No.10 RANKING

嘘を愛する女

嘘を愛する女の画像・ジャケット写真
嘘を愛する女 / 長澤まさみ
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)

15

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「嘘を愛する女」 の解説・あらすじ・ストーリー

長澤まさみ、高橋一生主演のラブミステリー。食品メーカーに勤めるキャリアウーマンの川原由加利は、研究医で面倒見の良い恋人・小出桔平と同棲5年目を迎えていた。そんなある日、桔平がくも膜下出血で倒れ…。

「嘘を愛する女」 の作品情報

製作年: 2018年
製作国: 日本

「嘘を愛する女」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

嘘を愛する女の詳細

  • 新作
収録時間: 字幕: 音声:
118分 日本語 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
2:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
3:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語/(音声ガイド)
レイティング: 記番: レンタル開始日:
CPDP13494 2018年07月18日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
3,596枚 434人 425人

【Blu-ray】嘘を愛する女(ブルーレイ)の詳細

  • 新作
収録時間: 字幕: 音声:
118分 日本語 1:DTS-HD Master Audio/5.1chサラウンド/日本語
2:DTS-HD Master Audio/ステレオ/日本語
3:DTS-HD Master Audio/ステレオ/日本語/(音声ガイド)
レイティング: 記番: レンタル開始日:
CPBP13495 2018年07月18日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
1,196枚 142人 143人

関連作品

ユーザーレビュー:15件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全15件

DAIGOを探してみよう!!

投稿日:2018/04/30 レビュアー:ひゅう助

あらすじ

突然倒れた恋人(高橋一生)の素性はでたらめ!?

驚き憤る女(長澤まさみ)は、わけあり探偵と謎の男のルーツを探る・・・。


全体的に冗長。話の進みがアクビが出るほど遅い。何か進展した!と思ったら、とりたててどうと言うこともない事実。しかもあまり意味のない回想に戻ったり。

俳優陣の演技は上手い。特に長澤まさみがよかった。表情がいいね。

退屈なストーリーを、一人ギャグっぽさも交えて吉田鋼太郎が頑張る。この人は芸人になっても食っていけると思う。

ラスト辺りでやっと話が進み、眠気も覚めた。そこからはなかなかいい話だった。

ただ、なんつうか漫画っぽい話だった。セリフも無理がある、というか漫画の登場人物しか話さないようなキザなセリフだった。

(たとえ)漫画原作だとしても映画にするなら、漫画っぽさを消さないとリアリティは薄れ観客の心は離れていく。この映画はそこが甘かった。

退屈だけど、まあラスト辺りで盛り返した。

みんなでDAIGOを探そう(笑)!

☆3.5つ。

このレビューは気に入りましたか? はい 10人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

恋人の未完成小説が手掛かり

投稿日:2018/07/21 レビュアー:なんの因果

オリジナルの映画企画を募集する「TSUTAYA CREATORS PROGRAM」の
第一回グランプリを受賞した企画。監督は中江和仁。

宣伝が多かった割に、今ひとつ感動ポイントがなかった。
「くも膜下出血で倒れた同棲相手の、名前も職業もウソだった、ショックを受けつつ未完成原稿の小説をたどって真実に迫る」
──というサスペンスがらみの恋愛ドラマ風はストーリーとして「おっ!」と期待させるところはあるのですがね。

食品メーカーで働くキャリアウーマン由加利(長澤まさみ)のキャラが、
ものすごい性格悪そう・・・にしか描けていないんです。
いやいや、等身大だと納得される見方もあるとは思います。
だけど、人にモノを尋ねておきながら書類をひったくったり、地方の初めて入った飲み屋で吐くまで飲んでそこで寝ちゃったり、
「トシさん!!」と呼んだその人の顔を見て、アハハと走っていったり(人の顔みて笑い逃げするかなー!)、
家賃が払えないなら家事してとか、仕事のストレスがあるからSEXするとスッキリするとか、なーーんも、可愛くネ。
(長澤まさみの演技が上手いんで、脚本どおりに演じるとそうなる訳。)脚本が未熟なのね。

同棲相手小出(高橋一生)との5年間の愛が、まず伝わってこないので、由加利の緊迫感に感情移入できない。
高橋一生の過去の場面だけが、そこだけまるで別の映画のように衝撃的だ。
そして、由加利と暮らしながら書き綴った高橋の小説が「誰の事を書いているのか」
昏睡状態の高橋に由加利は何を言うのか。そこが盛り上がる部分ですが・・・。
(あのナゾの男が・・DAIGOだ!とわかった瞬間の盛り上がりには負けたかな。)

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

嘘を愛する女・・・ではなく「嘘を付いた男を愛した女」の話し

投稿日:2018/07/23 レビュアー:カマンベール

5年間、暮らした恋人(高橋一生)が突然、倒れる。
女(長澤まさみ)は、探偵(吉田鋼太郎)とふたり、恋人の
過去をたどるロードムービーになり、高橋一生より、吉田鋼太郎の
出番の方が、ずうっと多くなる。

肝心の謎解き・・・男は誰だったか?

