不能犯

不能犯の画像・ジャケット写真
不能犯 / 松坂桃李
全体の平均評価点:
(5点満点)
累計評価件数:

2

  • DVD

定額リスト 事前登録OK!

レンタル開始日:2018年07月13日

事前登録いただいた作品は、レンタル開始日以降、「発送確定ルール」に基づき発送がスタートします。

ジャンル:

「不能犯」 の解説・あらすじ・ストーリー

松坂桃李主演、『貞子vs伽椰子』の白石晃士監督によるサスペンススリラー。次々と起きる変死事件の現場で目撃された黒スーツの男・宇相吹正。彼は見つめるだけで相手を死に追いやる力を持つため、罪に問うことができない“不能犯”で…。※PG12

「不能犯」 の作品情報

製作年: 2017年
製作国: 日本

「不能犯」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

不能犯の詳細

  • 近日リリース
収録時間: 字幕: 音声:
106分 日:未定
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PG-12 EYBF61382 2018年07月13日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
843人 1,057人

関連作品

ユーザーレビュー:2件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 2件 / 全2件

不能犯ネタバレ

投稿日:2018/05/26 レビュアー:片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 マインドコントロールとかプラシーボ効果で殺人する人と彼に恨んでる人間の殺害を依頼する人たちの話。

 目がピカーンと充血して相手をにらむとその人間は自らの思い込みで死んじゃうという設定は面白いですが、そこに映画内リアリティとかあまりないためどうしてそういうことができてどういう仕組みなのかとか全くわからないため何でもアリの映画に思えてしまって盛り上がらなかったです。

 警察との追いかけっこも警察は証拠が残らないから何もできないとあたふたするだけでまるで能力がないので捜査ものとしての面白さがないのも痛いです。

 主人公も神出鬼没で超常的な存在なのかと思ってたら普通に殺されそうになったりして普通に人間なのかなと考えてしまったりしてそういう設定の部分がノイズになって物語に入り込めないのもいただけなかったです。

 構成も主人公に殺害を依頼する人たちの短編集になっていて1つ終わって次。という流れも感情の流れがぶつ切りになってしまう構成でした。しかも依頼が終わって被害者の気持ちを加害者が知っておよよおよよと泣いたり戸惑ったりして後悔するという。単純にうっかりだったり早とちりする人たちを呆然とした気持ちで見ていました。

 いきなり出てくる爆弾魔の犯行も向こうから勝手に出てきて勝手にやられていくだけにしか見えなくて盛り上がらなかったです。

 そしてこの映画の登場人物みんながみんな恨みを主人公にぶつけていて現代社会の恨み嫉みの社会を描いている映画だと思いました。

このレビューは気に入りましたか? はい 10人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

fifi

投稿日:2018/06/19 レビュアー:エロエロ大魔神

きっと不能犯はインポでしょう〜

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 2件 / 全2件

不能犯

月額課金で借りる

都度課金で借りる