レディ・プレイヤー1

レディ・プレイヤー1の画像・ジャケット写真
レディ・プレイヤー1 / タイ・シェリダン
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)

8

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可

定額リスト 事前登録OK!

レンタル開始日:2018年08月22日

事前登録いただいた作品は、レンタル開始日以降、「発送確定ルール」に基づき発送がスタートします。

ジャンル:

「レディ・プレイヤー1」 の解説・あらすじ・ストーリー

スティーブン・スピルバーグ監督によるVRアドベンチャー。2045年、誰もが理想の人生を楽しめるVR世界・オアシスを舞台に、創設者が遺した莫大な遺産を手に入れるため、日常とオアシスを行き来しながら3つの謎を解こうとする青年の冒険を描く。※一般告知解禁日:6月27日

「レディ・プレイヤー1」 の作品情報

製作年: 2018年
製作国: アメリカ
原題: READY PLAYER ONE

「レディ・プレイヤー1」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

レディ・プレイヤー1の詳細

  • 近日リリース
収録時間: 字幕: 音声:
140分 日・英・吹 英:未定、日:未定
レイティング: 記番: レンタル開始日:
1000726048 2018年08月22日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
1,972人 1,189人

【Blu-ray】レディ・プレイヤー1(ブルーレイ)の詳細

  • 近日リリース
収録時間: 字幕: 音声:
140分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
1000726047 2018年08月22日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
1,083人 677人

関連作品

ユーザーレビュー:8件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全8件

レディ・プレイヤー1ネタバレ

投稿日:2018/06/28 レビュアー:片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 みんながみんなテレビゲームにハマっている未来で、ゲームの創始者が亡くなってゲームの中に隠した3つのキーアイテムを探すと全部の権利を渡すって遺言があって、みんなでそのキーアイテムを探す話。

 ゲームの中に入ってそれがいろんなゲームや映画のキャラクター総出演でそれを見るだけでもテンションの上がる作品でした。それでいて80年代のアンブリンの映画を見ているかのような主人公たちと彼らを追いかける悪い会社との戦いもどこか懐かしく見ることができて面白かったです。

 ただ謎解きがメインの流れになっている割には謎がわかったときの爽快感やサスペンスが少なく、そのためストーリーやキャラクターを楽しむというより映画の中でのオマージュとかのギミックを楽しむということにしか意識がいかないのが残念でした。しかもそのオマージュとかもCG感満載の映像で特撮や実際の映像ではないので、クライマックスの戦いで日本のキャラクターが出てきても「オレの知っているアイツじゃない」感いっぱいでテンションが下がってしまいました。

 CGアニメのシークエンスよりも実際の役者さんたちパートの悪い会社との追いかけっこのほうが個人的には楽しくて、そっちのほうに比重を置いたものを個人的には見たかった映画でした。

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

スピルバーグが全オタクと映画好きへの《プレゼント》

投稿日:2018/06/30 レビュアー:カマンベール

2018年(アメリカ/140分)スティーブン・スピルバーグ監督作品

力技のSF大作です。
バーチャル世界にキングコングやガンダム、アイアン・ジャイアントが
多数登場して、映画オタクにはそれだけでも感激。
さらに、キューブリックの『シャイニング』にかなりの時間をかけてます。
『シャイニング好き』にはたまりませんよ。

【あらすじ】
2045年、荒廃したスラム街のゴミ溜めで暮らす若者たちは、
VRの世界《オアシス》で、アバターとしてもう一つの人生を楽しんでいた。
ある日《オアシス》の創始者ジェームス・バリデーが亡くなる。
そこで《オアシス》の中に隠された三つの謎の鍵を解いたものに、
全財産56兆円を渡す・・・という遺言が公開される。
17歳のウェイド(タイ・シェルダン)はじめとするプレイヤーと、
世界支配を狙う巨大企業IOI社を相手に激しい戦いが、
ゲームの世界(バーチャル)で行われます。

現実とゲームの出来事がシンクロする展開が面白い。
欲望と共有のたどり着く先のラストは、必見ですよ。

日本のアニメやゲームに由来するキャラクターやアイテムを、
スピルバーグ監督がたくさん登場させてくれて、嬉しかったです。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

バーチャルもいいけど、リアルもね!

投稿日:2018/06/28 レビュアー:飛べない魔女

予告が面白そうだったので楽しみにしてました。
スピルバーグの久々のエンタメ映画です。
公開初日に見入った息子も、「映像が綺麗、スピード感あって面白かった」とコメントしていたので
期待値マックスで映画館へGO!

