No.3 RANKING

レディ・プレイヤー1

レディ・プレイヤー1の画像・ジャケット写真
レディ・プレイヤー1 / タイ・シェリダン
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)

25

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「レディ・プレイヤー1」 の解説・あらすじ・ストーリー

スティーブン・スピルバーグ監督によるVRアドベンチャー。2045年、誰もが理想の人生を楽しめるVR世界・オアシスを舞台に、創設者が遺した莫大な遺産を手に入れるため、日常とオアシスを行き来しながら3つの謎を解こうとする青年の冒険を描く。※一般告知解禁日:6月27日

「レディ・プレイヤー1」 の作品情報

製作年: 2018年
製作国: アメリカ
原題: READY PLAYER ONE

「レディ・プレイヤー1」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

レディ・プレイヤー1の詳細

  • 新作
収録時間: 字幕: 音声:
140分 日・英・吹 英:未定、日:未定
レイティング: 記番: レンタル開始日:
1000726048 2018年08月22日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
2,722枚 866人 708人

【Blu-ray】レディ・プレイヤー1(ブルーレイ)の詳細

  • 新作
収録時間: 字幕: 音声:
140分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
1000726047 2018年08月22日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
1,465枚 832人 670人

関連作品

ユーザーレビュー:25件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全25件

レディ・プレイヤー1ネタバレ

投稿日:2018/06/28 レビュアー:片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 みんながみんなテレビゲームにハマっている未来で、ゲームの創始者が亡くなってゲームの中に隠した3つのキーアイテムを探すと全部の権利を渡すって遺言があって、みんなでそのキーアイテムを探す話。

 ゲームの中に入ってそれがいろんなゲームや映画のキャラクター総出演でそれを見るだけでもテンションの上がる作品でした。それでいて80年代のアンブリンの映画を見ているかのような主人公たちと彼らを追いかける悪い会社との戦いもどこか懐かしく見ることができて面白かったです。

 ただ謎解きがメインの流れになっている割には謎がわかったときの爽快感やサスペンスが少なく、そのためストーリーやキャラクターを楽しむというより映画の中でのオマージュとかのギミックを楽しむということにしか意識がいかないのが残念でした。しかもそのオマージュとかもCG感満載の映像で特撮や実際の映像ではないので、クライマックスの戦いで日本のキャラクターが出てきても「オレの知っているアイツじゃない」感いっぱいでテンションが下がってしまいました。

 CGアニメのシークエンスよりも実際の役者さんたちパートの悪い会社との追いかけっこのほうが個人的には楽しくて、そっちのほうに比重を置いたものを個人的には見たかった映画でした。

このレビューは気に入りましたか? はい 8人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

バーチャルもいいけど、リアルもね!

投稿日:2018/06/28 レビュアー:飛べない魔女

予告が面白そうだったので楽しみにしてました。
スピルバーグの久々のエンタメ映画です。
公開初日に見入った息子も、「映像が綺麗、スピード感あって面白かった」とコメントしていたので
期待値マックスで映画館へGO!

ところが、ところがですよ、実はテニス観戦の大好きな私(錦織選手の大ファンでございまして)、
モンテカルロオープンで久しぶりに錦織くんが勝ち進んでいたものだから
連日深夜までのテレビ観戦応援で相当くたびれていたのか
映画が始まって5分後くらいで、爆睡してしまったのです(~o~)
30分ぐらい記憶が飛んでます。
ああ、もう何やってんだか!
ストーリー展開も速くて、タダでさえよく判らないところを
寝てしまったものだからちんぷんかんぷんになってしまって^_^;
まあそれでも終盤、何とか頭を整理して、ああそういうことね、ってな感じて追いついた私です。

バーチャル世界とリアル世界の融合。
うまいことかみ合わせてさすがスピルバーグ、良く出来ていたと思います。
バーチャルな世界で知り合った友人たちと
リアル世界で終結して、オアシスを乗っ取ろうとする悪人と対決する主人公たち。
色々な映画へのオマージュ的なコネタがたくさん散りばめられていて
映画好きにはたまらない設定になっております。

そしてスピルバーグは言いたいのでしょう。
バーチャルもいいけど、リアルもね!と。
楽しかったです。(30分寝た人が言うか?と突っ込まないで下さいませね^_^;)



このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

よくぞこれほどのオマージュとクロスオーバー詰め込みました

投稿日:2018/08/24 レビュアー:なんの因果

2045年、現実世界は活気を失っているが、革新的なネットワーク「オアシス」が張り巡らされたヴァーチャル世界は盛況。
人々は逃避するが如くオアシスに没頭していた。
ある日、オアシスの開発者ハリデーが死去したとのニュースが流れる。そしてオアシスの中に隠されたイースターエッグを一番先に見つけた者に遺産のすべてを譲ると宣言された。

──おなじみのキャラクターがこれでもかと大挙して登場。ワクワクしました。
わかりやすいシャイニングやメカゴジラ、チャイルドプレイから三船敏郎、イレイザー、マッドマックス、その他、大量すぎて・わわわ。言われても探せないのもある。(笑)
(権利の許諾に苦労したろうなぁ、スピルバーグ。)まぁスピルバーグの力あらばこそでしょうが。
(オレんとこ短すぎじゃないかと言われてたりして。)笑
さて、ハリデーの棺桶の死体の目にコインが乗せてある。(三途の川の船頭さんに渡すコインだ)
古い風習であり、何かのメタファーだとは思うが、私にはコインに裏表があることから、「現実と仮想」
「正解と(裏である)不正解」を表しているのかなとしか思いつかない。
圧倒的な映像美、スピード感あふれる構成はもはや、他の追随を許さない所まで到達しているだろう。
だから観客は幸せである。
だが、スピルバーグは現実を放棄しない。さんざん遊んだあとで、美味しいメシを食べるのも、恋人とイチャイチャするのも現実世界だと諭す。娯楽映画にしてはくどいくらいに言ってる。
こんだけ面白くても、若者よ、ちゃんと帰れよと、ある意味皮肉なのだろうか。
(仮想だけが成熟して若者の才能を吸収してしまう事態に危機感があるのか?)
エンターティメントを先導してきたスピルバーグのセリフだ、敬意を持って聞こう。

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

伝説のクソゲー

投稿日:2018/08/23 レビュアー:QWERTY

一言でいうと
どーでもいい奴らが、どーでもいいゲームをクリアする話

序盤は
状況説明やら、ゲームの説明やら、登場人物(アバター)の説明やら、謎解きの説明やら
説明説明説明ばっかりでクソつまんなかったが
中盤以降何とか持ち直してトータルすると普通な感じの面白さ。
多用してるCGも最近のトランスフォーマーみたいにゴチャゴチャして見づらい感じだった。

ちなみに
このゲームをクリアするための3つの謎がクソゲーすぎてかなりウケた
1つ目と3つ目は完全にバグのレベル
2つ目も「そんなの関係者しか分からんやろボケッ!!」て感じ
この理不尽な謎解きに伝説のクソゲー「たけしの挑戦状」を思い出したのは私だけだろうか

こんなクソゲーに夢中になっているこの映画の住人に微塵もリアリティを感じなかったよ。
特にスラムの貧乏人はゲームなんかやめてもっと働けww

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

スピルバーグが全オタクと映画好きへの《プレゼント》

投稿日:2018/06/30 レビュアー:カマンベール

2018年(アメリカ/140分)スティーブン・スピルバーグ監督作品

力技のSF大作です。
バーチャル世界にキングコングやガンダム、アイアン・ジャイアントが
多数登場して、映画オタクにはそれだけでも感激。
さらに、キューブリックの『シャイニング』にかなりの時間をかけてます。
『シャイニング好き』にはたまりませんよ。

【あらすじ】
2045年、荒廃したスラム街のゴミ溜めで暮らす若者たちは、
VRの世界《オアシス》で、アバターとしてもう一つの人生を楽しんでいた。
ある日《オアシス》の創始者ジェームス・バリデーが亡くなる。
そこで《オアシス》の中に隠された三つの謎の鍵を解いたものに、
全財産56兆円を渡す・・・という遺言が公開される。
17歳のウェイド(タイ・シェルダン)はじめとするプレイヤーと、
世界支配を狙う巨大企業IOI社を相手に激しい戦いが、
ゲームの世界(バーチャル)で行われます。

現実とゲームの出来事がシンクロする展開が面白い。
欲望と共有のたどり着く先のラストは、必見ですよ。

日本のアニメやゲームに由来するキャラクターやアイテムを、
スピルバーグ監督がたくさん登場させてくれて、嬉しかったです。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全25件

レディ・プレイヤー1