No.95 RANKING

ブラックパンサー

ブラックパンサーの画像・ジャケット写真
ブラックパンサー / チャドウィック・ボーズマン
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)

35

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
ジャンル:

「ブラックパンサー」 の解説・あらすじ・ストーリー

解説・あらすじ・ストーリーは、ただいま準備中です。

「ブラックパンサー」 の作品情報

製作年: 2018年
原題: BLACK PANTHER

「ブラックパンサー」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

ブラックパンサーの詳細

  • 準新作
収録時間: 字幕: 音声:
134分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
VWDR6702 2018年07月04日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
2,880枚 110人 109人

【Blu-ray】ブラックパンサー(ブルーレイ)の詳細

  • 準新作
収録時間: 字幕: 音声:
134分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
VWBR6702 2018年07月04日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
1,424枚 92人 76人

関連作品

ユーザーレビュー:35件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全35件

ストーリーの組み立てがしっかりしていて判りやすい

投稿日:2018/05/25 レビュアー:飛べない魔女

評判どおり面白かったです。
なにせストーリーがしっかり組み立てられているので
大変判りやすいし、感情移入もしやすかったです。
黒人のヒーローということで、白人は一人しか出てこないというのも新鮮でした。

アフリカの小国であるワカンダが
いかにして文明を発展させていったのかの説明があるので、ふむふむという感じ。
そして『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』での爆破テロにより
ワカンダ王であるティ・チャカが死亡したことを思い出させてくれます。
それにより、息子であるティ・チャラ(ブラックパンサー)が王位を継ぐことから物語は始まります。
そしてワカンダの特産品である希少鉱石ヴィブラニウムをめぐり
ワカンダ国最大の危機に直面することになります。

ブラックパンサーの魅力もさることながら
今回は悪役も魅力的でした。
その名は「キルモンガー」。
生い立ちといい、彼の憎しみからくる復讐心、そして打ち砕かれた野望には
最後は切ない思いに駆られました。
キルモンガー役はロッキーの続編である『クリード チャンプを継ぐ男』で
グリート役を演じていたマイケル・B・ジョーダン。
今回も素晴らしい肉体美を見せてくれました。

親衛隊隊長役には人気ドラマ『ウォーキングデッド』のミショーン役のダナイ・グリラ。
ドラマの方では日本刀を見事に使いこなすつわものミショーンですが
本作では、日本刀をヤリに変えて、これまた見事なアクションを演じています。
あと、私の大好きなドラマ”THIS IS US"のランダル役であるスターリング・K・ブラウンが
ティ・チャラの叔父役で出ていたのには嬉しい驚きでした。

そういえば、本映画公開当時、黒人系のテニス選手たち(モンフィス選手など)が
試合後に腕をXにしてツイートを上げていましたが
ブラックパンサーのワカンダ王国での挨拶の一つなんですね。
かっこ良かったです。
マーベルではいつものことですが、エンドロールの後に、『アゲンジャーズ・インフィニティーフォー』につながるシーンが出てきますので、お見逃しなく!

このレビューは気に入りましたか? はい 27人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ブラックパンサーネタバレ

投稿日:2018/05/25 レビュアー:片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 発展途上国のふりをした文明国の内戦の話。

 アフリカの小国だけれど実はどこよりも先進国という設定が面白かったです。面白かったところはその設定のみであとは今までのアメコミ同様、家族で揉めたり内輪で揉めたりするだけで新鮮さはなかったです。

 主人公の妹はめちゃ凄い科学者でスーパーアイテムを開発して護衛の親衛隊長はヒーローでもないのにめちゃ強くて主人公が強いのではなくて、このチームがいれば無問題なのではないかと思ってしまうくらい強い仲間たちでした。彼女たちの活躍が面白かったです。

 最初のアクションや中盤の釜山でのアクションはナイトシーンでスピード感いっぱいなのでゴチャゴチャしていて何が映っているのかよくわからずついていけないアクションで退屈でした。
 科学力とかを他の国に見せるのか見せないのかの保護主義政策についての葛藤を描いていますが、カタキ役の言っていることのほうがあってるのではないのかと思ってしまって、しかも正々堂々決闘をして勝っているのに、主人公の身内はそれを認めずにクーデターを起こそうとしたりしているので、やっぱりどんな人でも地位や名誉にしがみついてしまうのかなというのが勉強になりました。


 他国に文明を教える教えないと対立するわりには王位継承を決闘で決めるのは野蛮じゃないのか、その風習はやめた方がいいのではないかと見終わって思ってしまって内政干渉なのかなと余計な心配をしてしまう映画でした。

このレビューは気に入りましたか? はい 9人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

「シビル・ウォー 」で初登場した新たなヒーロー、ブラックパンサー

投稿日:2018/08/19 レビュアー:oyoyo

黒人系の俳優を多用したキャストは賞賛に値するかも?