ところが、ところがですよ、実はテニス観戦の大好きな私(錦織選手の大ファンでございまして)、
モンテカルロオープンで久しぶりに錦織くんが勝ち進んでいたものだから
連日深夜までのテレビ観戦応援で相当くたびれていたのか
映画が始まって5分後くらいで、爆睡してしまったのです(~o~)
30分ぐらい記憶が飛んでます。
ああ、もう何やってんだか!
ストーリー展開も速くて、タダでさえよく判らないところを
寝てしまったものだからちんぷんかんぷんになってしまって^_^;
まあそれでも終盤、何とか頭を整理して、ああそういうことね、ってな感じて追いついた私です。

バーチャル世界とリアル世界の融合。
うまいことかみ合わせてさすがスピルバーグ、良く出来ていたと思います。
バーチャルな世界で知り合った友人たちと
リアル世界で終結して、オアシスを乗っ取ろうとする悪人と対決する主人公たち。
色々な映画へのオマージュ的なコネタがたくさん散りばめられていて
映画好きにはたまらない設定になっております。

そしてスピルバーグは言いたいのでしょう。
バーチャルもいいけど、リアルもね!と。
楽しかったです。(30分寝た人が言うか?と突っ込まないで下さいませね^_^;)



このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ハリウッドにはこの底力がある、圧倒!

投稿日:2018/08/06 レビュアー:カーヴ

劇場鑑賞時のレビュー

話はアニメを見ていれば、その辺に転がっている使い古されたもの
しかし、言うは易く行うは難し、実際に映像化されると
ストーリーは横に置いといても臨場感たるや4DXもあいまって
凄いのなんの、圧倒されて細かいことは言えなくなった

1鍵のレースはまさに大迫力このパートで4DX分のおつりがくる
2鍵のシャイニングは再現率が素晴らしくて、映像技術の発展に舌を巻く
3鍵はストーリーを締めるための王道となるが、小ネタは豊富

この映画、ターゲットの幅がかなり幅広い
AKIRA、シャイニングなどは私の世代だが
知らないキャラも多いのでそれぞれに楽しめる作りが面白い

昔の「1941」とは違い、ただのドタバタにならないのは
監督の積重ねた歴史の深みを感じる

4DXありきの映画だが3Dはいまだに完成度が低い
希望としては4DX、2D、字幕がいいんだけど
今回の鑑賞環境は4DX、3D、吹替え

しかし、日本の秀逸アニメを話をいじらずに米国で実写化して
声優に声をあててもらい公開するという
私の夢の一端が観られた気がして一応の満足感はある

久しぶりに映画館で鑑賞する価値観を感じた映画だった

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

仮想現実は週休二日

投稿日:2018/07/23 レビュアー:裸足のラヴァース 2.0

スピルバーグが本気なのはペンタゴンではなくて 断じて本作である!

先ずはタイトルが奇妙 これは90年代初頭にロックが終わり ハウステクノ
が代わって興隆し ほぼ著作権の問題から 無味乾燥な目立たない記号の
様なネーミングのプレイヤーが輩出してきた時の状況に似て 匿名性の
強いタイトルに思える

謎が多い 特にラスト10分位が奇妙 又も契約の話だ 仮想空間での契約を
固辞し 現実の方では弁護士の作成した契約書にサインして大株主に成る
システムは温存されるのだ レトロなテーマの様でいて オアシスとゆう
現実逃避のシステムを認めるしかないペシミズム あるいは楽天主義か

さてハリディをアバターではないと看破するわけだが じゃあ誰なのか?
そこはやり過ぎだが 自分の少年時代の自分を庇護する様にして 扉の
向こうに去って行くハリディは スピルバーグその人なのか 映画作家
或いはゲーム作家なのか 映画自体は100年以上にも渡って 夢のような
仮想現実を描いて来たのだ そのことの肯定ではあるのか 些細なこと
車の後部の扉は 何故しつこく開閉を続けるのか とか細かい謎が

パラドックスは悪になぞらえる資本家はゲーム世界を自滅的に完全廃棄
してしまう 持ち株の全面放棄みたいなもの これは過去のデストピア物
だと オアシスは消滅して 現実が回帰して来る しこうして覚醒せよ!
となるわけだが 今作では間一髪 少年にオアシスが託される 荒廃した
世界の貧民達の唯一の偽物かもしれない夢の世界を 擁護するのだ!!
或いはスピルバーグにとっては新しい映画環境世界の擁護なのか
ロックがハウス テクノ エレクトロに移る時のように 新しい 機械的なる
もの無機質なゲーム空間的なるものを 大胆に導入 感性世界の変貌をも
また肯定するものなのだろうか

それにしても 仮想から現実の世界に移って アバターから現実の人間と
合間見える時 一瞬 映画に僕の涙腺が緩むのだが このある種のエモー
ションの揺れは 古くて新しいものなのだろうか

意外にオタクネタは少ないのではないか 僕にはガンダムなど どうでも
よいのだが それよりシネフィル映画ネタが説明もなく出て来て もち
市民ケインな バラの蕾と 呟かれた後に コインが三人の間で投げかわ
される このシーンが一番好き この胸のすくような映画ならではの粋な
感覚 スピルバーグもこんな事ができる様になったんだと オタクネタなど
総て どうでもよくなるのだ

歓喜と欲望は必要よりも本源的なものである………見田宗介

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全8件

レディ・プレイヤー1