ボストン ストロング 〜ダメな僕だから英雄になれた〜

ボストン ストロング 〜ダメな僕だから英雄になれた〜の画像・ジャケット写真
ボストン ストロング 〜ダメな僕だから英雄になれた〜 / ジェイク・ギレンホール
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)

11

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「ボストン ストロング 〜ダメな僕だから英雄になれた〜」 の解説・あらすじ・ストーリー

解説・あらすじ・ストーリーは、ただいま準備中です。

「ボストン ストロング 〜ダメな僕だから英雄になれた〜」 の作品情報

製作年: 2017年
原題: STRONGER

「ボストン ストロング 〜ダメな僕だから英雄になれた〜」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

ボストン ストロング ダメな僕だから英雄になれたの詳細

  • 準新作
収録時間: 字幕: 音声:
119分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
CPDP13577 2018年10月03日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
884枚 8人 15人

【Blu-ray】ボストン ストロング ダメな僕だから英雄になれた(ブルーレイ)の詳細

  • 準新作
収録時間: 字幕: 音声:
119分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
CPBP13578 2018年10月03日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
310枚 5人 6人

関連作品

ユーザーレビュー:11件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全11件

ジェフが負わされた“英雄”というシンボルと責務

投稿日:2018/10/22 レビュアー:kazupon

「ボストンマラソン爆弾テロ事件」は、日本でもニュースになったので覚えている。
ゴール地点付近で2度の爆発が起き、3人の死者と282人の負傷者が出たテロ事件だ。
主人公のジェフ・ボーマン(ジェイク・ジレンホール)は、その負傷者の一人で両足の膝から下を失った。
彼は自身の身の上に起きた事実に衝撃を受けながらも「犯人を見た」と証言。
FBIによる犯人特定に貢献したとして、ジェフは一躍有名人。
あれよあれよという間に、ジェフは「ボストン ストロング(ボストンよ、強くあれ)」のスローガンと共に、それを体現するヒーローとして祭り上げられてしまった。
事件前のジェフと言えば、冒頭のシーンからも分かる通りいい加減な男で、彼女のエリンから何度目かの「別れ」を告げられたばかりだった。
アメリカという国は、つくづくヒーローが好きなんだと思う。
実際の彼は“ヒーロー”とは程遠いダメ男で、それは彼自身が知っていた。
しかし、ジェフの母や身内の人々は、ジェフが“ヒーロー”と呼ばれることにすっかり浮かれてしまっていた。
「テロに屈しない国、世界のヒーロー、アメリカ」
そして、幾多の苦難に遭遇しようとも何度も立ち上がる。
そのシンボルとしての“ヒーロー”が、次々と作られ祭り上げられて行く。
アメリカという国の成り立ちや、種々雑多な民族・宗教で構成されていることを考えると、最大公約数的な役割を果たしてくれるのがヒーローなのだと思う。
家族も含めて大衆は、彼をヒーローと呼び、有名人に合わせてくれたり、アメフトの試合で星条旗を振らせ、レッドソックスの試合では始球式で投げさせた以外に何をしてくれただろう?
唯一、ジェフが「自分がヒーローであること」を受け入れられたのは、テロの日、ジェフを救ってくれたテンガロンハットの男と面会した時だった。
この男性にとってのジェフは、シンボルとしてのヒーローではなく、具体的な理由のある本物のヒーローだったから。
ジェフがベッドから移動する際に床に顔面を打ち付けた時、トイレットペーパーに手が届かず転んだ時、
画面を見つめながら、私はジェフの現実を理解しようとしない家族や親せきが腹立たしかった。
その想像力の無さに呆れた。
ただ、エリンだけがジェフが生活する上での助けとなった。
しかし、ジェフの弱さや甘えが、再びエリンを彼の元から去らせることになる。
ラストで、ヒーローではない“普通の男”としてジェフが覚悟を決めるが、作り物ではない本気の姿をやっと見ることが出来たと思った。
現実は、綺麗ごとでは終われないのだ。

このレビューは気に入りましたか? はい 11人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

本当は弱いダメ男が「誰かの勇気」になれるまで

投稿日:2018/10/03 レビュアー:なんの因果

2013年、コストコの調理場で働くジェフ・ボーマンは、ボストンマラソンに出場している恋人エリンを応援すべくゴール横に陣取る。
が、爆弾テロの被害にあい、病院で気がついた時には両足を失ってしまっていた。
実話である。ジェフ・ボーマンの原作本に深く惚れ込んだジェイク・ギレンホールは、
自らがジェフ役として主演し、新しく立ち上げた製作会社ナイン・ストーリーズの第1作目に選び、プロデューサーとしても関わった。

