デトロイトの画像・ジャケット写真

デトロイト / ジョン・ボイエガ
  • 画質は本編映像とは異なります。

全体の平均評価点:(5点満点)

23

全体の平均評価点:

予告編を観る

DVD

Blu-ray

旧作

お届け率:100%

ジャンル :

新規ご登録はこちら

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!※1
  • ※1 無料お試しは初めてアカウントを作成されるお客様が対象です。原則おひとり様一回限り有効です。
  • ※2 [新作]は無料お試しの対象外です。都度課金で単品レンタルをご利用ください。
  • ※3 本サービスは1か月ごとの自動更新サービスです。
  • ※4 無料お試し期間終了後、通常月額料金で自動更新となります。

「デトロイト」 の解説・あらすじ・ストーリー

解説・ストーリー

キャスリン・ビグロー監督が1967年の“デトロイト暴動”のさなかに起きた衝撃の事件を映画化した戦慄の実録サスペンス。黒人宿泊客で賑わうモールを舞台に、いたずらの発砲騒ぎがきっかけで、警察官に拘束された黒人宿泊客たちを待ち受ける理不尽な悲劇の一部始終を圧倒的な臨場感で描き出す。出演はジョン・ボイエガとウィル・ポールター。1967年7月、デトロイト。黒人たちによる暴動が激化し、鎮圧に乗り出した軍や地元警察との衝突で街はまるで戦場と化していた。そんな中、アルジェ・モーテルで銃声が鳴り響く。それは黒人宿泊客の一人がふざけて鳴らした空砲だった。しかし、それを狙撃手による発砲と思い込んだ大勢の警察官がモーテルになだれ込んでくる。やがて偶然居合わせただけの若者たちに対し、白人警官による尋問が開始されるのだったが…。 JAN:4988021229074

「デトロイト」 の作品情報

作品情報

製作年:

2017年

製作国:

アメリカ

原題:

DETROIT

「デトロイト」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!※1
  • ※1 無料お試しは初めてアカウントを作成されるお客様が対象です。原則おひとり様一回限り有効です。
  • ※2 [新作]は無料お試しの対象外です。都度課金で単品レンタルをご利用ください。
  • ※3 本サービスは1か月ごとの自動更新サービスです。
  • ※4 無料お試し期間終了後、通常月額料金で自動更新となります。

TSUTAYAだから可能な圧倒的作品数!!

TSUTAYAだから可能な圧倒的作品数!!

洋画・邦画

35,500
タイトル以上

国内ドラマも一部含まれております

国内・海外ドラマ

5,400
タイトル以上

アニメ

9,200
タイトル以上

R-18

223,000
タイトル以上

CD

250,000
タイトル以上

※2022年2月 現在のタイトル数

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!※1
  • ※1 無料お試しは初めてアカウントを作成されるお客様が対象です。原則おひとり様一回限り有効です。
  • ※2 [新作]は無料お試しの対象外です。都度課金で単品レンタルをご利用ください。
  • ※3 本サービスは1か月ごとの自動更新サービスです。
  • ※4 無料お試し期間終了後、通常月額料金で自動更新となります。

関連作品

関連作品

ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー

ニア・ダーク

ゼロ・ダーク・サーティ

アガサ・クリスティーのミス・マープル

スター・ウォーズ/最後のジェダイ

ユーザーレビュー:23件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全23件

デトロイト ネタバレ

投稿日:2018/04/30 レビュアー:片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 1967年のデトロイトで起こった暴動とモーテルで起こった警官による拷問殺人の話。

 ただよかったのは最初の説明くらいで後はいきなり暴動が起こって同時進行でいろんな場所でいろんな人が明確な動機や目的が不明瞭なまま進行するので退屈でモーテルで事件が発生するまででもうどうでもよくなっていきました。

 中盤から同じ場所で延々と拷問を見せていきますが、それ以上でも以下でもなくただ拷問を見せるだけなのでこれまた途中でどうでもよくなっていきました。何で被害者たちがおもちゃのピストルの話をしないんだろうか? 正直に話したところで助からないかもしれないですが、なんで本当のことを言わないのか。映画を見ただけではわからなかったです。しかもそのおもちゃの銃は見つからないってことはどういうことなんだとモヤモヤが残る事件でした。長々と拷問を見せていって、当然辛くて息が詰まりそうなシーンですが、面白くはないので早く次行かないかなと残り時間ばかり気になる中盤でした。

 加害者である警官たちも最初から終始悪い人間として描かれてどうして彼らがこういった行動をとるのかとかは全く描かれずにただただ弱い人間で臆病でいばってるだけのキャラクターなので面白みに欠けるキャラクターでした。

 こういう事件があったという告発の意味では勉強になりましたが、だからといって面白い映画が作れるというわけではないんだなと勉強になる映画でした。【アンビリバボー】とかの再現ドラマとかのほうが十分面白いのではないかと考えてしまいました。

