スマート・チェイス

スマート・チェイスの画像・ジャケット写真

スマート・チェイス / オーランド・ブルーム

全体の平均評価点:(5点満点)

5

全体の平均評価点:

予告編を観る

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

見放題

動画ポイント利用可

ジャンル :

「スマート・チェイス」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

見放題

動画ポイント利用可

解説・ストーリー

「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズのオーランド・ブルームを主演に迎え、中国で製作されたクライム・アクション。共演はサイモン・ヤム、ハンナ・クィンリヴァン、リン・ホン。監督はTVを中心に活躍し、本作が映画初監督となるチャールズ・マーティン。セレブを相手に訳ありの仕事を請け負うプライベート・セキュリティ・エージェントのダニー。12ヵ月前、輸送中に何者かの襲撃を受けてゴッホの名画を奪われ、自身も瀕死の重傷を負ってしまう。最愛の恋人とも別れ、どん底の日々を送っていた彼に、汚名返上のチャンスとなる新たな依頼が舞い込む。それは、中国の至宝ともいうべき壺を上海からロンドンに移送するというもの。二度と失敗は許されないと、最強のメンバーを揃え、周到に準備を進めていくダニーだったが…。 JAN:4548967391992

「スマート・チェイス」 の作品情報

作品情報

製作年: 2017年
製作国: 中国
原題: 極致追撃/S.M.A.R.T. CHASE

「スマート・チェイス」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

風雲 ストームウォリアーズ

デッドポイント 黒社会捜査線

ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔<スペシャル・エクステンデッド・エディション>

10人の泥棒たち

ユーザーレビュー:5件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全5件

オーランド・ブルームがお好きなら

投稿日:2018/10/10 レビュアー:なんの因果

オーランド・ブルームが「スチャッ!!」とジャンプしてるジャケ写に惹かれましたが、
あら、これ中国の映画なんですね。監督はチャールズ・マーティン。
上海を舞台に(ロンドンゆくぞーという場面はあったが結局行かず)オーランドが高額の美術品の輸送を請け負うセキュリティエージェントを熱演。
お決まりのハデなカーチェイスやバイクチェイスがあり、今回はドローンカメラによる遠隔からの指示
「見張りが戻った」とか「左にすすめ、急いで!」などと声が飛ぶが
それがスピーディかというと、うーん、あんまり緊迫感はなかったかなー。
全体にB級感が漂いました。そもそも絵画を奪われた謎の相手に、今度は骨董品のツボを奪われるなんて・・・。
同じ手口でやられて良いのかな、オーランド・?
そういえば中国美人のプルルン・ファサッ(←チャイナドレスが落ちる音)もなかったし、
(だからという訳でもないが)オススメ度は低め。オーランドが好きならオッケ。

このレビューは気に入りましたか? 7人の会員が気に入ったと投稿しています

クールには見せかけているけれど…

投稿日:2018/10/25 レビュアー:hinakksk

 全体に小粒かな。舞台は上海、ドローンをここまで活用した点は目新しく、展開はスピーディ、オーランド・ブルームもそこそこ格好いいのだけれど、美術品奪還作戦があまりにチープで萎える。第一、高価な美術品を多数収蔵していながら、とんでもなくセキュリティが杜撰。安易すぎる。キーになるロマンスも深みに欠けていて、全然ロマンテックじゃない。

 結論:スマートなレベルには至らず、タイトル倒れ。
 ただ、多少の暴力シーン以外はお子様にも安心の内容なので、家族一緒でも大丈夫。

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

銃を使わないスマートさ。いや、使えよ。

投稿日:2018/11/14 レビュアー:ひゅう助

最近落ち目のオーランド・ブルーム主演。金品を護衛しながら目的地に運ぶ運び屋の話。

映画が始まってなにかおかしいことに気づく。ん?漢字の制作会社?漢字の出演者。

てことは中国映画じゃん!

そう、この映画は洋画っぽいが中身は完全香港映画です。なぜならアクションシーンは格闘だから!銃を使わない!!

いや、さすがに香港マフィアなんだから銃は持ってるでしょ。なして徒手空拳なんなら?

そして、ドローンが万能過ぎる。ディン・ドン最強。

まあ、ボロクソに言ったけど、ストーリーは面白いよ。

☆3つ。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

オーランド君、金髪が似合わないよっ!!

投稿日:2018/10/11 レビュアー:カマンベール

コテコテの中国映画に、オーランド・ブルームが主演の美術品盗難事件のアクション映画。

テンポはそこそこで、アクション・シーンとカーチェイス・シーン。
アクションは素手がほとんど。
なんか拳銃規制でもあるんかと思う程、拳銃が出てこない。

ラスト近くでやっとこ拳銃一丁登場しました。

ストーリーはPSE(プライベート・セキュレタリー・エージェントの略なのね)のダニー(オーランド・ブルーム)が、高額な絵画や骨董品の移送を頼まれる。
それを阻止しようとする黒幕と、二転三転する美術品骨董品の持ち主や
骨董品を巡る陰謀を描いた映画です。

オーランド・ブルームのチームには、ドローンを操るJ・ジェイという
若い中国人の男の子がいて、まあまあそのドローンの活躍することすること。
ドローンってそこまで役に立つのか疑問だった。
だって頭の上をうるさく飛ぶドローンって、すぐ悪党だって気付くはず。
全てドローンの指示で動いていく車とか、オーランドのチームとか、
おかしくない?

