No.12 RANKING

祈りの幕が下りる時

祈りの幕が下りる時の画像・ジャケット写真
祈りの幕が下りる時 / 阿部寛
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)

18

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
  • シリーズ
ジャンル:

「祈りの幕が下りる時」 の解説・あらすじ・ストーリー

阿部寛主演、「新参者」シリーズ完結編。東京都葛飾区小菅のアパートで女性の絞殺死体が発見され、殺害現場となったアパートの住人も行方不明になっていた。遺品に日本橋を囲む12の橋の名が書き込まれていることを知った加賀恭一郎は、激しく動揺し…。

「祈りの幕が下りる時」 の作品情報

製作年: 2017年
製作国: 日本

「祈りの幕が下りる時」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

祈りの幕が下りる時の詳細

  • 新作
収録時間: 字幕: 音声:
119分 日(バリアフリー用) 日:ドルビーデジタル5.1ch/ドルビーデジタルステレオ、日(音声ガイド):ドルビーデジタルステレオ
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PCBE75936 2018年08月02日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
1,744枚 964人 937人

【Blu-ray】祈りの幕が下りる時(ブルーレイ)の詳細

  • 新作
収録時間: 字幕: 音声:
119分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PCXE70841 2018年08月02日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
749枚 586人 480人

関連作品

ユーザーレビュー:18件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全18件

評判どおり秀作でした

投稿日:2018/06/02 レビュアー:飛べない魔女

”泣ける”と聞いていました。
はい、確かに泣けちゃいました。

やはり東野圭吾の原作が秀悦なのでしょう、
映画の方もかなり面白かったです。
最初は人間関係の繋がりが良く判らずに展開しますので
どう加賀恭一郎の生い立ちと繋がっていくのか
さっぱり想像も出来ず、少し戸惑いながらみていると
次第に絡まった糸がほどけていくような感じで
真相が明らかになっていきます。
犯人は最初から判っていながら
何故犯行の及んだのか?
どのようにしてそこに行き着いたのか?
すべての真相が明らかになったとき
涙無しでは見れない悲しい父子の生き様がありました。
加賀役の阿部寛は言うまでもなく
松島奈々子他の俳優陣の演技も素晴らしかったです。

このレビューは気に入りましたか? はい 9人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

加賀恭一郎の《ルーツが明かされる最終章》

投稿日:2018/08/05 レビュアー:カマンベール

東野圭吾原作の加賀恭一郎シリーズが遂に完結しました。
一抹の寂しさを感じます。
もう次作は読めない、そして映画化のない・・・淋しいです。

この映画では加賀恭一郎が警察官としてエリートコースを離れ、
所轄の日本橋署にこだわった理由。

そして恭一郎が10歳の時に家を出た母親百合子(伊藤蘭)の、
その後の人生が幸せなものだったか?
主にこの2つが明らかになります。

そして16年前に亡くなった母親、百合子の遺品を全て持ち帰った
恭一郎、その遺品が事件の鍵を紐解く証拠品になるのです。

そしてこの映画のヒロイン、舞台演出家役の浅井博美(松嶋菜々子)と
父親の壮絶な過去とその生い立ち。

それはまるで松本清張の「砂の器」を見る様でした。
博美(松島)が経験した人生はあまりにもむごたらしい。
そして父親の博美を思うあまりに行うその行為。

恭一郎の母親には恋人がいたらしい。
恭一郎は薄幸な、母親・百合子にいた恋人の存在を示すカレンダー。
遺品のカレンダーには12枚の一枚、一枚に日本橋にかかる12の橋の名前が記されていたのです。
それは逢引の印だったのでしょうか?

究極の母思い(マザコン)の加賀恭一郎が解決する事件は、
1組の父親と娘の、《こう生きるしかなかった》悲しい哀しい過去が描かれていました。

豪華俳優陣(溝端淳平・田中麗奈・キムラ緑子、山崎努そして圧倒的演技力の小日向文世)

今回も泣かされてしまいました。

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

小日向文世さんに泣かされた!

投稿日:2018/08/03 レビュアー:なんの因果

まさか小日向文世さんで涙腺大崩壊するとは!!
父・小日向さんとヒシ!と抱き合う桜田ひよりちゃん(松嶋菜々子・14歳時)の、
今にも死にそうな緊迫感たっぷりの演技が良かったです。
この子がこれだけの演技をしたからこそ、20代菜々子(飯豊まりえ)の落ち着いた感じ、
現在菜々子の、重い過去を背負った苦しみが生きてくるんですね。

この小日向・菜々子親子の人生(「砂の器」を彷彿とさせる)には感極まるものがあったのだが、
肝心の殺人事件の描写には、例えば及川光博がアッサリ殺されすぎるとか、灯油で
ベタベタの手でどうやって絞殺できるか?など今ひとつ食い込みが足りないような感じもしました。
もう一組の親子、阿部寛のお母さんがまさかのランちゃん(伊藤蘭)!
えっ!烏丸せつこ、どこに出てるの?という驚きのキャストでもありました。
お母さんが去った理由が、子供(阿部寛)を愛するが故の事で報われる思いです。
彼の心もこれで完結したでしょう。親が子供の犠牲になるほどの愛、というのがテーマと思われます。

諸悪の根源である菜々子母を、キムラ緑子さんが憎々しげに演じましたが、
彼女なりの理由が原作にはあるのでしょうか。あの態度だけでは理解出来かねます。
とは言え、映像ならではの、日本橋界隈のにぎやかさ、多数の橋の下の風景、絵画的な菜々子の部屋など、
また琵琶湖の荘厳な美しさもあり、本とはまた違う世界が楽しめたと思います。
生きてゆく悲しさ、罪ある恐ろしさ、そんな余韻が静かに残りました。

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

26年前の悲劇が波乱に満ちた人生の幕を開ける

投稿日:2018/09/07 レビュアー:hinakksk

 そして今、哀しみを湛えた舞台の幕が静かに下りる。

 時間も場所も重層的に構築された、厚みのあるストーリー。物語の重厚さに見劣りすることのない、素晴らしい実力派の俳優陣。どんどん謎が深まっていき、様々な人の人生が輻輳して重なり合う時、事件の真相が浮かび上がってくる。実に見事だ。

 一つひとつの事件に目新しさはないのだが、積み重ねられた時間、めぐり合い重なり合う人生、そして多彩に変奏される親子の究極の絆が、切なく深く胸を打つ。

 (このシリーズの他の作品は原作も映画も全く見ていませんが、単独でも充分理解でき、ミステリーとしてもドラマとしても、鑑賞に堪え得る秀作になっています。)

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

終わってしまった・・ついに。

投稿日:2018/09/01 レビュアー:くまみ

学生時代からの作品もすべて読んでのDVD鑑賞・・
ついに加賀刑事の最終章、何故日本橋署に16年もいたのか?も判る。
最後のエンドロールでTV版の出演者が出てたのはびっくりしたな。
寂しい気持ちもありますね、もう加賀刑事を観られないのは・・

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全18件

祈りの幕が下りる時