コストコでチキンを焦がしてしまったり、その後始末を同僚に押し付けてしまうジェフは、
遅刻もするし、外出嫌いのちょっとダメンズ風の男だった。
(ジェイクの言葉を借りれば「ジェイク史上、最もちょいワルで平凡な男」だそうだ。)
テロリストの姿を見たと証言したことで、FBIによる犯人特定に貢献したジェフ。
爆発直後、車椅子で運ばれる彼の写真も広く報道されたことで、たちまちテロリストに屈しない“ボストン ストロング”と英雄視される。
だが当人は両足を失った苦悩(シャワーも出来ずトイレの紙を取ろうとしてそのまま便座から落ちて泣いたりする)と、
爆発現場の記憶にさいなまれ次第に明るさや愛を失う。酒に溺れ自暴自棄になってゆく。
恋人のエリンは、妊娠したことを告げる。
「育てられる訳ないじゃないか!無理だよ!」というジェフ。
「なぜ?足がないからというのは理由じゃない。自分がママの言いなりの子供だからよ。」
なかなかキツイじゃないか、エリン。恋人と実母の争いも躊躇なく描かれる。
本当の強さはエリンかもしれない。エリンのセリフを味わいたい。
このジェフの心を救ったのは家族や友人ではなかった。
何も出来ないと思って自己否定していた彼を「誰かの勇気になれる」と、自らの体験談を語るある人物。
これを機にジェフの心は切り替わる。
徐々に前向きになり、2015年ボストンでのレッドソックスの始球式ではピッチャーを務める感動シーン。ごく普通の男が、悩みつつ再起するドラマ。両足を失って、彼が手に入れたものは、とてつもなく大きかった。

このレビューは気に入りましたか? はい 11人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ボストン ストロング 〜ダメな僕だから英雄になれた〜ネタバレ

投稿日:2019/01/18 レビュアー:片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 ボストンマラソンのテロで被害者になった男性の話。

 あんまりアメリカのこういった家庭を見たことがなくて、主人公本人以外は良かれと思ってずばずばと傷つけていく様子が新鮮で面白かったです。

 ただ実在の人物で起こった出来事も近々のためか、そこまで大きな盛り上がりもなく、ただただ落ち込む主人公を映した120分で退屈に感じる部分が多かったです。主人公も主人公で事件前から職場ではどうしたいのか家庭ではどういう状況で満足しているのかしていないのかとかもわからないまま、ただただ両足を失った状況で苦しむしかなく、家族や友人に依存してるだけの人生を見せられてもジェイク・ギレンホールのお芝居で渋く見ることができますが、面白くはない映画でした。

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ボストンの悲劇の象徴となってしまった青年の苦悩

投稿日:2018/10/24 レビュアー:hinakksk

 しかも彼自身、爆破テロによって両足の膝から下を失ってしまうという瀕死の重傷を負った被害者であるにもかかわらず。偶然の巡り合わせで犯人逮捕に貢献したことから、テロには屈しないというボストン・ストロング・キャンペーンの英雄に図らずも祭り上げられてしまう。

 無色透明の無菌室で生活している人など、ほとんどいないと言っていいだろう。国家意識や政治信条、イデオロギー等に囲まれて、そしてコミュニティや仲間や家族のなかで生きているはずだ。この映画はそういった当然の社会的背景をさりげなく描きながら、望まずしてヒーローとなった青年ジェフ個人にしっかり焦点を置いている。彼は決して英雄ではない。傷ついた多くの人のために、その役割を引き受けただけだ。その視点がとてもいい。(むしろ彼を傷つけてしまいかねない邦題は何とかならないものだろうか。)

 突然両足を失ってしまった、彼の不安や惨めさ、測りがたい心身の苦痛、それでも負けまいとする矜持、過剰な注目への当惑と内心の恐怖や嫌悪感。それを打ち明けられない苦悩。必死に彼を支える献身的な恋人エリンをもってしても、ジェフはすべてをあきらめ、次第に自暴自棄になって、リハビリもいい加減、お酒に溺れてしまう。しかし、自殺をしたって不思議じゃない、こんな過酷な悲劇に見舞われた人に、これ以上何を求めようというのだろう。

 彼をテロの現場から助け出してくれた恩人カルロスと再会し、彼と話すことによって、ジェフは自分の置かれた立場の意義、車椅子の自分が社会に貢献できることは何か、に気づき、初めて積極的に心からその役割を引き受ける。「人を救うことは自分を救うこと」、そこからジェフは立ち直っていく。

