祈りの幕が下りる時

祈りの幕が下りる時の画像・ジャケット写真
祈りの幕が下りる時 / 阿部寛
全体の平均評価点:
(5点満点)
累計評価件数:

3

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
  • シリーズ

定額リスト 事前登録OK!

レンタル開始日:2018年08月02日

事前登録いただいた作品は、レンタル開始日以降、「発送確定ルール」に基づき発送がスタートします。

ジャンル:

「祈りの幕が下りる時」 の解説・あらすじ・ストーリー

阿部寛主演、「新参者」シリーズ完結編。東京都葛飾区小菅のアパートで女性の絞殺死体が発見され、殺害現場となったアパートの住人も行方不明になっていた。遺品に日本橋を囲む12の橋の名が書き込まれていることを知った加賀恭一郎は、激しく動揺し…。

「祈りの幕が下りる時」 の作品情報

製作年: 2017年
製作国: 日本

「祈りの幕が下りる時」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

祈りの幕が下りる時の詳細

  • 近日リリース
収録時間: 字幕: 音声:
119分 日(バリアフリー用) 日:ドルビーデジタル5.1ch/ドルビーデジタルステレオ、日(音声ガイド):ドルビーデジタルステレオ
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PCBE75936 2018年08月02日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
806人 890人

【Blu-ray】祈りの幕が下りる時(ブルーレイ)の詳細

  • 近日リリース
収録時間: 字幕: 音声:
119分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PCXE70841 2018年08月02日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
274人 349人

関連作品

ユーザーレビュー:3件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 3件 / 全3件

評判どおり秀作でした

投稿日:2018/06/02 レビュアー:飛べない魔女

”泣ける”と聞いていました。
はい、確かに泣けちゃいました。

やはり東野圭吾の原作が秀悦なのでしょう、
映画の方もかなり面白かったです。
最初は人間関係の繋がりが良く判らずに展開しますので
どう加賀恭一郎の生い立ちと繋がっていくのか
さっぱり想像も出来ず、少し戸惑いながらみていると
次第に絡まった糸がほどけていくような感じで
真相が明らかになっていきます。
犯人は最初から判っていながら
何故犯行の及んだのか?
どのようにしてそこに行き着いたのか?
すべての真相が明らかになったとき
涙無しでは見れない悲しい父子の生き様がありました。
加賀役の阿部寛は言うまでもなく
松島奈々子他の俳優陣の演技も素晴らしかったです。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

劇場で観ました。ネタバレ

投稿日:2018/06/26 レビュアー:kuroyagi

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

主人公が二人居るような、不思議な感じを受けました。
元々の主人公(阿部寛)は、実は渦中の人で有りながら、今回一歩引いてストーリー(事件)を追うと云う感じを受けました。
もう一人の主人公(松嶋奈々子)の方は、正に「ヒロイン」でしたから、どうしても感情移入してしまいました。
今回は、男親の子供に対する命がけの愛情を感じ、且つその愛情を、子供が親にどう返して行くか(返さなければいけ無いか?)、若しくは、僅かな平穏な時間をどう自分なりに過ごすか等、考えさせられる、とても切ない作品だと思いました。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

新参者シリーズ完結編

投稿日:2018/06/20 レビュアー:じゃじゃまる

阿部寛主演「新参者」シリーズ完結編『祈りの幕が下りるとき』を見ました

共演溝端淳平、松嶋奈々子、及川光博、伊藤蘭、小日向文世、烏丸せつこ、などなど。。

ある日、工事現場の宿舎で、女性の絞殺死体が発見される。
彼女は殺される前に、明治座で上演される演劇を見に行っていた。その演出家浅居博美の同級生だったのだ。
殺された部屋にかかっているカレンダーに書かれた橋の名前。
捜査に当たった松宮は、偶然、日本橋署いる、元同僚加賀恭一郎に、その話をした。
実は失踪後、なくなった加賀の母親の部屋にあった遺品のカレンダーにも同じ月に同じ橋の名前が書かれていたのだ。。
捜査に加わることになった加賀。捜査に当たるうちに、失踪後の母親の生活も明らかになるが。。

ずいぶん丁寧に描かれていて、事件のあらましも、よく見てないとこんがらがってしまいます。
さすがに東野圭吾の作品ですので、作品的には面白かったですよ。

ミスリードしたりできるのは映像のなせる業ですが(私もミスリードに引っかかって、途中で???になった)
でも途中でなんとなく真相が少し見えました。xxさんは○〇とか(笑)

演技派ばかりでしたから、やっぱラストは泣きました。




このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 3件 / 全3件

祈りの幕が下りる時