ラップに乗せてブレイクダンスを踊るストリート青年とか・・・という調子で、欧米の映画の真似事で、進んで行く。

そういえば、アクション映画なのに、誰一人死ななかったな!!
(平和的な犯罪映画でした・笑)

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

残念

投稿日:2018/11/06 レビュアー:ありやん

ストーリー、映像描写など全体的に映画の仕上がりが古く感じてしまい、最初の20〜30分で止めてしまいました。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全5件

スマート・チェイス

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:5件

オーランド・ブルームがお好きなら

投稿日

2018/10/10

レビュアー

なんの因果

オーランド・ブルームが「スチャッ!!」とジャンプしてるジャケ写に惹かれましたが、
あら、これ中国の映画なんですね。監督はチャールズ・マーティン。
上海を舞台に(ロンドンゆくぞーという場面はあったが結局行かず)オーランドが高額の美術品の輸送を請け負うセキュリティエージェントを熱演。
お決まりのハデなカーチェイスやバイクチェイスがあり、今回はドローンカメラによる遠隔からの指示
「見張りが戻った」とか「左にすすめ、急いで!」などと声が飛ぶが
それがスピーディかというと、うーん、あんまり緊迫感はなかったかなー。
全体にB級感が漂いました。そもそも絵画を奪われた謎の相手に、今度は骨董品のツボを奪われるなんて・・・。
同じ手口でやられて良いのかな、オーランド・?
そういえば中国美人のプルルン・ファサッ(←チャイナドレスが落ちる音)もなかったし、
(だからという訳でもないが)オススメ度は低め。オーランドが好きならオッケ。

クールには見せかけているけれど…

投稿日

2018/10/25

レビュアー

hinakksk

 全体に小粒かな。舞台は上海、ドローンをここまで活用した点は目新しく、展開はスピーディ、オーランド・ブルームもそこそこ格好いいのだけれど、美術品奪還作戦があまりにチープで萎える。第一、高価な美術品を多数収蔵していながら、とんでもなくセキュリティが杜撰。安易すぎる。キーになるロマンスも深みに欠けていて、全然ロマンテックじゃない。

 結論:スマートなレベルには至らず、タイトル倒れ。
 ただ、多少の暴力シーン以外はお子様にも安心の内容なので、家族一緒でも大丈夫。

銃を使わないスマートさ。いや、使えよ。

投稿日

2018/11/14

レビュアー

ひゅう助

最近落ち目のオーランド・ブルーム主演。金品を護衛しながら目的地に運ぶ運び屋の話。

映画が始まってなにかおかしいことに気づく。ん?漢字の制作会社?漢字の出演者。

てことは中国映画じゃん!

そう、この映画は洋画っぽいが中身は完全香港映画です。なぜならアクションシーンは格闘だから!銃を使わない!!

いや、さすがに香港マフィアなんだから銃は持ってるでしょ。なして徒手空拳なんなら?

そして、ドローンが万能過ぎる。ディン・ドン最強。

まあ、ボロクソに言ったけど、ストーリーは面白いよ。

☆3つ。

オーランド君、金髪が似合わないよっ!!

投稿日

2018/10/11

レビュアー

カマンベール

コテコテの中国映画に、オーランド・ブルームが主演の美術品盗難事件のアクション映画。

テンポはそこそこで、アクション・シーンとカーチェイス・シーン。
アクションは素手がほとんど。
なんか拳銃規制でもあるんかと思う程、拳銃が出てこない。

ラスト近くでやっとこ拳銃一丁登場しました。

ストーリーはPSE(プライベート・セキュレタリー・エージェントの略なのね)のダニー(オーランド・ブルーム)が、高額な絵画や骨董品の移送を頼まれる。
それを阻止しようとする黒幕と、二転三転する美術品骨董品の持ち主や
骨董品を巡る陰謀を描いた映画です。

オーランド・ブルームのチームには、ドローンを操るJ・ジェイという
若い中国人の男の子がいて、まあまあそのドローンの活躍することすること。
ドローンってそこまで役に立つのか疑問だった。
だって頭の上をうるさく飛ぶドローンって、すぐ悪党だって気付くはず。
全てドローンの指示で動いていく車とか、オーランドのチームとか、
おかしくない?

ラップに乗せてブレイクダンスを踊るストリート青年とか・・・という調子で、欧米の映画の真似事で、進んで行く。

そういえば、アクション映画なのに、誰一人死ななかったな!!
(平和的な犯罪映画でした・笑)

残念

投稿日

2018/11/06

レビュアー

ありやん

ストーリー、映像描写など全体的に映画の仕上がりが古く感じてしまい、最初の20〜30分で止めてしまいました。

1〜 5件 / 全5件