと新鮮な材料で堂々と新作を撮って頂きたかったです。

カンヌ国際映画祭で監督賞を受賞したそうです。

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

南部のレディたちを手玉に取るつもりの北軍兵だったが…

投稿日:2018/12/07 レビュアー:コタロウ(!)

1864年、南北戦争中のバージニア州。
上流家庭の子女を対象にした女子学園が舞台。
生徒・エイミーが、負傷した北軍兵・ジョン・マクバーニーを発見し、学園に連れ帰る。
まだ幼いエイミーや思春期の生徒たちはもちろん、毅然とした学園長・マーサ、
穏やかな教師・エドウィナですら、男を見て平常心ではいられない。

ジョンは、自然や小動物を愛するエイミーには「小鳥や自然が好きだ」と言い、
学園長であるマーサには礼儀正しく真面目な態度で接するなど、女性たちそれぞれに
気に入られるよう振る舞い、彼女たちの心を掴む。
しかし、ジョンは奔放な女生徒アリシアとベッドにいる現場を、エドウィナに見られてしまい…

トーマス・カリナン原作「ザ・ビガイルド」を映画化。
原作で存在感ある登場人物だった黒人メイド、黒人奴隷と白人の間に生まれた女生徒が削られたため、
豹変したジョンと女性たちの攻防のみに焦点があたっていました。
本作は面白かったけど、こういう所を端折ると深みはなくなりますよね…
でも「女たちの魔性が…」的な下世話な雰囲気がなく、品格があって良かったです。

マーサ曰く「育ちが違う」エドウィナのやるせなさは、原作にはないもので映画ならではの楽しみ。
The Beguiled…「欺かれた者」は誰なのでしょうか…
南軍の歌「ロレーナ」が物悲しく響く作品。
南部には、敗北が待っている…

スパニッシュ・モスが絡む並木道、洗濯ものを干す少女たち、一見平和そうに見える景色だが、
そこにはかすかに砲弾の音が響き、硝煙も漂っている。
戦争がすぐそこで行われているのに、学園だけは平穏で、異空間のようでした!

普段着から晩餐用まで、女優達が身に着ける衣装がキレイ。
カーテシーって言うんですか、足を後ろに引いて挨拶するとか、気取って椅子に腰かけるとか、
南部のレディです!って所作が可愛い。

自然好きのエイミーを演じたウーナ・ローレンスが好演。
原作の登場人物(原作ではアメリア)そのままで、優しく愛らしい雰囲気が良く出ていました。

ジョンを誘惑する奔放なアリシア(エル・ファニング)が、豹変した彼に脅されるシーンは
「おっさん、子どもに何すんだよー…」と可哀相になってしまった…
ちなみに原作のジョンは、21歳の若者です。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

「白い肌の異常な夜」との観比べ

投稿日:2020/02/03 レビュアー:kazupon

監督:ソフィア・コッポラ(2017年・米・93分)
原題:THE BEGUILED

本作は、1971年・ドン・シーゲル監督の「白い肌の異常な夜」のリメイクです。
同じ原作小説を映画化するに当たって、男性監督と女性監督とでは、視点や描き方にどのような違いがあるのか?
興味を持って観比べました。
「白い肌〜」と「〜欲望のめざめ」のジャケット写真を比べてみると、ずいぶん受ける印象が違います。
以前、「白い肌〜」のレビューで、あるレビュアーさんに教えていただいたのは、原作と映画はまったくの“別物”であるということでした。
そもそも、原作には「エドウィナ」という女性は登場せず、映画用のキャラクターだそうですから、ソフィア・コッポラは原作小説よりも「白い肌〜」を意識して撮ったのでしょう。
さて、両者を観くらべた感想ですが、ストーリー展開はほぼ同じ。
ただ、S・コッポラ版は、どこまでも女性目線。
女子寄宿学校の女性たちの側から描いています。
怪我をして倒れている所を保護された北軍伍長マクバニーは、女学校の平穏な日常を掻き乱します。
マクバニーの存在は、女学校の校長や教師、生徒たちの女心を刺激します。
明らかにマクバニーを意識してアクセサリーを付けたり、夕食時のドレスなど、教師のエドウィナは肩が出ているドレスを着て、校長にショールで肩を隠すように注意されます。
肩を出すのもマクバニーを意識してのこと。
ショールで隠すように言うのも、やはり嫉妬半分の注意で、如何にも女性目線の描写ではないでしょうか。
女性たちが着飾った姿は優雅で美しく、彼女たちの髪型やドレスの色やデザインなど、もっとよく観たかったのですが、ロウソクの灯の下ではハッキリ見えなかったのが残念です。
マクバニーの方はと言えば、ハーレム状態に気を良くし、女性たちに甘い言葉を囁き始めます。
そして、いよいよ迎えるクライマックス。
マクバニーの不実な行為が、彼(の運命)を奈落に突き落とします。
ドン・シーゲル版の記憶が鮮明で、これから起きることを予想しながら観ていたのですが、ディスクの傷のせいか、アリシアの部屋で起きたことの場面が飛んでしまって観られませんでした。
気が付けば、マクバニーは階下に転げ落ちて、片脚を失う運命。
そして、もっと悪い展開になっていきます。
しかし、「欲望のめざめ」というサブタイトルを使うほどのドロドロはなく、深みもなく、淡白な味わいでした。
南北戦争が背景にあり、遠くで砲弾の音が聞こえ、煙が見えたりしますが、南部の抱える奴隷の問題など欠片も出て来ませんでした。
観比べの結果、私は「白い肌の異常な夜」の方が面白かったです。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全13件

The Beguiled ビガイルド 欲望のめざめ

月額課金で借りる

都度課金で借りる