リバーズ・エッジ

リバーズ・エッジの画像・ジャケット写真
リバーズ・エッジ / 二階堂ふみ
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)

7

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「リバーズ・エッジ」 の解説・あらすじ・ストーリー

岡崎京子の人気漫画を、二階堂ふみと吉沢亮の共演で映画化した青春ドラマ。彼氏がいじめていた山田を助けた若草ハルナは、夜の河原へ誘われ放置された死体を目にする。ハルナは絶句するが、後輩でモデルのこずえも現れ、3人は歪んだ絆で結ばれていく。※R15+※一般告知解禁日:5月25日

「リバーズ・エッジ」 の作品情報

製作年: 2017年
製作国: 日本

「リバーズ・エッジ」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

リバーズ・エッジの詳細

  • 準新作
収録時間: 字幕: 音声:
118分 日:ドルビーデジタル5.1ch/ドルビーデジタルステレオ
レイティング: 記番: レンタル開始日:
R-15 ASBX6121 2018年08月08日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
1,520枚 32人 31人

【Blu-ray】リバーズ・エッジ(ブルーレイ)の詳細

  • 準新作
収録時間: 字幕: 音声:
118分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
R-15 ASBDX1211 2018年08月08日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
480枚 13人 8人

関連作品

ユーザーレビュー:7件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全7件

リバーズ・エッジネタバレ

投稿日:2018/11/28 レビュアー:片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 高校生がいろんな問題を抱えている話。

 時代は90年代とかだと思いますが、この当時の高校生はこんなに問題を抱えていたのかと驚く設定だらけの映画でした。

 好きでもないカップルだったり浮気していたり、セックスフレンドと避妊しないでやりまくったので妊娠しちゃったり、同性愛を隠すために女の子と付き合って、その子が嫉妬したり、モデルさんが過食症だったり、ミイラ化した死体を見つけて宝物だと興奮したり登場人物たちは比較的落ち着いていますが、ジェットコースタームービーでした。

 ゲイの男の子は燃えた死体を見てニヤッと微笑んだり、死体を宝物だと大事にしていたりヤバいヤツだし。妊娠した子は手術代を要求したら首を絞められて殺されかけて、命からがら帰宅したら、デブのお姉さんにカッターでメッタ刺しにされて死んだかと思ったらまだ生きていて…。
 どういう気持ちで見ればいいのかわからなかったです。

 タバコ、ドラック、SEXと授業とかは全くせずに欲望の赴くままに生きる若者たちをどういう気持ちで見ればいいのかちょっと難しい映画でした。

このレビューは気に入りましたか? はい 7人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

特殊で特別な若者たちが、ある意味《新鮮》

投稿日:2018/08/27 レビュアー:カマンベール

2018年。原作、岡崎京子。監督、行定勲。
…………ベルリン国際映画祭国際批評家連盟賞受賞。

主演の二階堂ふみが行定勲監督に映画化を持ちかけた作品です。
かなりエッジの効いた作品で、R15+。
ギョッとする絡みのシーンなどあり、万人向けとは言えませんね。

内容は、1990年代を舞台に、男女6人の高校生の濃密すぎる
人間関係を描いています。

若草ハルナ(二階堂ふみ)は、観音崎(上杉柊平)の恋人だが、
観音崎の虐めている山田一郎(吉沢亮)を助ける。
山田一郎はハルナに自分をホモだと告白して更に、河原に放置された死体を宝物だと言う。
山田はこれだけでもかなり変人だ・・・(ただし死体はミイラ化しており想像よりグロくない)

観音崎はハルナを愛する一方でルミ(土居志央梨)をセフレとしている。

モデルの吉川こずえ(SUMIRE)は摂食障害で過食してはトイレで吐いている。
また山田はホモをカモフラージュするため田島カンナ(森川葵)と、
恋人ごっこに付き合いつつ、思い込みの激しいカンナを疎んでいる。

以上の6人のが引き起こす事件が、とんでもない結末を引き起こす。

原作者の岡崎京子さんは、沢尻エリカ主演の「ヘルタースケルター」の原作者でもあります。
こちらもかなりぶっ飛んでましたが、
行定勲監督は原作にない出演者6人へのインタビュー場面を加えて、
それぞれの心情を語らせています。
(インタビュアーは監督本人です)

1番の傍観者に見える二階堂ふみのハルナが実は田島カンナの嫉妬を
強烈に受けていた。
冒頭で唐突に高層階から落下する人間の正体と行動を知る時、
衝撃が走りました。

大人である親も教師も殆ど登場しない映画です。
スマホもツィツターもインスタ映えもない時代です。
性への過剰な欲望と暴力。
青春の歪な欲望と焦りをエッジーに切り取った作品だと思いました。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ポロリがあるから…

投稿日:2018/08/23 レビュアー:boins

二階堂ふみのポロリがあるから☆☆☆ですが、内容クオリティーはよくある邦画レベルです。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

心が震えた!

投稿日:2018/08/21 レビュアー:bunne

この映画は、いつの時代も変わらぬ若者達の社会に対する閉塞感、若さゆえ俯瞰で自分自身の存在を確認できない焦躁感が十分に表現されていて、素晴らしかった。
若者のその思いは、ひと昔前の時代ならば、社会に向けられていたものが、今は自分より弱い者に対する虐待でどんどん連鎖していってしまう。
なんて、悲惨で悲しい時代なのだろう。
やっぱ、この映画の中で、二階堂ふみさんの自然な演技が素晴らしかった。
また、吉沢亮さんの澄んだ目が、何か自分がゲイであるが故の悲しみを感じさせて切なかった。
ハルナ役の二階堂ふみさんが、いきなりゲイのセックスについて山田役の吉沢亮さんに聞いた時に「いきなり、失礼な」と返したり、ただ好きな男子を遠くから眺めているだけで、凄く幸せそうな顔をしたり・・・・・。
また、森川葵さんも、今までとはまったく違う面を表現されて、演技の幅に感心しました。今年春にテレ朝で放映された井沢満脚本のドラマで同性愛者を切なく演じておられて、感激したばっかだったのに。
最後にこの映画は、出演者達が、俗に言う濡れ場シーンを躊躇なく思い切り演じられたことが、この映画にリアルと深みと説得力をもたらして、素晴しい映画になったんだと思いました。
この映画の完成度の高さは、監督はじめ出演者、スタッフさん達の良い映画を作ろうと言う思いの勝利だと思いました。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

R15で良いのか?

投稿日:2018/12/02 レビュアー:土方歳二

二階堂ふみのフルヌードシーンがあります。
50分くらいです。
いいおっぱいでした。
この子は本当にスタイルが良いですね。
もう一人の子の方が脱ぎまくりやりまくりですがおっぱいは小さめです
他にもかなり激し目のというかAVみたいなシーンもあり本当にR15??って感じです。

かなり楽しめる内容になっております。
ただし、グロいシーンもありますのでご注意ください。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全7件

リバーズ・エッジ