クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪 シーズン12

クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪 シーズン12の画像・ジャケット写真

クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪 シーズン12 / ジョー・マンテーニャ

全体の平均評価点:(5点満点)

3

全体の平均評価点:

DVD

旧作

「クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪 シーズン12」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

旧作

解説・ストーリー

解説・あらすじ・ストーリーは、ただいま準備中です。

「クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪 シーズン12」 の作品情報

作品情報

原題:

CRIMINAL MINDS

「クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪 シーズン12」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

ER 緊急救命室 10thシーズン

グレイスランド 西海岸潜入捜査ファイル ファイナル・シーズン

クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪 シーズン7

シュガー・ヒル

ユーザーレビュー:3件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 3件 / 全3件

新生BAU始動

投稿日:2018/11/10 レビュアー:四十肩六郎

肉体担当のモーガンの穴を埋める役として、CSIマイアミのデルコ役のアダム・ロドリゲスが本格的に参加。吹き替えも同じ阪口周平氏と違和感なさすぎて別役なのにデルコがBAUに来た感じがいなめないw
ガルシアもモーガンとよくにたタイプで戸惑いを隠せない様子w
そして、あっちいったと思ったらBAUに戻されてと、またどこかにいく、ほんとに都合のいい女的扱いで、可哀そうなプレンティスも参戦。
今作一番は、やはりホッチが抜ける、第二話には、ほんの少し出演でそれ以降は姿を・・・、撮影現場の事件の真相は分からないが、もう少し作品の事を考えてほしかった。
やっぱりホッチが仕切らないとしまらないんだようなー、あの堅物キャラは重要。
とはいえ、新生BAUの活躍を見守りたいです。

このレビューは気に入りましたか? 9人の会員が気に入ったと投稿しています

やっぱ登場人物は重要(Vol.3まで見て)

投稿日:2019/07/28 レビュアー:norly

ずっとこのシリーズを見てきましたが、ホッチとモーガンのいないBAUは魅力半減ですね。
基本的に話は悪くないのですが、ずっといたこの二人がいないと別のドラマのようにも感じてしまう。
JJが抜けた時も寂しかったけど、やっぱこの二人の存在感は大きい。
そこそこのペースでここまでのシリーズを見てきたけど、この先はもしかしたらもう見ないかも。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

なんか変な方向に・・・VOL5まで ネタバレ

投稿日:2018/12/11 レビュアー:四十肩六郎

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ホッチが消え、後任には、プレンティス。
なんとなくホッチに近いキャラだし、そこに女性らしいさが加わり、とてもいい感じになっています。

ただ内容が、なんか違和感が。
逃亡者追跡部門のルークが、なんか教科書みたいなの読めばプロファイラーになれるみたいな会話があり、いきなり、警官の前で、ドヤ顔でプロファイリングをいう。いやいや、そんな早くにプロファイリングというか他のメンバーと同じ立ち位置を与えるのは早すぎないだろうか?百歩譲ってJJはBAUでプロファーラーと一緒に仕事してたからと思うことにしているが、ルークは・・・。
あとウォーカー、ひっかき男を捕まえるスケットとして登場するが、凄い人というのを会話の中で無理やりキャラを視聴者に印象づけているような・・・。
結局この人も今シーズンでさよならみたいですが・・・。
後半どうなる事になるやら・・・。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 3件 / 全3件

クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪 シーズン12

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:3件

新生BAU始動

投稿日

2018/11/10

レビュアー

四十肩六郎

肉体担当のモーガンの穴を埋める役として、CSIマイアミのデルコ役のアダム・ロドリゲスが本格的に参加。吹き替えも同じ阪口周平氏と違和感なさすぎて別役なのにデルコがBAUに来た感じがいなめないw
ガルシアもモーガンとよくにたタイプで戸惑いを隠せない様子w
そして、あっちいったと思ったらBAUに戻されてと、またどこかにいく、ほんとに都合のいい女的扱いで、可哀そうなプレンティスも参戦。
今作一番は、やはりホッチが抜ける、第二話には、ほんの少し出演でそれ以降は姿を・・・、撮影現場の事件の真相は分からないが、もう少し作品の事を考えてほしかった。
やっぱりホッチが仕切らないとしまらないんだようなー、あの堅物キャラは重要。
とはいえ、新生BAUの活躍を見守りたいです。

やっぱ登場人物は重要(Vol.3まで見て)

投稿日

2019/07/28

レビュアー

norly

ずっとこのシリーズを見てきましたが、ホッチとモーガンのいないBAUは魅力半減ですね。
基本的に話は悪くないのですが、ずっといたこの二人がいないと別のドラマのようにも感じてしまう。
JJが抜けた時も寂しかったけど、やっぱこの二人の存在感は大きい。
そこそこのペースでここまでのシリーズを見てきたけど、この先はもしかしたらもう見ないかも。

なんか変な方向に・・・VOL5まで

投稿日

2018/12/11

レビュアー

四十肩六郎

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ホッチが消え、後任には、プレンティス。
なんとなくホッチに近いキャラだし、そこに女性らしいさが加わり、とてもいい感じになっています。

ただ内容が、なんか違和感が。
逃亡者追跡部門のルークが、なんか教科書みたいなの読めばプロファイラーになれるみたいな会話があり、いきなり、警官の前で、ドヤ顔でプロファイリングをいう。いやいや、そんな早くにプロファイリングというか他のメンバーと同じ立ち位置を与えるのは早すぎないだろうか?百歩譲ってJJはBAUでプロファーラーと一緒に仕事してたからと思うことにしているが、ルークは・・・。
あとウォーカー、ひっかき男を捕まえるスケットとして登場するが、凄い人というのを会話の中で無理やりキャラを視聴者に印象づけているような・・・。
結局この人も今シーズンでさよならみたいですが・・・。
後半どうなる事になるやら・・・。

1〜 3件 / 全3件