このレビューは気に入りましたか? 13人の会員が気に入ったと投稿しています

その場に居たような《臨場感》

投稿日:2018/07/06 レビュアー:カマンベール

このレビューは気に入りましたか? 12人の会員が気に入ったと投稿しています

アメリカの悲劇。50年経っても変わらぬ偏見。 ネタバレ

投稿日:2018/07/13 レビュアー:なんの因果

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

こういう言い方をしたら誤解されかねないが、本作は作品として非常に「面白く」強烈な印象が刻まれた。
女性監督キャスリン・ビグローの実話に基づくフィクション映画。
(2014年に起きたマイケル・ブラウン射殺事件を受けて企画された、)
1967年に起きたデトロイト「アルジェ・モーテル事件」の時から何も変わっていないじゃないかという強いメッセージを込めて、この「デトロイト」は、暴動50周年めの2017年に合わせて公開された。

はじめ、黒人の暴動の話しなんて、なんで借りちゃったのと後悔した。
黒人の事なんて私にわかる訳ないじゃないの、1967年のデトロイト暴動ってなんなの?
映画は手持ちカメラでブレブレの映像と、喚き散らす声、ガラスの割れる音、で始まった。
暴動の様子も描いてゆく中で、暴動3日目に起きた、メインストリートの東側に位置する
アルジェアースモーテルで発生した「白人警官による黒人宿泊客暴行射殺事件」を描いてゆく。

地元デトロイトの黒人で結成されたバンド「ザ・ドラマティックス」。メンバーであるラリーは満席の音楽ホールを前に緊張して司会者の合図を待っていた。ところが、まさに直前、
暴動が起きて封鎖されたからと、皆退去するよう警察から指示が入る。
空席になった客席を呆然と見つめ、誰も居ないホールで一人歌わずにいられないラリー。
(皆の前で歌って、喝采を浴びたかったろう。だがその願いはついに叶わなかった・・)
メンバーはデトロイトを離れようとしたが、バスも襲撃され、ラリーとフレッドはモーテルに泊まることになる。
二人の白人女性と知り合い、そこにカール・クーパーという男がやってくる。
彼は暴動の最中で警官や軍隊まで張り込んでいる中、悪ふざけでおもちゃのピストルを発砲する。
「何者かによる狙撃」と誤認した警察は、宿泊客に対して容赦ない尋問を開始した。
市警のクラウス(ウィル・ポールター)は、すぐに黒人一人を射殺。その後黒人6人と白人女性2人を拘束、
銃で脅し、死のゲームへと発展してゆく。
ここはまさにドメスティックな場面で、警察に「銃はどこだ」という正当な理由があれば
無実で無抵抗な者を偏見に基づいて射殺してしまうという悪夢である。

後日の裁判で警官は無罪になる。(怒!!)
スターになれたはずのラリーは、二度と大勢の前では歌えず、聖歌隊に入って協会で歌う。
澄んで清らかな歌声を耳にして涙が溢れた。
この映画を観たからと言って私には何のアクションも出来ないのだが、監督が投げかけてくれた強い問いかけはしっかりと受け止めたい。

このレビューは気に入りましたか? 7人の会員が気に入ったと投稿しています

1967年、アルジェ・モーテル事件の真相

投稿日:2018/08/06 レビュアー:飛べない魔女

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

歪んだ正義感

投稿日:2019/11/16 レビュアー:こうさま

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全23件

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:23件

デトロイト

投稿日

2018/04/30

レビュアー

片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 1967年のデトロイトで起こった暴動とモーテルで起こった警官による拷問殺人の話。

 ただよかったのは最初の説明くらいで後はいきなり暴動が起こって同時進行でいろんな場所でいろんな人が明確な動機や目的が不明瞭なまま進行するので退屈でモーテルで事件が発生するまででもうどうでもよくなっていきました。

 中盤から同じ場所で延々と拷問を見せていきますが、それ以上でも以下でもなくただ拷問を見せるだけなのでこれまた途中でどうでもよくなっていきました。何で被害者たちがおもちゃのピストルの話をしないんだろうか? 正直に話したところで助からないかもしれないですが、なんで本当のことを言わないのか。映画を見ただけではわからなかったです。しかもそのおもちゃの銃は見つからないってことはどういうことなんだとモヤモヤが残る事件でした。長々と拷問を見せていって、当然辛くて息が詰まりそうなシーンですが、面白くはないので早く次行かないかなと残り時間ばかり気になる中盤でした。

 加害者である警官たちも最初から終始悪い人間として描かれてどうして彼らがこういった行動をとるのかとかは全く描かれずにただただ弱い人間で臆病でいばってるだけのキャラクターなので面白みに欠けるキャラクターでした。

 こういう事件があったという告発の意味では勉強になりましたが、だからといって面白い映画が作れるというわけではないんだなと勉強になる映画でした。【アンビリバボー】とかの再現ドラマとかのほうが十分面白いのではないかと考えてしまいました。

