去年の冬、きみと別れ

去年の冬、きみと別れの画像・ジャケット写真
去年の冬、きみと別れ / 岩田剛典
全体の平均評価点:
(5点満点)
累計評価件数:

1

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可

定額リスト 事前登録OK!

レンタル開始日:2018年07月18日

事前登録いただいた作品は、レンタル開始日以降、「発送確定ルール」に基づき発送がスタートします。

ジャンル:

「去年の冬、きみと別れ」 の解説・あらすじ・ストーリー

中村文則の原作小説を『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』の岩田剛典主演で映画化したサスペンス。猟奇殺人事件の容疑者である天才カメラマン・木原坂を追い、真相に迫ろうとする記者・耶雲。だが、耶雲の婚約者・百合子が木原坂の罠にはまり…。

「去年の冬、きみと別れ」 の作品情報

製作年: 2018年
製作国: 日本

「去年の冬、きみと別れ」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

去年の冬、きみと別れの詳細

  • 近日リリース
収録時間: 字幕: 音声:
119分 日・日(ガイド) 日:未定
レイティング: 記番: レンタル開始日:
1000722080 2018年07月18日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
101人 157人

【Blu-ray】去年の冬、きみと別れ(ブルーレイ)の詳細

  • 近日リリース
収録時間: 字幕: 音声:
119分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
1000722079 2018年07月18日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
27人 46人

関連作品

ユーザーレビュー:1件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 1件 / 全1件

岩ちゃんイメージダウン?

投稿日:2018/05/31 レビュアー:ひゅう助

三代目大好き彼女の希望で鑑賞。岩ちゃーん!

しかし、終わってみれば岩ちゃんを見る目が変わったそうです。ドンマイ、岩。

あらすじ

一年前に不可解な事件で取りざたされた写真家(斉藤工)を取材する者が現れた。

八雲(岩)はしつこく取材するが、その過程で前回の事件と同じような状況で自分のフィアンセ(山本美月)を写真家に狙われるようになる。

実は写真家とその姉は幼少期に父親を悲惨な事件で失っていたが、その犯人は未だわからずじまい。

八雲を気に入る出版社の編集長(北村一輝)も巻き込み、やがて悲劇が起こる・・・。


なかなか面白かったです。途中まで、この映画はなにが言いたいん?どう終わらせたいん?

と思っていたが、終わってみれば、なるほど、と。

なかなか練られた時間差トリックも上手く、さすが小説原作だな、って感じ。

ラスト近くも感動的でした。私は当然泣きませんでしたが。

まー、感動よりもストーリーの面白さが印象に残ったな。

岩の滑舌の悪さは大分ましになってきた。演技力もある方だと思う。今後の活躍に期待。

☆4つ!

あ、あと劇中で流れる曲は完全に羊たちの沈黙を意識してるな。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 1件 / 全1件

去年の冬、きみと別れ