ワンス・アポン・ア・タイム 闘神

ワンス・アポン・ア・タイム 闘神の画像・ジャケット写真

ワンス・アポン・ア・タイム 闘神 / リウ・イーフェイ
  • 画質は本編映像とは異なります。

全体の平均評価点:(5点満点)

1

全体の平均評価点:

予告編を観る

DVD

TSUTAYA TV

見放題

動画ポイント利用可

ジャンル :

「ワンス・アポン・ア・タイム 闘神」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

TSUTAYA TV

見放題

動画ポイント利用可

解説・ストーリー

中国のベストセラー小説を映画化したファンタジック・アクションラブストーリー。天界の太子・夜華は人界の素素と結婚するが、人々の罠にはまった素素は身投げしてしまう。300年後、ふたりは天上界で再会するが、彼女はかつての記憶を失っていた。※一般告知解禁日:6月20日

「ワンス・アポン・ア・タイム 闘神」 の作品情報

作品情報

製作年: 2017年
製作国: 中国
原題: 三生三世十里桃花/ONCE UPON A TIME

「ワンス・アポン・ア・タイム 闘神」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

項羽と劉邦/White Vengeance

デスティニー・イン・ザ・ウォー

四大名捕〜都に舞う侠の花〜

ドラゴン・フォー3 秘密の特殊捜査官/最後の戦い

ユーザーレビュー:1件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 1件 / 全1件

衣装、小物、CG映像が美しい(えっ、中身は?)

投稿日:2020/06/16 レビュアー:ルヴ

中国映画、好きです。どこが一番好きかといえば、クンフーとワイヤーアクションによる戦闘シーンですね。ダンスのような華麗さとスピード感があり、その演出は中国人しか思いつけないと思います。

今作の場合、最も目を惹いたのは、CG技術の高さでしょうか。ハリウッド映画にも引けを取らない美しさとダイナミックさ!「中国の映画産業って資金潤沢なんだなー」って思いました。(笑) 一方で、この映画はスタジオセットとCGで作られているということがよく分かり、そこが時々チープにも思え・・・。
そういえば、国土は雄大で自然も壮大なのに、中国映画ってロケ撮影少ないかも。

さて、中身について言えば、このお話しは中国神話として実際にある話なのでしょうか?それとも、中国神話からインスピレーションを得た創作なんでしょうか?そこが分からないのですが、とにかくストーリーの理解には、まるで漢文を解くかのように頭の中で解釈をし、想像を働かせる必要がありました。
全く分からないということではないのですが、「思想」というか諺というか、そういうものが大事なフレーズとして出てくるので、それをこの映画のキーワードとして自分の中に落とし込むために、何度も頭の中で反芻しました。
ラブストーリーとして感動して泣いたし、ワイヤーアクションにはワクワクした。CG映像には舌を巻いたし、登場人物も美男美女揃いで満足。でも、世界観とストーリーを理解するために、気がつけば眉間にしわを寄せて見ていましたね。(笑)

ただ、どうしても分からなかったのが、なぜヒロインが師匠を助けるために俗人に転生していたのか。そして、映画の題名がなぜ「闘神」なのか。個人的に物語のテイストとつながらないんですよね。





このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 1件 / 全1件

ワンス・アポン・ア・タイム 闘神

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:1件

衣装、小物、CG映像が美しい(えっ、中身は?)

投稿日

2020/06/16

レビュアー

ルヴ

中国映画、好きです。どこが一番好きかといえば、クンフーとワイヤーアクションによる戦闘シーンですね。ダンスのような華麗さとスピード感があり、その演出は中国人しか思いつけないと思います。

今作の場合、最も目を惹いたのは、CG技術の高さでしょうか。ハリウッド映画にも引けを取らない美しさとダイナミックさ!「中国の映画産業って資金潤沢なんだなー」って思いました。(笑) 一方で、この映画はスタジオセットとCGで作られているということがよく分かり、そこが時々チープにも思え・・・。
そういえば、国土は雄大で自然も壮大なのに、中国映画ってロケ撮影少ないかも。

さて、中身について言えば、このお話しは中国神話として実際にある話なのでしょうか?それとも、中国神話からインスピレーションを得た創作なんでしょうか?そこが分からないのですが、とにかくストーリーの理解には、まるで漢文を解くかのように頭の中で解釈をし、想像を働かせる必要がありました。
全く分からないということではないのですが、「思想」というか諺というか、そういうものが大事なフレーズとして出てくるので、それをこの映画のキーワードとして自分の中に落とし込むために、何度も頭の中で反芻しました。
ラブストーリーとして感動して泣いたし、ワイヤーアクションにはワクワクした。CG映像には舌を巻いたし、登場人物も美男美女揃いで満足。でも、世界観とストーリーを理解するために、気がつけば眉間にしわを寄せて見ていましたね。(笑)

ただ、どうしても分からなかったのが、なぜヒロインが師匠を助けるために俗人に転生していたのか。そして、映画の題名がなぜ「闘神」なのか。個人的に物語のテイストとつながらないんですよね。





1〜 1件 / 全1件