坂道のアポロン

坂道のアポロンの画像・ジャケット写真
坂道のアポロン / 知念侑李
全体の平均評価点:
(5点満点)

9

  • DVD
  • Blu-ray
ジャンル:

「坂道のアポロン」 の解説・あらすじ・ストーリー

青春映画の名手・三木孝浩監督が小玉ユキの人気コミックを映画化した感動作。父を亡くし、親戚の住む長崎県佐世保に引っ越してきた高校生・西見薫。誰もが恐れる不良・千太郎と、幼馴染みの律子と出会った薫は、ジャズを通して彼らと絆を深めていく。

「坂道のアポロン」 の作品情報

製作年: 2017年
製作国: 日本

「坂道のアポロン」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

坂道のアポロンの詳細

  • 準新作
収録時間: 字幕: 音声:
120分 日:ドルビーデジタル5.1ch/ドルビーデジタルステレオ、日(視覚障害者用):ドルビーデジタルステレオ
レイティング: 記番: レンタル開始日:
TDV28247R 2018年09月05日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
828枚 17人 23人

【Blu-ray】坂道のアポロン(ブルーレイ)の詳細

  • 準新作
収録時間: 字幕: 音声:
120分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
TBR28248R 2018年09月05日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
224枚 10人 10人

関連作品

ユーザーレビュー:9件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全9件

坂道のアポロンネタバレ

投稿日:2018/12/18 レビュアー:片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 男子高校生たちがジャズしたりしていちゃつく話。

 音楽を映画で見るというのは一定の興奮をさせてくれて、この映画でも主演の2人の演奏シーンはいやおうなくテンションの上がるクライマックスでした。それに恋愛のベクトルが全員一方通行と言うTHE青春映画といった展開が続くので面白かったです。冒頭の男子高校生の屋上での出会いから基本BLに近いシーンが続くのも楽しくて、クライマックスのセッションなんかはほとんどラブシーンに近いものがありました。

 メインの話が主人公3人の話だとは思いますが、先輩とかを好きになって外野から見ていると結果がわかりきっているのに傷ついたりしたりする展開が続くのは退屈でした。それにハーフだからと差別されたりとかの回想とかも長くて鈍重に感じる部分が多いのもあって残念でした。

 とはいえ、ピュアな青春映画として楽しめた1本でした。

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

瑞々しい青春賛歌・ジャズセッション!

投稿日:2018/09/08 レビュアー:なんの因果

1966年の佐世保を舞台にした青春の一ページ。
高校生・薫(知念侑李)は父を亡くして佐世保の親戚で暮らす事になり転校する。
札付きの不良である千太郎(中川大志)と、ヒョンなきっかけで仲良くなり、
千太郎の幼馴染でクラスメートの律子(小松菜奈)ともども、ピアノ、ドラム、トランペットの
ジャズセッションに夢中になり音楽の世界を楽しむ。
高校生でジャズって、シブイなぁ〜!
60年代といえばGSブームも終わり頃か、文化祭ではスパイダースの格好で、歌うのは「オックス」だ。(笑)
薫と千太郎は、それぞれ家庭に不遇な所があり、俺には居場所がないという思いを抱えている。
お互いを大事だと思いながら、傷つけてしまう事がある。誤解し、後悔し、謝る事もできない。
やや小柄な薫は、大柄な千太郎の頭をその胸に抱えて、
「思い切り泣けばいいよ、こうすればお互いの顔が見えないダロ」
ちょっとBL風の香りがしないでもないが、菜奈ちゃんがいるっちゃけん。友情は一生もんバイ!

小田和正さんが書き下ろした主題歌「坂道を上って」の歌詞が、この作品をよく表現している。
「──何気ない言葉が傷つける 譲れない思いが誰にもある
すれ違う心 足りない言葉 わかりあえずに立ち尽くした日々」

中川大志さんは余程、ドラムの練習したようで、すごくカッコ良かった!!
知念侑李さんのピアノ、本当に弾いてるように見えた!
(ごめん。だってジャズですし。あのポロンポロン♪は、プロの音でした)
ちなみに、黒島天主堂という綺麗な教会で、小松菜奈さんがヴォーカルしようと
大きく息を吸った所で映画は終わります。どうせなら歌声を聴きたかったよね。
監督は「僕は明日、昨日の君とデートする」など青春もの多数の三木孝治。
長崎のロケーションも良く、爽やかな作品でした。

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

懐かしき青春の甘く美しい思い出の1ページ

投稿日:2018/10/17 レビュアー:hinakksk

 う〜ん、書きにくいけど、辛口です。

 昭和レトロでノスタルジックな雰囲気はとっても素敵です。でもクリシェ気味で、映像にハッとするような新鮮さを余り感じない。
よく言えば、安定している。

 中心の3人、薫、律子、千太郎は、それぞれに平坦ではない人生を内に秘めて生きていると思うのだけど、描き方はきれいでスマート、表面的だと感じてしまう。喧嘩のシーンはあっても、葛藤は深まらない。

 原作ありきで、仕方がないのかもしれないが、淳一や千太郎の去り方が唐突過ぎて、唖然とする。スケッチのように自然に描かれた青春の日々も淡い恋も、突然終わりが来るということなのだろうか。

 ジャズの演奏シーンはどれもとても素晴らしく、すごく格好いい。それだけに、最後、もっとたっぷりと3人のセッションを聴かせてほしかった。

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

投稿日:2018/09/08 レビュアー:ネットレンタル愛好者

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

“一生もの”の友情と恋・・・そしてJAZZ

投稿日:2018/09/25 レビュアー:カマンベール

すごく気持ちの良い映画で、好きです。

特に文化祭の停電アクシデントの際に、
薫(知念侑李)のピアノにバーンと千太郎(中川大志)のシンバルが響き、
2人の即興JAZZセッションになるシーンが最高です。

ちょっとしたわだかまりからケンカしていた薫と千太郎を和解させるのも、JAZZセッション。
2人で文化祭を抜け出して走るシーンは青春そのもの、ジーンとしました。

映画は1968年の佐世保に始まります。
父親の死で佐世保に転向して来た西見薫(知念侑李)は、伯母の家に居場所のない孤独を抱えています。

そこに乱暴者の同級生の千太郎(中川大志)と、優等生の学級委員の迎律子(小松菜奈)

律子の父親の経営するレコード店の地下の音楽室を通して、薫と千太郎はピアノ(薫)と(千太郎)のコラボが始まるのです。
正反対の2人はJAZZを通して心を通わせるようになります。
そして心優しいマドンナの律子。

薫が律子を好きになるのは当然の成り行きです。

☆この映画では知念侑李が10ヶ月間、ピアノの猛特訓をして、
実際にピアノ演奏をしているのが、見所、聴きどころです。

映画収録曲は、
M oanin(モーニン)・・JAZZドラマー、アート・ブレイキーの
……………………………アルバムの中で の一曲
My Favorito Things・・私のお気に入り(サウンドオブミュージックより)

Some day My Prince Will Come・・「白雪姫」(いつか王子様が)

聞き覚えのある名曲に癒されます。
そして教会でのセッションの直前にアクシデントが起こります。
思いもかけない交通事故!!
千太郎の失踪・・・。

そして映画は10years later。
薫は東京で医師として勤務しています。
そこへ一枚の写真が渡されます。
佐世保に帰郷する薫。

律子と千太郎に出会えるのでしょうか?

一生ものの友達
一生ものの恋
3人の青春物語は美しい金字塔!!

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全9件

坂道のアポロン

月額課金で借りる

都度課金で借りる