おっさんずラブ

おっさんずラブの画像・ジャケット写真

おっさんずラブ / 田中圭

全体の平均評価点:(5点満点)

4

全体の平均評価点:

DVD

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

ジャンル :

「おっさんずラブ」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

解説・ストーリー

田中圭、吉田鋼太郎、林遣都共演による笑って泣けるおっさん同士のラブストーリー第3巻。春田創一は同居を解消しようとする牧凌太を、思わずバックハグで引き留める。すると、牧は「春田さん、俺とつき合ってください」と言い…。第5話と第6話を収録。

「おっさんずラブ」 の作品情報

作品情報

製作年: 2018年
製作国: 日本

「おっさんずラブ」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

キャスト・スタッフ

関連作品

関連作品

ドットハック セカイの向こうに

小公女セイラ

ポストマン

心に吹く風

ユーザーレビュー:4件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 4件 / 全4件

王道の「物語」がやっぱり好き

投稿日:2019/02/10 レビュアー:ポッシュ

TV放映された時は完全スルーしてましたが、年始に一気見スペシャルがあったので「あーコレ話題になってたなー」と録画。
その日から観始めたら、まぁこれが面白いこと!!

オフィスを舞台にした恋愛ドラマなのですが、起こっている事柄はこれまでに何万回も繰り返しドラマで描かれてきた
どちらかと言えば陳腐なくらいのベッタベタな三角関係。
でも、これを田中圭、吉田鋼太郎、林遣都の3人の男たち(一人は完全に“おっさん”)がやってるのが斬新
・・・ってことでしょうか。

幼馴染や元恋人が絡んでくるワチャワチャ具合も、好きなんだけど一緒にはいられない〜の破局も、
やっぱりそうこなくっちゃねーのラストも、ぜ〜んぶ既視感アリアリなのですが、
むしろ、そこを狙ってのクリシェ(常套)なんでしょうね。

それが、ここまで「気持ちイイ」のは、私たちは王道の「物語」がやっぱり好きなんだって事か。

あとは、やっぱりキャラクターの勝利でしょうね。ブレイクした田中圭演じる「はるたん」こと春田創一の
「真っ直ぐで、バカで、優しくて、嘘がなくて、バカで、可愛くて、良く食べて、バカで、かっこいい」ところには
黒澤部長ならずとも惚れてまうやろ(笑)。(この手紙シーン大好き)

吉田鋼太郎の怪演は爆笑ものだし、林遣都の健気(ケナゲ)さは胸苦しいしで、毎話、感情の揺さぶられ具合が
ジェットコースターレベル。平凡な日常を生きるオバサンには、こういう刺激は健康寿命が延びそうでありがたい(笑)。
加えて、脇キャラもみ〜んな魅力的。回を追うごとに愛おしさが増してしまう。ゆとり社員の子、ウザくてサイコー。^^

久々に楽しめたドラマでした。落ち込んだ時とかに見返したい、元気が出るサプリ系。
常備薬として録画は永久保存!

このレビューは気に入りましたか? 13人の会員が気に入ったと投稿しています

田中圭の“はるたん”←ドはまり役で大ブレイク!

投稿日:2020/05/31 レビュアー:ことりこあゆみ

これは、めちゃくちゃ面白かったー!!

テレビで放映当時 話題になっていたので
氣になっていたのですが、ここまで面白いと思わなかったなぁ。

田中圭くん、“はるたん”←見事な ドはまり役!

大ブレイクして代表作になりましたね。

これは惚れてまうやろう〜、という表情豊かな可愛い男の子役を見事に演じてます!

たしかに、挙動不審レベルでリアクションや動きがオーバーだったりするのですが……
そこはコメディタッチなドラマのご愛敬、圭くん、好きなので可愛いと思えて許容範囲です。

はるたんの上司・部長役の吉田鋼太郎さんも相変わらず巧すぎる…何度も爆笑させられました。

大塚寧々さんの奥さん役(部長の妻・蝶子さん)も、混乱の極みと愛と理解の演技が素晴らしい〜。

男性同士の同性愛を描いていますが、男女や年代を超えて、「人が人を好きになること」「人を愛すること」を深く考えさせてくれる…
まだ観ていない方には超おすすめの連ドラです☆


2019年夏公開の「劇場版おっさんずラブ」、連続ドラマ続編「おっさんずラブホ - in the sky - 」も時間あるとき観なくっちゃ♪

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

禁じられた恋 どたばたラブコメ

投稿日:2019/03/16 レビュアー:Sarah

まったく期待せずに見た一話目ではまってしまいました。Twitterでもすごく話題になったようですね。
男女では起こりえないほどの積極的な口説きで、普通の会社員の男が突如上司や後輩の男にモテ出すどたばたラブコメ。
田中圭がはまり役で、いい奴なんだけど鈍感でズボラな主人公がすごくかわいく見えて、男が好きになるのも分かる、と言う意外にも共感できる内容でした。
男同士ということで、好きになっちゃいけないんだけど〜感がすごくて、最近こんな王道のラブストーリーが少ないのでヒットしたのでは?
田中圭も、それにホレる役の吉田鋼太郎、林遣都もすごく演技派で、脇役も皆個性的でうまく人間関係が絡んでくるのでムダがない、良くできた話です。
ただ、主人公がストレートで、男から追われて泡食って逃げまくる構図が面白かったのであって、終盤、ボーイズラブになってきちゃうとちょっと引きました。
主役3人の存在感が素晴らしかったです。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