 誰もが助け助けられて生きている。そのことに本当に気がつけば、きっとより強くなれるだろう。

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

またまたアメリカのリカバリー神話ネタバレ

投稿日:2018/10/18 レビュアー:ポッシュ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

アメリカの「リカバリー神話」については、これまでに何度もレビューに書いてきたのだけど、
本作にもやっぱり、そういう精神性が見てとれるなーと思った。

度々の引用になるが、岡田斗司夫と内田樹の対談本『評価と贈与の経済学』(徳間書店2013)の中で
お二方が指摘しているのは、「アメリカ人は、挫折したところからどうリカバリーを果たすか、
その高度差で人間の価値が決まる、という評価の仕方をする」ってなこと。
例えばハリウッド映画では「酒やドラッグで落ちぶれた主人公が這い上がって成功する」みたいな物語が“感動モノ”として繰り返し作られる。
いや、最初から酒にもドラッグにも手を出さない人の方が褒められるべきなんじゃないの?ってとこだが、
そういう人は“普通の人”で、ヒーローじゃないのだ(苦笑)。

このオハナシの場合は個人的な挫折の前に、爆弾テロの犠牲になってしまったという重たい事実があるものの、
物語の底流にあるのは、アメリカ人の“リカバリー力”を見よっ!って思考だと思う。

あんな惨劇があったら、生き残って犯人逮捕に協力した人を「反テロ」の“シンボル”として
マスコミや大衆が騒ぎたてるのも自然の成り行きだろう。(勿論イイ事だとは思わないが)
当然、当人は戸惑うし、自分自身がショックから立ち直るのにも時間を要するだろうに、そんな事は
お構いなしに勝手に浮かれまくる周囲の人々(ジェフの家族はみんな困ったちゃん)。
この映画は、その辺の「世間の無神経さ」もきっちりと見せて、作品自体は客観的な視線で
ジェフの苦悩を捉えていたので、見やすかった。
彼の上司や恋人エリンのように、ニュートラルかつフェアに彼を取り扱う人物もいたし。

うーん、やっぱりどうしても気になるのが、ジェフの家族の描き方ですな。
テロリストの1人が死んだというニュースに「イェーイ!」と歓声をあげ、もう一人も殺っちまえ的なノリの親族一同。
両脚を失くした息子は当然クビになるんだろ?その後の補償はどうしてくれるんだと、ジェフの上司に凄む父親。
本人が嫌がるマスコミ取材も、「有名人がウチに来る!」っと喜んで受けてしまう母親。
彼女は、障害者には使い勝手の悪いバスルームを直すとか、エレベーターのないアパートを出るとか、
「ジェフの生活を守り支える」という考えは持ち合わせていないようだ。
リハビリに連れて行く日すら忘れている。

一方、エリンの家はなかなか立派で、手入れが行き届いていて、なんとなく生活レベルの違いを感じた。
ジェフのママと口喧嘩したときに、ジェフママが「あなたの町では・・・」という言い方もしてたし。

で。なんとなく、ジェフ・ファミリーは教育程度とか経済状況が、あんまりよろしくないのかなって感じ。
(何か見落としがあって、勘違いしてたらすいません)
おそらく、この方々は2016年の大統領選挙ではトランプを支持したんじゃないかと思わせる。(勝手な想像です)

あと、バーでジェフに絡んでくる白人男性2人組も、「陰謀論」を大真面目に語ってオバマ批判をしていた。
で、この映画は明らかに、これらの人たちを「冷ややかに」見ている。

ところが、ジェフが前向きになるきっかでけを与えてくれたカルロスという男性はコスタリカ人。移民なのだ。
このエピソードまで事実なのかどうかは知らないが、ここは、本作の肝じゃないかと思う。
ジェフを助けてくれて、精神面においても「救ってくれた」のが、移民だということ。

テロと聞けば「イスラム憎し」でアラブ人を敵視し、今深刻な問題とされている「アメリカの分断」を
助長しかねない。(そういうシンプルな思想に飛びつくのが、あの家族たちだろうと。
テロリスト死んだー!イエーイ!の人たち。本当は死んで解決ーじゃないでしょうに)
でも、この物語には、主人公のリカバリーの“てこ”として「移民」が登場した。
一人のコスタリカ人の良心と勇気が、アメリカ人の主人公を救った。
この中心軸があれば、「テロには負けない」が「外国人は敵だ」に飛躍しがちな大衆心理に
ブレーキをかけられる・・・っと、自分は思ったりしたのだけど。
題材が題材なだけに妙なプロパガンダになりかねないところを、うまくソフトランディングさせたなーと。

ただ、始球式のシーンが、ちょっと安易なヒロイズムに流れちゃった気がして個人的には残念だった。
ひ弱だった青年が強くなれた、その成長の証として、他者としっかり向き合って
その期待に応えるという姿を見せる必要はあったのかもしれないが。

そして、ラスト。エリンに会いに行くシーン。この人は何回、彼女に去られ、また戻っていくのかね(苦笑)。
義足でヨロヨロと、でも、自分ひとりの力で歩いていくジェフ。
ようやく一人前になった。^^

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全11件

ボストン ストロング 〜ダメな僕だから英雄になれた〜