アイアンマン以上の携帯性ある特殊スーツが凄い。
アイアンマンと違って格闘戦主体だが。
この薄さで防弾性が高いとは。
敵の攻撃力を蓄積し、放出するという、ゲームキャラのような性能もある。

カジノでの戦いは、1カット長回し撮影のシーンがある。
長回し中に2階に飛び上がったりするアクションがあるが、
どうやって撮影したんだろう?
ひょっとして肝心のブラックパンサー自体がCGか?

今作のヴィラン、キルモンガーがとても魅力的。
ヒーローものは悪役が魅力的でないと。
ただ「悪い」だけではなく説得力もあり、共感さえある。

ただ、全体的に地味に感じた。
飛び道具が少ないせいか?

表向きは農業国だが実は素晴らしい技術を隠しているという設定も×
アイアンマンとかSHIELDが存在する世界の話なので、
そんなに優れた技術とは思えなかった。

80点 

このレビューは気に入りましたか? はい 7人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

帝王学とか、世界平和への国家の貢献とか、理想が高い!!

投稿日:2018/07/04 レビュアー:カマンベール

2018年。マーベルの映画です。

ブラックパンサーの考える帝王学は、ライオンキングのハイテクノロジー版って香りがしました。

アフリカの超文明国家・ワガンダを舞台にした、即位を争う話と、
ワガンダの秘宝ヴィブラニウムの利権とその使い道を巡り、
激しい争奪戦と王権争いが繰り広げられます。

マーベルヒーローはほぼブラックパンサーと争うエリック(マイケル・B・ジョーダン)2人なので分かりやすかったですね。

心優しい若き国王ブラックパンサーの優しい人間性が、歯がゆい面もあります。
ここで、やっつけておけば・・・ってね。
(でも、映画が終わっちゃいますね)

出演者はほぼ黒人。黒人スターがオール出演(フォレスト・ウィテカーとかアンジェラ・バセットほか)
白人で1人気を吐くのはアメリカ人CIA役のマーティン・フリーマン)
(シャーロックのワトソン役)

アフリカ民族衣装の赤や、アフリカ民族音楽の太鼓などなど、
エキゾチックで素敵でした。

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

アフリカ小国の若き王・その使命と決断

投稿日:2018/07/06 レビュアー:なんの因果

マーベル・シネ・ユニバースの18作目の作品。はじめての黒人ヒーローものであり、
監督も黒人のライアン・クーグラー。まさにブラックづくし。
白人は武器商人のクロウとCIAのエヴェレットの二人のみ。興業収入では「タイタニック」を超えたとか「ハリポタ」
超えたとか「アナ雪」超えたとか、話題になった。(歴代9位。)
話題になったかどうか未確認だが、ブラックパンサーの車は日本が誇るレクサス・LC500。

アフリカの秘境に位置する小国ワカンダ。表向きは農業国で発展途上国の呈をしているが、
実は他国を圧倒する科学技術がある。
ダイヤモンド以上の硬度を持ち、ウラン以上のエネルギーを放出するヴィブラニウムという鉱石が産出されるからだ。
悪用されないよう、歴代の王は秘密を守ってきた、というわけだ。
──この辺の設定というか、事情を飲み込むまで、私などは結構、時間がかかった。
高度な文明の映像は素晴らしく、「すげ・・あれミサイル?」「鉱石はレールで運送か、」とか感心しました。
あ、もちろん、受けた衝撃を蓄えて一気に衝撃波として放出する能力まで追加されているというブラックパンサーのスーツ
(これがスーパーマンみたいに服を着替えるってんじゃなくて、もはや首のスイッチかなんかで一瞬にして変換されます)も、素晴らしいです。顔が、パンサーになったり人間になったりのチラチラがちょっと、うっとおしかったりしました。
で、一方で、王になるには決闘の儀式があって、死体も確認せずに次の王の言いなりに
なる所は「あらま!」という感じでした。
警備はヤリを抱えた民族衣装。アイデーは下唇ビロ〜ンですからね・・。
私的には面白くなってきたのは、やっとやっと中盤以降でした。
不遇のヴィラン(マイケル・B・ジョーダン)が、主人公と同じスーツで戦うあたりですかね。
価値ある地下資源を知られると、他国から攻撃され戦争に巻き込まれるのか。
それとも、資源を開放して虐げられている人々を救うべきなのか。
エンドクレジットのあと、国連らしきステージで演説してる国王の姿がありますが。
このままの世の中じゃダメみたいな所が共感を呼ぶのでしょうか。
あれほどの文明をよくも500年以上も隠し通せたものと、私はその辺軽いイカリを感じました。
架空のお話だからいいんですけどね。(笑)

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全35件

ブラックパンサー