蝶の眠り

蝶の眠りの画像・ジャケット写真
蝶の眠り / 中山美穂
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)

6

  • DVD
  • TSUTAYA TV
  • 見放題
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「蝶の眠り」 の解説・あらすじ・ストーリー

中山美穂とキム・ジェウク主演の日韓合作ラブストーリー。ある日、母と同じ遺伝性アルツハイマーと診断された50代の女性小説家・松村涼子。大学の講師を務めることになった彼女は、ひょんなことから韓国人留学生の青年と出会い愛し合うようになり…。

「蝶の眠り」 の作品情報

製作年: 2017年
製作国: 日本/韓国

「蝶の眠り」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

蝶の眠りの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
112分 日(バリアフリー) 日:ドルビーデジタルステレオ、日(バリアフリー音声ガイド):ドルビーデジタルステレオ
レイティング: 記番: レンタル開始日:
KIBR1957 2018年10月17日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
20枚 0人 3人

関連作品

ユーザーレビュー:6件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全6件

ジェウクが好きなら悪くないネタバレ

投稿日:2018/09/23 レビュアー:なんの因果

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

久々にキム・ジェウクの名前を見つけたので見てみた。
女流作家涼子(中山美穂)は、遺伝性アルツハイマーに侵されているのがわかる。
偶然、バイトする韓国人留学生チャネ(キム・ジェウク)と出会い、犬の散歩を頼んだり
執筆の手伝いを頼むようになって親しさを増してゆく。
病気の影響で、家のドアを開けっ放しで外出する涼子、それも忘れて、犬が逃げた、あなたのせいでとチャネを責める。
モノが見つからなくて錯乱してゆく涼子。そんな事が続きついに涼子は療養所へはいる決心をする。

中山美穂が、おしゃれな家に住む知的な作家から、子供のように怯える演技までするが、
わざとらしくなく意外と上手い。寝起きの顔もそんなにひどくない(笑)。
キム・ジェウクは日本生まれで日本語が堪能とは言え、やはりこれだけセリフがあると
棒読みの部分も出てくる。(留学生なんだからそれで良いのだが。)
付き合ったと思ったらすぐ別れの場面になるので、それほどドラマ性はなく感動云々以前なのだが、
ジェウクが好きなら悪くないし、ラストでの美穂さんの痴呆状態の表情なんかも案外可愛く、拾い物かもしれない。

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

視覚的に美しい整理

投稿日:2019/01/01 レビュアー:裸足のラヴァース 2.0

謹賀新年 最初のレヴューは少し地味な けれども あの 子猫をお願いの
チョンジュウンですからね いやあ新作が出ていたとは知らなんだ

こちらは猫ではなくて 犬の 名前はトンボ 猫から犬へで 落ち着いた
佇まいの映画になっているの なんてのはいい加減な感想だにゃわん
劇中小説劇は 恋という名のしなやかな獣 ケダモノ そりゃ浅野ゆう子
君 知ってる? セクシーバスストップより良いのに アップルにもユウ
チュブにも無し まあ関係ない横道じゃ

アル中かと思いきや アルツハイマーの初期の小説家が中山美穂
キョンキョンと同じく 成熟した大人の女性の魅力が何ともええ感じね
しかし冒頭の趣味の悪い グリーンの服は何じゃらほいw 側で見れば
いいのかにゃ ニコール・キッドマン リピーテッドの後に またも熟女の
記憶喪失の お話か

こんな内容のお話を 落ち着いたリズムで地味に撮られた映画は現代の
観客に受け入れられるだろうか 如何にもな音楽はまったくつまらない
ので地味に輪をかけるのだが 何ともスタティックな印象で 子猫の
しなやかな青春から 中年の人生の終わりへの物語は飛躍し過ぎでは
あるまいか つまり この何十年のチョンジュウンのフィルモグラフィの
空白が まるで記憶喪失の様な 戸惑いをもたらすのだが 何かの痛みを
伴っているはずだが 中山美穂と韓国青年の淡い恋物語の枠内でしか
伝わって来ない それはもどかしさだろうか

いや 彼女の仕事は 多分 多岐に渡っていて 映画人としての活動は充実
したものであるのかもしれない とにかくチョンジュウンの新しい
映画作品を今年も待ち望もうか

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

”蝶の眠り”と例えられる想像力が◎

投稿日:2020/01/07 レビュアー:伝衛門

中山美穂さん主演で、遺伝性アルツハイマーを患った作家の人生の終局を描く感動作。

感動作と煽られるとついつい構えてしまったこともありますが、
アルツハイマーを患っているということから、中山美穂さん演じる主人公目線ではなく、
彼女の周囲で身を案じる側に心が傾いてしまい、
ラブストーリーという要素には全く心が揺れない結果に…

トンボの行方も気になってしまうし…

背表紙の色別で本棚に陳列する手法は鮮やかでなかなか面白いなぁ〜と感じたかも?
著者、出版社で背表紙デザインが統一されている場合もあり、
そこまで検索に困らないのかも??
(横溝正史さんは角川で黒色、吉村達也さんの惨劇シリーズは黄色、
綾辻行人さんの館シリーズは緑色といった感じで試してみると面白いのかも)

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

中山美穂さんの演技に

投稿日:2019/10/11 レビュアー:美麗

中山美穂さんの演技が上手くて感動した。
映像も綺麗で良かったです。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

素敵なラブストリーでした

投稿日:2019/09/07 レビュアー:スヌーピー

ストリーはなんとなく想像できたけど映像がきれいで良かったです。遺伝性アルツハイマー型認知症があるなんて初めて知りました。キム・ジェウクさん全セリフ日本語だけど上手だなと思いました。
歳が離れていても違和感なかったです。中山美穂さんは歳をとってもきれいだなと思いました。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全6件

蝶の眠り

月額課金で借りる

都度課金で借りる