3

投稿日:2019/04/29 レビュアー:aa

楽しむ

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 4件 / 全4件

おっさんずラブ

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:4件

王道の「物語」がやっぱり好き

投稿日

2019/02/10

レビュアー

ポッシュ

TV放映された時は完全スルーしてましたが、年始に一気見スペシャルがあったので「あーコレ話題になってたなー」と録画。
その日から観始めたら、まぁこれが面白いこと!!

オフィスを舞台にした恋愛ドラマなのですが、起こっている事柄はこれまでに何万回も繰り返しドラマで描かれてきた
どちらかと言えば陳腐なくらいのベッタベタな三角関係。
でも、これを田中圭、吉田鋼太郎、林遣都の3人の男たち(一人は完全に“おっさん”)がやってるのが斬新
・・・ってことでしょうか。

幼馴染や元恋人が絡んでくるワチャワチャ具合も、好きなんだけど一緒にはいられない〜の破局も、
やっぱりそうこなくっちゃねーのラストも、ぜ〜んぶ既視感アリアリなのですが、
むしろ、そこを狙ってのクリシェ(常套)なんでしょうね。

それが、ここまで「気持ちイイ」のは、私たちは王道の「物語」がやっぱり好きなんだって事か。

あとは、やっぱりキャラクターの勝利でしょうね。ブレイクした田中圭演じる「はるたん」こと春田創一の
「真っ直ぐで、バカで、優しくて、嘘がなくて、バカで、可愛くて、良く食べて、バカで、かっこいい」ところには
黒澤部長ならずとも惚れてまうやろ(笑)。(この手紙シーン大好き)

吉田鋼太郎の怪演は爆笑ものだし、林遣都の健気(ケナゲ)さは胸苦しいしで、毎話、感情の揺さぶられ具合が
ジェットコースターレベル。平凡な日常を生きるオバサンには、こういう刺激は健康寿命が延びそうでありがたい(笑)。
加えて、脇キャラもみ〜んな魅力的。回を追うごとに愛おしさが増してしまう。ゆとり社員の子、ウザくてサイコー。^^

久々に楽しめたドラマでした。落ち込んだ時とかに見返したい、元気が出るサプリ系。
常備薬として録画は永久保存!

田中圭の“はるたん”←ドはまり役で大ブレイク!

投稿日

2020/05/31

レビュアー

ことりこあゆみ

これは、めちゃくちゃ面白かったー!!

テレビで放映当時 話題になっていたので
氣になっていたのですが、ここまで面白いと思わなかったなぁ。

田中圭くん、“はるたん”←見事な ドはまり役!

大ブレイクして代表作になりましたね。

これは惚れてまうやろう〜、という表情豊かな可愛い男の子役を見事に演じてます!

たしかに、挙動不審レベルでリアクションや動きがオーバーだったりするのですが……
そこはコメディタッチなドラマのご愛敬、圭くん、好きなので可愛いと思えて許容範囲です。

はるたんの上司・部長役の吉田鋼太郎さんも相変わらず巧すぎる…何度も爆笑させられました。

大塚寧々さんの奥さん役(部長の妻・蝶子さん)も、混乱の極みと愛と理解の演技が素晴らしい〜。

男性同士の同性愛を描いていますが、男女や年代を超えて、「人が人を好きになること」「人を愛すること」を深く考えさせてくれる…
まだ観ていない方には超おすすめの連ドラです☆


2019年夏公開の「劇場版おっさんずラブ」、連続ドラマ続編「おっさんずラブホ - in the sky - 」も時間あるとき観なくっちゃ♪

禁じられた恋 どたばたラブコメ

投稿日

2019/03/16

レビュアー

Sarah

まったく期待せずに見た一話目ではまってしまいました。Twitterでもすごく話題になったようですね。
男女では起こりえないほどの積極的な口説きで、普通の会社員の男が突如上司や後輩の男にモテ出すどたばたラブコメ。
田中圭がはまり役で、いい奴なんだけど鈍感でズボラな主人公がすごくかわいく見えて、男が好きになるのも分かる、と言う意外にも共感できる内容でした。
男同士ということで、好きになっちゃいけないんだけど〜感がすごくて、最近こんな王道のラブストーリーが少ないのでヒットしたのでは?
田中圭も、それにホレる役の吉田鋼太郎、林遣都もすごく演技派で、脇役も皆個性的でうまく人間関係が絡んでくるのでムダがない、良くできた話です。
ただ、主人公がストレートで、男から追われて泡食って逃げまくる構図が面白かったのであって、終盤、ボーイズラブになってきちゃうとちょっと引きました。
主役3人の存在感が素晴らしかったです。

3

投稿日

2019/04/29

レビュアー

aa

楽しむ

1〜 4件 / 全4件