No.18 RANKING

坂道のアポロン

坂道のアポロンの画像・ジャケット写真
坂道のアポロン / 知念侑李
全体の平均評価点:
(5点満点)

3

  • DVD
  • Blu-ray
ジャンル:

「坂道のアポロン」 の解説・あらすじ・ストーリー

青春映画の名手・三木孝浩監督が小玉ユキの人気コミックを映画化した感動作。父を亡くし、親戚の住む長崎県佐世保に引っ越してきた高校生・西見薫。誰もが恐れる不良・千太郎と、幼馴染みの律子と出会った薫は、ジャズを通して彼らと絆を深めていく。

「坂道のアポロン」 の作品情報

製作年: 2017年
製作国: 日本

「坂道のアポロン」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

坂道のアポロンの詳細

  • 新作
収録時間: 字幕: 音声:
120分 日:ドルビーデジタル5.1ch/ドルビーデジタルステレオ、日(視覚障害者用):ドルビーデジタルステレオ
レイティング: 記番: レンタル開始日:
TDV28247R 2018年09月05日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
829枚 112人 113人

【Blu-ray】坂道のアポロン(ブルーレイ)の詳細

  • 新作
収録時間: 字幕: 音声:
120分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
TBR28248R 2018年09月05日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
224枚 52人 46人

関連作品

ユーザーレビュー:3件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 3件 / 全3件

投稿日:2018/09/08 レビュアー:ネットレンタル愛好者

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

瑞々しい青春賛歌・ジャズセッション!

投稿日:2018/09/08 レビュアー:なんの因果

1966年の佐世保を舞台にした青春の一ページ。
高校生・薫(知念侑李)は父を亡くして佐世保の親戚で暮らす事になり転校する。
札付きの不良である千太郎(中川大志)と、ヒョンなきっかけで仲良くなり、
千太郎の幼馴染でクラスメートの律子(小松菜奈)ともども、ピアノ、ドラム、トランペットの
ジャズセッションに夢中になり音楽の世界を楽しむ。
高校生でジャズって、シブイなぁ〜!
60年代といえばGSブームも終わり頃か、文化祭ではスパイダースの格好で、歌うのは「オックス」だ。(笑)
薫と千太郎は、それぞれ家庭に不遇な所があり、俺には居場所がないという思いを抱えている。
お互いを大事だと思いながら、傷つけてしまう事がある。誤解し、後悔し、謝る事もできない。
やや小柄な薫は、大柄な千太郎の頭をその胸に抱えて、
「思い切り泣けばいいよ、こうすればお互いの顔が見えないダロ」
ちょっとBL風の香りがしないでもないが、菜奈ちゃんがいるっちゃけん。友情は一生もんバイ!

小田和正さんが書き下ろした主題歌「坂道を上って」の歌詞が、この作品をよく表現している。
「──何気ない言葉が傷つける 譲れない思いが誰にもある
すれ違う心 足りない言葉 わかりあえずに立ち尽くした日々」

中川大志さんは余程、ドラムの練習したようで、すごくカッコ良かった!!
知念侑李さんのピアノ、本当に弾いてるように見えた!
(ごめん。だってジャズですし。あのポロンポロン♪は、プロの音でした)
ちなみに、黒島天主堂という綺麗な教会で、小松菜奈さんがヴォーカルしようと
大きく息を吸った所で映画は終わります。どうせなら歌声を聴きたかったよね。
監督は「僕は明日、昨日の君とデートする」など青春もの多数の三木孝治。
長崎のロケーションも良く、爽やかな作品でした。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

エンディングをなんとかしてくれ

投稿日:2018/09/09 レビュアー:ギガハピ

 気持ちよさげにセッションしていて、MyFavorite Thingsで、ボーカルも入りそうな場面で、それはないだろうのエンディングソング。
 信じられん。
 すべてが台無し。

 これがなければ、星4っつだったのに。返す返すも残念。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 3件 / 全3件

坂道のアポロン

月額課金で借りる

都度課金で借りる