新聞の記事三面に載っているような、平凡な過去でした。
もう少し、ヒネリや新鮮味はないのか?とかなり失望する。

サスペンスとして浅過ぎる。
ラブストーリーとしても、平凡。

地震で気持ちの悪くなった長澤まさみを、高橋一生が優しく介抱して、
スニーカーを脱いで貸してくれた。
ここまでする男性は少ないだろうが、キャリアウーマンで高給取りの
女が、家事と引き換えに同棲を開始する。

これが愛?
顔が好みだった・・とか、居心地良かった・・・
まあそれで十分だと言えば、十分だけど。

この内容で2時間はキツイわ!!

吉田鋼太郎のコミカルな演技と、長澤まさみも、健闘する。
探偵助手のDAIGOのキャスティングは新鮮だった。
女子大生(川栄李奈)の役は時間潰し、居なくても困らない。
あと居酒屋店主の黒木瞳が老けてて、驚いた。

そしてエンディング曲の松たか子の歌に感動しました。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

蓋を開けてみれば・・ネタバレ

投稿日:2018/08/01 レビュアー:飛べない魔女

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

高橋一生さんがアフレコをしているアメリカのドラマ「THIS IS US」の
レビューにも書いた気がしますが、
実は私、一生さんとキスをしたことがありまして。。
白いシャツに、白いスラックスの爽やかが立っているような一生さんが
何かの罰ゲームで、そこにいる女性全員とキスをしなければならなくなり
ドキドキしながら順番を待つ私。
いよいよ私の番がくると、優しくエスコートしてくれた一生さん。
そして触れた唇がなんと柔らかくて素敵なキスだったことか・・・
あ、これもちろん夢の中ですよ(笑)
夢なのに唇の感触すらあって、いつまでも忘れられない夢の一こま(←アホ^_^;)
この夢を見るまでとくに一生さんのファンというわけではなかったのに
この夢を見てからというもの、赤の他人とは思えなくて(←相当なアホ^_^;)
と、まあ本編とは関係ない話でした。

一生さんが素敵でした。
もうそれに尽きますね〜。
最初はミステリアスな存在だったきっちゃん(一生さん)も
蓋を開けてみてば。。
意識不明になった同居人の過去を調べるために旅に出る女、長澤まさみ。
(火曜サスペンスか!はたまた松本清張の小説か!)
泣き顔はするけど、ことあるごとに涙出てないんだなぁ、これが。
探偵役の吉田鋼太郎が味があって良かったですね。

で、DAIGOが出ているのを知らなかった私は、ぜんぜん気がつきませんでした!
どこかで観た顔、どこかで聞いたことのある声としゃべり方
あなたは誰?ってずっと思ってました(笑)

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

サスペンスかと思ったら。。。

投稿日:2018/06/20 レビュアー:じゃじゃまる

長澤まさみ、高橋一生主演「嘘を愛する女」を見ました。
共演DAIGO,吉田鋼太郎です。

5年間一緒に暮らした「きっちゃん」がクモ膜下出血で倒れた。ところが彼の名前も経歴もでたらめだった。。由香利は探偵海原の助けを借りて、「きっちゃん」の過去と身元を探ろうとするが。。


あら〜予告編ではサスペンスかと思ったけど、超純愛でした(笑)

今を時めく高橋一生さんでしたし〜(「直虎」の政次、よかった。NHKの「少年たち」で、更生をする不良少年役を好演してました〜)

長澤まさみが、結構たかびーな、あまり好感の持てないやりてOLの役を好演してました。

でもすごくよかったのは吉田鋼太郎。やっぱりいい役者ですねぇ。99.99%の父親と言われたときのうれしそうな顔がよかった(あ、ネタバレ)

「ぼくらの時代」で、溝端淳平くんにダメだししてたけど(舞台をしてるらしい)、彼が言うのだから、間違いない!って思ってしまう。

映画のほうは、ちょっとトントンと進みすぎるかな?でも、やりきれない過去を抱えた「きっちゃん」の生していきたいと思いに涙が出ました。

彼女がどう仕事と折り合うかという場面が描かれなかったのはちょっと残念でした。

あ、DAIGO,まるで若いころの生瀬勝久みたいでした。最初だれかわからんかった。

本音を言うと2時間ドラマです(オイオイ
でも高橋一生さんの、あの、くちゃっとした笑顔、実はけっこう好きなんです(笑)

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全15件

嘘を愛する女