その場に居たような《臨場感》

投稿日

2018/07/06

レビュアー

カマンベール

アメリカの悲劇。50年経っても変わらぬ偏見。

投稿日

2018/07/13

レビュアー

なんの因果

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

こういう言い方をしたら誤解されかねないが、本作は作品として非常に「面白く」強烈な印象が刻まれた。
女性監督キャスリン・ビグローの実話に基づくフィクション映画。
(2014年に起きたマイケル・ブラウン射殺事件を受けて企画された、)
1967年に起きたデトロイト「アルジェ・モーテル事件」の時から何も変わっていないじゃないかという強いメッセージを込めて、この「デトロイト」は、暴動50周年めの2017年に合わせて公開された。

はじめ、黒人の暴動の話しなんて、なんで借りちゃったのと後悔した。
黒人の事なんて私にわかる訳ないじゃないの、1967年のデトロイト暴動ってなんなの?
映画は手持ちカメラでブレブレの映像と、喚き散らす声、ガラスの割れる音、で始まった。
暴動の様子も描いてゆく中で、暴動3日目に起きた、メインストリートの東側に位置する
アルジェアースモーテルで発生した「白人警官による黒人宿泊客暴行射殺事件」を描いてゆく。

地元デトロイトの黒人で結成されたバンド「ザ・ドラマティックス」。メンバーであるラリーは満席の音楽ホールを前に緊張して司会者の合図を待っていた。ところが、まさに直前、
暴動が起きて封鎖されたからと、皆退去するよう警察から指示が入る。
空席になった客席を呆然と見つめ、誰も居ないホールで一人歌わずにいられないラリー。
(皆の前で歌って、喝采を浴びたかったろう。だがその願いはついに叶わなかった・・)
メンバーはデトロイトを離れようとしたが、バスも襲撃され、ラリーとフレッドはモーテルに泊まることになる。
二人の白人女性と知り合い、そこにカール・クーパーという男がやってくる。
彼は暴動の最中で警官や軍隊まで張り込んでいる中、悪ふざけでおもちゃのピストルを発砲する。
「何者かによる狙撃」と誤認した警察は、宿泊客に対して容赦ない尋問を開始した。
市警のクラウス(ウィル・ポールター)は、すぐに黒人一人を射殺。その後黒人6人と白人女性2人を拘束、
銃で脅し、死のゲームへと発展してゆく。
ここはまさにドメスティックな場面で、警察に「銃はどこだ」という正当な理由があれば
無実で無抵抗な者を偏見に基づいて射殺してしまうという悪夢である。

後日の裁判で警官は無罪になる。(怒!!)
スターになれたはずのラリーは、二度と大勢の前では歌えず、聖歌隊に入って協会で歌う。
澄んで清らかな歌声を耳にして涙が溢れた。
この映画を観たからと言って私には何のアクションも出来ないのだが、監督が投げかけてくれた強い問いかけはしっかりと受け止めたい。

1967年、アルジェ・モーテル事件の真相

投稿日

2018/08/06

レビュアー

飛べない魔女

歪んだ正義感

投稿日

2019/11/16

レビュアー

こうさま

1〜 5件 / 全23件

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!※1
  • ※1 無料お試しは初めてアカウントを作成されるお客様が対象です。原則おひとり様一回限り有効です。
  • ※2 [新作]は無料お試しの対象外です。都度課金で単品レンタルをご利用ください。
  • ※3 本サービスは1か月ごとの自動更新サービスです。
  • ※4 無料お試し期間終了後、通常月額料金で自動更新となります。

ご利用の流れ

ご利用の流れ

@ 会員登録

申し込みフォームへ記入

申し込みフォームへ記入したら登録完了!

A 作品をレンタル

作品をレンタル

借りたい作品をリストアップするだけ!
発送可能な商品を自宅にお届けします。

B ポストに返却

ポストに返却

商品をポストに投函すればOK!

よくあるご質問

よくあるご質問

もちろん無料お試し期間中に退会することも可能です。 また、その場合は料金は一切かかりません。

無料お試し中も、都度レンタルは、有料でご利用いただくことができます。
また、無料お試し中に解約され、何らかの理由でレンタル商品を期日までにご返却いただけなかった場合に、追加料金が発生する場合がございます。

定額プランは1つの封筒に2枚入り、お届けいたします。
届いた往復封筒でポストへご投函いただき、当社配送センターにてご返却を確認できましたら次の封筒を発送致します。繰り返しでご登録のプラン枚数までご利用いただけます。

各プランはこちら

各プランはこちら

  • 宅配レンタル 定額8プラン
    月額2,052円税込
    • 「新作・準新作」が定額で月8枚レンタルできる!※1借り放題付き※2
    新規登録する
  • 宅配レンタル 定額4プラン
    月額1,026円税込
    • DVD/CDが定額で月4枚レンタルできる!※1
    新規登録する
  • 都度課金 プラン
    無料会員 月額0円税込 ※都度レンタル時の費用は発生します
    • 月額無料で単品レンタルを楽しみたい方におすすめ!
    新規登録する

※1 無料お試し期間中の「新作」レンタルは対象外です。

※2 借り放題はDVD「旧作」、CD「新作・準新作・旧作」が対象です。

デトロイト