ホース・ソルジャー

ホース・ソルジャーの画像・ジャケット写真
ホース・ソルジャー / クリス・ヘムズワース
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)

17

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「ホース・ソルジャー」 の解説・あらすじ・ストーリー

「アベンジャーズ」シリーズのクリス・ヘムズワース主演による戦争アクション。2001年9月11日の翌日、ミッチ・ネルソン大尉は対テロ戦争の最前線部隊に志願し、特殊作戦の隊長に任命される。彼らはわずか12人でアフガニスタンに乗り込むが…。

「ホース・ソルジャー」 の作品情報

製作年: 2017年
製作国: アメリカ
原題: 12 STRONG

「ホース・ソルジャー」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

ホース・ソルジャーの詳細

  • 準新作
収録時間: 字幕: 音声:
130分 日・日(大字幕)・吹 英:ドルビーデジタル5.1ch、日:ドルビーデジタル5.1ch
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PG-12 PCBE75940 2018年10月03日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
1,484枚 28人 36人

【Blu-ray】ホース・ソルジャー(ブルーレイ)の詳細

  • 準新作
収録時間: 字幕: 音声:
130分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PG-12 PCXE70850 2018年10月03日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
549枚 13人 25人

関連作品

ユーザーレビュー:17件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全17件

ホース・ソルジャーネタバレ

投稿日:2018/10/13 レビュアー:片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 「リメンバー911」とタリバンに反撃するアメリカ人たちの話。

 今どき珍しいくらい正々堂々とアメリカ軍の勇猛果敢さ正しさをこれでもかと描いてくれて突き抜けていて爽やかさすら感じる映画でした

 911から始まってすぐに反撃だ! と主人公たちがアフガニスタンで反タリバン勢力と協力して空爆のために目的地に近づいて座標を教えるミッションが展開されていきます。小隊ものとしてA地点で空爆戦いがあり、B地点で空爆戦いがあり。俯瞰で空爆を映すのとか迫力あってよかったです。クライマックスとかも多連装式のロケットランチャーが飛び交う中、馬で戦場をかけるとかの映像もあまり見たことないもので馬の疾走感と爆破が起こる戦場という映像がフレッシュでよかったです。

 ただ主人公たちの部隊が12人いるらしいですが、メインどころ3,4人しかわからず、誰が誰だかわからないのとかアクション映画として盛り上がるポイントがなかったです。誰が戦ってやられているのかとか判断がつかないのでカタルシスが少なかったです。しかも彼らだけ特に傷つかずに普通に生還するのも、めちゃくちゃドンパチしているのに特にダメージがないというのもエンタメアクション映画としてはポイントが低かったです。それに敵がどれだけいて、どれだけの装備で味方の作戦はこういうもので、だから勝った負けたというロジックがないため、ただドンパチ撃って結果勝った負けたみたいなことの繰り返しなので、いくら迫力ある戦闘シーンになってもそこまで熱くなるものではないのが戦争アクション映画として残念な1本でした。

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

話盛りすぎだろーww

投稿日:2018/10/05 レビュアー:QWERTY

野営地とかで、おじさんたちがふれあいトークしている時間が
合計1時間くらいあるので結構スローな映画だった。

実話ベースらしいけど
終盤の「ランボー3」みたいな戦いは絶対ホラ話やww
前半の、北部同盟の兵士を弾除けにして
自分たちは安全なところから爆弾の誘導だけ
ていう部分が本当だと思うww

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

アフガンの山岳地帯で死闘・・12人のホースソルジャー!!

投稿日:2018/09/26 レビュアー:カマンベール

2018年(アメリカ)製作ジェリー・ブラッカイマー

9・11(アメリカ同時多発テロ)の直後に、アメリカが行った反撃の実話。

たった12名のグリーンベレーが、アフガンの山岳地帯で、
5万人のタリバンと騎乗兵(ホースソルジャー)として戦って勝利を収めた22日間が描かれている。

隊長を勤めたミッチ・ネルソン大尉(クリス・ヘムズワース)は、
9・11の翌日、最前線部隊を志願する。

タリバン制圧の表舞台に立つのは、反対派のドスタム将軍。
彼の隠れ蓑のように、後ろに隠れて、タリバンの拠点マザーシャリーフを落とすのだ。

険しい山道を馬に乗るだけでも、大変なのに、片手に機関銃を持ち、
駆けながら銃撃する姿は迫力満点。

しかし結局は【空爆】で敵を、やっつけるのだ。
ミッチ・ネルソンは敵の位置の正確な座標を伝えるのが、
最も重要な任務だった。

(これは現地に赴き、敵の目前まで迫らなければ、出来ない事だ。)
ミッチ・ネルソンは実に頭が良い。

もちろん実戦場面も多い。12名のホースソルジャーは実に勇敢だ。

この映画で、素直に感動した・・・と言えないのは、
9・11から17年経た今も、アメリカはアフガニスタンに平和をもたらすことは出来ず、今だに戦闘は終わっていないことだ。

「ホースソルジャー」の活躍でアフガニスタンの戦闘が終結して、
アフガニスタンの人々に真の平和が訪れたのだったなら、どんなに良かっただろう。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

命知らずな男たちに敬意を表したい

投稿日:2018/10/11 レビュアー:飛べない魔女

命を落とすかもしれない危険を承知で
戦いに挑む男たち。
最前線に送られることを、自分たちが一番乗りだ!と大喜びする彼ら。
戦争中毒かもしれないけど
ほんとに命知らずの勇敢な男たちだ。

誰のために戦うのか?
テロで犠牲になった人たちのため?
祖国の名誉のため?
自分の命を危険にさらしても守りたいもののため
突き進む男たちに心から敬意を表したい。

でもこれがアメリカの正義と思ってはいけない、とも思う。
これは9.11の報復行為なのだから。
やっていることは結果テロリストたちと何が違うのだろう?
本当の正義は誰の血も流すことなく
誰も犠牲者を出すことなく
話し合いで解決すること。
そんな理想論は絵空事だよ、と人は言うだろう。
でも、もう戦いはやめにしてほしい。
憎しみの連鎖はやめにしてほしい。
心からそう思う。
自分の息子や娘が戦いで命を落とすことを名誉だなんて考える母親は
もはや、この世にはいないのだから。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

12 STRONG

投稿日:2018/10/08 レビュアー:Goose

主人公の大尉はそれなりに経験あるようだけど戦場で敵を殺したことがないという。グリーンベレーの任務は多岐にわたるので、優秀な成績を残し若くして隊長となった主人公なんだろう。
それに対して部下の隊員達は年上もいるし歴戦の兵でベテラン揃い。マイケル・シャノンなんてドスタム将軍に人を殺した目だと言われてる。そんな部下達に偉く信頼されている大尉なんだけど、当初はおい大尉殿のお出ましだぜーとか年下の隊長さんかよなんて言われてそうなのに、ここまでの実戦や訓練の場で部下達から信頼を勝ち取り絆を深める熱いエピソードとか、ここまでに至る話が色々あっただろうに全て端折られているので主人公がどういう人物なのかが描写不足。馬に乗るシーンもそうだ。ここは大尉以外の殆どが昔一度乗ったことがあるという程度なのに、断崖絶壁の山道で一人ヒヤッとするシーン以外手こずる描写は全くなく普通に乗りこなしており不自然。原作読めと言われそうだが全編総じて描写不足の感あり。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全17件

ホース・ソルジャー