No.71 RANKING

火花

火花の画像・ジャケット写真
火花 / 菅田将暉
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)

9

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「火花」 の解説・あらすじ・ストーリー

又吉直樹の芥川賞受賞作を、菅田将暉と桐谷健太主演で映画化。お笑い芸人の徳永は、先輩芸人・神谷の奇想な芸風と人間味に惹かれ、弟子入りを志願する。才能を磨き合う充実した日々を送るふたりだったが、いつしか意識の違いが生まれ始め…。※一般告知解禁日:3月23日

「火花」 の作品情報

製作年: 2017年
製作国: 日本

「火花」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

火花の詳細

  • 準新作
収録時間: 字幕: 音声:
121分 日:ドルビーデジタル5.1ch、日(音声ガイド):ドルビーデジタルステレオ
レイティング: 記番: レンタル開始日:
TDV28202R 2018年06月06日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
385枚 386人 261人

【Blu-ray】火花(ブルーレイ)の詳細

  • 準新作
収録時間: 字幕: 音声:
121分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
TBR28201R 2018年06月06日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
113枚 218人 126人

関連作品

ユーザーレビュー:9件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全9件

火花ネタバレ

投稿日:2018/07/13 レビュアー:片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 売れない芸人さんたちの日常の話。

 夢を追いかける男と信念を持ってお笑いをする先輩芸人のつかず離れずの関係を描いていって、しごくストレートな青春映画になっていたと思いました。

 日常の普通の会話がボケとツッコミになっていたりネタを探したりするのが芸人さんって疲れそうだなと勉強になりました。どんなに努力しても報われなかったり成功が掴めなかったりする現実を見せてくれるのも面白かったです。

 ですが、映画の中で結構な割合を占める漫才自体が面白くなかったりするので、見ている間が気まずい気持ちになったり。ぶっとんだ先輩芸人もただのぶっ飛んだ人間で社会不適合者っぷりだけが浮かびがるキャラクターで引いてしまいました。

 先輩芸人より主人公の相方さんに映画はフューチャーされていてクライマックスも解散が決まった主人公たちの漫才で見せるというものになっていました。映画自体は結構淡々と芸人の日常を見せるだけなのでこれといった気持ちの動きもなく大道芸人にいきなり絡んで行く芸人たちとかをどういう気持ちで見ればいいのか戸惑うだけの120分でした。

 とはいえ、ビートたけしさんの【浅草キッド】は名曲なんだなと再確認できる映画でした。

このレビューは気に入りましたか? はい 8人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

もういいや

投稿日:2018/07/02 レビュアー:だいこんさん

これに限らず、おおむね新作は借りにくい。何を借りれというの?
TUTAYAさんマジでやめようか検討中です・・・

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

くすぶり青年と葛藤青年は限界を見る

投稿日:2018/06/21 レビュアー:なんの因果

登録者が多くてなかなかレンタルできない状態ですが、
・ ・・・安心してください!・・・面白くないです!!
(いやいやいやいや、言い過ぎでしょう?因果さん・)
(線香花火くらいは面白かったスよ、スターマインを期待しちゃダメです)
売れない芸人の徳永(菅田将暉)と、天才肌の先輩芸人・神谷(桐谷健太)の10年間を描く。
監督は板尾創路。なぜ板尾さんか?(本作で3回めの監督)
又吉さんからの全面的な信頼があったことに加え、2011年のインタビューで
「私が求められるのは違和感、特に作り込まず自然に違和感だしてゆけたら」
という微妙な戦略性が、売れたわけでもないくすぶったままの徳永と、
才能がありながら時代の波に乗れず、方向を見失った神谷の話にピッタリだったのでしょうね。

頑張る徳永は少しずつ売れてゆき、師と仰ぐ神谷は少しずつ道を失ってゆく。
今回は菅田将暉と桐谷健太を起用したのだから、二人めあてだけでもヒットするのは当然。
原作は第153回芥川賞を受賞し、中身よりも「芸人が芥川賞取った!」という話題性だけが長く広く
ネタになった気がします。
(羽田圭介のジェラシーに満ちたタレ目が目に浮かびます。笑)
菅田将暉は何でもこなす役者ではあるが、出演作だけ多くても彼のためにはならないと、
マネージャーでもないのに心配したくなる。(早い話が、「飽きられっぞ!」と言いたい。)
つぶしのきかないお笑いでいるより、スパッとビジネススーツを着て営業してる須田君を見て、心から安心した。
桐谷君?元からヘンですから・・。竜宮城にでも行ったんじゃない??

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

一瞬だけ光る《火花》でも・・・

投稿日:2018/06/09 レビュアー:カマンベール

花火のように大輪の花になれなかった・・・
一瞬だけ、ピカッと光る《火花》にしかなれない、
そんな多くの芸人に捧げる賛歌ですね。

単行本と文庫本合計300万部以上の、お笑いコンビ「ピース」の
又吉直樹の原作本「火花」の映画化です。

売れない芸人で相方の山下(川谷修司)とその名も「スパークス」という漫才コンビを組む徳永(菅田将暉)の芸人生活の10年間と、
師匠と仰ぐ神谷(桐谷健太)との交流を描きます。

本来なら原作のように、芸人論や芸人の生き様を、
徳永と神谷が語り倒すところを、
映画では、二人が酒を飲むシーンばかりになってしまいましたが、
エンタメ映画としては致し方ないですね。

一番に言いたかったことは、ラスト近くにある「スパークス」の漫才ライブで徳永が相方と観客にに喧嘩腰で訴える、
「売れなかった芸人の芸人論」に詰まっています。

でも一番面白かったのは長台詞の芸人論より、
木村文乃の顔面一発芸でした。
(美女の方がこんなに変顔に答えて下さるなんて、感涙です)

金谷の変人奇人ぶりにも注目です。
笑かしてくれますよ。
あと、エンディングソングに使われた「浅草キッド」の歌は、
映画によく合っていてジーンと来ました。

全体にあまり観客に媚を売らない「知的感触」な映画でした。
敢えて感動のツボと泣かせのツボを外してるところが、
板尾創路監督のセンスなのでしょうか。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

人生とは、なんぞや。

投稿日:2018/04/26 レビュアー:ひゅう助

ピース又吉のベストセラーの映画化。原作は読んだことなかったけど、なかなかどうして面白い映画だった。

売れない芸人たちの話。しかし、この映画が言いたいことは芸人だけのことではない。人生についてだ。

ライバル。思い。別れ。挫折。成功。嫉妬。そして、人生。

それらを不器用な芸人たちを通して描く。人生甘くはない。でも、生きるっていいな。

笑えるところもあり、なかなかよかった。

ラストの菅田将暉のライブでの言葉に注目。思いがつまってる。

☆4つ。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全9件

火花