パディントン2

パディントン2の画像・ジャケット写真
パディントン2 / ヒュー・ボネヴィル
全体の平均評価点:
(5点満点)
累計評価件数:

3

  • DVD
  • Blu-ray
  • シリーズ

定額リスト 事前登録OK!

レンタル開始日:2018年07月04日

事前登録いただいた作品は、レンタル開始日以降、「発送確定ルール」に基づき発送がスタートします。

ジャンル:

「パディントン2」 の解説・あらすじ・ストーリー

マイケル・ボンド原作、“紳士すぎる”モフモフクマ・パディントンの実写映画化第2弾。育ての親のルーシーおばさんの誕生日プレゼントを探していたパディントンは、素敵な飛び出す絵本を見つける。ところが、絵本は盗まれ、パディントンが容疑者に…。

「パディントン2」 の作品情報

製作年: 2017年
製作国: イギリス/フランス
原題: Paddington 2

「パディントン2」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

パディントン2の詳細

  • 近日リリース
収録時間: 字幕: 音声:
104分 日・吹 英:ドルビーデジタル5.1ch、日:ドルビーデジタル5.1ch
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PCBE75909 2018年07月04日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
74人 101人

【Blu-ray】パディントン2(ブルーレイ)の詳細

  • 近日リリース
収録時間: 字幕: 音声:
104分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PCXE70835 2018年07月04日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
40人 33人

関連作品

ユーザーレビュー:3件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 3件 / 全3件

パディントン2ネタバレ

投稿日:2018/04/30 レビュアー:片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 大好きなおばさんの誕生日に骨董品屋で見つけた飛び出す絵本をプレゼントしようとお金を貯めるけど、絵本が盗まれてしかも主人公に容疑がかかって刑務所に入れられてしまう話。

 飛び出す絵本に仕掛けられた財宝を目当てに落ち目の役者が主人公をハメて、主人公は刑務所での暮らし。家族は主人公を助けようとする。前半の主人公がお金を貯めるためにバイトをしては失敗するという繰り返しはさすがに主人公の造形が可愛らしくて視覚的に楽しかったです。

 ただ可愛さのための可愛さで、そりゃクマさんがドタバタしている姿は当然可愛いのはわかりきっているので反則技の連続だと思いました。それでいてストーリー自体は子ども向けなので緊張感はいっさいなく、ゆるい展開が続くので面白くなくはないけれど面白くもない微妙な気持ちのまま過ぎる100分間でした。

 主人公は緊張感なくバイトで失敗したり刑務所に入っても深刻にならずにそこでいい感じに生活して、カタキ役は財宝探しをして家族は主人公を救い出そうと手がかりをさがして。カタキ役がうっかり誰も知らない情報を喋って…。という真相がわかる展開ももう何百万回とやられた手法で他に何かないのかとガックリしてしまいました。「どうして○○って知っているの?」というセリフもいくどとなく他の映画でみてきました。

 とはいえ、派手さもなくのんびりとしていて大人はそこまで盛り上がらないけれど子どもが見るのはこのくらいがちょうどいい映画なのかなと思える作品でした。


このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

疑うことを知らない《無垢な心》

投稿日:2018/04/30 レビュアー:カマンベール

2017年(イギリス/フランス合作/104分)

凄く素敵な映画でした。
楽しくて、ハラハラして癒されてもうこれ以上ないくらい、
面白かったです。
パディントンの無垢な心、疑うことを知らない純真さ、愛らしさ。
彼を騙す人は、もうサイテー、最悪人。
今回パディントンは、間違えられて刑務所の囚人(いえ、囚犬)になるので、プリズンものなんですよ。
ロンドンの生活にもすっかり慣れて、ブラウン一家にも馴染んでいます。
ジャングルでお世話になったルーシーおばさんの100歳のプレゼントに、
それはそれは素敵な飛び出す絵本を見つけたのですよ。
とてもとてもお値段が高い。
アルバイトに精を出すパディントンに、それを骨董店から盗み出す悪いヤツが居たのですよ。
実はこの絵本、ある大きな秘密を隠しているのです。

プリズン・ライフもマーマレード・トーストのお陰ですっかり刑務所に馴染んで人気者。
一方、パディントンの収監にショックのブラウン一家も黙っていません。
パディントンは可哀想に一瞬、ブラウン一家は僕を忘れたの?
って悲しみに暮れます。
そんなこと、絶対にありません。
ラストの列車アクションでは、一家総出で大活劇!!
とても楽しいアクション・シーンですよ。

そしてこの映画の悪役は「落ちぶれた人気俳優」の役のヒュー・グラント。
イギリスを代表するスター(やや過去形)へのリスペクトが感じられて、
ラストは素敵でした。
子供も大人も大満足の冒険ファンタジー映画です。

パディントンは、絵本を無事に取り戻して、ルーシーおばさんの100歳の誕生日を祝うことが出来るでしょうか?

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

どんな人間よりも人間の心を持つパディントン

投稿日:2018/05/01 レビュアー:飛べない魔女

映画館に見にいって良かったぁ(*^_^*)
どんな人間よりも人間らしく優しいパディントン。
ちょっと間抜けなところがイラっとすることはあれど
そこはくまさんなので憎めません。

ブラウン家で大切にされているパディントン。
今では幸せいっぱいに暮らしています。
いつも一生懸命に生きている彼のことを、待ちの人たちはみんな大好き。(例外もいるが・・)
叔母さんの100歳の誕生日の贈り物を探していたパディントン。
骨とう品屋で素敵な飛び出す絵本を見つけます。
それはロンドンの名所を巡る絵本。
ロンドンに訪れることが夢のおばさんにはぴったりの絵本。
でも、とーっても高い。
パディントンは働いてお金を貯めて買うことを決意します。
ところが、実はその絵本にはある秘密が隠されていて
落ち目の役者フェニックス・ブキャナン(ヒュー・グラント)がその本を狙っていました。
さあ、ひと騒動もふた騒動も起こりますよ。
ブラウン家総出の大活劇の始まりです。

ストーリーも1に劣らずしっかりしていて
人間の優しさや信頼関係をきちんと描いていますね。
それでいて決して押しつけがましくないところがいいです。
笑えるシーンも満載で、ラストにはほろっとさせて
ほっこり温かい気持ちになります。
エンドロールの最後までちゃんと楽しめるところも良いです。

ヒューが、悪役をとことん楽しんで演じていましたね。
劇中で彼の若き日の写真がたくさん並べられているシーンがあって
ほんとにハンサムで美しい青年だったのになぁ・・なんて感慨深い気持ちになったのは
私だけでしょうか?(笑)

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 3件 / 全3件

パディントン2